『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観た]

2014-01-31 13:43:05 | 物語の感想

☆う〜む、面白かった。

 三時間の上映があっという間。

 私たちが、ホリエモンによるフジテレビ買収の時に感じた悪徳を、200倍の規模、魅力的な主人公で楽しませてくれた。

 まず、スコセッシがすごい。

 『シャッター・アイランド』が厳しい作品だったので、このまま、スコセッシは先細りしていくのだろうと思っていたのだが、この作品の異常な物量と、その中でも些細な状況とを融合させる手腕に感服した。

 物量は、主演のデカプリオの、昨年の傑作『華麗なるギャツビー』の絢爛さをはるかに凌駕している。

 会社の重役会議であろうのに、次のくだらない社内イベントに登場してもらう小人兄弟の使い方で議論しているシーンなど、タランティーノに「俺だって、こういう状況を簡単にエンターテイメントに見せられるんだぜ!」とでも訴えているようだ。

 篠山紀信がアラーキーのような写真をいとも簡単に撮ったようにだ。

 そう言えば、「ギャツビー」はもちろん、タランティーノの近作にもデカプリオが出ているし、

 スコセッシ、もしかして、デカプリオは俺の持ち駒だ、とでも言いたいのか?

 スコセッシ、まったく、老いていない。

 さて、デカプリオである。

 主演作を選んでいるのがよくわかる。

 やはり全てが大作なのだが、前半が大作ゆえの絢爛豪華さに溢れつつも、後半には必ず、デカプリオの目指しているのだろう演技が悲劇の中で語られている。

 私は、デカプリオの容姿は、あんまし好きじゃないんだけど、ブラッド・ピットみたいに悪乗りを幾らでもできるのに、抑えているのは好感だ。

 ジョニー・デップにも言えるんだけど、役者って、悪乗りの演技をさせたときに、上手さがよく見えるからね。

   ・・・ネットで拾ったヘコヘコ・デカプリオ

 物語の主役は実在の人物だそうだが、『ウォール街』の主人公のゲッコーに感じた悪さえも霞む、お金に対してのあっけらかんとした猛進振りが悪くなかったし、

 営業職にいる人は元気づけられるようなモチベーションさえも与えられそうなジョーダン・ベルフォートだった。

 私は奥さんは整い過ぎてあんまし興味が起こらなかったが、赤ちゃんは可愛かった。

 事故でケガしなくてよかった。

 てゆーか、事故とか、シケの海のクルーズとか、飛行機内での乱交パーティーでの乱気流とか、不意のアクションも盛り沢山だった。

 ただ、これを見ると、ドラッグが悪いことのように思えず、私も気楽に試してみたいと思ってしまった^^;

 それから、オッパイもたっぷり見れます!!!(第13次オッパイ祭り)

                                         (2014/01/31)

