『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』を観た]

2014-09-17 23:59:49 | 新・物語の感想

☆・・・かつて、小林よしのりのマンガに影響され、思想を語るようになった者は、その考えの浅さを含めて「コヴァ」と揶揄されていた。

 まあ、隠さずに言えば、私もかなり影響された口だ。

 この、『猿の惑星 ライジング』は、対立にある人間と猿たち、その双方に、「コヴァ」のような、恐怖や思慮の浅さに感情を支配された者が存在する。

 先ずは、疫病に伴う破滅的世界的トラブルの連続で弱体化した人間の側の「カーヴァー」。

 そして、まだまだ、地球を支配するには到底人口の少ない猿たちの中にあって、群れのサブリーダーとして、対人間強硬派にある「コヴァ」だ。

 カーヴァーは、住み分けのなっていた猿のテリトリーに、水力発電の再稼働を求めて赴いた一行の一人だが、猿と出くわし、発砲し、戦争の火種となる。

 人間側のリーダーの一人・マルコムと、猿側のリーダー・シーザーの友好関係により、何度も和解の道が見えるが、

 その都度、カーヴァーの行動で危機に陥る。

 そして、人間に不信を抱き続けているコヴァは、人間のテリトリーに忍び込み、人間どもが銃器を準備していることを知る。

 コヴァは、人間との融和を進めるシーザーに危険を感じ、その暗殺を、人間の仕業に見せかけ、実行し、・・・かくして、全面戦争に至る。

 「コヴァ」とは、どこの社会でも、拙速である・・・。

   ◇

 もはや、着ぐるみやCGを活用しただろう猿たちが、リアルに存在するとしか思えぬほどに完璧で、

 今回などは、重厚な群像劇になっており、その戦争シーンの臨場感ともども、圧倒された。

 面白かったが、ヴィジュアルが「猿」と言うのが、何とも言えなかった。

 日本人って、わりと「猿」には冷たいと思うのだが、白人は、「キングコング」に代表されるけど、なんか「猿」系にマイナスの先入観がないようだ(「猿人ジョー・ヤング」とか「愛は霧の彼方に」とか)。

   ◇

 余談だが、今の3D技術と比べるべくもないが、私が中学生ぐらいのとき、テレビ東京で『ゴリラの復讐』と言う3D映画が放送されたことがあった。

 テレビで3Dである^^;

 確かコンビニで、赤青セロファンの紙製の3Dメガネを購入し、放送に挑んだのだが、あんまし立体効果なく、ゴリラがメリーゴーランドでクルクル回るシーンだけ、「やや飛び出た感」があっただけだ。

 その3Dメガネだが、私的には、なんか「新・必殺仕置人」の<死神>を彷彿とさせて、「悪くないな」と思っていた。

 その頃、ちょっとした3Dブームがあり、雑誌『POPEYE』でも、メガネ付きで特集がされていたなぁ^^

                                             (2014/09/17)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『ホットロード』を観た(... | トップ | [松屋のプレミアム牛めし] »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コヴァですか(・∀・)イイ!! (ひろ)
2014-11-17 01:07:51
最近じゃとんと聞かなくなりましたけど、そう言えばコヴァって呼ばれてましたね(・∀・)

私はAKB絡みの言説で完全によしりんから卒業したつもりですが、ブログが更新される度にサイトを観てチェックしてしまいます。

私は基本どんなものでも全肯定も全否定もしないよう心掛けているんですが、あそこまでなってしまっては全否定に限りなく近い状態です(;・∀・)

