『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『あん』を観た(寸評)]

2015-06-05 14:42:16 | 新・物語の感想

☆・・・これはいい作品でした。

 ・・・傷害事件を起こし服役した主人公は、どら焼き屋の雇われ店長となっていた。
 そんなおり、一人の老女がやってくる。
 バイトを希望してきたが、あまりにも年老いていたので店長は躊躇する。...
 しかし、勧められて食べた、老女の手造りアンコはメチャうまだった。
 いつしか、老女の作る粒あんは人気となり、店は大盛況となる。
 老女は店にも出て、女学生たちと和気あいあいと過ごしもする。
 しかし、実は老女がハンセン病患者であったことが、近所の噂となるのだった。・・・

 原作がどうであったか分からないが、監督の河瀬直美は、やはり非凡だった。
 ドキュメントタッチで名優の演技を活写し、自然を美しく撮り上げ、そして、老女の過酷な人生を、ちょっとしたファンタジーを醸しつつ描いた。
 主要キャストの永瀬正敏や内田伽羅も良かったが、何よりも老女役の樹木希林の演技は秀逸だった。
 愛らしい女性だなぁと泣かされた。
 この作品、ヒットしているそうだ。
 地味な題材だが、作り手の才能一つに、多くのお客さんは引き寄せられるのだな。

 お客さんの3人女学生の中に可愛い子がいる。

 この子、何て名前のタレントか、どなたか教えてくれまいか?

 写真の右下の真ん中の娘、とても可愛い^^

                                (2015/06/05)

ジャンル:
速報
コメント   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [子供ネタ(2)] | トップ | [近況(129)] »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
あん~“異物混入”の風評被害 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。日本=フランス=ドイツ。ドリアン助川原作、河瀬直美監督。樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、太賀、兼松若人、浅田美代子。ハンセン病を患ってい ...
あん (映画的・絵画的・音楽的)
 『あん』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作が、河瀬直美監督(注1)が制作し、第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門のオープニング作品となったというので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、早朝、アパートの1室から千太郎(永瀬正敏)が出てきて、...
『あん』 (こねたみっくす)
陽の当たる社会で生きるために、心を自由にしなさい。 まるでもう会えない母親に言われたような、この淋しさの奥に感謝しきれない想い。こんな感覚をまさか河荑直美監督作品で味 ...
鳥籠から解放されたカナリア。『あん』 (水曜日のシネマ日記)
どら焼き店の店長と美味しい粒あんを作る老女、どら焼き店の常連客である女子中学生を軸に人間模様を描いた作品です。
映画感想『あん』-2015年 (見取り八段・実0段)
自然の映像と樹木希林さんの可愛さに惹きこまれるものの、ホンワカした癒し映画では無く、むしろその逆。厳しい。ハンセン病という病と闘い偏見という理不尽と闘い自分と闘ってきた...
『あん』 2015年4月6日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『あん』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 これは、今年一番の邦画になりそうな気がするよ! 【ストーリー】  刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希...
月とカナリヤ~『あん』 (真紅のthinkingdays)
 小さなどら焼き屋 「どら春」 の雇われ店長・千太郎(永瀬正敏)のもとに、 徳江と名乗る老婦人(樹木希林)がやってくる。彼女は病気で指が不自由だ が、どら焼きの 「あん」 作りが得意で、ここで働きたいと千太郎に言うのだ った。  カンヌ映画祭の常連...
あん/樹木希林、永瀬正敏 (カノンな日々)
河瀬直美監督がドリアン助川さんの同名小説を原作に樹木希林さんを主演に小さなどら焼き屋で粒あん作りを担う元ハンセン病患者の女性の姿を描いたヒューマンドラマです。 出演は ...
あん  ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。原作は、詩人...
劇場鑑賞「あん」 (日々“是”精進! ver.F)
生きる意味が、ある… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506170001/ 【送料無料選択可!】「あん」オフィシャルブック (キネマ旬報ムック)[本/雑誌] / キネマ旬報社価格:1,000円(税込、送料別)
あん (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】河瀬直美 【出演】樹木希林/永瀬正敏/内田伽羅/市原悦子/水野美紀/太賀/兼松若人/浅田美代子 【公開日】2015年5月30日 【製作】日本 【ストーリー】 縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎。そのお店の常連で...
「あん」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年・日本=フランス=ドイツ合作 配給:エレファントハウス 監督:河瀬直美 原作:ドリアン助川 脚本:河瀬直美プロデューサー:福嶋更一郎、大山義人 撮影:穐山茂樹 詩人や作家、ミュージシャンとし
「あん」:樹木希林のネ申演技! (大江戸時夫の東京温度)
映画『あん』は河瀬直美監督作品なのに、原作ものであり、また社会性は十分に持ちなが
日のあたる場所、月との約束。~「あん」~ (ペパーミントの魔術師)
ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。 ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。 36年ぶりのデュエットだったらしいね~。年がばれる話ですがドラマ「ムー」「ムー一族」は好きだったし リアルタイムで見...
『あん』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「あん」□監督・脚本 河瀬直美□原作 ドリアン助川□キャスト 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子■鑑賞日 6月20日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>...
「あん」☆行間の美 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
あえて言葉にしない。 なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・ 想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。
あん (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
あん '15:日本+フランス+ドイツ ◆監督:河瀬直美「2つ目の窓」「朱花の月」 ◆出演:樹木希林、永瀬正敏、市原悦子、内田伽羅、浅田美代子、水野美紀、太賀、兼松若人、村田優吏愛、高橋咲樹、竹内海羽 ◆STORY◆縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長とし...
あん (にきログ)
さて、久々の更新です。 相変わらずの映画感想 地味ながらもしみじみした日本映画でした あらすじ 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江...
あん  監督/河瀬 直美 (西京極 紫の館)
【出演】  樹木 希林  永瀬 正敏  内田 伽羅 【ストーリー】 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は....
あん (2015) (のほほん便り)
もう、樹木希林を筆頭に、キャスティングが抜群にハマってました。抑えた演技が、むしろ際立ち、見事なヒロイン像です。雇われ店長の永瀬正敏はもちろん、ちょっと意地の悪い世間......