『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[遅ればせながら、映画『ガチ☆ボーイ』を観た]

2008-03-30 19:05:12 | 物語の感想
☆私の死んだ親父は、大のプロレスファンだった。

母親と結婚した新婚旅行の北海道で、母親をほったらかしにして、テレビのプロレス中継に夢中になり、いきなり夫婦ゲンカをしたそうだ^^;

そんな話を思い出しながら、私は、MOVIX昭島での、『ガチ・ボーイ』公開最終日のレイトショーに行った。

     #     #     #     #

物語は、司法試験の一次までをも合格した大学3年生の真面目君が、学生プロレスに魅せられて、プロレス同好会に入部して活躍する青春物語だ。

しかし、物語は、それだけでは終わらない。

その、五十嵐君は、いかにも思い出作りとばかりに、ポラロイドカメラで仲間との交流の節々を映し、手帳には膨大なメモを書き続けていくのだが、それには理由があった。

事故の後遺症で記憶障害になってしまい、それまでの記憶は残っているが、新しい記憶は、一晩眠ると、すっかり忘れてしまうようになってしまったのだった。

そもそもが秀才であり、朝になると、事故前までの記憶しかない自分に、『明日の自分へ』と題した、膨大な、「これまでのあらすじ」にも似た日記を残していて、毎日をしのいでいるのだが、もはや、彼には、司法試験を乗り越えるような運命はなくなってしまっていた。

もともとが真面目で前向きなので、それでもひたむきに生きていくのだが、自分を誇りにして生きていた父親の落胆振りに接すると苦しい毎日だ。

そんな中で、事故前の記憶が鮮烈なプロレス同好会に参加し、学生生活の最後を楽しもうとするのだった。

     #     #     #     #

記憶が消えてしまうと言う状況は、思い出の欠落であり、時間の消失と似ている。

故に、五十嵐の心情を考えると、いつもSF的な連想をしてしまう。

『アルジャーノンに花束を』や『ハイペリオン』の第四章を思い出すし、

時間の繰り返しは、『恋はデジャブ』や、『うる星やつら:ビューティフル・ドリーマー』、『ジョジョの奇妙な冒険』の第四部のクライマックスを彷彿とする。

記憶障害は、最近では『メメント』なんてものもあったし、

主観としての記憶の、事実との相違は、最近観た『バンテージ・ポイント』や、『羅生門』があろう。

しかし、この物語は、あくまでも<青春ドラマ>であった。

非常に優れた作品であった。

     #     #     #     #

五十嵐は当初、自分の記憶障害を隠して、同好会に入る。

そこでの仲間との触れ合いは、私も、その大学時代を思い出して、いささかこっぱずかしかった^^;

大学時代と言うのは、社会に出るモラトリアムの期間でもある。

それまでの子供だった時代を経て、時に、社会人たるべく「道化」染みた自分を演じなくてはならない。

それは、他人と一線をおくことを覚える期間でもある。

仲間たちは、本音でぶつかり合っているようでいて、よく言うと「思いやり」や「気づかい」を相手に向けるようになる。

・・・滑ると分かっている駄洒落を連発したりする奴がいたり、

・・・無骨なクールを装おう奴がいたり、

・・・自分の境遇の不幸を演技過剰に語る奴がいたり、

・・・同好会のリーダーを、リーダーたるべく全うしようとする奴がいる。

大学生とは、それを習得していく様がダサく、・・・しかし、そこが悪くもないのである^^;

故に、五十嵐の病気はなかなか気づかれない。

     #     #     #     #

そもそもが、プロレスと言うものには、好きでやっている本人たちには分からないのかも知れないが、「ダサさ」がつきまとう。

マスクや全身タイツなどのコスチュームなんか、ダサさの最たるものだと思う^^;

