『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画まとめ語り:『イントゥ・ザ・ストーム』『もういちど』(寸評)]

2014-08-24 11:51:20 | 新・物語の感想

☆・・・『もういちど』

   

 林家たい平さんの企画で、これまで名人の落語集を数回 映画館で上映していたのだが、今回はオリジナルの映画作品である。

 たい平師匠の主演である。

 江戸時代、長屋に引っ越してきた落語家崩れの心に傷を負った男が、同じく人生に傷ついた少年に落語を教えることによって、双方、立ち直っていく物語。

 これ、ベースは、昔からある物語、『ロッキー』『ベストキッド』と変わらない構造であり(変わり種としては『4分間のピアニスト』『受験のシンデレラ』なんかもある)、

 見ているこちらは、すぐにのめり込める^^

 CG作成と思われる江戸の街なのだが、これが、おそらく安い製作費だろうに、よく出来ている。

 『ブレードランナー』ばりに、同じセットの使い回しをしているんだろうけど、なんとも、その空間の描写がうまく、実在の江戸を感じられたような気がした。

 登場人物の使い方も、散文的だが、きちっと丁寧に描いているので、クライマックスでは、ホロリと泣かされ感動する。

 少年は最後に「時そば」を披露するのだが、もう、私は、見終えて蕎麦が食べたくて食べたくてしょうがなかった。

 作中で、たい平師匠が、少年にそばを食べる所作を見せるのだが、「こればかりは、自分なりの食べ方を考えるしかねーよ」とか言う。

 落語を披露する場で、少年は、そば食いの所作を見せるのだが、それがたい平さんと全く異なるオリジナリティあふれる食いっぷりで、更に、不味いそばを食う時は、更なるアレンジがされており、私は、感心しつつ、笑った!

   ◇

 ・・・『イントゥ・ザ・ストーム』

   

 古き良き時代のパニック映画を、最新の技術で描いた、なかなかの作品。

 難しいのが、これが、怪獣対象ならば、「敵」のなんらかの意志が感じられ、また、それを倒せば、収束するんだろうけど、

 相手は、感情なき災厄マシーンであり、倒しても、気象変動によって何度も出現するだろうことが、見ていて、何とも気になってしょうがない。

 そんな中で、人間が右往左往するのが、徒労のようにも思える。

 だが、少なくとも、「ゴジラ」よりは、人間の災厄への絡ませ方がうまかった。

 工場のがれきに閉じ込められる主人公と彼女のタイムリミットあるサスペンス、

 竜巻に対し、シェルターでの待機か、スクールバスでの逃走かの、専門家の女性の判断など。

 いろんな人物が出てくるが、それぞれ、大竜巻に人生の啓示を受ける。

 つまり、成長するのだ(冒険バカは除く。バカは死なななきゃ治らない^^;)。

 主人公兄弟と父親がいるが、その父親など、やさ男の印象なのに、最終的には大活躍するのが意外で面白かった。

 メインの人物では、唯一 命を失う竜巻ハンターの隊長だが、自分の欲しかないように見えつつ、最終的に、みんなのために命をなげうつ。

 そして、大竜巻に飲み込まれ、舞い上がり、大竜巻の上の風景を、死の際に見る。

 荘厳な風景が広がり、隊長は、死の恐怖から逃れ、しばし、感慨を深くする。

 そして、竜巻の目の中央を落下していくのだ。

 このシーンを描けたから、この作品は、観た者の心に深く残るかも知れない・・・。

    ・・・大きい写真なので、クリックして!

