『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『オーケストラ!』を観た]

2010-06-25 16:28:59 | 物語の感想
☆素晴らしい映画だった。

 クライマックスでは、悲しみでなく、その、個々の人生が経た映像の密度の濃さで泣けてしまった。

 30年前、ソ連はブレジネフ政権下の民族・文化弾圧で、名門楽団の指揮者の地位を追われた主人公アンドレ・・・、今は楽団の用務員をしているが、音楽への渇望は強い。

 支配人の部屋を掃除していると、パリの有名な劇場からのオファーのFAXが届く。

 アンドレは、そのFAXを懐にしのばせ、30年前に解散の憂き目にあったオーケストラチームを再結集し、パリに乗り込むのだった・・・。

 彼には、30年前に果たせなかった夢と、30年前から気がかりになっていた「存在」があった。

 文字通りの指揮者が、集団を、物理的にも精神的にも高みに連れて行こうとする様は、いついかなるときでも圧巻で、燃える!

 メンバー集めと言うのは、このような群像勝負物の前半の興味だが、オーケストラメンバー総勢60人と言うのは、今までにない大所帯だ。

 「ザ・コミットメンツ」の6倍ぐらいだ^^;

 アンドレは、音楽とは別の下層の職についている、かつてのオーケストラメンバーを集めていく。

 一人一人を描いている暇はないが、展開のテンポは良く、

 マネージャーがいないとなると、30年前にアンドレらの楽団に引導を渡した共産党員の男を、そのコネの多さから仲間にしたり、

 また、前払いをしてくれない劇場に不安を感じた主人公らは、チェロを「下手の横好き」でたしなむロシアのガス王をスポンサー兼楽団員として仲間に引き込むことにしたりと、人数が多いのに、一人の人物への属性を作品上ふんだんに盛り込む。

 30年前の悲劇は、主人公がユダヤ人を庇ったことに起因しているのだが、当のユダヤ人メンバーたちは、小銭儲けのことばかり考えている^^;

 物語は、良く言えば、至ってテンポ良く、悪く言えばご都合主義で進むのだが、それが、オーケストラを彩るファンタジーと言うか寓話性を高めてくれる。

 また、アンドレの奥さんは、集会への「サクラ」の調達派遣を生業にしているのだが、共産党集会やヤクザの結婚式の場面などは、必ず、物語の進行を促進させることに代表できていることで分かると思うが、場面場面の密度の濃さは特筆で、この二時間ちょいの作品の見応えは大きい。

 パリについてからは、30年前の事件の渦中で生まれた、現在は有名なヴァイオリニストとなっているアンヌ・マリー嬢が現われるのだが、この女優が美しい。

 瞳が美しい。

 高貴なのである。

 ・・・と、帰宅してから調べたら、『イングロリアス・バスターズ』に出ていたメラニー・ロランで、その映画の感想で私は同じことを書いていた^^;

 アンヌ・マリーが出てきてから、私は画面に釘付けで、最後の最後まで、楽団メンバーのいい加減さによって、上演が危ぶまれるのだが、

 そのこととは別に、どうやら、自分の出生には重要な秘密があると、心に引っかかり、美女が美しくも苦悩するさまに引きつけられ続けた。

 それまで、アンヌ・マリーの出自は、アンドレによって、見ている私らには言葉で語られるも、その具体的な「経緯」は描かれない。

 だから、好奇心は、観客である私たちとアンヌ・マリー、同じシンクロを果たすのだ。

 しかし、アンドレの親友が、出演を渋るアンヌ・マリーに、「コンサートの終わりに明らかになることもあるんじゃないか・・・」の言葉どおり、クライマックスのオーケストラの演奏で、過去と現在と、目の前の場所と遠くの場所がスパークする。

