『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[遅ればせながら、映画『うた魂♪』を観た]

2008-04-13 16:25:33 | 物語の感想
☆いい作品であることは予想できた。

私は、この手の日本映画を、「ボーイ(ガール)・ミーツ・異文化」ものと呼んでいる。

最近では、『ガチ☆ボーイ』などもそうだった。

これは、伊丹十三の一連の作品(『マルサの女』『スーパーの女』など)にはじまる流れだと思う。

一風変わった世界を舞台に、そのシステムをカタログ的に語りつつ、主人公の「勝負」を描くのである。

その流れは周防正行に引き継がれ、『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』を生んだ。

中でも、『シコふんじゃった。』では、大学の相撲部を舞台にして、このカタログ的映画に「青春」を織り交ぜた。

異文化カタログ+青春の流れは、その後、『がんばっていきまっしょい』、『スウィングガールズ』、『ウォーターボーイズ』と発展していく。

どれもが、なかなかの佳作であり、日本映画の安全パイ的な質を保証してくれるジャンルである。

今年になっても、『ガチ☆ボーイ』と言う作品が生まれており、今回の高校合唱部を舞台にした『うた魂♪』に至る。

見ればそこそこ感動するだろう。

だけども、私は、少々、そのようなジャンルに飽きはじめた気配もあった^^

     #     #     #     #

ファーストシーンは、浜辺で歌う少女・・・。

線の細い少女で、色白で美しい。

なかなかいいぞ^^ 私は思う。

しかし、その主人公の娘(夏帆 )のモノローグがかぶさってくると、物語は状況を一変させる。

「ああ、私の歌声って、美しい。私の歌う姿をみんなはどう思っているのかしら」

・・・・・、・・・・・^^;

そういう主人公だったのである。

一種のオタク娘(腐女子)的な性格で、確かに才能はあるのだろうけど、その心の中は勝手な妄想で溢れている。

自己中で、ナルシストで、思い込みが激しく、「みんなが私に注目している」と夢想している。

いつも、川原泉のマンガの主人公のように口をポカーンと開けて「二ヘラ~ッ^^」と笑っている。

だが、好きだった男に「歌っている顔が、鮭の出産のときみたいだ」と言われ、それを契機に、それまでの自己の才能に過信した妄想世界がガラガラと崩れ始め、意気消沈する。

最初こそ笑っていたのだが、なんか、主人公カスミのインナーワールドの連続に、こちらの気分が引けてきて、段々と笑えなくなりはじめたとき、合唱に命を燃やすバンカラ学生集団が現われる。

その、「花の応援団」の青田赤道にも似たリーダー・権藤をGORIが演じていた。

それで私は救われた。

後は、この権藤が物語の牽引役として、まさに歌だけに限らず、作品にも魂を込めてくれたような気がする。

権藤率いる合唱部は、尾崎豊を荒々しくも情熱的に歌い上げる。

感動した。

そして、カスミも感動し、権藤と話をしてみるのだ。

権藤は言う(うろ覚え)。

 「見栄えを超越したとき、訴えるものが伝えられる」

 「カッコなんか気にしてちゃ、勝負に勝てねえ」

 「テクニックじゃねえ、ソウルだ!」

 「素っ裸で挑め!」

いや、良く覚えていないのだが、権藤はもっと心に響くセリフで言っていた。

言葉だと聞き流せてしまうが、権藤の合唱部は、説得力ある歌声を披露してくれていた。

だから、私の心にもグッときた。

私も、このサイトでは「甘噛み!」スタンスだが、姉妹サイトでは、とことんまで自分をさらけ出して多くを伝えようとしているので、権藤の言葉には勇気づけられた。

     #     #     #     #

多くの歌が合唱されたが、どうも選曲が二の線をいっていて、心に100%響かなかったのは残念。

こういうときは、思いっきりベタな選曲をキボンヌ^^;

     #     #     #     #

この作品は、青春群像劇ではなく、意外に、主演の夏帆のワンマン映画であった。

主人公カスミの成長がテーマでもあるので、最初こそはクローズアップが為されているのはいいのだが、「合唱とはチームありき」と分かった後も、物語はカスミだけを追い続けているのが、なんとも、映画のバランスを考えるとおかしく感じた。

     #     #     #     #

・・・で、このカスミ役の夏帆なのだが、どうにも主役として微妙なのである。

いちお、物語上は、「ちょっと顔がいいからって!」とか妬まれる役なのに、あまり魅力がないのである。

顔にメリハリもなく、「萌え」要素なんてのもない。

「不思議ちゃん」を演じているつもりなのだろうが、「痴呆ちゃん」みたいなのである。

こういうタイプって、たとえ落ち込んでも、反省も改心もしないことが多いんだけどね・・・。

・・・いや、僕、最終的には、やっぱ、「夏帆ちゃん、可愛い^^」と思っちゃうんだけどね^^;