「真剣な格闘を演じる」と言う行為も、矛盾を孕んでいる。

大人へのモラトリアムを過ごす学生たちが、プロレスと言う矛盾の中で青春を楽しんでいる。

まさに、「学生最後の思い出」だ。

そんな私の思いとは裏腹に、主人公たちは、全国の青春を送る学生たちと同様に、屈託なく日々を生きていた。

五十嵐も、病気ではあるが、そんな中の一人ではあった。

しかし、一つだけ違った。

五十嵐は、演技が出来なかった。

学生としても、「プロレス」レスラーとしても、演技をしている余裕がなかった。

記憶が消失してしまうのだから・・・。

故に、常に、「ガチンコ」で相手に挑むのだった。

その様は、仲間だけでなく、敵にも新鮮であり、多くの者を五十嵐ペースに巻き込んでいくのだった。

     #     #     #     #

ヒロイン・朝岡麻子は、サエコと言う女優で、この女の子の、あまりにもの「オンナオンナ」しさには参った^^;

あの顔で、あの表情で、あの声で、近くに存在されたら、多くの男が心を奪われてしまうだろう。

私などは、あんな女がいたら、自分が傷つくことになるのでけして近づかない^^;

     #     #     #     #

五十嵐の親父は、泉谷しげるが演じている。

『KIDS』でも、実に味のある演技をしていたが、この作品でも、自分の息子の境遇にくたびれた感じが実に良かった・・・。

・・・私は、ちょっとだけ死んだ父親を思い出すのだった。

     #     #     #     #

クライマックスの試合は凄かった。

『ロッキー』よろしく、関係者全ての苦悩を吹き飛ばすかのような五十嵐の闘い・・・。

キムタクに顔が似ている学生プロレスのスターに、コテンパンに、コテンパンに、コテンパンに、コテンパンにやられつつ、何度も何度も2カウントまで追いつめられつつ、最後に反撃を開始するのが良い。

ここで、記憶は毎日消えてしまうけど、体には、仲間との思い出が詰まっている、てな闘い方をはじめる。

こちらは、泣けるを通り越して、とてつもない爽快感を得る。

安易に勝利させなかったとこも良い。

ジョン・ヒューストンの『勝利への脱出』を髣髴とさせた^^;

     #     #     #     #

「プロレスはダサくて、彼女に振られるから」と、同好会の花形からロッカーに転向した佐田君だが、この佐田君こそが、一番ダサく見える演出も良かった。

・・・作品の舞台は北海道だが、北海道の人って、彼のように、節操がないんだよね^^;

でも、北海道の人は優しくて、最終的には、助けてくれるんだわ^^

     #     #     #     #

・・・この映画は、【青春のダサさ・滑稽さ】を見事に描いた作品かも知れない。

五十嵐役の佐藤隆太の笑顔を見ても、多くの人が、「良い奴だが、ダサい^^;」と言う感想を持ってしまうことで分かろう。

     #     #     #     #

もしかして、最後の試合で、記憶障害が直ったりして、などと言うご都合主義の展開を期待したのだが、この作品ではそうはならない。

この作品は、「青春の一瞬のきらめき」の物語である。

その「一瞬」を胸に、若者は、その後を社会と共生させていくのであろう。

                         (2008/03/30)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (咲太郎)
2008-04-13 09:49:02
ドロップキック佐田、2枚目が3枚目を演じて成功した好例ですよね
あのダサさが味となって私は逆にカッコよく感じました
泉谷パパには泣かされました。
サエコは幸せなんでしょうね、きっと。
ものすごく色っぽかったです
咲太郎さん♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-04-13 13:57:37
はじめまして^^

>>あのダサさが味となって私は逆にカッコよく感じました

ああ、それは言えますね^^

あくまでも、ちょいと不細工な彼女に気を使っているのが良かった。

体力あるのに、女心に弱い^^;
はじめまして (あさこ)
2008-04-15 13:54:48
TBありがとうございました。
私もこの映画、たいへん気に入りました。
学生時代を楽しく過ごすことの出来た人には
また格別の思いがわいてくる映画ではないでしょうか?
サエコ、男性から見たら色っぽかったのですね。
私はもっとも流産の可能性の高い妊娠初期のはずなのに
走ったり自転車乗ったりするもんだから
ハラハラしどうしでした。
無事元気な赤ちゃんを出産されたそうでよかったです。
あさこさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-04-15 20:05:12
いらっしゃいませ^^

麻子役のサエコは、正直、ブリッコですが、やっぱ、近くにいると惹かれてしまうような気がします^^

そうなんですか~。
サエコさん、既婚者なんですか~。
私、この映画で初めて見た女優さんなんですよ。
五十嵐くんがためらっている時に「ん?」と小首を傾げる仕草が良かったですね。

これからも、よろしく!

