『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ゼロ・グラビティ』を観た]

2013-12-13 16:19:14 | 物語の感想

   (注)・・・この傑作を観て、帰宅して感想を書いて、私が営業している店で、暇な時間に、購入していたパンフレットを読んだ。

        私は店に、観て面白かった映画のパンフレットをいっぱい置いているのだ。

        パンフレットに載っていた町山智浩の「ゼロ・グラビティ」評を見て驚いた。

        記されている事例が、私の書いた下の感想と、かなり似通っているのだ。

        まさか、「海=羊水」や、ディスカバリー号の「精子」ネタまでも被っているとは思わなかった・・・。

        命に代えても、パクったわけではない。

        私の完全オリジナル文章である。

        私は、10年以上に渡る、ネットにおける文章公開で、『2001年 宇宙の旅』を何度となく引き合いに出してきた。

        それらが、少しでも、古くからの閲覧者の記憶に残っていることを祈る・・・。

☆・・・嗚呼、ここ数年では、私にとって、『アポカリプト』や『ブラインドネス』に匹敵するような傑作でした。

 素晴らしいし、面白い。

 私は、もう何度も語っているけど、『2001年 宇宙の旅』で、木星圏に到達したディスカバリー号から、宇宙船付随の管理コンピューター<HAL9000>によって、宇宙服のメットを着けないままに船外に放逐された宇宙飛行士・ボーマン船長の、船内への帰還のシーンを非常に好んでいる。

 あの、宇宙の硬質かつ冷徹さを描いた作風の中で、唯一、あのシーンだけが、息使いの荒い血の通ったシーンだからだ。

 その落差が良かった。

 この『ゼロ・グラビティ』は、そのシーンを二時間近くに渡って描き続けたような作品である。

 『2001年…』へのアンサーソングの意味合いもある。

 打ち出したのは、神の領域に入ってしまった『2001年…』に対しての、あくまでもの「人の領域」に踏み留まるとした作風である。

 主人公である女性博士ライアンは、あくまでも人として、宇宙の静寂・暗闇・孤独・・・、そして大災厄・重力の作用/反作用に挑み続ける。

 エンターテイメントとしても上出来で、ライアンは、リプリーやローズ(タイタニック)以上のアクションをこなす。

 相手は、誰にでも等しく「情」のない宇宙空間なので、そのギリギリアクションの連続に、見ている私は最大限の緊張を強いられる。

 ライアンをサンドラ・ブロックが演じているが、いつも「ウマ面」とか言ってすいませんです、魅力的でした。

 息の詰まるような宇宙空間の中で、彼女が宇宙服を脱ぐだけで、そのタンクトップの胸・あらわなムチムチの太もも、たまらなかったです。

 ドラえもんの秘密道具「オーバー・オーバー」を着て、上着を脱ぐ女の子を見たときみたいにエロかったです。

     

 また、赤ちゃんを産むことのできる女性を主人公に据えたことで、作品は、数々の生命への暗示が見て取れ、

 激しきスペースデブリの暴風は「乳海攪拌」のカオスであり、

 シャトル→国際宇宙ステーション→ソユーズ(ロシア)→中国の宇宙ステーション→中国の宇宙船シェン・・・、と乗り物を変えていく「産みの苦しみ」があり、その各所で、胎内や赤ちゃん・命・生きることのイメージが紡がれ、最終的にライアンは地球に帰還、

 海に落ち「羊水」の中でもがき、地球の重力の中で、歩きはじめの赤ちゃんの様にタドタドしく立ち上がる様は、あくまでも、人間として宇宙に対峙し、人間として帰還するという、『2001年・・・』に対しての別の答えを提示してくれている。

 ちなみに、『2001年・・・』のディスカバリー号は、精子の形を模している。

 猪突猛進の宇宙への向かい方である^^;

 途中で、漂流の冒頭をナビゲートしてくれた存在としてマットがいて、ジョージ・クルー二—がいい仕事をしてくれているが、別離を挟んで、最後に幻影として現われる。

 これも、スターゲイトの向こうで、ボーマン船長が出会ったボーマン船長の過去と未来の姿と対を為すだろう。

 空き家となった宇宙ステーションの中には、多くの浮遊物が浮かんでいて、ライアンの涙や、燃える油の描写に唸らせられたが、それ以上に、何度も、『2001年…』で表現された浮遊するボールペンが見られたのは感動した。