      #     #     #     #

脚本上、人が合唱と言うものにめぐり合った時の、多くのエピソードが余さず語られている。

例えば、カスミを嫌う女の子が、カスミの歌い方を評して「どこぞの将軍様をほめたたえている様な歌い方だわ」とか言う、・・・そんなセリフにはシナリオのうまさを感じた。

また、そのカスミを憎む女の子のエピソードに、「フニクリフニクラ」を恥ずかしさも伴ってみんなの前でうまく歌えない思い出なんかも織り交ぜていた。

     #     #     #     #

『ガチ☆ボーイ』も、『クローバーフィールド』も、昨日観た『ブラックサイト』もそうだったのだが、クライマックスを終えると、エピローグが語られることもなく、潔く終わる。

私は、最近の映画の、このような作りはサッパリしていて好きである。

PS.裕子がストリートで歌っていて、まだ歌うことを知らなかった権藤が衝撃を受けるシーンがありますが、そこの場所、私知っています。
 東京は中野ブロードウェイの近くです^^
 この作品の舞台が、『ガチ☆ボーイ』と同じく北海道だったので、私個人の中では違和感がありありでした^^;

                        (2008/04/12)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『ブラックサイト』を観た] | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「うた魂♪」を試写会にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 28日「うた魂♪」を有楽町朝日ホールにて鑑賞した。 今回の主権は日本テレビ「ラジかるッ」。客入りは7割ほど、小さなお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。 当日は司会の宮崎宣子アナと精神科医の名越先生のトークショーから始まった。七浜高校の制服姿で登場し....
うた魂♪ (日常の履歴)
「スイング・ガールズ」の二番煎じ的な映画だろう…なんて思ってみたら、ほんとにそんな映画だった。 学園コメディで、オチに至る展開も、正にお約束通り。 一昨年やった「フラガール」にしても、近々公開される「ブラブラバンバン」にしても、何だか最近の邦画って、こ...
映画を観た~うた魂(たま)♪~ (垂直落下式どうでもいい話)
『うた魂♪』を観ました。 “合唱”って、スゴイ!! ストーリー&解説:高校女子合唱部のかすみは、歌っている自分が大好き。ある日、イケメン生徒会長から「歌っている君を写真に撮りたい」と言われ、自分が好きなんだと有頂天になる。しかし、出来上がった写真を...
映画『うた魂♪』 (ルールーのお気に入り)
少し前に試写で観てきました。実は中学時代に合唱部だったこともあるし、高校でも合唱が盛んだったので、皆で唄いたくなるあの気持ちにはすごく共感・・・したものの、なんとなく微妙に消化不良・・・
『 うた魂(たま)♪ 』 / 2008年 日本 映画 邦画 (やっぱり邦画好き…[日本映画ブログ])
“合唱”ってスゴイ!きっとあなたも歌いだす、感動のハーモニー!! ちょっと自意識過剰なヒロインをキュートかつコミカルに演じるのは正統派美少女女優、夏帆。かすみのよきライバルで、見た目はコワいがとびっきりソウルフルなヤンキー合唱部部長の権藤にガレッジセー...
うた魂(たま)♪ (ネタバレ映画館)
 夏帆「わたし合唱やめる!」間「なぜじゃ~どうしてじゃ~なぜじゃ~どうしてじゃ~(繰り返し)」
うた魂(たま)♪ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
強制されるとこれほどイヤなものはないが、進んで参加するとこんなに快感なものはない。それが合唱の本質だ。ルックスも良く歌も上手いが、自信過剰で勘違い系の女子高生が、自分を見つめ直して成長する物語である。どこかボ~ッとした雰囲気の夏帆がハマり役。高校生役の...
ゴスペラーズ主題歌提供&ちょっと出演の映画「うた魂♪」 (「しつこく」新×3もろもろ日記)
初日に見てきました、が、さびしいお客さんの入りでした(泣) 自分はかわいくて歌も上手で・・と、とにかく自分大好きな、かすみ(夏帆) はじめての挫折を味わい、高校の合唱部もやめようと思ったときに、 ガレッジセールゴリふんする権藤率いる不良少年たちの合唱部に...
【映画】うた魂♪ (新!やさぐれ日記)