PS.自分の名と同じヒロインが出ている映画ってどんな気分なんでしょうか、アサコさん?^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ガチ☆ボーイ (描きたいアレコレ・やや甘口)
男の子(心だけ男の子でもOK!)の気持ちを持ち続け "プロレス"をコアに愛する人間なら、温度差も高く観られる映画だと思います。 ただ、私...
『ガチ☆ボーイ』 (めでぃあみっくす)
実写の邦画でこんなに熱い涙を流した映画は初めてというくらいに号泣してしまいました。やはりフジテレビ・ROBOT・東宝という『LIMIT OF LOVE 海猿』を生み出した黄金トライアングルは本当に素晴らしいです。巷ではフジテレビ的映画になっていないかと懸念される映画ファ...
ガチ☆ボーイ (花ごよみ)
一晩、眠ってしまうと、 全て忘れてしまっているという、 障害を抱えた大学生。 安全が第一のため、 段取りを決めてある 学生プロレスにあって、 段取りを憶えることができないので プロレスの試合は、 ガチンコ試合になってしまう。 主役の大学生、五十嵐良一(佐藤隆...
「ガチ☆ボーイ」 (古今東西座)
これを読んでいるオジサン世代に聞いてみたいのですが… 以前、金曜日の夜8時に、テレビは何を選んで観ていましたか? まぁ、この答えで何となくその人がどんな人なのか分かってしまうわけです(←ウソ)。僕は… 『太陽にほえろ』『3年B組金八先生』は観たことがあ...
ガチ☆ボーイ (to Heart)
  青春☆ガチンコグラフィティー。 製作年度 2007年 上映時間 120分 脚本 西田征史 監督 小泉徳宏 音楽 佐藤直紀 出演 佐藤隆太/向井理/サエコ/川岡大次郎/瀬川亮/宮川大輔/仲里依紗/西田征史/泉谷しげる TOHOシネマズ、レディースデイの為、ヘルニアもとい、プレミア...
「ガチ☆ボーイ」 肉体の記憶 (はらやんの映画徒然草)
最近、久しぶりに運動をするようになりました。 きっかけは単純、暖かくなって春もの
『 ガチ☆ボーイ 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 ガチ☆ボーイ 』 [試写会鑑賞] 日本【2008年3月1日公開】[ 上映劇場 ] 監督:小泉徳宏 脚本:西田征史 原作:蓬菜竜太 【キャスト】 佐藤隆太 サエコ 向井理 仲里依紗 宮川大輔 泉谷しげる 川岡大次郎 瀬川亮 西田征史 中谷竜...
『ガチ★ボーイ』 (ラムの大通り)
----これってガチンコ・ボーイってこと? 「そう。 一種の青春グラフィティだね。 ただ、これまで青春を描くときに多かったロックや映画ではなく、 ここではプロレスに、その材を求めている」 ----ふうん。元々はお芝居だったんでしょ? 「そうらしいね。人気劇団・モダン...
ガチ☆ボーイズ (ぱたぱたぱ~だでグー!)
ガチ☆ボーイ 【コピー】 青春☆ガチンコグラフィティー。 【スタッフ&キャスト】 監督:小泉徳宏 原作:蓬莱竜太 主題歌:チャットモンチー 出演:佐藤隆太、サエコ、向井理、仲里依紗、宮川大輔、泉谷しげる、川岡大次郎、瀬川亮 【作品情報】 ジャンル:コメ...
映画「ガチ☆ボーイ」を試写会にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 26日、一ツ橋ホールにて「ガチ☆ボーイ」を鑑賞した。 客入りは8割ほどで、小学生位のお子さんをはじめ若い観客が多い。 映画の話 大学在学中に司法試験合格も夢ではないと言われる秀才、五十嵐は、学園祭で見た学生プロレスが忘れられず、プロレス研究会の門を叩...
ガチ☆ボーイ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
高次脳機能障害という病気を扱ったこの映画は、学生プロレスと組合せ、体の痛みで生きる実感を味わうという点がユニーク。1日しか記憶が持たない主人公は、段取りが覚えられずガチンコ試合をして逆にウけてしまう。この病気を扱った映画は他にもあるが、病気を周囲に内緒...