ジャンル:
速報
コメント   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [映画まとめ語り『バイロケ』『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ウルフ・オブ・ウォールストリート (佐藤秀の徒然幻視録)
シャッターアイランド+華麗なるギャツビー 公式サイト。原題:The Wolf of Wall Street。ジョーダン・ベルフォート原作、 レオナルド・ディカプリオ製作・主演、マーティン・スコセッシ ...
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』観たよ (よくばりアンテナ)
本日2本目は、これもアカデミー賞ノミネート作品。 果たして、レオナルド・ディカプリオは・・・ これも実話を映画化。 レオナルド・ディカプリオ演じるジョーダン・ベルフォートは ウォールストリートで若くして株屋として大金を稼ぎ、その後、 証券詐欺とし...
ウルフ・オブ・ウォールストリート / The Wolf of Wall Street (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 演技の一線から(一旦?)退くレオナルド・ディカプリオ。その最後の作品に選んだのが、この作品です。監督は、5度目のタッグとなるマーティン・スコセッシ。 そりゃぁ、R18+指定になりますよねぇ。クスリに、セックスに、やり過ぎです。実話を下...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (こねたみっくす)
誰にも共感出来ない乱痴気騒ぎと自業自得の先にある、誰もが共感出来る皮肉。 ジョーダン・ベルフォードが堀江貴文にしか見えない!虚業で大儲けして、どんちゃん騒ぎを日々繰り ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) “このペンを私に売ってみせろ”
ウルフ・オブ・ウォールストリート (心のままに映画の風景)
80年代後半のウォール街。 学歴や人脈もない証券マンのジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、26歳で ドニー・アゾフ(ジョナ・ヒル)らと会社を設立すると、富裕層をカモに巧みなセールストークで瞬く間に大企業へと成長させ、自らも年収49億円の...
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート(THE WOLF OF WALL STREET)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
レオナルド・ディカプリオが実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録をこれまでに幾度となくコンビを組んできたマーティン・スコセッシ監督と映画化した『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート(TH
ウルフ・オブ・ウォールストリート (to Heart)
貯金ゼロから 年収49億円 ヤバすぎる人生へ、ようこそ。 原題 THE WOLF OF WALL STREET 製作年度 2013年 上映時間 179分 原作 ジョーダン・ベルフォート『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ウォール街狂乱日記』(早川書房刊) 脚本 テレンス・ウィンター 監督 マー....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLF OF WALL STREET】 2014/01/31公開 アメリカ 179分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、ジャン・デュジャルダ....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (あーうぃ だにぇっと)
ウルフ・オブ・ウォールストリート@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 2014年1月28日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 を鑑賞しました。 上映前に、レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル・マーティン・スコセッシ監督の挨拶がありました。 舞台挨拶後はスクリーン7にはバルコニーみたいなところがあって そこにも現れて客席をレオ様が撮ってまし...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』: 一体なぜ我々がこのような人物を称賛する必要があるだろう? (マスコミに載らない海外記事)
David Walsh 2013年12月30日 マーティン・スコセッシ監督。テレンス・ウィンター脚本。ジョーダン・ベルフォートの著書『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ハヤカワ文庫に基づく。 マーティン・スコセッシの新作映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、アメリカに...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (風に吹かれて)
電話しまくれ〜〜[E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」みた。 (たいむのひとりごと)
最近のハリウッドは実話ベースの作品が流行りのようだけれど、こちらも実在の株式ブローカー:ジョーダン・ベルフォートの半生を描いた作品で、ディカプリオ×スコセッシ監督がタッグを組んだ第86回アカデミー賞5
お金で買えないモノ。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (水曜日のシネマ日記)
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマです。
劇場鑑賞「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (日々“是”精進! ver.F)
金稼ぎに人生を懸けた男… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402040001/ 【送料無料】キネマ旬報 2014年 1/15号 [雑誌]価格:890円(税込、送料込) 【送料無料】ウルフ・オブ・ウォールストリート(上) [ ジョ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
巨匠マーティン・スコセッシと、ディカプリオが5度目のコンビを組んだ、ヤバネタ満載の伝記ドラマである。デカプリオが演じるのは、ジョーダン・ベルフォートなる実在の人物で、ウォール街での証券詐欺で若くして巨万の富を築いた、最低にして最高のカリスマ。現代の下克....
映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (FREE TIME)
2月1日のファーストデーに、映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を鑑賞しました。
ウルフ・オブ・ウォールストリート (悠雅的生活)
狂喜乱舞。阿鼻叫喚。捲土重来。 
ウルフ・オブ・ウォールストリート (とりあえず、コメントです)
マーティン・スコセッシ監督&レオナルド・ディカプリオ主演のヒューマンドラマです。 ウォール街にその名をとどろかせた実在の男をこのコンビがどのように映画化するか気になっていました。 ギリギリの人生を生きた男の姿を、狂乱の世界と共に映し出している作品でした。...
ウルフ・オブ・ウォールストリート The Wolf of Wall Street (映画の話でコーヒーブレイク)
レオナルド・デカプリオ主演、マーティン・スコセッシ監督の注目作品ですが、何と!179分の長さです。 インド映画もだいたい3時間ですが、本作には歌も踊りもありません。 あるのは酒池肉林。金をばら撒き、酒と女と麻薬に溺れ倒す姿を大スクリーンで2時間半ほど見せられ....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (そーれりぽーと)
レオちん遂にアカデミー賞受賞なるか?!『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観てきました。 ★★★★ 長いしクドいけど癖になる映画。 良い映画なんですよ、映画は。 問題はレオナルド・ディカプリオの事が大好き過ぎるマーティン・スコセッシ監督の推し過ぎっぷり...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (サムソン・マンゴスの映画道半ば)
    『ウルフ・オブ・ウォールストリート』  (2013) 学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。 巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 アメリカの(悪)夢 (Days of Books, Films )
The Wolf of Wall Street(film review) 『ウル
ウルフ・オブ・ウォールストリート (ダイターンクラッシュ!!)
2014年2月11日(火) 13:45〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 悲願なるか 『ウルフ・オブ・ウォールストリート?』公式サイト 長い、退屈はしないが、長い。 退屈はしないが、客を騙すのと、ヤクを決めるのと、セック...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」:道徳レス狂騒社会 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、予想以上に面白く突っ走る2時間59分
ウルフ・オブ・ウォールストリート/THE WOLF OF WALL STREET (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ監督5度目のタッグ 欲望と夢を現実に、金(カネ)に変えたジョーダン・ベルフォートの実話を基に描いた ド派手人生エンタテインメント     198...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ウルフ・オブ・ウォールストリート 13:米 ◆原題:The Wolf of Wall Street ◆監督:マーティン・スコセッシ「ヒューゴの不思議な発明」 ◆主演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナ...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」□監督 マーティン・スコセッシ□脚本 テレンス・ウィンター□原作 ジョーダン・ベルフォート□キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、 ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ジョナ・ヒル  マーゴット・ロビー 【ストーリー】 学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績....
ウォール街の狼〜『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (真紅のthinkingdays)
 THE WOLF OF WALL STREET  1987年10月19日、ブラック・マンデー。念願の株式ブローカーとなった初日 にウォール街の洗礼を受け、失職した26歳のジョーダン・ベルフォート(レオナ ルド・ディカプリオ)は、零細の投資センターで再出発する。持ち前の...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、レオナルド・ディカプリオが主演で、さらに今度のアカデミー賞において、作品賞、主演男優賞、脚色賞など5部門にノミネートされているとのことなので、映画館に出かけてみました(注1....
『ウルフ オブ ウォールストリート/The Wolf Of Wall Street』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
実話と聞くと観たくなりますよね。 大成功そして破滅へ 学歴、ノウハウ、人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。 誰にも思いつかないような巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なア...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオ、あっぱれ。ずっと思ってたけどたいした役者だ。私はこの作品、好き。大好き。究極、一人の男の栄光と転落の人生を描いたものなのだけれど、なんというパワフルな作りだろうか。特殊な状況下のパワフルというだけでなく、全ての面でパワフル&ゴ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (タケヤと愉快な仲間達)
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、ロブ・ライナー 【解説】 実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマ。1980年代か....