 あれ、確か、ボールペンをガラスに張り付けて、浮かんでいるように見せていたんだよね。

 しかし、無重力の体感と言う点で、久し振りに、3D映画を堪能したよ^^

                                               (2013/12/13)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ゼロ・グラビティ』 2013年11月25日 ワーナー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゼロ・グラビティ』 を試写会で鑑賞しました。 文句なしの映像美と緊張感 【ストーリー】  地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワ...
ゼロ・グラビティ (Akira's VOICE)
求めよさらば与えられん。  
劇場鑑賞「ゼロ・グラビティ」 (日々“是”精進! ver.F)
絶対に、生きて還る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312130002/ ★枚数限定ポスター★■サンドラ・ブロックVer■ [映画ポスター] ゼロ・グラビティ (GRAVITY) [...価格:6,800円(税込、送料別)  DVD&...
ゼロ・グラビティ (あーうぃ だにぇっと)
ゼロ・グラビティ@よみうりホール
ゼロ・グラビティ~脱力速度早過ぎ (佐藤秀の徒然幻視録)
映像美のためなら何でもアリなのか 公式サイト。原題:Gravity。アルフォンソ・キュアロン監督、サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、(声)エド・ハリス。地上600キロの空間は一 ...
ゼロ・グラビテイ (はるみのひとり言)
試写会で観せていただきました。(3D 字幕)ロシアが爆発させた衛星の残骸が原因で、宇宙ゴミが大発生。アメリカのスペースシャトルを襲い大破させ、船外で作業中だったストーン博士とマット飛行士が宇宙空間に放り出され、無事帰還出来るかというシンプルなお話です。予告....
映画「ゼロ・グラビティ」@ワーナーブラザース映画試写室 (新・辛口映画館)
 今回私はYahoo!映画ユーザーレビュアー試写会に招かれた。客入りは85%位だ。映画は3D版が上映された。             映画の話    メディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーは地球から600キロ上空で周回...
映画:ゼロ・グラビティ gravity 地球周回軌道での大アクシデント。後半にネタバレ?あり 注 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
<Movie City News恒例のオスカー予想 Gurus o' Gold が発表され <作品賞候補を眺めたら、ショック! <このうち、まだ一作もみちょらん... というわけで、ドバイでさっそく公開中の今作に駆け付けた(笑) サンドラ・ブロック演じる技師は、初めて宇宙での船....
ゼロ・グラビティ [IMAX 3D] (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 サンドラさんがほぼ一人で宇宙を彷徨っち
『ゼロ・グラビティ』 (こねたみっくす)
宇宙なんて大嫌い。でも私は諦めない! 怖い、とにかく怖い。でも凄い、この溢れんばかりの生きるという勇気が凄い。そして素晴らしい、カメラワーク、演出、キャスティング、音 ...
ゼロ・グラビティ3D ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。 スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士と...
『ゼロ・グラビティ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'13.11.29 『ゼロ・グラビティ』(試写会)@よみうりホール CheRishで当選! いつもありがとうございます! 見たかったコレー!! 話すと長いので割愛しますが、総勢4名で見てきたー ネタバレありです! 結末にも触れています!! 「宇宙空間で作業中、ロシアが爆破作業...
ゼロ・グラビティ(3D・字幕版・DOLBY-ATMOS) (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Gravity 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
ゼロ・グラビティ (Break Time)
今日は、天候も良く・・・
ゼロ・グラビティ (心のままに映画の風景)
地上600kmの上空で地球を周回するスペースシャトル。 初めてのミッションとなるメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)のサポートを受けながら、船外での修理作業に...
ゼロ・グラビティ (3D字幕版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GRAVITY】 2013/12/13公開 アメリカ 91分監督:アルフォンソ・キュアロン出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー声の出演:エド・ハリス 宇宙の暗闇を生き抜け [Story]地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニア...
ゼロ・グラビティ(3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(13) ムダなものを一切排除しその一点に集中せよ!だね。
『ゼロ・グラビティ』 (時間の無駄と言わないで)
初のIMAX3Dで観賞。 凄いねIMAX3D。 こうも違うものかと感動した。 普通の映画館に行けなくなっちゃうよ。 イイ設備で観た甲斐あって、映像は凄かった。 こんなに飛び出てこんなに ...
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー主演、アルフォンソ・キュアロン監督『ゼロ・グラビティ(Gravity)』"LIFE IN SPACE IS IMPO... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞について触れています。事故によって宇宙空間に放り出された宇宙飛行士と科学者。映画冒頭に出てくる字幕LIFE IN SPACE IS IMPOSSIBLE(宇宙で生存することは不可能)。は
「ゼロ・グラビティ」☆息苦しさで宇宙体験 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まさに自分までもが宇宙遊泳しているかのような錯覚に陥る、見事な映像とその臨場感。 息が苦しくて、くるしくて、くるしくて・・・ 宇宙服をはやく脱ぎ捨てたいっ!手に汗握る緊迫したシーンの連続に息も絶え絶え、ホッとする瞬間を期待するラストにはまさかの・・・・
ゼロ・グラビティ (試写会) (風に吹かれて)
