『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『北のカナリアたち』を観た(寸評)]

2012-11-05 05:39:09 | 物語の感想

☆時間がないので、寸評ですまん。

 ・・・予告編を見て、田舎の純朴な6人の子供たちが歌う姿が印象的で、吉永小百合演じる主人公が、北海道の大自然の中でなにやら悩む姿が、テーマミュージックのバイオリンの音色と重ねられていたので、なんとも格調高い物語が展開しそうだな、などと考えてもいたが、

 原作が湊かなえと知り、「ああ」と思いつつ見たら、案の定、「俗」な物語であった^^;

 しかし、ミステリーとしては、それがなかなか良かった。

 あまりにも、苦悩密度が濃すぎて辟易もするのだが(特に、作中現在の、とある教え子と再会した元教師の主人公、と言うシーンに、その成長した教え子の浮気相手の妻が乗り込んできたところなど…)、登場人物のそれぞれが「良心の呵責」に苛まれた20年があり、それが明らかになっていく展開は、『藪の中』を見るようだった。

 何よりも、恐ろしいのが、吉永小百合のアンチエイジング振りである。

 この人、『母べぇ』の時も思ったんだけど、「美魔女」とは異なり、でも、なんか、70歳を前にして、作中現在で定年退職の年齢を演じ、更には、それから20年も遡り、仲村トオル演じる男と、秘された逢瀬を重ねると言う展開を、見る者に違和感を感じさせず、あくまでも自然に、なんとも可愛く演じている。

 そのキスシーンなんかには、見ているこちらもグッとくるものがあるのだ。

 なんなんだ、この女は!^^;

 だって、しまいには、作中現在で、20代後半に成長した子供たちと一緒に画面に収まると、下手すると、もしかして、みんな、同年代? などとも思わせてくれるんだぜ。

 果たして、吉永小百合は、何歳まで恋を演じられるのか・・・。

                                            (2012/11/05)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オジロワシ)
2012-11-06 13:13:45
TBありがとうございました。
ミステリーとしては、確かに面白かったですね。小百合ちゃんのエイジレスぶりもいいですね。私は「カマトト」と表現してみましたが、それがまたイイ。
オジロワシさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-11-08 20:55:48
こんばんわ^^
吉永小百合は、永遠のカマトトだと思いますよ^^
しかし、若い頃の写真を見ると、ちょっと類のない魅力ですね。
心も容姿も曲線、って感じです^^
男性から (sakurai)
2012-11-28 14:28:18
見たら、エイジレスなんでしょうね。
アタシは、どう見てもキモかったです。。。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-11-28 19:55:13
元々、フィルターを掛けて見ているのですが、キモくは感じないですなぁ。

なんちゅうか、私は、「スターウォーズ」の、星の爆発シーンが嘘っぽくて滑稽で大嫌いだったんですが、友人に「そこは、爆発記号として見ろ!」と言われ、なるほどと思ったのです。

