『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観た(寸評)]

2012-10-12 23:59:19 | 物語の感想
☆予告を見た限りでは、何でこの映画が企画されたのか不明で、あまり期待しないで映画館に足を運んだ。

 21:30からのレイトショーで、眠気が予想されていたのだが、意外にも、非常に面白く夢中になった。

 ・・・創作意欲がなくなり、酒に溺れる生活のエドガー・アラン・ポーが、恋人が誘拐されたこともあり、自分のこれまでの作品に見立てられた連続殺人の捜査に巻き込まれていく物語。

 19世紀中盤のボルチモアという舞台設定が、物語展開をもったりさせそうに思えつつ、堅実な話運び(正統派ゴシック)で、こちらの興味を引き続けた。

 私は、猟奇殺人や、奇矯な事件にはそれほどの興味はないのだが(密室殺人は異常に好き)、その展開上の開陳の仕方が小刻みで実にテンポがいい。

 土中に埋められたヒロインの恐怖感も、絶妙に伝わってくる。

 ポーは、若い警視と捜査に当たるのだが、その二人が、変則ではあるがホームズとワトソンの関係にも似て、なんか、ロバート・ダウニー・Jr によって崩されたホームズ物が、ここに蘇ったかのような嬉しさがあった。

 ポーは変人ではあるが、その喜怒哀楽は、こちらの共感を受けるに足るほどのジョン・キューザックのうまい演技だった。

 相棒となる警視・ルーク・エヴァンズは格好良くて、警官の一人・もみあげが印象深いジョン(オリヴァー・ジャクソン=コーエン)ともども、イケメン好きの婦女子には堪らないのではなかろうか^^

 犯人も意外で、全て犯人のシナリオ通りに動かされたきらいもあるが、この作品は、最初にそこありきと考えると納得もできる。

 これは、意外に掘り出し物なので、皆さん、是非 観てください^^

                                         (2012/10/12)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [『劇場版 魔法少女まどか☆マギ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おひさしぶりです (すぷーきー)
2012-10-19 22:49:21
訪問&TBありがとうございます。
ルーク・エヴァンス、良かったですね~。
あっ、ジョン役はやっぱりオリヴァー・ジャクソン=コーエンって人なんですね。
ジェイク・ギレンホールに似てませんでしたか?(笑)
すぷーきーさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-10-20 23:30:36
こんばんわ^^