「ガチ☆ボーイ」記憶は残らなくてもみんなの心に残るネバーギブアップファイト (オールマイティにコメンテート)
「ガチ☆ボーイ」はある日頭を打って記憶を覚えられない高次脳機能障害を背負った大学生が学生プロレスに入門し、段取りも覚えられず弱いながらもネバーギブアップ精神で最後まで戦うストーリーである。監督がタイヨウの歌で鮮烈デビューした小泉徳宏監督の第二弾作品とし...
ガチ☆ボーイ (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿オデヲン座にて鑑賞ガチ☆ボーイ 2007年/日本/120分 監督: 小泉徳宏 出演: 佐藤隆太/サエコ/向井理/仲里依紗/宮川大輔 公式サ...
【映画】ガチ☆ボーイ (新!やさぐれ日記)
■動機 プロレス好きの友人を誘ってみよう ■感想 フジテレビのくせに(まて)やるじゃないか! ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は突然プロレス研究会に入部するが、何でもメモを取る割に学生プロレスで一番大事な...
体が昨日を覚えている (CINECHANの映画感想)
59「ガチ☆ボーイ」(日本)  司法試験の合格も夢ではないと言われる秀才の五十嵐。彼は学園祭で見た学生プロレスが忘れられず、プロレス研究会に入会する。?マリリン仮面?というリング・ネームを貰い、練習も一生懸命。大切なことは何でもメモをする五十嵐だが、肝心...
ガチ☆ボーイ 51点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
「うちの兄がバカでさー」 公式サイト 蓬莱竜太の作・演出による劇団モダンスイマーズの舞台劇、『五十嵐伝~五十嵐ハ燃エテイルカ~』を、西田征史脚本、小泉徳宏監督により映画化。 小泉徳宏の劇場映画デビュー作である前作『タイヨウのうた』は、難病のヒロイン...
明日の私へ(映画/試写会:ガチ☆ボーイ) (美味!な日々)
『ガチ☆ボーイ』の試写会に行って来ました。かなり良かったです。終盤は涙、涙、涙の映画鑑賞となりました。面白そうな映画と思っていましたが、予想以上に面白くて楽しくて、そして泣けました。
【ガチ☆ボーイ】 (+++ Candy Cinema +++)
監督/ 小泉徳宏   脚本/ 西田征史   原作/ 蓬莱竜太    製作年度/ 2007年   公開/ 2008年3月1日   上映時間/ 120分   配給/ 東宝 C...
躰 ~「ガチ☆ボーイ」~ (サナダ虫 ~解体中~)
小泉徳宏監督作品、佐藤隆太主演の、 映画 「ガチ☆ボーイ」を観た。 眠ると忘れてしまうけど、学生プロレスで生きる実感を取り戻したい! 感想。 ?“つのだ☆ひろ”か。(タイトル) ?寝たら忘れるって、なら寝なきゃいーんじゃん。 ?って、ホントにそうしてる...
【ガチ☆ボーイ】記憶の外にいる自分 (映画@見取り八段)
お前が覚えて無くても俺たちが覚えてる 自転車の事故により記憶障害になった主人公が 大学のプロレス研究会に入り、その中で自分の居場所を ...
ガチ☆ボーイ (Kinetic Vision)
映画の中盤に出てくる、主人公五十嵐良一(佐藤隆太)が朝目覚めて大学の部室に行くまでの一連のシーンがすばらしい。昨日までの記憶がなく...
ガチ☆ボーイ (Akira's VOICE)
人生にギブアップは無い!
ガチ☆ボーイ(映画館) (ひるめし。)
人生はスリーカウントじゃ決まらない
人が人に求めているモノ。『ガチ☆ボーイ』 (水曜日のシネマ日記)
大学プロレスを始めた記憶障害を抱える大学生の物語です。
ガチ☆ボーイ (5125年映画の旅)
北海道の大学で活動する人気のないプロレス同好会。ある日その同好会に五十嵐という進入部員が入ってくる。彼は法学部三年生で、司法試験にも通ったことのある秀才であることが後に発覚するが、彼はとても物覚えが悪く、2ヶ月たっても上達しない。彼にはある重大な秘...
映画『ガチ☆ボーイ』 (ルールーのお気に入り)