                                                (2014/08/24)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [平成26年度 富士総合火力... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「イントゥ・ザ・ストーム」 (日々“是”精進! ver.F)
巨大竜巻、襲来… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408220001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【BD2枚3000円2倍】ツイスター【Blu-ray】 [ ヘレン・ハ...価格:1,500円(税込、送料込)
イントゥ・ザ・ストーム (あーうぃ だにぇっと)
イントゥ・ザ・ストーム@ワーナーブラザース映画試写室
イントゥ・ザ・ストーム (佐藤秀の徒然幻視録)
最近のSF映画の原点のような昇天シーン 公式サイト。Into the Storm。スティーヴン・クォーレ監督、リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、マ ...
イントゥ・ザ・ストーム/リチャード・アーミティッジ (カノンな日々)
直径3,200メートル、秒速135メートルもの巨大竜巻が襲来するさまと襲われた人々の死闘をドキュメンタリータッチな映像で描いたディザスター・パニック・ムービー。監督はジェームズ ...
イントゥ・ザ・ストーム ★★★ (パピとママ映画のblog)
史上最も規模が大きい竜巻に襲われた人々の死闘を描くディザスターパニック。ジャンボジェット機も簡単に飲み込む直径3,200メートル、秒速135メートルもの巨大竜巻が襲来するさまを、臨場感あふれる映像で映し出す。メガホンを取るのは、『タイタニック』『アバター』など...
イントゥ・ザ・ストーム / Into the Storm (勝手に映画評)
直径3200mにも及ぶ超巨大竜巻に襲われた、ストームチェイサー、街の人々を描いた作品。若干ネタバレがあります。 この作品は、もう『竜巻を見る』、それに尽きますね。この頃は、日本でも竜巻被害が出るようになり、時々報道もされますが、映画で誇張されてはいますが、....
『イントゥ・ザ・ストーム』 (こねたみっくす)
映像だけは凄い。ただリアルな怖さは一切ない。 これはディザスターパニック映画というよりはモンスターパニック映画です。巨大竜巻を自然災害というよりは予告編通りに「怪物」 ...
イントゥ・ザ・ストーム (ダイターンクラッシュ!!)
2014年8月23日(土) 16:35~ チネ12 料金:1100円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 主役はトルネード。 『イントゥ・ザ・ストーム』公式サイト ディザスター・ムービーは、結構登場人物が多く、多くのドラマが描かれるが、本作は、ドラマは3つくらいに...
「イントゥ・ザ・ストーム」:ド迫力の竜巻映像! (大江戸時夫の東京温度)
映画『イントゥ・ザ・ストーム』は、現代のVFX技術の凄さをこれでもかと見せつける
イントゥ・ザ・ストーム (だらだら無気力ブログ!)
アメリカさんとこも大変だ。
映画:イントゥ・ザ・ストーム Into The Storm クソ暑~い残暑にぴったりのディザスター物 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
いわゆるディザスター・ムービー(パニック映画、とも言う)の系譜。 近いところでいうと「ツイスター」 Twister に近いか? あちらもF5クラス級(秒速117-141m)のだったが、この映画に出てくるのも、秒速135m。 全体の0.1%未満という出現率のトルネード。 なので、....
映画:イントゥ・ザ・ストーム Into The Storm クソ暑~い残暑にぴったりのディザスター物 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
いわゆるディザスター・ムービー(パニック映画、とも言う)の系譜。 近いところでいうと「ツイスター」 Twister に近いか? あちらもF5クラス級(秒速117-141m)のだったが、この映画に出てくるのも、秒速135m。 全体の0.1%未満という出現率のトルネード。 なので、....
『イントゥ・ザ・ストーム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イントゥ・ザ・ストーム」□監督 スティーブン・クォーレ□脚本 ジョン・スウェットナム□キャスト リチャード・アーミテージ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ ■鑑賞日 8月24日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
『イントゥ・ザ・ストーム』 息継ぎに気をつけろ! (映画のブログ)
 鑑賞中に一斉に息をする音が聞こえる映画は珍しい。  『イントゥ・ザ・ストーム』はそんな稀有な一本だ。  映画が佳境に差し掛かると、我知らず息を止めてしまう。まったく自覚はない。  危険が去ってはじめて息を呑んでたことに気付き、ようやく息を吐き出す。...
映画『イントゥ・ザ・ストーム』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-69.イントゥ・ザ・ストーム■原題:Into The Storm■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:89分■料金:1,800円■鑑賞日:8月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督:スティーヴン・クォーレ◆リチャード・アーミテージ◆マット・ウォル...
イントゥ・ザ・ストーム (銀幕大帝α)
INTO THE STORM 2014年 アメリカ 89分 パニック 劇場公開(2014/08/22) 監督: スティーヴン・クエイル 『ファイナル・デッドブリッジ』 出演: リチャード・アーミティッジ:ゲイリー サラ・ウェイン・キャリーズ:アリソン マット・ウォルシュ:ピート アリシ...
イントゥ・ザ・ストーム (いやいやえん)
【概略】 アメリカのシルバートンで巨大竜巻が発生。気象学者のアリソンらストームチェイサーが現地を目指す一方、高校の教頭・ゲイリーは生徒たちを避難させるが…。 パニック 竜巻映画です。96年の「ツイスター」がみたくなったな。 この手のパニック映画にあ...