『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[『ヱヴァ:破』を観た(三観目:三角関係)]

2009-06-30 16:15:16 | 新・物語の感想

☆観れば観るほど面白過ぎる『ヱヴァ:破』である。

 前の職場の同僚だった娘(既に観ている)と電話で感想を言い合い、盛り上がり、結果として、次の休みに観に行こうと約束してあるのだが、

 本日、我慢が出来なくなって、三観目に赴いた。

 私は、もはや、この作品を「音楽」のように捉えている。

 何度も繰り返し、「へヴィ・ローテーション」で観たいのである。

 昨日、母親に「明日は映画に行く」と言うと、「何観るの?」と聞かれ、「あまりにも面白いのでヱヴァンゲリヲンをまた観に行く」と答えると、「私も連れてけ」と頼まれた。

 母親は、もう70歳を超えている。

「アニメだぞ?」「ロボットだぞ?」と繰り返し聞き、それでも行きたいようなので、レンタル店で『ヱヴァ:序』を借りてきて見せた。

「予習として、最低限、これは見ておけ!」

 で、本日、『ヱヴァ:破』鑑賞後の、70歳超えたババァの一言。

「面白くて、体がずーっとカチコチになっちゃったよ^^」

 ・・・連れて行ってよかった^^

   ◇

 夢中になると、却って、全く目に入らないシーンがある。

 今回、3観目なので、かなり余裕を持って楽しめた。

 ミサトさんにシャワーシーンがあったことに、今回、初めて気づいた^^

 この『破』においては、あまり、私の好きなミサトさんは派手な活躍をしていないように見えた。

 でも、ガラス越しに、加持とリツコのイチャツキを見て「フンガー!」となったり、

 飲んだくれて、部屋で寝相悪く眠ってたり(でも、身体のラインはどうしようもなく魅力的^^)、

 やっぱり加持いいな、って感じで頬を紅潮させたりと可愛い。

 この方より、私など遥かに年上だが、でも、ミサトさんのような「永遠のお姉さん」てのは魅力的で、私にとってもずっと「お姉さん」なんだよね^^

   ◇

 ミサトさんの影が薄くなってしまったのは、アスカの登場だけではない、マリのこともあるが、いまだにレイの存在が大きいからだ。

 もう、十年以上も前から、レイもアスカも二大トップ二次元ヒロインであるのだから、いい加減、皆、飽きてもいいはずなのに、魅力を発散し続けている。

 特に、今回は、そのメンタリティが堂々巡りをしていた前シリーズでのレイとアスカに比べ、渚カヲル言うところの「今度」のシリーズ(世界)では、ピュアなシンジと触れ合うことによって成長をしていく。

 成長は、使徒との戦いで何度となく遮られるし、今作の後も、一進一退を繰り返すのだろうけど、「365歩のマーチ」の如く、「三歩歩いて二歩下がる」、少しづつ進んでいく。

 そして、子供の成長は、恋を経なければならない。

 レイもアスカも、それぞれのアプローチの仕方は異なるが、明確にシンジに好意を抱き始める。

 本来ならば、我々は、レイもアスカも既知の存在であり、その行動様式も理解できているはずなのに、レイもアスカも、我々の認識を超越した行動を始めるのだ。

 その驚きたるや、かなり大きい。

   ◇

 そんなレイ・アスカ・シンジを前にしたら、

 ミサトさんは、日本独特の襖文化を問われると、「日本人の信条は察しと思いやりよ」とか、「和をもって尊しとなすよ」とか答える、本来のコーチの役割に徹するしかない。

 特に、襖文化は、後に、孤独に温もりを求めたアスカが、シンジの部屋に入っていく伏線ともなっている。

 ・・・「伏線」なんて言葉で括ってしまうのは申し訳ないが。

 そこでの、アスカの大人びた口調と、でも、他人を求めてしまうアンビバレントな思いは、それまでのアスカ像に二重三重の複雑さを加えてくれる。

 私の母親が、「どの声の人(声優ね^^;)も奇麗な声だ」と言っていたが、

 アスカの声をあてた宮村優子は幾つもの声を使い分けて、感情を表現できて、実にうまい。

 人形の声も良かった。

 ・・・いや、そんなことを言っていたら、シンジ君もミサトさんもレイもマリも、そのほかの役もみんなうまいのだが。

   ◇

 では、今回は、そろそろ終えるけど、気になった点が幾つかある。

 シンジの聞いているウォークマンだが、ディスプレイをアップしたときの曲番、今作では「26」「27」がクローズアップされる。

 アスカが部屋に忍び込んできたシークエンスが終わるとき、「26」→「27」と変わる。

 作り手の何らかのメッセージだと思うのだが、誰か教えてくれ。

 もしかして、「今は26話」「今は27話」と教えてくれているのか?