猿の惑星ライジングは私も観に行って、大変素晴しい映画だと思いました。

猿も知恵を持って、個性が出て、同族同士で殺し合いをしてしまうようになるという、言わば人間の現在のようなものを背負うことになる描写が見事でした。
ひろさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2014-11-21 10:27:06
小林よしのりは、自分には、色んなことを許しまくってますよね。
なんちゅうか、作品単体では納得できる点もありましょうが、作品全般を通しての整合性が皆無です。
この作品のコヴァのほうが、ちゃんと筋が通っていますね^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「猿の惑星:新世紀」 (日々“是”精進! ver.F)
共存か、対立か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409150000/  猿の惑星新世紀(ライジング) / 原タイトル:DAWN OF THE PLANET OF THE APES (角川文庫)[本/雑...価格:778円(税込、送料別) 【楽天ブックスな...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (Akira's VOICE)
シーザーの男前のみを観るべき映画。  
映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』観たよ (よくばりアンテナ)
3年前の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブ...
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映初日の第1回目で劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 2020年代のサンフランシスコ。猿た...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 終始、緊張感に包まれた展開にぐいぐい惹き込まれた。
猿の惑星:新世紀(ライジング) / Dawn of the Planet of the Apes (勝手に映画評)
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後の世界を描いている。 冷静に考えてみて、これって、人類そのものではないのか? この作品では、資源=電力の確保をめぐり、資源の有るところ=ダム、居住しているグループ=猿たちと、資源の欲しいグループ=...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (佐藤秀の徒然幻視録)
希望は再エネだったが・・・ 公式サイト。英題:Dawn of the Planet of the Apes。マット・リーヴス監督、アンディ・サーキス(モーションピクチャー:シーザー)、ジェイソン・クラーク、ゲイ ...
猿の惑星 新世紀 ライジング(2D字幕)/DAWN OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
2011年に公開された「猿の惑星」シリーズの前日譚、 「猿の惑星 創世記ジェネシス」の続編。 これまでのが全部好きなので先行にて鑑賞 前作から10年後の世界を舞台に、猿の英雄シーザーに率いられ独自の文明を築き始めた猿の集団と、 存亡の危機に陥った人類が...
『 猿の惑星:新世紀(ライジング) 』APE SHALL NEVER KILL APE (映画@見取り八段)
猿の惑星:新世紀(ライジング)~ DAWN OF THE PLANET OF THE APES ~     監督: マット・リーヴス    キャスト: アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、カー...
「猿の惑星:新世紀」激減した人類と猿の戦いを続けた先にみた戦うしか生き残れない弱肉強食の世界 #猿の惑星 (オールマイティにコメンテート)
「猿の惑星:新世紀」は2011年に公開された「猿の惑星:創世記」の続編で、猿ウイルスによって人類が激減した世界で10年ぶりに人間と邂逅した猿たちが、共存を選ぶのか?そ ...
『猿の惑星 新世紀』 (時間の無駄と言わないで)
それにしても良く出来てるなぁ。 猿の表情凄いよね。 話自体は既視感ありありで先が読めまくりだったけど、猿の芝居は見応えあるわ。 猿を見せるために敢えて華の無い主役を起用 ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (だらだら無気力ブログ!)
前作同様、大変面白かった。
猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは 
<「親子の絆」とは 
<「人格」とは 
<「愛情」とは 
<「人権」とは
 <「尊厳」とは

 <な...
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」□監督 マット・リーブス□脚本 マーク・ボンバック、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー□キャスト アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン■鑑賞日 9月20日(...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (心のままに映画の風景)
高度な知能を獲得した猿のシーザー(アンディ・サーキス)が自由を求めて立ち上がり、人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。 一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅...
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 (或る日の出来事)
クオリティ高いなあ。
『猿の惑星・新世紀(ライジング)』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
「猿の惑星」って、むか~し、観ましたよ。 あれの続編なのかと思いながら観てきたのですが、ちょっと違ったみたいです。 第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編という事でした。 知性を獲得した猿たちが地球の新たな支配者として君臨する過程なのか。 猿のシー...
【映画感想】猿の惑星:新世紀(ライジング) (R.U.K.A.R.I.R.I)
自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。 サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーが ゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。 人類のコミュニティ...
「猿の惑星 新世紀(ライジング)」:深く、哀しく (大江戸時夫の東京温度)
映画『猿の惑星 新世紀(ライジング)』は、重厚な人間(猿)ドラマにして社会風刺や
猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは 
<「親子の絆」とは 
<「人格」とは 
<「愛情」とは 
<「人権」とは
 <「尊厳」とは

 <な...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」監督:マット・リーヴス(『クローバーフィールド』)出演:アンディ・サーキス(『ホビット 思いがけない冒険』『タンタンの冒険/ユニコー ...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
猿の惑星 新世紀(ライジング) '14:米 ◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES ◆監督:マット・リーヴス「モールス」 ◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィ...
映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-74.猿の惑星:新世紀(ライジング)3D■原題:Dawn Of The Planet Of The Apes■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:130分■料金:300円(ポイント使用)■鑑賞日:9月20日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:マット・リーヴス◆ジェイソン・ク...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (銀幕大帝α)
DAWN OF THE PLANET OF THE APES 2014年 アメリカ 131分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/09/19) 監督: マット・リーヴス 『モールス』 出演: アンディ・サーキス:シーザー ジェイソン・クラーク:マルコム ゲイリー・オールドマン:ドレ....
猿の惑星:新世紀(ライジング) (いやいやえん)
【概略】 猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こして10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。 SF 前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。 なんか、既に薬害で人類が死滅しそうな勢いと言う設定の本作…うーん、そこに行く...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (のほほん便り)
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 でも、監督が変わったせいもあり、微妙にティストが変わったかな? SF作品から、アクションに! 特撮技術は圧倒的だけに、素朴い第1作「猿の惑星」(1968)が懐かしくも感じられました。 新型ウィルスで9割方、人類が死...