『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『エイリアン:コヴェナント』を観た]

2017-09-15 16:01:48 | 新・物語の感想

映画『エイリアン:コヴェナント』TVCM60秒(サッカー編)

☆・・・まあまあでしょうか?
 エイリアンのスペックは、作品を重ねることに付加されていくので、もう、何でもありですな。
 今回は、胞子エイリアンの成体<白いモビルシーツ・エイリアン>が出てきて、非常にキモいです。
 リドリー・スコットは、わりと舞台を限定し、いくらでも続編が作れるようにしているのは商業的にはいいのだろうけど、作家としては卑怯である。
 戦争を仕掛けて、その世界での戦いを終わらせようとした『2』でのジェームス・キャメロンは偉かったな^^
 今作においては、胞子エイリアンが出て来て、また、その研究をしていたアンドロイドの成果として、蚊かハエみたいなエイリアンの存在を示唆していた。
 これは、『3』作成の時、ボツ原稿の中に、西部劇的な植民星に、そういった多種多様なエイリアンが攻めてくる話(エリック・レッド版)があるのだが、そのアイディアは、その後の「エイリアン」シリーズ(「VSプレデター」シリーズを含め)にちょこちょこ出てきている。
 まあ、結果的に、『3』は宗教色を打ち出した作品になっていたが・・・。
 今回の『コヴェナント』、観てそん色ない出来になっているし、微妙に続き物なので、これからのシリーズを楽しむためには見ておかなくてはならないでしょう^^
 「̪死の町」の状景は悪夢のようでかなり良かった・・・。
 新鮮さがなく思えたのは、直近の凶悪異星生命体物の『ライフ(もちろん、「エイリアン」シリーズなくしては生まれなかった作品)』に、最後のどんでん返しも含めて似ていたという事がありますな。

                            (2017/09/15)

ジャンル:
速報
コメント (1)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [予告編三つ] | トップ | [福生賑やか(横田友好祭に三... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画の世界 (iina)
2017-10-04 10:37:21
> エイリアンのスペックは、作品を重ねることに付加されていくので、もう、何でもありですな。
まとこに・・・。 想像の世界ですから、われわれは泳がされるまゝです。困った

> 戦争を仕掛けて、その世界での戦いを終わらせようとした『2』でのジェームス・キャメロンは偉かったな^^
エンターテイメントでは、興行的に一番面白かったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「エイリアン:コヴェナント」 (日々“是”精進! ver.F)
創造… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709150000/ エイリアン:コヴェナント (角川文庫) [ アラン・ディーン・フォスター ]
「エイリアン:コヴェナント」産まれるよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[エイリアン:コヴェナント] ブログ村キーワード “巨匠”リドリー・スコット 監督が世に放つ、シリーズ最新作。まだまだ続くよ!「エイリアン:コヴェナント」(20世紀FOX)。エイリア......
映画:エイリアン コヴェナント ダークさ・凶暴さに磨きがかかったBeforeシリーズ第2弾...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
コヴェナント、とは新惑星への移住の旅を続ける宇宙船の名称。 何千人を人口冬眠させつつ、アンドロイドの David が1人で宇宙船を管理している。 ところが予期せぬ事故で冬眠中......
エイリアン:コヴェナント (ネタバレ映画館)
なぜ「カントリーロード」?
『エイリアン:コヴェナント』('17初鑑賞105・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月15日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。
エイリアン:コヴェナント (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ『プロメテウス』の続編だったとは。
エイリアン:コヴェナント  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・ファスベンダー  キャサリン・ウォーターストン  ビリー・クラダップ 【ストーリー】 宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せ......
映画「エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(9/15)に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら55点にします。 なお、『エイリ......
『エイリアン:コヴェナント』 (こねたみっくす)
「カントリー・ロード」から「ヴァルハラ城への神々の入城」へ。 嗚呼、勿体無い。エイリアンの起源を描くことばかりに注力しちゃって、本当に楽しみにしていた恐怖要素が全然物......
「エイリアン:コヴェナント」@TOHOシネマズ日本橋 (新・辛口映画館)
 公開初日、夜。TCXスクリーンを構えるスクリーン7。劇場が広すぎて全体的にどの位の客入りかは不明だが、私の周りは満席、男性客が多い。
エイリアン:コヴェナント (ネタバレ映画館)
なぜ「カントリーロード」?
エイリアン:コヴェナント (あーうぃ だにぇっと)
エイリアン:コヴェナント@ユナイテッドシネマ豊洲
エイリアン:コヴェナント★★★・5 (パピとママ映画のblog)
リドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編にして、79年製作のSF映画の金字塔「エイリアン」へと繋がるSFホラー。地球を後にした宇宙船コヴェナント号のクルーたち......
エイリアン : コヴェナント (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 アメリカ  SF&ホラー  監督:リドリー・スコット  出演:マイケル・ファス
エイリアン:コヴェナント (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 最後のアンドロイドがウォルターだったら
エイリアン:コヴェナント・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ついに“奴”が生まれる。 リドリー・スコット監督による、「エイリアン」前日譚。 2012年の「プロメテウス」に続く第二弾は、スコット作品としては38年ぶりに「エイリアン」のタ......
「エイリアン コヴェナント」:1作目の恐怖はいずこ? (大江戸時夫の東京温度)
映画『エイリアン コヴェナント』って、リドリー・スコットが手がけた正統派の前日譚
17-276「エイリアン コヴェナント」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
暇な手は地獄の仕事場だ  人類初の大規模移住計画により、新たな植民地となる惑星オリガエ-6を目指して2000人の入植者とともに地球を旅立った宇宙船コヴェナント号。船の管理は最......
「エイリアン:コヴェナント」 (或る日の出来事)
ファスベンダー×ファスベンダー。
エイリアン (もののはじめblog)
コヴェナント<THX方式> 本作のキャッチコピーは「絶望の、産声。」 エイリアンを時系列に並べると、   『プロメテウス』(2089年-2093年)   『エイリアン』 (2122年)   『......
「エイリアン:コヴェナント」Alien:Covenant (2017 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
オープニングの、ウェイランド社の社主(ガイ・ピアース)とアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)のやりとりにすべてがこめられている。 白い部屋。スタインウェイのピア......
エイリアン:コヴェナント 感想 (源之助の日記)
9/15公開のエイリアン:コヴェナントを先程(9/16午前)鑑賞してきました。 端的に言うと、、、 微妙な出来だった前作プロメテウスを見た上で"わざわざ"映画館まで見に行く(地雷を...