吉永小百合も「美人記号」なのですッ!!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「北のカナリアたち」を観ました!!(2012-14) (馬球1964)
映画「北のカナリアたち」を観ました!!
今日もどこかでデビルマン (MESCALINE DRIVE)
「北のカナリアたち」を観た。 東映創立六十周年記念作品ということで、本作は主演の吉永小百合をはじめとする日本映画界の綺羅星が出演する。永遠の映画スターである吉永小百合が演じるのは、北海道は離島の分校に赴任してきた教師。その後、彼女はある事件をきっかけに...
映画『北のカナリアたち』★20年間の心のミステリー~真相と慟哭と~ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157627/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビュー(ネタバレ表示です) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id342158/rid25/p1/s0/c1/ &nbsp...
北のカナリアたち~何人殺せば気が済むのか (佐藤秀の徒然幻視録)
大女優政権交代すべし 公式サイト。湊かなえ原作、阪本順治監督、吉永小百合、柴田恭兵、仲村トオル、森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平、里見浩太 ...
北のカナリアたち (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
東映創立60周年記念作品 北のカナリアたち オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る東映創立60周年記念作品のヒューマン・サスペンス「北のカナリアたち」。北海道の大自然の映 ...
劇場鑑賞「北のカナリアたち」 (日々“是”精進! ver.F)
それでも、人は生きていかなければならない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211030006/ 東映創立60周年記念作品 北のカナリアたち オリジナル・サウン...
北のカナリアたち (Akira's VOICE)
終盤が良かった。  
映画「北のカナリアたち」を観ました。 (みなと横浜みなみ区3丁目)
久しぶりに観た映画は日本映画「北のカナリアたち」。このところ、少々建てこんでいたので、なかなか観に行けなくて。とりあえず、「TOHOシネマ上大岡」へ行ってみました。         (物語は厳しい北の
『北のカナリアたち』 (こねたみっくす)
いくつになっても生徒を羽ばたかせるのが先生の仕事。 湊かなえ先生の原作「往復書簡」の一遍「二十年後の宿題」を映画化したこの作品。吉永小百合をストーリーテラーに進む前半 ...
映画「北のカナリアたち」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「北のカナリアたち」観に行ってきました。湊かなえの短編集「往復書簡」に収録されている短編小説のひとつ「二十年後の宿題」を原作とする、吉永小百合主演のヒューマン・サス...
北のカナリアたち★★★★ (パピとママ映画のblog)
『告白』の原作者である湊かなえの小説「往復書簡」の一編「二十年後の宿題」を、日本を代表する女優・吉永小百合を主演に迎え、『大鹿村騒動記』の阪本順治監督が映画化したヒューマン・サスペンス。20年前に起きた悲劇により引き裂かれた教師と教え子たちがある事件を機...
「北のカナリアたち」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 東映創立60周年記念作品。湊かなえ原作の短編集「往復書簡」所収「二十年後の宿題」を、「大鹿村騒動記」の阪本順治監督、吉永小百合主演で映画化。
『北のカナリアたち』 2012年11月10日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『北のカナリアたち』 を鑑賞しました。 公開2週目の土曜日の昼間なのに客入り少なし・・・ というか、窓口は寂しい感じだったので、全体的に人少なめでしょうね。 今週から公開の「悪の教典」や「シルク・ドゥ・ソレイユ」なども客入り悪いのでしょうか 【ストーリー...
「北のカナリアたち」20年前の真実を知った先にみた6人の教え子たちとの絆と20年前にやり残した合唱 (オールマイティにコメンテート)
「北のカナリアたち」は20年前にある事件で島を追われるようにして離れた元教師がある教え子の事をキッカケに20年前に果たせなかった合唱を実現するために教え子と再会して行くスト ...
映画『北のカナリアたち』観てきたよ~(´。`) (よくばりアンテナ)
原案が湊かなえの『往復書簡』に収められてる短編の「二十年後の宿題」。 本を読んだ時、なんだかなぁ~と思っていて、 映画になったら面白くアレンジされてるんじゃないか、 はたまたキャスティング...
北のカナリアたち/吉永小百合 (カノンな日々)
予告編を目にする回数がとても多くて宣伝にかなり力を入れているなぁとは思っていましたが、これって東映創立60周年記念作品だったんですね。吉永小百合さん主演はもちろんキャス ...
「北のカナリアたち」 (NAOのピアノレッスン日記)
~先生が島を追われた日、私達は歌を捨てた~ 2012年   日本映画    (2012.11.03公開)東映創立60周年記念作品配給:東映         上映時間:122分監督:阪本順治原案:湊かなえ  『二十年後の宿題』(幻冬舎刊『往復書簡』所収)脚本:那須真....
映画:「北のカナリアたち」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年11月14日(水)。 映画:「北のカナリアたち」。 監督: 阪本順治 原作: 湊かなえ 脚本: 那須真知子 撮影: 木村大作 音楽: 川井郁子 キャスト: 吉永小百合 (川島はる)・ 柴田恭兵 (川島行夫) 仲村トオル (阿部英輔)・ 里見浩太朗 (堀...
映画「北のカナリアたち」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
いまや絶滅危惧種である映画女優、その最高峰で最後のひとり吉永小百合。何処までも瑞々しい清純さを失わずにいるのは奇蹟に近い。勿論ご本人の節制のたまものであるだろうけれど。彼女なしでは成立しない...
「北のカナリアたち」:不思議の国のサユリ (大江戸時夫の東京温度)
映画『北のカナリアたち』、不思議がいっぱいの作品でした。とにかく70近くなっても
『北のカナリアたち』 カラスがカナリアになった!? (映画のブログ)
 これはたいへん面白い企画だ。  東映創立60周年を記念して、吉永小百合さんの主演映画を公開する。となれば、吉永小百合さんのイメージや、年配客が中心となるであろう客層を考えても、真面目な感動作が期...
北のカナリアたち  監督/阪本 順治  (西京極 紫の館)
【出演】  吉永小百合  柴田 恭平  仲村トオル 【ストーリー】 東京郊外で図書館司書をしている川島はるは、かつて北海道の北端にある離島で教師をしていた頃を思い出していた。その当時はるは、ある事故をきっかけに島から出て行ってしまったのだった。それから20年...
北のカナリアたち(2012-133) (単館系)
北のカナリアたち 渋谷TOEI 舞台「透明な雨」の後映画館へ。 日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、 ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。 それから20年後、東京の...
北のカナリアたち (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.kitanocanaria.jp/ 原案である湊かなえの連作ミステリー「往復書簡」(幻冬舎刊)に収められている「二十年後の宿題」は未読。 内容より礼文島や利尻島の美しい景色を期待しての鑑賞。 日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小...
映画「北のカナリアたち」 (FREE TIME)
映画「北のカナリアたち」を鑑賞しました。
北のカナリアたち (迷宮映画館)
終わりよければ全てチャラ?と言うのも、どうかなあ。
北のカナリアたち (のほほん便り)
なんだか、オハナシ自体より、吉永小百合の驚嘆すべき若さとスター性、成人後の若手キャスティングの豪華さ(今をときめく、意味で…)に圧倒されたのでした。松田龍平の、「あまちゃん」でのミズタク人気は、もちろん、勝地涼に至っては、「前髪クネ男」で、一瞬でもって...
北のカナリアたち (いやいやえん)
湊かなえさんの原作ですが、これ脚本が微妙だなあ。 吉永小百合さんだから不倫もきれいなことのように感じるのもなんかなあ。吉永さんのイメージからして、死にゆく夫と若い警官の間で揺れる役どころってなんか合わないというか…どうしても女の情感よりも優等生的な...