■動機 夏帆主演の映画だったのでチェックしとこうかと。 ■感想 めちゃめちゃ感動。 ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 函館・七浜高校合唱部のソプラノリーダー、萩野かすみ(夏帆)は自分の歌声とルックスに過剰なまでの自信を持つ女子高生。しか...
「うた魂♪」心をさらけ出した事で自分らしさを出せた魂の合唱ハーモニー (オールマイティにコメンテート)
「うた魂♪」は北海道の合唱部に所属する歌う事の好きな少女が挫折を経験しながらも歌う楽しさを知っていくストーリーである。みんなで歌う合唱は全てが1つにならなければ成立しないけれど、1つになった時には多くの人たちを感動に包んでくれる事は間違いなく、魂のハー...
「うた魂♪」 人にどう見られるか気になるお年頃 (はらやんの映画徒然草)
最近この手の音楽を題材にした青春映画が多いですけれども、先日観た「ブラブラバンバ
うた魂(たま)♪ (花ごよみ)
主演は夏帆。 ガレッジセールのゴリ。薬師丸ひろ子が出演 優しい家族に包まれ、 自分の周りを気遣う程の心が、 あまり育っていなかった 脳天気なかすみ(夏帆)。 少し集団生活には不適合な少女、 かすみを演じる夏帆(かほ)の 自分に酔いしれている、 コミカルな表情が...
映画 「うた魂♪」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
歌を歌うことは好きですが、合唱はちょっと…┐('~`;)┌ 直立不動、無表情で鮭の産卵のように口を開けて… そうそうそんな感じがしてまし...
うた魂♪ (とりあえず、コメントです)
予告編で予想したとおりのコミカルで楽しい青春ストーリーでした。 少女コミックのようなキャラクターとストーリー展開が可笑しかったです(^^) かすみ(夏帆)は高校2年生。合唱部のホープとしても活躍している。 彼女は可愛くて歌の才能もある自分のことが大好き。 注...
うた魂♪ (描きたいアレコレ・やや甘口)
またまた高校部活ムービーです。続きます。 しばし『青春プレイバック』はたまた『真剣10代』している管理人です 最初は笑えます。特撮?...
『うた魂♪』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。鑑賞をすでに決められている方は、 その後で読んでいただくことをおススメします。 「いやあ、こういうことがあるから映画はオモシロいんだね。 というか、ほんと驚き。 こう言っては田中誠監督に失礼だけど、 彼がこんなにも泣かせ...
映画 「うた魂」 (ようこそMr.G)
映画 「うた魂」 を観ました。
うた魂♪ (そーれりぽーと)
gooブログはタイトルの記号がトラックバックで潰れてしまうから、あんまり使いたくないんだけど…、『うた魂♪』を田中誠監督と主演の夏帆、ガレッジセール・ゴリの舞台挨拶付きで観てきました。 ★★★★ 夏帆って微妙な顔じゃない?なんであんなに人気があるの? など...
湯の川高校合唱部♪♪(映画/試写会:うた魂♪) (美味!な日々)
『うた魂♪』の試写会に行ってきました。今、のりにのっている夏帆主演の青春合唱映画です。
うた魂♪ 43点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
いくらなんでも、ふるちんで悪の帝王を倒すわけにはいかん! 公式サイト 『タナカヒロシのすべて』『おばちゃんチップス』『雨の町』と、マイナーかつ微妙な作品を作り続けている田中誠監督の、夏帆主演による最新作。 みんなで合唱するお話と言えば『天使にラブソ...
うた魂(たま)♪・・・良かったんじゃない? (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本:田中誠 キャスト 荻野かすみ☆夏帆 権藤洋☆ゴリ(ガレッジセール) 牧村純一☆石黒英雄 野村ミズキ☆徳永えり 松本楓☆亜希子 青柳レナ☆岩田さゆり 黒木杏子☆ともさかりえ 荻野知恵蔵☆間寛平 審査員:ゴスペラーズ(北山陽一/黒沢薫/...
うた魂(たま)♪ (Akira's VOICE)
歌はテクニックよりもハート!
うた魂♪(映画館) (ひるめし。)
日本中が、スタンディングオベーション!!
うた魂♪ 小路幸也 (粋な提案)
カバー装丁は冨岡祥雄。原案は栗原裕光。映画の小説化。 荻野かすみは合唱コンクールの全国大会常連校・七浜高校合唱部でソプラノパートリ...
【うた魂(たま)♪】 (日々のつぶやき)
