『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』を観た]

2017-03-30 00:55:01 | 新・物語の感想

☆・・・この監督が良作を連発しているのは知っているが、やや、舞台となるファンタジーとリアルな青春時代を描くには、予告を見た限りではこなれていないように感じていた。
 でも、主人公の女の子の声を演じる高畑充希の厚みのある声は気になっていた。
 で、その高畑充希の歌う主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー(タイマーズのバージョン)」をラジオで何度か流されるのを聞いて、不意に見たくなり映画館に向かった。

 

 主人公の見るファンタジックな夢が、いつしか現実とリンクするという話だが、序盤、わたし的にはどうしても折り合いがつくとは思えず、なんか、物語の流れ的に調和が取れていない印象。
 しかし、話自体は面白く、この先どうなるのかと言う期待は高まっていき、いつしか、夢中にさせられていた。
 現実とファンタジーがない交ぜになり、現実のことがファンタジーの比喩で語られる。
 普通ならば、ファンタジーではこう語られているけれど、現実ではこう処理されていました! という「種明かし」みたいな説明があるが、この作品では、それがなく、観ている者の心の中での補完を促される。
 バカが見たら、てんで訳のわからない作品となっただろう^^;
 終盤、私はホロリとしてしまった。
 ファンタジーパートではなく、幾つものシナプス的な結合を経た人間関係のつながりに泣けた。
 おじいさんと主人公の絡みなんて、これ、「ペリーヌ物語」じゃん!!^^
 エンドロールでは、「デイ・ドリーム・ビリーバー」が流れ、「♪もう今は彼女どこにもいない」と歌われるが、主人公は健在である。
 が、主人公の母親と父親の馴れ初めが描かれ、愛の育みと結果も描かれる。
 確かに、もう今は彼女(母親)どこにもいない・・・。
 ここでも泣けた・・・。
 そして、忌野清志郎が自分で作った詩をのせた「デイ・ドリーム・ビリーバー」の誕生秘話を知るにつけ、またも、ホロリとさせられるのだった・・・。

                                   (2017/03/30)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [吉田奈央と清水富美加] | トップ | [映画『暗黒女子』を観た(舞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」 (日々“是”精進! ver.F)
心羽が大事… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201703190000/ ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜 [ 神山 健治 ]
ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ (あーうぃ だにぇっと)
ひるね姫 ~知らないワタシの物語~@よみうりホール
ひるね姫〜知らないワタシの物語〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。神山健治原作・監督。(声)高畑充希、満島真之介、古田新太、釘宮理恵、高木渉、前野朋哉、清水理沙、高橋英樹、江口洋介。「君の名は。」と似てなくもない設定。
"ココロネひとつで人は空も飛べるはず"『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』原作・脚...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』 原作・脚本・監督 : 神山健治出演(Voice Cast) : 高畑充希満島真之介古田新太釘宮理恵高木渉前野朋哉清水理沙高橋英樹......
『ひるね姫』をUCT11で観て、あんたらで補えという部分がちょっと雑じゃない?ふ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲この主人公のキャラが好きくない。 五つ星評価で【★★つまんなくはないが、もっとカッチリ、キッチリ作れただろう。あえて、その線を外してるように見えるけど、そのあえて......