 30年前、命の危険にあった赤ちゃんが、弦楽器のケースの中に収まり亡命を果たしていた図は、もう「音楽の申し子」的意味合いとともに感動しきり。

 説得力はチャイコフスキーの「バイオリン協奏曲」の演奏、いいですね^^

 序盤は、聞くだけで下手と分かり、それが、途中から、アンヌ・マリーの名演に引き寄せられ、素晴らしく変貌する。

 言葉で語られずとも、聞くだけでうまい演奏だと分かる。

 この演奏が、見ている者に響かなかったら、この作品は佳作どまりだったでしょう。

 その名演は、30年前に、獄中死したアンヌ・マリーの母親、・・・楽団の大事な仲間の姿と、メンバーにとっては二重写しになっていた。

 だから、腕がさびついていたメンバーも、かつての現役時代の演奏を取り戻すことになったのだろう。

 しかも、この演奏中に、エピローグ(未来)もモンタージュさせる作り手のイメージは素晴らしい。

 久々に「映画」を堪能した^^

                                         (2010/06/25)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

63 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
オーケストラ! (花ごよみ)
以前行って満席で見られなかった映画、 やっと見ることができました。 この映画、チケットが、 当たっているんです。 監督はラデュ・ミヘイレアニュ。 主人公の名はアンドレ(アレクセイ・グシュコフ)。 かつては指揮者をしていました。 それもロシア・ボリショイ交響...
オーケストラ! (映画と本の『たんぽぽ館』)
“のだめ”だけがオーケストラドラマじゃない!!                 * * * * * * * * おり...
「オーケストラ!」 LE CONCERT (俺の明日はどっちだ)
・ すべては最後の12分22秒のラストシーンへ 何にも予備知識なしで出かけていったこともあって観る前はもう少し格調高い映画なのではと勝手に思い込んでいたけれど、ところがどっこい良くも悪しくもいろんな意味でカラフルな映画で、正直言って前半のコメディ的な展開に...
オーケストラ! (シネマ大好き)
元指揮者のアンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)は、ブレジネフ政権のユダヤ人排斥で仲間をかばったことで職を追われ、今はボリショイ劇場の清掃員。しかもそんな境遇がすでに30年も。そんな彼が、仕事中にパリのシャトレ座からの演奏依頼のFAXを見て、ボリ...
オーケストラ !/アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン (カノンな日々)
予告編を観たとき『のだめ』のフランス版?というのがいい意味でのファーストインプレッション。なかなか面白そうなお話みたいだし『のだめ』と公開日が一緒というのも相乗効果でより楽しめそうで二大オーケストラ映画と一人で勝手に盛り上がってます(笑)。 出演はその...
オーケストラ! (LOVE Cinemas 調布)
30年前、天才指揮者としてオーケストラの指揮を執っていた男がいた。彼はかつての仲間を集めパリで公演を開催しようと奮闘する。一体彼の目的は何なのか?かつての栄光を取り戻すため?それとも…。主演はアレクセイ・グシュコフ、共演に『イングロリアス・バスターズ』...
『オーケストラ!』 (beatitude)
いやぁ〜、驚くほど混んでました!!ダメだろなと思いつつ、1回目の上映時間30分前に行ったら、整理の兄さんが「立ち見なら入れます。」チケだけ買って「2回目にします。」と言ったら「1時間前には並んでください。」という状態...
オーケストラ! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】 演奏シーン以外は惹きつけられるものはなし。
「オーケストラ!」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Le concert)コメディだと思っていたら、終盤には感動大作の様相を呈してくる。まさに一粒で二度おいしい娯楽編だ。ロシア・ボリショイ劇場で掃除夫をしている主人公は、実は旧ソ連時代はボリショイ管弦楽団の常任指揮者だった。ユダヤ人音楽家を追放する政府...
映画「オーケストラ!」 (今日の素敵さがし)
 試写を観る前は、ほとんどプレスシートに目を通さない。その映画をちゃちゃっとまとめた解説や、他人の意見に影響されたくないからだ(映画選びは、監督や役者と、もっぱらカンに頼ってる)。
「オーケストラ!」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  まだ日陰には昨晩降った雪がうっすら白く残っている朝、楽しみにしていたこの作品を観るため、銀座に向かいました。こんな天気だし、大丈夫だろうとは思いつつも少し早めに行動して正解でした。初回ほぼ満席。予告編を観たとき、とにかく...
