『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『おかえり、はやぶさ』を観た(これにて、「はやぶさ・3.5部作」制覇!^^)]

2012-03-10 23:59:51 | 物語の感想

☆・・・この作品、なんかしょぼそうだったのだが、まあ、普通に面白かった。

 だが、先ず、この作品の楽しみ方とは、単体で観るよりも、先行した競作作品との絡みで見ることにあると思う。

   (0.5)『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』

   (1)『はやぶさ/HAYABUSA』

   (2)『はやぶさ 遥かなる帰還』

 こんな短期間のうちに、同じ題材を元にした作品を見られる機会は、今後はないぞ!

 みんなも、そんな<鑑賞祭り>に参加すべきだ^^;

 私は今日で全部見たぞ!

 それも、全て、偶然(途中から敢えて)、母親と見たぞ^^;

 しかも、今回の作品、初日のレイトショーなのに、客が私と母親だけだったゾ^^;

   ◇

 なんちゅうか、これは、新しくも古い、無二の映画の楽しみ方が出来る。

 それは、「忠臣蔵」が、毎度、同じ展開を見せつつも、作り手のこだわりやキャストで個性を出しているのと同じだ。

 もう、展開は既知なので、「来るぞ! 来るぞ!」と、見ている私たちは、「はやぶさ」の苦難を予期していて、その期待通りに喜びつつ、ささやかな差異(演技・演出・カメラワーク・CG・脚本上の重要視点)に驚かされるのだ。

 それはもう、「様式美」の域に達している。

 バカが「似非マーケティング」や「企画の貧困についてのバカ観点」から、一連の作品をけなしているが、なんか勘違いはなはだしい。

 こちとら、試写会で見飛ばしているわけではない、お金を出して見ているのだ。

 批判して悦に浸っているわけにはいかない。

 少しでも楽しく観させて頂きますよ^^

   ◇

 今回の「はやぶさ」、確かに一番しょぼかった。

 先ず、メインの舞台である管制室が、ちょっとした事務所に毛が生えた程度の体裁で、

 そこで活躍するメンバーの絶対数も非常に少なかったし、キャストも地味だった。

 メンバーの少なさは、例えば、杏などかなり魅力的であるが(10年前のセーラー服姿なども見せてくれた^^)、作品全体の豊かさを覆うには至ってない。

 カメラのアングルも単調で、ドラマチック性と言うか、けれんがなかった。

 だけども、私は、「ならば」と、そこにリアリティを感じようとした。

「実際は、こんなものなのかも知れないな」と。

 先に見た作品は、「予算の少なさ」を意図的に画面に出していたのに、渡辺謙のオーラが作品をゴージャスかつ大きなスケールに見せていた。

 しかし、この作品は、そのような意図なく、しかし、確実に貧乏所帯を醸していた^^;

 主演の藤原竜也の演技は、相変わらずの「一本調子」で、やや飽きがくる。

 更に、若い藤原竜也の周囲も、いまいち落ち着いた役者がおらず(いい役者はいるが、脇でこそ光る他役者たちだ)、藤原竜也の演技への嫌気を中和出来ない。

 三浦友和演じる父親と藤原演じる息子との、旅を通した中での和解が描かれるも、前JAXAの「のぞみ」計画の失敗責任者とされた父親は、物語上部外者で、作品内を落ち着かせるには至っていない。

 ただ、例えば、臼田宇宙空間観測所でのカンニング竹山演じる、それとはわからないような地味な男や、管制室のコンピュターオペレーターの男など、妙なトコで事務的にリアルな男を配している。

 ミッションが成功し、竹山が、同僚の女に飴玉を渡すシーンなんて何気にいいし、それがエンディングでのプロポーズにも繋がっている^^

 ・・・竹内結子主演版のような「けれん」なく、渡辺謙主演版のような「情熱」なくも、今回の作品の「普通っぽさ」もなかなか楽しめるのだった^^

                                                  (2012/03/10)