 それと、加持さんのコーヒーだが、割とTPOを弁えていると思う^^

 ミサトさんのビールだが、エビスのほかに黒ラベルがフューチャーされているのは、黒ラベルファンの私は嬉しい^^

 それから、渚カヲルの最後のセリフは、「パラレルワールド」と思ってもいいんですかね。

 となると、「負」=「エヴァンゲリオン」=「幻魔大戦」、「正」=「ヱヴァンゲリヲン」=「真・幻魔大戦」か?

 でも、あのセリフだけで済ませて、続篇がそちら(多次元世界ネタ)に傾くのは止めて欲しい気がする。

 ・・・しかし何度見ても、限界突破、表現超越の「綾波救出シーン」は燃える。

                         (2009/06/30)

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [現在、正会員300人・瀕死の... | トップ | [よその三姉妹(19・ニュージ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2009-07-04 16:11:02
ウォークマンの「26」→「27」。
予想ですが、TVシリーズの最終話・26話目から、新キャラが乱入することで、新しい展開へとなだれ込むという意味での27話目へ移行した、という考えは如何でしょうか?
私もそう思っています。 (ミッドナイト・蘭)
2009-07-04 20:58:01
・・・ですが、最近、『序』を見直したら、そういう訳でもないような気がして・・・。

いったん、もう一度、『序』から『破』を通して見直したいです。

加持さんとの自動販売機の前のシーンでも、曲番が切り替わるんですよね。

本筋とは別問題で、謎は深まるばかり・・・^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」プチレビュー (気ままな映画生活)
前作、「序」では旧テレビ版の1~6話までのリビルド(再構築) だったが、今回は、既存のエヴァをまさに破壊する内容だった。 基本のストーリーラインは、旧テレビ版7~19話を基本路線と している感じだが、描かれてる世界観は全く別物になっていた。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 ('09初鑑賞84・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 6月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:45の回を鑑賞。
映画 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 感想 (くまっこの部屋)
(ネタバレ有り)結論から言うと私はすごい感動しました。これだけ情報封鎖されている
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (5125年映画の旅)
新たに導入されたエヴァンゲリオン弐号機とそのパイロット、式波・アスカ・ラングレー。新たな適格者真希波・マリ・イラストリアス。互いの距離を近づけるエヴァパイロットたち。使徒との戦いは過酷を極め、少年少女は新たな運命に遭遇する。 かつて社会現象を巻き起...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」監督:庵野秀明声の出演:緒方恵美、林原めぐみ、三石琴乃、山口由里子、立木文彦、清川元夢、宮村優子配給:クロックワークス、カラー概要:汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命...
エヴァが北風ならヱヴァは太陽。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』観賞 (常楽ブログ)
 初日のレイトショーはチケット売り切れで観られず、二日目のレイトショーに再チャレンジして、ようやくヱヴァ破を観ることができました。今回の殺到といい、お台場の等身大ガンダムの人だかりといい、この国はかなりのスピードでアニメ大国への道を突っ走ってますね。 ...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破/ネタバレ感想 (ランゲージダイアリー)
 本日劇場で観てまいりました『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のネタバレ感想です。  まだ劇場で観ていない人は、「続きを読む」以降は死んでも読まない方がよいかと思います。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (blue bleu)
JUGEMテーマ:ヱヴァンゲリヲン  昨日は天気が良くなったので意気揚々とエヴァ破を観て来ました。この日を指折り数えた。公開日まで本当にヱヴァ破は上映されるのか心配していた。延期を覚悟してましたよ。ある程度諦めてもいたのは今まで色々あったからかな…アニメ...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (よろずな独り言)
 行ってきました「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」。つまらないレベルでのショックな出来事が二つほどありましたけど。(苦笑)公開間もないので,ネタバレに関しては排除しております。ネタバレとなる感想は,もう少し経ってから(出来たら)アップしたいと思います。そ...
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 (みんなシネマいいのに!)
 初めてTVシリーズは前半があまりにも面白かったので、後半の壊れっぷりがを観た時
エヴァンゲリオン新劇場版:破 の感想 (わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心])
やっといろいろ落ち着いてきたので映画の感想でも書こうかとおもう。昨日は忙しくてま
もう一回エヴァ破見てきた (わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心])
朝遅く起きて、ふと思い立ってもう一度エヴァンゲリオン新劇場版:破を見てきました。