オーケストラ! (キノ2)
 これは、ほんとにステキな映画でした。  音楽の力って、演奏によっては体調すら崩しかねないほど凄いものであるだけに、それがプラスに機能すれば、ドラマでは描ききれない感動の高みまで連れていかれてしまいます。ラストのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲...
『オーケストラ!』 ('10初鑑賞68・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 5月3日(月・祝) 神戸国際松竹 スクリーン4にて 13:20の回を鑑賞。
♪『オーケストラ!』♪ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:フランス映画、ラデュ・ミヘイレアニュ監督、アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン出演。
オーケストラ!/ Le Concert (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click パリでオープニングNo1を記録し大ヒットした話題作{/onpu/} 日本でも先月のフランス映画祭で高評を得た。 タラの「イングロリアス・バスターズ」に主演してい...
オーケストラ! (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
落ちぶれた元楽団員のリベンジの物語は、笑いと涙の感動作だ。かつて一流オーケストラ・ボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレイは、ある事件が原因でキャリアの絶頂期に職を追われ、今はやむなく清掃員として劇場で働いていた。ある日、出演できなくなったオーケ...
オーケストラ! (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
ロシアの偽楽団がパリ公演を行うコメディーで、フランス映画です。ロシアのボリショイ劇場で掃除夫として働くアンドレイ・フィリポフ。彼はかつて天才指揮者として活躍していたが、...
オーケストラ! (だらだら無気力ブログ)
かつて名門オーケストラの天才指揮者だった劇場清掃員が、ひょんなことから 名門楽団に代わって自分が昔の楽団員をかき集めてコンサートを行おうとして 奮闘する様をユーモアたっぷりに描いた音楽ドラマ。 監督は『約束の旅路』のラデュ・ミヘイレアニュで、主演はロシ...
オーケストラ!(2009)LE CONCERT (銅版画制作の日々)
 さあ、人生を奏でよう。 5月1日、最終上映での鑑賞となりました。この手の作品なら、ミニシアター系なのですが、シネコン上映なんですね。キャストで知っているのは、メラニー・ロラン、フランソア・ベルレアンくらいかしら、、、、。ミュウ=ミュウは知っていました...
オーケストラ! (そーれりぽーと)
このGW、日本では『のだめカンタービレ最終章』が話題でしたが、もう一つのクラッシックもの映画でしかも舞台は同じくパリの『オーケストラ!』が関西で封切られたので観てきました。 ★★★★★ 若干ネタバレですが問題有りません。 ボリショイ交響楽団の天才指揮者だ...
『オーケストラ!』 (ラムの大通り)
(原題:Le concert) 「これは観る前に想像していたのとはまったく違ったね。 本当に映画は観てみなくては分からない」 ----そうニャの? タイトルからして、だれもが心打たれる感動作って気がするけど…。 「もちろん。それはそうだよ。 でも一言で“感動”って言っ...
【オーケストラ!】 (日々のつぶやき)
監督:ラデュ・ミヘイレアニュ 出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン   さあ、人生を奏でよう。 「ボリショイ交響楽団の元有名な指揮者であったアンドレは現在劇場の清掃係。 ある日支配人の部屋の掃除中に入ったファックス
『オーケストラ!』 (めでぃあみっくす)
魂で奏でる音楽。魂で綴られる人生。その2つが見事なハーモニーを醸し出すクライマックスのオーケストラシーンが実にブラボー!な映画でした。音楽に明るくない方も、協奏曲とかチャイコフスキーとかあまりよく分からない方でも全く心配ご無用。是非オーケストラを見る勢...
オーケストラ! (風に吹かれて)
チャイコフスキーを弾いて公式サイト http://orchestra.gaga.ne.jp監督・脚本: ラデュ・ミヘイレアニュ 「約束の旅路」 ロシア・ボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働く、冴えな
オーケストラ! (映画道)
ロシアで劇場清掃員として働くアンドレイは、かつては天才指揮者として知られていたが、共産主義政府によるユダヤ人排斥政策によって楽団を追われた過去を持っていた。そんな彼はある日、パリの劇場がキャンセルした楽団の代わりとなるオーケストラを探しているという情報...