監督:田中誠 出演:夏帆、ゴリ、石黒英雄、徳永えり、亜希子、岩田さゆり、ともさかりえ、間寛平、薬師丸ひろ子 「荻野かすみは合唱部ソプラノチームリーダー。ルックスもよく歌も上手なかすみは自分に自信があり、好意を持っている生徒会長の牧村から
「うた魂」歌はいいなぁ (ももたろうサブライ)
監督 田中誠少しあらすじ かすみ(夏帆)は自分のことが大好きな女子高生。しかし牧村純一(石黒英雄)が撮ってくれた、大口を開けて歌う自分の写真を見てショックを受ける。その日以来、自信喪失してしまったかすみ。しかし、ライバル校のヤンキー合唱部の魂の込もった...
うた魂♪ (★Shaberiba ★)
うたはいい~♪ 合唱いいぃ~!!(涙)
うた魂♪ (ketchup 36oz. on the table)
「天然コケッコー」では、爽やかでひたむきな中学生を好演した夏帆が、 高校2年生になって、 やっぱり爽やかでひたむきな高校生活を演じる、青春“部活”ストーリー。 合唱部を舞台に、歌に友情に恋に悩み成長していく姿を、思わず応援したくなります。 青春って、...
映画 【うた魂(たま)♪】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「うた魂(たま)♪」 『タナカヒロシのすべて』の田中誠監督による合唱を題材にした青春映画。 おはなし: かすみ(夏帆)は合唱部のソプラノパートリーダー。秘かに思いを寄せる牧村(石黒英雄)が撮ってくれた、大口を開けて歌う自分の写真を見てがく然と...
オーディエンスにソウルを (CINECHANの映画感想)
90「うた魂(たま)♪」(日本)  北海道、七浜高校女子合唱部のソプラノパートリーダーの荻野かすみは歌っている時の自分が大好きな自意識過剰の女の子。自分の歌声とルックスに自信満々のかすみは、ある日イケメン生徒会長の牧村純一から写真のモデルを頼まれて有頂...
うた魂♪ (りらの感想日記♪)
【うた魂♪】 ★★★☆ 試写会(9) 2008/03/25 ストーリー 北海道のとある町。七浜高校合唱部のソプラノパートリーダー、荻野かすみ
「 うた魂(たま)♪(2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【うた魂(たま)♪】2008年4月5日(土)公開 監督 : 田中誠 ...
【039】うた魂♪ ★★★★☆ (燃える管理人ブログ)
こちらも今日が初日のうた魂♪を見た。 歌を愛するかすみ(夏帆)は、歌っている自分が好きという自意識過剰気味な女の子。 でも、その歌っている姿を、大好きな男の子から「産卵中の鮭みたい」と言われ、合唱部をやめる決意をする。 そんな時、合唱祭で湯の川高校の...
真・映画日記『うた魂♪』 (          )
JUGEMテーマ:映画 4月22日(月)◆783日目◆ 週の始まりだが、仕事はいつも通り。 午後5時40分に終業。 神谷町で日比谷線に乗り、 銀座で銀座線に乗り換えて渋谷へ。 「シネクイント」での『うた魂♪』午後7時の回。 公開3週目だけど客が少ない。 20人前...
感想/うた魂♪(試写) (EDITOREAL)
夏帆ちゃん、無量大数カワユス! 『うた魂♪』4月5日公開。自らをお歌が上手な美少女と認識する女子高生かすみ。意中の牧村と急接近するも、合唱部でソーカイに歌う姿をlike a「シャケの産卵」と笑われて、大ショック! 立ち直れないまま引退しようとしたら、ヤンキー合...
[映画]うた魂♪ (お父さん、すいませんしてるかねえ)
お、おれの夏帆が~ あらすじを簡単に 北海道の高校で合唱部でソプラノのパートリーダーを務める荻野かすみは、自分の歌唱力とルックスに異常なほど自信を持っていた。 かねて好意を持っていた生徒会長牧村から「荻野さんの歌っている姿を写真に撮りたい」と言われ、「牧...
こんな日には尾崎が聞きたい。~「うた魂」~ (ペパーミントの魔術師)
合唱なめてんじゃね~ぞこの野郎。 シャケ顔VSアフロの対決。 ・・ってどんな映画やねん。(笑) 展開はベタかもしれません。 でもなんていうかうん、よかったです、ホント。 夏帆ちゃんの天然で自己チユーで 思い込みの激しいアホぶりも、 ゴリさんのうっとおしいくら...
「うた魂(たま)♪」 (まっちゃん(ひきばっち)の映画がいっぱい!!)
バンド仲間の女性から薦められて、観てみました!! え~、ゴリだったんか!!最後まで気づきませんでした(T_T)/・・。 似てるけどまさかー高校生の役には出でこんやろうと・・・いい俳優だなぁ・・どこにこんないい俳優おったんかいな・・・??と、最後まで思っとりま...