観た人のほとんどが、意外にもものすごい拾いモノだったと思ったのではないでしょうか。予告編などで大方のあらすじは窺い知れたものの、実際は予想以上の感動だった。ただの重度の記憶障害の闘病映画でもなく、また単にスポ根的カタルシスを感じるだけの映画でもなかった...
【映画評】ガチ☆ボーイ (未完の映画評)
一晩寝ると昨日の記憶を失う青年のガチンコな生き様に涙するスポ魂青春映画の傑作。
【ガチ☆ボーイ】 (日々のつぶやき)
監督:小泉徳宏 出演:佐藤隆太、サエコ、泉谷しげる、仲里依紗、向井理、宮川大輔、川岡大次郎 「大学生の五十嵐良一は突然プロレス研究会に入部を希望した。 いつもメモを取る彼・・しかしガチンコではない学生プロレスの一番大事な段取りを覚えられない。
『ガチ☆ボーイ』 @ユナイテッドシネマとしまえん (映画な日々。読書な日々。)
大学在学中に司法試験合格も夢ではないと言われる秀才、五十嵐は、学園祭で見た学生プロレスが忘れられず、プロレス研究会の門を叩く。「マリリン仮面」というリングネームをもらい、大切な事は何でもメモする真面目な五十嵐だったが、肝心の「段取り」を覚えられず、ガチ...
ガチ☆ボーイ (映画を観たよ)
プロレス?興味ないです。
「ガチ☆ボーイ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・ROBOT=東宝/監督:小泉 徳宏) この題名に主演が佐藤隆太。なので、あまり触手が動かなかったのだが、製作会社がROBOT、監督が一昨年の佳作「タイヨウのうた」の小
「ガチ☆ボーイ」 (俺の明日はどっちだ)
うーん、確かに泣かせるし、素直に感動したいところだったのだけど、前評判の高さから期待するところが大きかった分いささか物足りなくもあった青春ガチンコムービー。 映画「4分間のピアニスト」ならぬ「20分間の学生プロレスラー」とでも言うべきか、終盤の“ NO CG...
ガチ☆ボーイ (5125年映画の旅)
北海道の大学で活動する人気のないプロレス同好会。ある日その同好会に五十嵐という進入部員が入ってくる。彼は法学部三年生で、司法試験にも通ったことのある秀才であることが後に発覚するが、彼はとても物覚えが悪く、2ヶ月たっても上達しない。彼にはある重大な秘...
ガチ☆ボーイ (ネタバレ映画館)
ただのプロレス映画だと思っていたら・・・やんごとなき青春映画だった。
ガチ☆ボーイ(日本) (映画でココロの筋トレ)
久々、試写会に行ってきました~。 「ガチ☆ボーイ」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:佐藤隆太、サエコ、向井理、仲里依紗、宮川大輔、泉谷しげる 上映時間:120分  小さなことでもメモをとる大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は突然プロレス研...
ガチ☆ボーイ ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
あーーなんか久しぶりの劇場鑑賞かもしれません。昼間用事があったので、さすがに映画の日になんか1本は観たいなぁ~~っと選んだのは、地味目な『ガチ☆ボーイ』主演は佐藤隆太の学生プロレスのお話です。事故で1晩眠ると、記憶がリセットされてしまう五十嵐君(佐藤隆...
【ガチ☆ボーイ】 (空の「一期一会」)
★こんなにも泣ける映画だなんて・・・!!! 佐藤隆太さんと、向井理さんが見たくて
泣き泣き「ガチ☆ボーイ」 (夢を伝える紳士bobby`s☆hiroのシネプラザ)
またまた大泣きの感動の邦画に出会いました。 その作品は「ガチ☆ボーイ」。 この作品の製作チームも「ROBOT」です。 「踊る大走査線」「海猿」「ALWAYS3丁目の夕日」シリーズを 製作したチームです。 もうこれは製作チームを聞いただけで 見たくなる作品でした。 学...
ガチ☆ボーイ (シュフのきまぐれシネマ)