【フランス映画祭2010】『オーケストラ!』(20... (NiceOne!!)
原題:LECONCERT監督:ラデュ・ミヘイレアニュ出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン鑑賞劇場 : TOHOシネマズ六本木ヒルズ映画『オーケストラ!...
オーケストラ!☆独り言 (黒猫のうたた寝)
のだめの最終楽章後編が公開された頃に確か東京のほうでは公開されてたんですよね。名古屋ではやっと5月末に公開になりました。『オーケストラ』30年前にユダヤ人のメンバーの為にボリショイオーケストラの主席指揮者の地位を失ったアンドレイは今はその劇場の清掃人…そ...
オーケストラ! (映画的・絵画的・音楽的)
 『オーケストラ!』を渋谷のル・シネマで見てきました。  この映画は連日大入りで、ル・シネマで別の映画を見た時でも、ロビーはこちらを見ようとする人で溢れ返っていました。我々が行った時も、公開されてからかなりの日が経過していましたが、ほぼ満席でした。たぶ...
奇跡のコンサート〜『オーケストラ!』 (真紅のthinkingdays)
 LE CONCERT  ロシアのボリショイ交響楽団で、清掃員として働くアンドレイ(アレクセイ・グシュ コフ)は、かつて天才と呼ばれた指揮者...
オーケストラ! (映画尻エリカ)
『オーケストラ!』 “LE CONCERT” (2009・フランス) 2h04 監督・脚本 : ラデュ・ミヘイレアニュ 出演 : アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、ミュウ=ミュウ 共産主義時代のソビエトで政策により解雇されたオーケストラメンバー。...
『オーケストラ!』 (千の天使がバスケットボールする)
この映画の原題は、”Le Concert”。 でも映画をご覧になった方にはわかっていただけると思うが、邦題の「オーケストラ!」の方がはるかにこの映画の感動にふさわしい。そして最後に「!」がつくのも。 名門ロシア・ボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働く...
オーケストラ! ◆ Le Concert (■■たんたんたぬきの映画箱)
? 旧ソ連時代に天才指揮者と謳われながら、国の指導者による偏見からその地位を追われ、劇場の清掃員をしている熟年男。偶然手にした一枚のFAXから奇想天外な計画を思いつき、花のパリ、シャトレ劇場で復活コンサートを画策するというあらすじのフランス映画。?  冒...
ラストはもうルンルンだ♪「オーケストラ!」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
いやあ〜最初から設定的に漫画のように進むし、ありえない展開にツッコミどころ満載なのではあるがラストのまさにオーケストラ!のシーンですべてが「よしよし」で終わるのですよ、これが。この最後に用意されている
『オーケストラ!』 (京の昼寝〜♪)
    □作品オフィシャルサイト 「オーケストラ!」□監督・脚本 ラデュ・ミヘイレアニュ □キャスト アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=ミュウ■鑑賞日 4月22日(木)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★...
「オーケストラ!」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2009年・フランス:GAGA配給原題:LE CONCERT監督:ラデュ・ミヘイレアニュ脚本:ラデュ・ミヘイレアニュ/アラン=ミシェル・ブラン/マシュー・ロビンス フランス・パリでの初公開時、「マイケ
「オーケストラ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Le Concert」 2009 フランス/イタリア/ルーマニア/ベルギー アンドレイ・フィリポフにアレクセイ・グシュコフ。 アンヌ・マリー・ジャケに「パリ/2007」「イングロリアス・バスターズ/2009」のメラニー・ロラン。 劇場支配人オリヴィエ・デュプレシスに「ナル...
オーケストラ! (5125年映画の旅)
天才指揮者と呼ばれたアンドレイ。しかし彼は、祖国ロシアのユダヤ人排斥政策に反発したために指揮者の座を追われ、劇場のしがない清掃員として働いていた。ある日アンドレイは清掃していた支配人室でパリ公演の依頼のFAXを見つける。アンドレイは正規の楽団になり...
オーケストラ!  Le Concert (映画の話でコーヒーブレイク)
平均寿命はその国の健康状態、経済発展、社会病理の状況を集約して示す指標だそうです。 ロシア人の平均寿命ってどれくらいか御存知ですか? 10年ほど前、何かで読んで驚いた記憶があります。 OECDの平均が1960年頃から順調に右肩上がりで、2006年度女性82.5歳、男性7...
