『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『マイマイ新子と千年の魔法』を観た(少女万歳!^^v)]

2009-11-25 09:34:52 | 物語の感想
☆休みがないと言いつつも、本日は雨で現場作業は中止、現場監督の私は、事務所に数時間、顔を出すだけでOKの日だった。

 故に、夜勤前にMOVIX昭島に行き、『マイマイ新子と千年の魔法』を観ました。

   ◇

 全くノーマークの作品であったが、そして、それほどに派手さのない物語であったが、終盤には、昭和三十年代の奔放な女の子の日常の断片が、私の心に蓄積されていき、私は涙を流してしまった。

 良作である。

 イメージ的には、女の子同士の『スタンド・バイ・ミー』的でもあり、ゲーム『僕の夏休み2』風でもあり、夢見がちな女の子の主人公に『テラビシアにかける橋』を想った。

 歴史を持つ山口県防府市・国衙を舞台に、少女少年たちの日常を自然描写たっぷりに、過去の歴史をカットインさせながら展開される物語であった。

   ◇

 私は、「生半な自然描写」や、「ジブリ作品の呪縛から逃れられないキャラクター」と言う偏見で見ていたのだが、

 段々と、それが、「丹念な自然描写」「素朴な色艶のある少女たち」と変わっていき、夢中になってしまった。

 特に、主演の二人が可愛らしい。

 ボーイッシュな新子と、女の子らしい貴伊子は、全く正反対のタイプながらも、それぞれの魅力を発散させている。

 二人の、作品中での魅力の表わし方、その拮抗具合が絶妙である。

 うん、『ふたりはプリキュア』なんですね^^

 二人とも、私の大好きな短髪娘なのも良い!!