無重力の空でひとりきり公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity12月13日公開監督・脚本: アルフォンソ・キュアロン  「天国の口、終りの楽園」 「ハリー・
ゼロ・グラビティ (だらだら無気力ブログ!)
宇宙から見た地球の映像とかは見応えあるなぁ。
ゼロ・グラビティ (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ゼロ・グラビティ/GRAVITY 2013年/91分/アメリカ 監督: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー 公開: 2013年12月13日 公式サイト スペースシャトル“エクスプローラー”で船外活動をしていたライアン・...
ゼロ・グラビティ 一瞬たりとも気を抜けなくて疲れたわ~(;゜ロ゜) (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【67うち今年の試写会8】昨夜はこっちにきて3度目の東京駅から平塚駅まで乗車券プラスで950円支払って東海道線グリーン車乗車(疲れていたのだ~)。 関西の在来線にはグリーン車ってのはないのは、そんな金払ってまでグリーンなんかナンセンスじゃ的な金銭感覚の性? ...
『ゼロ・グラビティ』 (こねたみっくす)
宇宙なんて大嫌い。でも私は諦めない! 怖い、とにかく怖い。でも凄い、この溢れんばかりの生きるという勇気が凄い。そして素晴らしい、カメラワーク、演出、キャスティング、音 ...
ゼロ・グラビティ (悠雅的生活)
衛星の破片。絶体絶命。神の舟。 
ゼロ・グラビティ (ダイターンクラッシュ!!)
2013年12月16日(月) 20:15~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1500円(レイトショー+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 単なる宇宙版「オープン・ウォーター」では無い。。 『ゼロ・グラビティ』公式サイト サンドラ・ブロックが何かに激突して、宇宙空間に弾...
「ゼロ・グラビティ」 (或る日の出来事)
この撮影、いったい、どうやっているんだろう!?
『ゼロ・グラビティ』の3つの魅力 (映画のブログ)
 1968年公開のSF映画と云われたら、多くの人が『2001年宇宙の旅』を挙げるに違いない。  しかし、同年公開の『バーバレラ』だって捨てがたい。  無重力状態でフワフワ浮いてる人物が、ごつい宇宙服のパーツを外すと、スラリとした脚がニョッキリ飛び出す。パーツを外...
ゼロ・グラビティ(3D字幕) / Gravity (勝手に映画評)
今年(2013年)最後の映画鑑賞。一本目め。実は今日は、二本鑑賞する予定です。 画面への出演が、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーだけという、非常に斬新な作品。先週末公開だったが、時間の都合で、一周遅れで鑑賞してきました。 なるほど、そうきますか。最...
『ゼロ・グラビティ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゼロ・グラビティ」□監督 アルフォンソ・キュアロン□脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン□キャスト サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー        (声)エド・ハリス ■鑑賞日 12月14日(土)■...
ゼロ・グラビティ(3D日本語吹替版)  監督/アルフォンソ・キュアロン (西京極 紫の館)
【出演】  サンドラ・ブロック (声:深見梨加)  ジョージ・クルーニー(声:小山力也) 【ストーリー】 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー。...
『ゼロ・グラビティ』('13初鑑賞108・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 12月22日(日) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン5にて 15:50の回を鑑賞。
『ゼロ・グラビティ』をトーホーシネマズ六本木7で観て、立派だなふじき★★★★(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★この手口は上手い】 書きづらいので最初からネタバレで行きます。 読み直したらLINK後のPS以降しかネタバレしてないや。 予告と一緒の不安定な状 ...
ゼロ・グラビティ (サムソン・マンゴスの映画道半ば)
    『ゼロ・グラビティ』  (2013) 地表から600キロメートルも離れた宇宙空間で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。 ...
ゼロ・グラビティ(3D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 【解説】 『しあわせの隠れ場所』などのサンドラ・ブロックと『ファミリー・ツリー』などのジョージ・クルーニーという、オスカー俳優が共演を果たしたSFサスペンス。事故によって宇宙....
「ゼロ・グラビティ」:宇宙映画&3D映画の金字塔 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ゼロ・グラビティ』は、聞きしに勝る驚異的傑作! 「宇宙映画の最高峰」などと
映画『ゼロ・グラビティ』3D吹替版観てきたよ~(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
久しぶりに3Dの作品を観てきました。 予告編見てても、面白そうに感じてなかったし、 全然期待してなかったし、情報も得ないままで劇場に向かったのですが、 それが良かったのかも(*´∀`*) 予想外に面白かった~~~ヽ(≧∇≦)ノ 正直言って、ストーリー的な...
映画「ゼロ・グラビティ」 (FREE TIME)
元日のファーストデーに映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。
映画『ゼロ・グラビティ』を“DOLBY ATMOS”で観賞 (小枝's Blog "cm(センチ)な距離で…")
 
「ゼロ・グラビティ」 (ここなつ映画レビュー)
映画館で観るべし!大画面でこそ!3Dなら尚良し!との評判だったので、そそられててくてくと映画館へ。時間の関係で2Dだったけど、2Dで充分だった私。3Dなら酔ってたよ、多分。乗り物に酔った事ないからわからないんだけど。ところで酔うと言えば小笠原諸島行き...
ゼロ・グラビティ (銀幕大帝α)
GRAVITY 2013年 アメリカ 91分 サスペンス/SF 劇場公開(2013/12/13) 監督: アルフォンソ・キュアロン 製作: アルフォンソ・キュアロン 脚本: アルフォンソ・キュアロン 編集: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック:ライアン・ストーン ...