オーケストラ! (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲をモチーフに描く奇跡の物語。 ニセの楽団が奏でる究極のハーモニーが感動を呼び、フランスで大ヒット! 物語:かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。 ある日パリ...
映画『オーケストラ!』 (健康への長い道)
梅田ガーデンシネマでは大混雑だったというフランス映画『オーケスラ!(原題LE CONCERT)』。近所のシネ・ピピアで遅れて公開されるということで、ガーデン・シネマには行かずに待っていました。こちらは空いています(笑)。 Story ロシア・ボリショイ劇場の清掃員と...
■映画『オーケストラ!』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ストーリーは荒いし、描写は大味だし、演技はフランス映画っぽく大げさだし…、でも、ラストには何故か感動して涙してしまう映画『オーケストラ!』。 なんというか、“音楽の力”というものを実感しました。 クラシックにはまったく明るくない私ですが、最後のコンサ...
オーケストラ! (ダイターンクラッシュ!!)
2010年4月18日(日) 20:15〜 チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『オーケストラ!』公式サイト ブレジネフ書記長の共産ソ連時代のオーケストラ指揮者アンドレ。ブレジネフが楽団からユダヤ人を追放しようとし、それ...
■19. オーケストラ! (レザボアCATs)
'09年、フランス原題:Le Concert監 督:ラデュ・ミヘイレアニュ製作:アラン・アタル原案:ヘクトール・カベッロ・レイエス、ティエリー・デ・グランディ脚 本:ラデュ・ミヘイレアニュ、アラン= ミシェル・ブラン、マシュー・ロビンス撮 影:ローラン・ダイアン美術:...
「オーケストラ!」ラデュ・ミヘイレアニュ (Mani_Mani)
オーケストラ!LE CONCERT 2009フランス 監督:ラデュ・ミヘイレアニュ 原案:エクトル・カベロ・レイエス、ティエリー・デグランディ 脚本:ラデュ・ミヘイレアニュ、アラン=ミシェル・ブラン、マシュー・ロビンス 出演:アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン...
オーケストラ! (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
さあ、人生を奏でよう。 寄せ集め楽団が巻き起こす奇跡の物語。 沸き起こる拍手に温かい涙が溢れる、笑って、元気をくれる感動作。 オーケストラの元指揮者がひょんなことから昔の仲間とオーケストラ...
オーケストラ! (シネマDVD・映画情報館)
元天才指揮者と寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡の物語 ストーリー:かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。ある日パリのシャトレ劇場から、出演できなくなった楽団の代わりの出演依頼FAXを偶然目にした...
オーケストラ! (シネマDVD・映画情報館)
元天才指揮者と寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡の物語 ストーリー:かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。ある日パリのシャトレ劇場から、出演できなくなった楽団の代わりの出演依頼FAXを偶然目にした...
オーケストラ! (心のままに映画の風景)
かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレ(アレクセイ・グシュコフ)は、今は劇場清掃員として働く日々。 ある日、出演できな...
オーケストラ! (シネマDVD・映画情報館)
元天才指揮者と寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡の物語 ストーリー:かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。ある日パリのシャトレ劇場から、出演できなくなった楽団の代わりの出演依頼FAXを偶然目にした...
オーケストラ! (シネマDVD・映画情報館)
元天才指揮者と寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡の物語 ストーリー:かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。ある日パリのシャトレ劇場から、出演できなくなった楽団の代わりの出演依頼FAXを偶然目にした...
オーケストラ! (シネマDVD・映画情報館)