ガチ☆ボーイ  3/1(土)TOHOシネマズ西新井 宮川大輔ファンの中3の娘に舞台挨拶あるけど行く? と誘ったら「行くー」というのでネットでチケ予約しておいたのでした 木曜に合格発表(高校の)があったのですが 合格が決まり「土曜は晴れやかな気持ちで宮川
体が覚えてる そして、みんなが覚えてる (炸熱~歌キチ、愛をうたう~)
3月16日(日)に鑑賞。 「タイヨウのうた」の小泉徳宏監督の2作目ということで楽しみしていました。 「タイヨウのうた」は大好きな作品です。 YUIの魅力が最大限に活かされていました。 この映画で、初めて彼女を知り、今ではすっかりファンの一人です。 NE
ガチ☆ボーイ (とっさの絵日記)
公開初日に小6の娘と鑑賞。郊外のシネコン、観客は高校生や大学生のグループ連れが多
「ガチ☆ボーイ」 瀬川亮のガッチガチボディー (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
これは試写会で見たかったなぁ~。 関西で活躍する映画評論家平野秀明氏が「この映画、めっちゃイイんで、佐藤隆太が学生プロレスをすること以外情報を入れないで下さい」と警告してくれてたんやけど、予告ん時、目をつぶって映像情報をシャットアウトできても、耳から「...
『ガチ☆ボーイ』 2008-No13 (映画館で観ましょ♪)
CGやスタントは一切使わず、俳優自らが体当たりで演じ切っている。 舞台は北海道。 牛乳パック・中央バス 麻布-花畔(ばんなぐろ) スク...
「ガチ☆ボーイ」 瀬川亮のガッチガチボディー (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
これは試写会で見たかったなぁ~。 関西で活躍する映画評論家平野秀明氏が「この映画、めっちゃイイんで、佐藤隆太が学生プロレスをすること以外情報を入れないで下さい」と警告してくれてたんやけど、予告ん時、目をつぶって映像情報をシャットアウトできても、耳から「...
ガチ☆ボーイ (Memoirs_of_dai)
障害者を馬鹿にしている作品ではない 【Story】 大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は突然プロレス研究会に入部するが、何でもメモを取る割に学...
記録より記憶に残る男 (MESCALINE DRIVE)
事故に遭ったあの日から、頭の調子がチトおかしい。積んでは崩れる今日の日は、賽の河原に積む石よ。辛い涙も嬉しい笑顔も、目覚めてみればサヨウナラ。頭にゃ何にも残りゃしないが、体が全部覚えてる。痣と痛みと技の軌道が、生きてる時間を体に刻む。満場の歓声、万雷の...
「ガチ☆ボーイ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は事故で頭を打って以来、一晩眠るとその日の出来事を 全て忘れてしまうという“高次脳機能障害”を負っていた。そんな彼が学生プロレスに惹かれ、 プロレス研究会の扉を叩く。五十嵐の事情などまるで知らない部員たちは快く迎え入れ、プロ...
映画『ガチ☆ボーイ』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督、小泉徳宏。脚本、西田征史。2008年日本。青春映画。出演、佐藤隆太(五十嵐
『ガチ☆ボーイ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は突然プロレス研究会に入部するが、何でもメモを取る割に学生プロレスで一番大事なこととされる“段取り”を覚えられずにいた。そんな中、商店街でのデビュー戦を迎えた良一は段取りを忘れたために本気でガチンコの試合をすることに...
ガチ☆ボーイ (ダイターンクラッシュ!!)
5月4日(月) レンタルDVD ガチ☆ボーイ【ガチンコ・エディション】 [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: DVD 『ガチ☆ボーイ』公式サイト 記憶障害を持つ男が主人公の青春学生プロレス映画。 観たいと思っていたのだが、上映館の制限と時間の都合がつ...