『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『アデル、ブルーは熱い色』を観た]

2014-04-20 08:41:43 | 新・物語の感想

☆・・・昨年のカンヌの栄冠に輝いた作品だそうだ。

 わたし好みの、激情のフランス映画っぽくて、そそくさと新宿まで観に行く。

 ・・・フランスの、とある女子高生が恋に落ちたのは、なんとレズビアンの女性・・・、その数年に渡る、失恋に至る「青春」の物語。

 上映時間は3時間であったが、非常にリアルで、それがこちらの心をひきつけ、あっという間にエンディングに至った。

 私が、もうちょい若かったら、この作品の「現実的かつ激しい恋愛の姿」が血肉となり、夢見る忘我に浸れただろう。

 今は、純粋に楽しんだ。

 これは、丹念に描かれた純粋な恋愛の物語であった・・・。

 私は、同性愛者が嫌いである。

 だが、色んな状況の中で、同性を好きになってしまう人がいてもおかしくないし、それを認めないことはないし、AVでの「百合」は見ていて二倍な感じがしてよいし、性同一性障害の方なども嫌悪するつもりはない。

 ただ、「ハッテンバで、誰でも構わないで精を吐く同性愛者」や「流行の如く同性愛に浸ってみる俗な人」とは関わりあいたくない。

 ・・・好きになってしまい、好きで好きでたまらない相手が、同性であったと言う人の運命は否定できない。

 そして、「好きになってしまい、好きで好きでたまらない」と言う感情は、フィッツジェラルドが言う通り、「グレート」なのである。

 なんとも、まだ大人になり切れてないアデル・・・。

 自分の美しさに無自覚に、物を食う時も、ボーッとしている時も、口を半開きである。

 だが、青い髪の美大生・エマと、街ですれ違い、・・・恋に落ちる(エマは、『MI4 ゴースト・プロトコル』で女殺し屋を演じた美人だが、今作では、ややギスギスしたレズビアン顔をしている)。

 そして、お互いを貪る。

 ラブシーンは濃厚で、激しく、リアルである。

 カメラワークは、執拗に、登場人物の表情を捉えている。

 ラブシーンがなくても、この作品は成立する。

 しかし、物心ついた大人ならば、ほとんどの大人が経験あるだろうし、この肉体のぶつかり合う愛の交歓は理解できよう。

 ラブシーンは、愛の生々しさを訴えてくる。

 この物語は、アデルの気持ちが偶然にも同性に作用しただけで、多くの男女間の関係にも応用が利く普遍性がある。

 アデルは、口半開きのまま、大人の世界に突入させられる。

 時は流れ、初めての恋が激しい故に、その危機に際し、更なる悪循環の行為をしてしまい、アデルはエマに捨てられる。

 子供の意識が残ったままに、大人の世界に放り込まれ、・・・そして、捨てられる。

 それでもアデルは、受け身のままで、人生を進めていかなくてはならない。

 唯一、自分から積極的に愛を貪れた相手を失いながらも・・・。

     

 アデルは幼い子らを教える教師になるのだが、どんな精神的に追い詰められても、そのプライベートを仕事に持ち込まない。

 アデルの教え子の幼女たちが全て可愛いのが良かった。

 また、最近話題で賛否両論の「息子の入学式のために、クラス担任としての入学式を欠席した女教師」の話をちょいと思い出したよ(私は別に休んでもいいと思う)。

   PS.私の、完成している本格ミステリ作品の第一章は、全編レズビアン描写に溢れているのだが、もちろん、この作品の影響ではないと、あらかじめ特筆しておく。

                                    (2014/04/20)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『キャプテン・アメリカ /... | トップ | [映画『名探偵コナン 異次元の狙... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アデル・エグザルコプロス、レア・セドゥ主演、アブデラティフ・ケシシュ監督『アデル、ブルーは熱い色(La vie d'Adèle ? Chapitres... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『アデル、ブルーは熱い色』(仏: La vie d'Adèle ? Chapitres 1 et 2)(英: Blue Is the Warmest Colour)アブデラティフ・ケシシュ監督アデル・
アデル、ブルーは熱い色 (佐藤秀の徒然幻視録)
美尻実存は愛本質に先立つ 公式サイト。フランス映画。原題:La Vie d'Adele:Chapitres 1 et 2、英題:Blue Is the Warmest Colour。ジュリー・マロ原作、アブデラティフ・ケシシュ監督。レア・セド ...
『アデル、ブルーは熱い色』 (こねたみっくす)
物足りないから焦る。これが恋の物語。 第66回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品は「素晴らしい」という評価では物足りないくらいに素晴らしい、まるでドキュメンタリ ...
『アデル、ブルーは熱い色』 饒舌と満腹 (Days of Books, Films )
La Vie d'Adele(film review) 見終わって、近頃こんなに
アデル、ブルーは熱い色・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
さらば、青春のブルー。 平凡な高校生アデルが、青い髪の美大生エマと出会い、人生を変える情熱的な愛を知る鮮烈なファースト・ラブ・ストーリー。 ジュリー・マロのバンデシネ「ブルーは熱い色」を原作に、鬼才アブデラティフ・ケシシュ監督が、人を想い愛する事の喜...
「アデル、ブルーは熱い色」 (ここなつ映画レビュー)
2013年東京国際映画祭にかかったものの、瞬時にソールドアウトで観る事ができず、カンヌのお墨付きとはいえかなりの問題作なので、公開を今や遅しと待ち兼ねていたのですが、公開されて良かった、良かった。しかし、3時間の長丁場、映画祭のようなハイな雰囲気でなくても...
『アデル、ブルーは熱い色』 2014年4月16日 ヒューマントラストシネマ有楽町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アデル、ブルーは熱い色』 を鑑賞しました。 アデルがレア・セドゥじゃないのね 【ストーリー】  教師を夢見る高校生アデル(アデル・エグザルコプロス)は、運命的に出会った青い髪の画家エマ(レア・セドゥ)の知性や独特の雰囲気に魅了され、二人は情熱的に愛し...
「アデル、ブルーは熱い色」:恋愛の諸行無常 (大江戸時夫の東京温度)
映画『アデル、ブルーは熱い色』は、ザ・恋愛映画。恋愛の始まり〜深まり〜至福〜破局
身に覚え〜『アデル ブルーは熱い色』 (真紅のthinkingdays)
 LA VIE D'ADELE - Chapitres 1 et 2    BLUE IS THE WARMEST COLOR  どこか満たされない思いを抱えていた高校生、アデル(アデル・エグザルコプ ロス)は、ある日街ですれ違った青い髪の女性に激しく惹かれる。彼女は美大 生エマ(レア・セドゥ)...