ジャンル:
速報
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [酔っているので、「ものすご... | トップ | [蒼い世界(2011/03/16の再掲)] »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はやぶさ。 (みぃみ)
2012-03-12 16:44:44
3Dという事もあり、壮大な締め括りを期待していましたが、少し肩すかしでした。
台詞に合わせたすぐそこに浮かんでいるような「はやぶさ」の動きに、わかったようでわからなかった専門用語の理解もでき、技術畑一筋?の男性の恋も実りましたし(^_-)☆。
暖かくなってきた春の訪れには合ってるかな?と思いました。
みぃみさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-03-14 06:21:25
冒頭の、丁寧な背景説明などは良くて、この先の展開に期待が持てたんですが、次第に説明不足が際立ってきちゃいましたね。
渡辺謙版みたいな説明を省く潔さもなく。
でも、そんな悪くはなく、無難な作りだったですよね。
気になる箇所は多々あれ^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『おかえり、はやぶさ』 2012年3月11日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『おかえり、はやぶさ』 を鑑賞してきました。 かなり酷評が多かったので、ハードル低めの鑑賞でした おかげで、面白く見れました 【ストーリー】  宇宙の謎を解く鍵となる小惑星イトカワのサンプルを採取して地球に帰還するべく、2003年5月9日、小惑星探査機「はやぶ...
おかえり、はやぶさ (あーうぃ だにぇっと)
おかえり、はやぶさ@なかのZERO
映画:「おかえり、はやぶさ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年3月12日(月)。 映画:「おかえり、はやぶさ」。 【監  督】本木克英 【脚  本】 金子ありさ 【キャスト】  藤原竜也 (大橋健人)・杏 (野村奈緒子)・三浦友和 (大橋伊佐夫)  前田旺志郎 (岩松風也)・森口瑤子 (岩松多美)・田中直...
おかえり、はやぶさ (Akira's VOICE)
宇宙のワクワク感に包まれる3Dが良い!  
『おかえり、はやぶさ』 ('12初鑑賞31・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 3月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 16:20の回を鑑賞。
『おかえり、はやぶさ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「おかえり、はやぶさ」□監督 本木克英 □脚本 金子ありさ □キャスト 藤原竜也、杏、三浦友和、前田旺志郎、森口瑤子、田中直樹、       宮崎美子、豊原功補、大杉 漣、中村梅雀■鑑賞日 3月11日(日)■劇場 チネチッタ...
おかえり、はやぶさ (とりあえず、コメントです)
各社競作企画映画“はやぶさ”の松竹版です。 これまでの「はやぶさ/HAYABUSA」「はやぶさ 遥かなる帰還」と観て来たので、 どうせなら今作もチャレンジしようと決めていました。 親子の絆を絡めながら、はやぶさの偉業を子供にも分かるように丁寧に伝えてくれる作品でし...
おかえり、はやぶさ 3D/藤原竜也、杏 (カノンな日々)
各映画会社の競作となった惑星探査機はやぶさの軌跡を描いた物語。私は勝手にはやぶさ映画三部作と呼んでたりしますけど、そのとりを飾るのがこの松竹映画『おかえり、はやぶさ』 ...
おかえり、はやぶさ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
おかえり、はやぶさ オリジナルサウンドトラッククチコミを見る宇宙への夢と家族ドラマをからませた「おかえり、はやぶさ」。もはや見慣れた素材なので新鮮味は薄いが、あたたかさ ...
おかえり、はやぶさ (だらだら無気力ブログ!)
はやぶさ3作の中でダントツのつまんなさ。
「おかえり、はやぶさ」:競作の中でビリ (大江戸時夫の東京温度)
劇映画版「はやぶさ」競作の第3弾『おかえり、はやぶさ』を3Dで観ました。 ドキュ
『おかえり、はやぶさ』 (シチュー鍋の中の混沌の弐)
『はやぶさ』映画マラソン最後の一本、松竹版です。 2Dレディースディで観てきました。3Dはいらないし、安く観たいと思ってたので。 一言で言えば 「なんだ、普通に楽しめたじゃん」。 やっぱり予告編が悪いな!w 『子供がはやぶさに乗ってる』ヴィジュアル...
『おかえり、はやぶさ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
小惑星探査機<はやぶさ>を題材にした3本目の実写映画。 真打ち登場、と言いたいところだけど、こういうものは旬が大事、早い者勝ちって部分が少なからずあると思う。 3本の中で一番フィクション要素が強いのかな、もはや<はやぶさ>じゃなくても良くなってきてる。...
おかえり、はやぶさ 3D 2D (RE940の自作DVDラベル)
2012年 松竹 115分 監督:本木克英 出演:藤原竜也 杏 三浦友和 前田旺志郎 森口瑤子 田中直樹 カンニング竹山 豊原功補 宮崎美子 大杉漣 中村梅雀 岸本加世子  かつて火星探査機“のぞみ”のリーダーだった父親と、小惑星探査機“はやぶさ”のエンジニア...