   ◇

 国衙の自然に、二人は、往時の都を夢想する。

 本来は、空想属性とは思えない新子のイメージに、メルヘン属性の貴伊子が引っ張られる展開も面白い。

 また、そんな児童読み物が好きな貴伊子に、控え目にだが、母親の死の影という「現実」を背負わせている。

 この貴伊子が、次第に、これまでの殻を打ち破って変身していく様が、そのコスプレ的な面白味とともに、少女の成長を思わせ、いいんだわ^^

   ◇

 その、かつての都の繁栄の中で生きる孤独な姫と、現在の新子たちを、あまりきっちりとではなく、

 花びらや用水路、小川を流れる切った折り紙などを通し、控えめにオーバーラップさせているのも上品だ。

 ただ、この過去パートは、たまに、物語のテンポを停滞させていたような気もする。

 また、非常に抑制された展開で、奇を衒った展開は排し、昭和30年代のリアルを淡々と積み上げた作品であり、

 新子と貴伊子が仲良くなっていく過程も静かに流れるのだが、

 それ故に、そのシークエンスが、作り手の意図とは別の、妙な味わいを生んでしまってもいた。

 私は転校生の貴伊子に秘密めいたものを感じ、自由奔放な新子に戸惑いを感じられたのが良かったが。

   ◇

 物語の終わりで、国衙の象徴であった新子は引っ越していく、

 それを、新たに、「少女視点の世界」としての国衙を背負うことになる貴伊子が、屈託なく草笛を力強く吹いて見送る。

 その、受け継がれていく物語に、私は感動した。

                                     (2009/11/25)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [与党民主党考・13 「言葉... | トップ | [与党民主党考・14 「既に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マイマイ新子と千年の魔法 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。高樹のぶ子原作、片渕須直監督、声:福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ。舞台は周防国衙跡。現在の山口県防府市だ。
マイマイ新子と千年の魔法 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「マイマイ新子と千年の魔法」監督:片渕須直原作:高樹のぶ子 声の出演:福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ配給:松竹概要:美しい自然が残る昭和30年代の山口県防府市・国衙。戦争の傷跡から立ち直りつつあるこの町で、小学3年生の少女・新子は、お爺ちゃ....
昭和30年代の山口県防府市を丁寧に映しだした「マイマイ新子と千年の魔法」、防府市のロケハンだけで約1年! (リージョナルシネマ REGIONAL CINEMA !)
マイマイ新子と千年の魔法 オリジナル・サウンドトラックアーティスト:村井秀清・M
マイマイ新子と千年の魔法 (シネマDVD・映画情報館)
芥川賞作家・高樹のぶ子が、自らの幼少時代をモデルに描いた自伝的小説を映画化。空想好きで多感な少女・新子が豊かな自然の中で毎日を真剣に生き、時にヒリヒリとした苦い思いをしながら、仲間たちとゆっくり成長していく姿が描かれている。監督は、TVアニメ「名探偵ホー...
マイマイ新子と千年の魔法 (かりんのつれづれなるblog)
試写会を見てきました。 今年はサマーウォーズ、ホッタラケの島と面白かったので、
『マイマイ新子と千年の魔法』 (ラムの大通り)
----マイマイってカタツムリのことだよね? 「フォーンもそれを思い出したか。 ぼくも、どういう意味かなって思っていたんだけど、 これは“つむじ”のこと。 この映画=アニメの主人公、小学3年生の新子(福田麻由子)は、 ふつうのつむじとは別に、おでこにももうひとつ...
マイマイ新子と千年の魔法 (映画情報良いとこ撮り!)
マイマイ新子と千年の魔法 おじいちゃんから聞かされた千年前の町のことを思って空想することが好きだった。 ある日東京から、転校生がやってくる貴伊子という子だ。 その貴伊子といつしか仲良くなっていた新子だったが。 ある事件をきっかけに。。。 キャスト...
【映画評】<!-- まいまいしんことせんねんのまほう -->マイマイ新子と千年の魔法 (未完の映画評)
妄想癖のある少女・新子と都会からの転校生・貴伊子が体験するファンタジックな心の交流を描いたノスタルジック・アニメーション映画。
マイマイ新子と千年の魔法 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
生きることを、単純かつ純粋に楽しむ子供は、空想と現実の世界を自由に行き来できる。この物語の主人公がそうであるように。舞台は昭和30年の山口県の片田舎。戦争の傷跡はまだ残っているが、空想好きの小学3年生の新子は、毎日を元気に過ごしていた。ある日、東京から貴...
「マイマイ新子と千年の魔法」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:マッドハウス=松竹/監督:片渕 須直) 高樹のぶ子の自伝的小説「マイマイ新子」を、「アリーテ姫」の片渕須直が監督(脚本も担当)した、本年屈指の秀作アニメ。 昭和30年の山口県防府市。空想
『マイマイ新子と千年の魔法』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY )
心の中を清流が流れるよ。映画館で体感すべし。 昭和30年代の山口県防府市で暮らす小学3年生の新子。ある日、東京からの転校生貴伊子がやってくる。 芥川賞作家、?樹のぶ子の自伝小説が原作。たくさんありすぎるアニメ映画をいちいち全部は観ていられないので、この手...
マイマイ新子と千年の魔法 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
青い麦の海に飛び込むと、 キラキラの明日が見えるんよ。 古いけど永遠に変わらないもの── 切ないほどに懐かしい 高樹のぶ子の幼少時代をモデルに描いた自伝的小説...
マイマイ新子と千年の魔法 (単館系)
公開されたのは2009年11月21日 本日2010年3月28日 渋谷アンジェリカにて鑑賞。 当館ではまだ舞台挨拶が予定されているとか・・・ 以前よりク...
『マイマイ新子と千年の魔法』を観てきました。 (よーじっくのここちいい空間)
この作品の何もかもが懐かしく目に写るとしたら、「その時」から年月に巻き込まれて忘れてしまっているような、錯覚に陥っているものの正体に気付いているからなのかもしれません。 その正体を、思い出させるために、この作品は存在しているのだと思います。
マイマイのしあわせ (Akira's VOICE)
「しあわせの隠れ場所」 「マイマイ新子と千年の魔法」 
マイマイ新子と千年の魔法 (だらだら無気力ブログ)
芥川賞作家・高樹のぶ子の自伝的小説『マイマイ新子』を「時をかける少女」 「サマーウォーズ」のマッドハウスがアニメ化した感動ストーリー。 昭和30年代の山口県防府の美しい自然の風景をバックに、空想好きの少女が 都会から転校してきた少女と友情を築き、仲間たち...
『マイマイ新子と千年の魔法』('11初鑑賞1・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月1日(土・祝) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
映画評「マイマイ新子と千年の魔法」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・片渕須直 ネタバレあり
マイマイ新子と千年の魔法 (悠雅的生活)
千年の魔法。明日の約束。「行こうや」。