>>ジョン役はやっぱりオリヴァー・ジャクソン=コーエンって人なんですね

それは確証ないですが、映画紹介のキャスト欄で調べました。

確かに、ジェイク・ギレンホールに似ていますが、やや優男っぽい感もありましたね。

彼は、衝撃的な死を迎えましたね・・・(作中で)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『推理作家ポー 最期の5日間』★暗い!怖い!気色悪い!のゴシックムード満点! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159499/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画 『Vフォー・ヴェンデッタ』 の監督作品ということで興味を持っていました。 『Vフォー・ヴェンデッタ...
『推理作家ポー -最期の5日間-』 2012年10月4日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『推理作家ポー -最期の5日間-』 を試写会で鑑賞しました。 3Dじゃないけど、弾が飛んで避けたり、いきなり殴るから避けたりとビックリすること... 【ストーリー】  1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク...
推理作家ポー 最期の5日間 (心のままに映画の風景)
1849年、ボルチモア。 ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似ている...
推理作家ポー 最期の5日間 (あーうぃ だにぇっと)
推理作家ポー 最期の5日間@よみうりホール
劇場鑑賞「推理作家ポー 最期の5日間」 (日々“是”精進! ver.F)
エドガー・アラン・ポーの死に隠された謎… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210120002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を...
推理作家ポー 最期の5日間 (佐藤秀の徒然幻視録)
犯人は鏡の中のポー? 公式サイト。原題:The Raven。ジェームズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・ ...
Nevermore (MESCALINE DRIVE)
有楽町はよみうりホールにて「推理作家ポー 最期の5日間」の試写会があり、これに足を運んだ。 本作の主人公はエドガー・アラン・ポー。怪奇幻想文学の歴史を繙くと、特にミステリ史においてその名は燦然と輝く。 謎解きそのものを物語の主題に据えた作品を物した革命家...
推理作家ポー 最期の5日間 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Raven [Blu-ray] [Import]クチコミを見る推理作家エドガー・アラン・ポーと模倣犯による壮絶な戦いを描いたミステリー「推理作家ポー 最期の5日間」。東欧ロケが独特のダークな雰囲気を醸 ...
「推理作家ポー 最期の5日間」みた。 (たいむのひとりごと)
世界初の推理作家:エドガー・アラン・ポーの、謎に包まれた最期の日々を描いたミステリー・サスペンス。江戸川乱歩はいくつか読んだが、本家本元のポーの作品は実は全く読んだことが無い。オリジナルを知らないので
推理作家ポー 最期の5日間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE RAVEN】 2012/10/12公開 アメリカ R15+ 110分監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのか…...
映画「推理作家ポー 最期の5日間」 (放浪の狼のたわごと)
2012年アメリカで製作された ジェームズ・マクティーグ監督作品。40歳の若さで
推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN (いい加減社長の映画日記)
最初は、あんまり観る気はなかったんだけど、なんとなくそのミステリーの香りに誘われて・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 米国ボルチモア、1849年の秋。 密室で惨殺された母娘の遺体が発見され、現場に駆けつけた刑事フィールズは、数年前に発表された推理...
推理作家ポー 最期の5日間 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(F) 本編の最大の謎、ポーの死因って、、、
映画「推理作家ポー 最期の5日間」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「推理作家ポー 最期の5日間」観に行ってきました。 19世紀前半のアメリカで推理小説を執筆し有名になったエドガー・アラン・ポーの、その死に至るまでの最後の5日間に何が起こったのかについて描いたサスペンス・スリラー作品。 今作は猟奇的な殺人および死体...
推理作家ポー 最期の5日間 (とりあえず、コメントです)
推理小説と詩で有名な作家エドガー・アラン・ポーの死の謎を描いたミステリーです。 ダークな雰囲気が立ち込めている予告編を観た時から、凄そうだなあと気になっていました。 猟奇的な連続殺人事件とポーの恋が織り成す展開に、最後までドキドキな作品でした。
推理作家ポー 最期の5日間 (悠雅的生活)
告げ口心臓。赤死病の仮面。大鴉。
推理作家ポー 最期の5日間 (★ Shaberiba )
上質なゴシックミステリーに痺れた~!!
推理作家ポー 最期の5日間 観ている方にも推理をさせて下さい・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=41 -5-】 ちょっと怖そうやけどでもぎりぎり耐えられそうかな~o( ̄ー ̄;)ゞううむ そういえば子供の頃、江戸川乱歩の名前をぱくった憎い奴だと、エドガー・アラン・ポーのことを思っていた。  米国ボルチモア、1849年の秋。密室で惨殺された母娘の遺体が発見され...
『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
懐かしいあのかんじ。 まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。 歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね? 推理を解く前に、翻訳した文章が言わんとするところを理解するのが難解で・・・・
推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN (tom's garden)
監督:ジェームズ・マクティーグ 出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン ワタシの読書遍歴はたぶん漫画から影響を受けている。 ポーなんかたぶん「モルグ街の怪人」と「黒猫」くらいしか読んでないけど、萩尾望都...
推理作家ポー 最期の5日間       ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「モルグ街の殺人」「黒猫」など数々の推理小説で著名な作家エドガー・アラン・ポーの最期の日々を大胆な発想で描いたサスペンス・スリラー。ポーの著作を模倣した連続殺人事件が起きたことで、事件解明のために彼自身が捜査に加わり殺人鬼を追い詰めていく。主人公ポーに...
推理作家ポー 最期の5日間。 (すぷのたわごと。)
『推理作家ポー 最期の5日間』を観に行ってきました。 原題は『THE RAVEN』で、“カラス”? エドガー・アラン・ポーの作品に「大鴉」というのがあったよね。 今まで意識したことがなかったけど、この映画タイトルで“最後”と“最期”の違いが気になった。 Yahoo!...
推理作家ポー 最期の5日間/ジョン・キューザック (カノンな日々)
日本のミステリー大作家・江戸川乱歩さんのペンネームの由来としても有名な世界初の推理作家エドガー・アラン・ポーの最期のの日々を描くサスペンス・スリラー作品です。エドガー ...
推理作家ポー最期の5日間 <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  10月15日(月)に観に行ってきました     タイトルからも分かるよーに 初めっから もうどんなに頑張っても   ポーが死ぬって事が分かっての映画開始ですが 何か 最後のベンチに座ってるとこで   ここで直ぐに搬送...
推理作家ポー 最期の5日間 (テレビ徒然記)
フィールズ刑事役のルーク・エヴァンス目当てに見ました! ポーの小説は実は読んだことないのですが、彼の影響を受けた江戸川乱歩の小説のドラマとかは見たことあるので、誘拐されたエミリーのあの状態が一番恐いなあと思ったり。 凄惨な殺人は映画と分かってても好きじ...
推理作家ポー 最期の5日間 (だらだら無気力ブログ!)
ルーク・エヴァンスの存在が良かった。
映画「推理作家ポー 最期の5日間」 (FREE TIME)
映画「推理作家ポー 最期の5日間」を鑑賞しました。
映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-86.推理作家ポー最期の5日間■原題:The Raven■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:石田泰子■観賞日:11月10日、新宿ミラノ1(歌舞伎町)■料金:1,800円 □監督:ジェームズ・マクティーグ◆ジョン・キューザック(エドガー...
推理作家ポー 最期の5日間 観ている方にも推理をさせて下さい・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=41 -5-】 ちょっと怖そうやけどでもぎりぎり耐えられそうかな~o( ̄ー ̄;)ゞううむ そういえば子供の頃、江戸川乱歩の名前をぱくった憎い奴だと、エドガー・アラン・ポーのことを思っていた。  米国ボルチモア、1849年の秋。密室で惨殺された母娘の遺体が発見され...
推理作家ポー 最期の5日間 (いやいやえん)
アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側から鍵がかけられ、窓は釘で打ち付けられている密室殺人であっ...