『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『エル ELLE』を観た]

2017-09-02 09:21:34 | 新・物語の感想

映画の日なので、「スキップ・トレース」に続いて、2本目を観るのだ!
☆・・・ちまたで評価の高いポール・ヴァーホーベン監督作品!
 これが観たいから、いちいち、そこでしかやってない立川シネマシティまで来た。
 二つの作品に、偶然に一致したことがあるので、まず記しておく。
 どちらの作品にも妊娠・出産シーンがあったのだが、両ケースとも、父親とされる人物とは別の父親といたした結果として、明らかにわかる肌の違う赤ちゃんが生まれて来ていた^^;

 ・・・さて、この人の描く「異常状況」は多分に、その戦争体験にあると言う。
 偏った作風の監督だが、観る者に大きなインパクトを残す。
 二時間を飽きずに見た。
 サスペンスの範疇に入るのだが、「犯人捜し」とか「苦境の打開」とかに、妙齢の女性ミシェルが能動的に動くわけではなく、自分の境遇(過去の父親の重大猟奇犯罪、現在において被ったレイプ事件)に受け身の性格なので、観ているこちらは不安定な気分にさらされ続ける。
 多種の性的な局面にミシェルは直面し、そこに、家族と言う、ある意味 相反するものを共生させているので、不安感は更に増していく・・・。
 主演のイザベル・ユペールの演技は見事で、美しい人だったのだろうし、この作品の時点でも美しいとも言えるのだが、役柄でも孫が生まれ、節制した生活で顔にふくよかさがないのでギスギスした印象。
 それが、エロチックな状況に置かれているのが、ぴちぴちギャルの好きな私にはちょいと共感できる点が少ない。
 常に、欧米の性の間口の広さには、マジ敬服する。
 ウディ・アレンの映画なんかでも、ハゲオヤジが普通に恋愛してるしさ^^
 原作は、私のフェイバリットの一つ『ベティ・ブルー』のフィリップ・ディジャンの小説だそうだ。
 私自身が『ベティ・ブルー』に夢中になったころと感受性が変わっただろうし、この作品の物語性ではなく、その感性に共感できることはなかったのだが、
 ミシェルの、なんかうだつのあがらない息子の彼女ジョシ―のエキセントリックさに、私はベティの片鱗を見て、私自身が年齢を重ねていることを思わされた。
 ジョシ―は癇癪持ちで、おそらくビッチだが、可愛い。
 それは、歳を経つつ、性への興味が尽きない、だけども認めたくはない、私とミシェルの共通性の認識へとつながっていく・・・。

                               (2017/09/02)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『スキップ・トレース』... | トップ | [月の最初の2日間、大入り盛... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
犯人捜し (まっつぁんこ)
2017-09-02 10:18:28
能動的に行っていたと思いますが・・・(^^♪
性の間口の広さに敬服同感です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エル ELLE (あーうぃ だにぇっと)
エル ELLE@有楽町朝日ホール
エル ELLE (だらだら無気力ブログ!)
う~ん、これは自分には合わなかったなぁ。
エル ELLE (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(00) このヒロイン、少女時代のトラウマから何かしらの精神疾患に
エル ELLE (映画と本の『たんぽぽ館』)
バイオレンスと陶酔 * * * * * * * * * * ゲーム会社のCEOミシェル(イザベル・ユペール)は、 ある日、自宅に侵入してきた覆面男に暴行を受けてしまいます......
『エル ELLE』 (こねたみっくす)
犯人探しが目的ではない。性欲を満たすことも目的ではない。ただ歪んだ彼女を受け入れることが目的なのだ。 さすがポール・ヴァーホーヴェン監督作品だと称賛する前に、さすがイ......
エル ELLE / Elle (勝手に映画評)
社会的にも成功した女性が、ある日、自宅で男に襲われるが、なぜか警察に届けようとしない。女性が警察に届けようとしないのには、理由があった・・・。 中々複雑な人間関係です......
「エル ELLE」:ハネケほどの毒はなくて・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『エル ELLE』は、久々のポール・バーホーヴェン監督作。でも現在79歳の人
エル(ELLE) (映画的・絵画的・音楽的)
 『エル ELLE』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)主演のイザベル・ユペールがこの作品で様々な賞を受けているとのことなので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞......
エル (もののはじめblog)
(原題:ELLE, フランス語で「彼女」を意味する) サスペンスとして評判が高いというので、公開初日8月25日に観てきた。 近くの映画館では公開してないため、ららぽーと横浜まで車......
「ELLE」 (ここなつ映画レビュー)
イザベル・ユペールが凄い。どう凄いかというと、どうもこうもなく凄い。それでは身も蓋も無いのでこう言おう。強い女…だがしかし常に芯の部分では孤独にしか生きられなかった、......