元天才指揮者と寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡の物語 ストーリー:かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。ある日パリのシャトレ劇場から、出演できなくなった楽団の代わりの出演依頼FAXを偶然目にした...
オーケストラ! (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
オーケストラ!'09:フランス◆原題:LE CONCERT◆監督:ラデュ・ミヘイレアニュ◆出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン◆STORY◆かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。ある日...
「オーケストラ!」 (古今東西座)
観る前から「多分自分はこの映画を好きになるだろうな」と確信できる作品がある。そしてこの『オーケストラ!』は予告編を観ただけで、そんな予感がビンビンと伝わってくるものがあった。実はこの予告編が物語の大筋が想像できるくらいに多くを語り過ぎており、本来なら観...
オーケストラ! (とりあえず、コメントです)
自分の人生を取り戻すためにチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を指揮しようとする男の物語です。 予告編の指揮の様子を観て、どんな音楽が奏でられるのだろうかと気になっていました。 全体的にはパリでコンサートを開くまでのドタバタ劇でしたけど ラストに聴かせて...
mini review 10503「オーケストラ」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
かつては一流オーケストラの天才指揮者だった中年清掃員が、急きょ出演できなくなった楽団の代わりに、昔の楽団仲間を集めてコンサートに出場しようと奮闘する感動作。寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡を、『...
DVD:オーケストラ!Le Concert 油断していたら、あっさりノックアウト(笑) 今年のベスト10に入りそう (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
この映画、予告編でストーリーはほぼ俯瞰されている。 かつてはロシア・ボリショイ交響楽団の指揮者だった主人公は、今は清掃員。 フランスでの公演情報をゲットしてしまったことから、昔の仲間を集めて..... で、クライマックスはラストの演奏シーン。
「オーケストラ!」LE CONCERT(2009 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
 すみません、わたし今日、鶴岡まちキネで鑑賞したんですけど、上映は明日までなんで
オーケストラ! (悠雅的生活)
太陽は朝になると昇る。夜は昇らない。
『オーケストラ!』'09・仏 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
大いなる嘘を楽しむか?否か? もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の
オーケストラ! (いやいやえん)
ある事情から由緒ある交響楽団の主席コンダクターの身を追われた男性が、とあるFAXを盗み見した事から、30年ぶりにかっての楽団員たちを呼び寄せ、パリで演奏しようと企てるコメディ的作品。 ただ音楽を扱っていて音楽を練習しているシーンが極端に少ない、それだ...
オーケストラ! (銀幕大帝α)
LE CONCERT/09年/仏/124分/音楽コメディ・ドラマ/劇場公開 監督:ラデュ・ミヘイレアニュ 出演:アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン <ストーリー> 1枚のFAXを目にしたアンドレイはかつての仲間を集め、ボリショイ交響楽団代....
ラデュ・ミヘイレアニュ監督 「オーケストラ!」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
原題は「 Le Concert」 フランス映画です。 DVDにて鑑賞。 公式サイト⇒http://orchestra.gaga.ne.jp/ 【あらすじ】 ロシア・ボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働くさえない中年男アンドレイ(アレクセイ・グシュコブ)が、楽団の指揮者のふりをして、偽のオー...
オーケストラ (Said the one winning)
繰り返し観る作品。そこそこ突っ込みもアリだけどやっぱ音楽って気持ちとか魂だなぁ・・・って感動してしまう かつては一流オーケストラの天才指揮者だった中年清掃員が、急きょ出演できなくなった 楽団の代わりに、昔の楽団仲間を集めてコンサートに出場しようと奮闘す....