『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『R100』を観た(寸評、なれど予期せぬギリギリの傑作)]

2013-10-07 02:12:47 | 物語の感想

☆・・・ごめんね、忙しくて、長く書けない。

 でも、私、今まで、映画館であんなに大声で笑ったことはない・・・^^;

     

 ただ、先ず文句を言いたいのだが、この作品で描かれるSMは、少なくとも、私の考えるSMとは全く違う。

 私は、多感な青年期を、「ART SM」や「シネマジック」のAVを見まくった男で、

 女子高生とつきあっても、誰とつきあっても、躊躇なく相手を縛るので有名な男なのだが、

 この作品の、その序盤で描かれる「殴る蹴る」の暴力をSMと考える流れには納得できない。

 でも、海外のSMポルノなどを見ていると、この作品で描かれるような雰囲気があるんだよなぁ。

 また、話は、多くの「女王様」に、主人公が容赦なく暴行されるのが序盤なのだが、その初っ端を飾るのは、モデルの冨永愛。

 ここで、ちょっとスムーズな展開が阻害される。

 何故か?

 冨永愛は、モデルとしては文句ないのだろうが、役者としては、…物語上のベーシックとなる「女王様」像としては、ちょいとアヴァンギャルド過ぎるのである。

 序盤の流れが、そのミスターレディにも見える冨永の容姿のせいで、なんか本来の方向性とは違う印象を与えて来るのだ。

 佐藤江梨子も途中の女王さまで出てきていたので、そちらを最初に出すべきだった。

 まあ、トイレの大便器からはみ出たトイレットペーパーの見せ方などは上手かったが。

 また、佐藤江梨子女王様の「寿司潰し」シーンだが、他人の反応がなかなか良かった。

 しかし、『しんぼる』と言い、松本人志は寿司をネタにするのが好きだなぁ^^

 ああ、そうそう、なんだかんだと、私は松本監督作品を全て見てきたが、多少なりとも評価できるのは『大日本人』だけだ。

 そして、今作も、『大日本人』的な不可思議な味わいがあった。

 それだけで、『地獄でなぜ悪い』よりも数段面白かったのだが、

 更に数か所で、凄まじく笑わせられたので(大失笑だが^^)、傑作認定したい。

 それは、「丸飲みの女王様」の超絶シュールさであり、

 ブリーフ姿で、天井から吊るされる幼い姿の主人公の息子を見たときだ。

 また、主人公を放置プレイしつつ、その周りを走り回っていた女王様の不条理性も芸術点だ。

 Mの恍惚の顔も、オナニー三昧のオタクの顔みたいで良かった。

 それから、これまた、物語が進むにつれて、ショッカー的な組織となり、意味不明のバンデージクラブだが、

 これ、私が書いている『まどか☆マギカ』のエロ小説に出てくる国際援助交際組織と似ていて、なんか親近感が湧きました^^:

                                          (2013/09/06)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [これが自然発生的な国民的なア... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-12-22 20:26:37
サイトやブログでも、全然おもしろくない、最悪、映画にするほどの物じゃない、監督の才能ないと冷ややかな感想ばかりで観客動員もかなり少ないらしいですね
Unknownさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2013-12-24 11:28:45
分かっています。
だからこそ、「そんなに悪くないし、突出したところさえある」として、上記のような感想を書きました^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『R100』 2013年9月26日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『R100』 を試写会で鑑賞しました。 この映画どうする 酷評しても松本信者は行きそうだ 【ストーリー】  男(大森南朋)は誘惑に負け、1年という期限付きでミステリアスなクラブへの入会を決意する。入会の際の条件は、たとえ何があろうとも途中で退会することはでき...
R100〜YOUphoria? (佐藤秀の徒然幻視録)
現代日本人の漠たる不安SMバージョン 公式サイト。松本人志監督・出演、大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、西本晴紀、松尾 ...
「R100」:崩壊する後半(言い訳つき) (大江戸時夫の東京温度)
映画『R100』、序盤はまずまず良かったんですけどねえ。映像は美しく、映画として
R100 (だらだら無気力ブログ!)
大森南朋にとって黒歴史になる作品だろうな。
R100 ★ (パピとママ映画のblog)
『大日本人』『しんぼる』『さや侍』などを手掛けてきたダウンタウンの松本人志がメガホンを取ったけた外れの異色作。決して開けてはならないパンドラの箱を開いてしまった主人公が遭遇する未知の体験を活写する。大森南朋、大地真央、寺島しのぶのほか松本自身も出演を....
『R100』 (2013) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 松本人志 出演: 大森南朋 、大地真央 、寺島しのぶ 、片桐はいり 、冨永愛 、佐藤江梨子 、渡辺直美 、前田吟 、YOU 、西本晴紀 、松本人志 、松尾スズキ 、渡部篤郎 試写会場: よみうりホール 映画『R100』公式サイトはこちら。 (2013...
『R100』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「R100」□監督・脚本 松本人志 □キャスト 大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永 愛        佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、西本晴紀、松本人志        松尾スズキ、渡部篤郎■鑑賞日 10月6日...
R100 (映画的・絵画的・音楽的)
 『R100』を渋谷TOEIで見ました。 (1)松本人志監督の前作『さや侍』を見たこともあり、かなり評判が悪そうですが(注1)、映画館に行ってきました。  本作では、主人公の片山(大森南朋)が、クラブ「ボンデージ」に入会したところ、日常生活の思いもよらないところで...
R100 (銀幕大帝α)
2013年 日本 100分 ドラマ/コメディ R15+ 劇場公開(2013/10/05) 監督: 松本人志 『さや侍』 企画: 松本人志 共同プロデューサー: 奥山和由 脚本: 松本人志 出演: 大森南朋:片山貴文 大地真央:女王様 寺島しのぶ:女王様 片桐はいり:女王様 冨永愛:....