『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『カンフー・パンダ』を観た]

2008-08-09 09:02:13 | 物語の感想
☆実は、この映画、一週間前に観た。

しかし、先週の初頭、東京は西多摩地区を襲った集中豪雨…、その激しい雷雨による停電で、私の家のインターネット環境が崩壊し、四日間、ネットを使えなかったので、今となっては、感想を書く新鮮さが失われているのだが、とりあえず、頑張って書く。

   ◇   ◇

先日観た『インクレディブル・ハルク』と同じく、二時間弱と言うあまり長くない上映時間で、切れ味良くアクションを堪能できる快作であった。

ただ、『…ハルク』が、妙に人間ドラマを指向していて、でも、それが描けておらず不満が残ったのに対し、

『カンフー・パンダ』は、アニメと言う利点もあり、そこら辺の鑑賞者の厳しいチェックは免れるだろう・・・。

・・・と、書いては見たけれど、なんとも、登場人物のドラマの積み重ねに不満も残るのだ。

主人公のポーは、いろいろあって、カンフー寺で、カンフーマスターとしての修行を行なう。

そこには、5人のカンフーマスターが既にいるのだが、その個性的であらねばならない5人の個性がいまいち描かれていない。

予告編で見た時など、私は、それがこの物語の肝なのだと思っていたので、

5人一緒くたの描き方に、非常に勿体無さを感じた。

その5人の個性を均等に紹介していくようなカタログ的な手もあったと思うのだが、そこには、わかり易きアニメ的作劇性が放棄され、妙にリアルなアンバランスが発揮されていたりする^^;

まあ、ジャンプのバトルマンガでも、主人公がメチャ強くて、その他の仲間が何の足しにもならない、そんな「逆孤立感」がたまに見られるものだ。

それを打破するのが、主人公のライバルの存在である。

ライバル・タイランの強さは、充分に物語を引き締めてくれていた。

   ◇   ◇

物語的には、やや淡白さを感じたが、そのアクションシーンは、素晴らしかった。

実によく動き、その動きの意味するところが、こちらに良く伝わった。

特に、タイランの脱獄シーンなど、立体的で複雑な舞台設定だったのに、

タイランが、何のために飛び、何のために走るのかが、アクション上の意味づけとして良くわかった。

タイランは、白土三平「サスケ」張りの<岩石なだれ渡りの術>みたいのを披露するのだが、その重力無視の荒唐無稽であるアクションを、こちらに納得させるだけの描写をちゃんと行ない得ているのだ。

う~ん、うまく説明できないなあ。

例えば、昨日、『スカイ・クロラ』と言う駄作を観たのだが、この作品のクライマックスに「戦闘機による空中戦」がある。

精巧なCGで描かれている戦闘機の、美しい画像の旋回シーンなどがあるのだが、

そこにおいて、「何で、その戦闘機は旋回するのか?」「敵がどこにいるから、そこで旋回するのか?」などの描写が欠落しているので、戦闘機の旋回が全く意味を為していないのだ。

・・・その点、『カンフー・パンダ』においては、動きの意味が完璧に提示されており、鑑賞者が置いてきぼりをくらうようなことはなかった。

複雑なアクションを、『ドラゴンボール』並みの高揚感をもって、鑑賞することが出来た。

   ◇   ◇

惜しむらくは、人間ドラマの描き込みの希薄さかなあ。

どうしても、あらすじの整合性をもたせるだけの足早さが感じられた。

クライマックスに、見ているこちらの情動を爆発させるのは、もっと登場人物たちの心に食い入ることが出来るような、それだけの時間をかけた描写が必要だと思うのだ。

ポーと親父さんの関係の謎・・・、

ポーを「ドラゴン戦士」に指名したカメ仙人の退場の唐突さ・・・、

やや、手垢に塗れたアイディアの「巻物白紙の意味」・・・、

師匠とタイランの関係、そのバトルの呆気なさ・・・、

ポーと<マスター5>が仲間となっていく過程・・・、

師匠が、ポーの才能が発揮される「状況」を見い出す描写・・・、

それら、物語の筋道をつけるためだけのような淡白さだった。

   ◇   ◇

戦いの前に、ポーのお尻が引き締まることに代表されるような、細かい「演技」は見事だった。

しかし、タイランとの最終決戦におけるポーの勝因だが、

それと同じシチュエーション、『北斗の拳』でのハート様に対してのケンシロウが、既に打ち破っているよね^^;

                         (2008/08/09)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『スカイ・クロラ』を観た] | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
カンフー・パンダ/KUNG-FU PANDA (我想一個人映画美的女人blog)
チャウ・シンチーの『少林サッカー』では、カンフー×サッカーという意外な融合がポイント{/light/} こちらは、パンダ×カンフーというこれまた意外な組み合わせ{/eq_1/} パンダのポーになりきる(声優)のは、 パンダに体型そのまんま、JBこと、ジャック・ブラック{/...
カンフーパンダ (シネマ大好き)
試写会で「カンフー・パンダ」を観た。日本のかと思ってたら、「シュレック」のドリーム・ワークスので、字幕。声優がダスティン・ホフマンやアンジェリーナ・ジョリーやジャッキー・チェンと豪華だった。 ラーメン屋の息子のパンダのポーは、体形に似合わずカンフーフ...
カンフー・パンダ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
タイトルバックも含め、色彩が素晴らしい。中国の平和な村に住むぐうたらのパンダが、成り行きで龍の戦士になり活躍する物語だ。動物たちの個性をいかした本格的なアクションが見事。メッセージは、自分を信じる事と、人まねではないオリジナリティの大切さである。隠れた...
『カンフーパンダ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「カンフー・パンダ」□監督 マーク・オズボーン、ジョン・スティーヴンソン □脚本 ジョナサン・エイベル、グレン・バーガー □キャスト(声の出演) ジャック・ブラック、ジャッキー・チェン、ダスティン・ホフマン、アンジェリーナ・ジョ...
そこに在るのは己のみ (CINECHANの映画感想)
195「カンフー・パンダ」(アメリカ)  中国、山深い村に住むパンダのポー。ラーメン屋を営む父親の手伝いをしているが、カンフーの達人になることに憧れていた。  ある日極悪カンフー・ウォリアーのタイ・ランが脱獄し、?龍の巻物?を狙いに村に来るという噂が流れ...
カンフー・パンダ (Memoirs_of_dai)
このパンダなら1億でのレンタルも納得いく 【Story】 中国の桃源郷“平和の谷”が、極悪非道なタイ・ランに襲われる。そこで彼に対抗する...
カンフー・パンダ (Akira's VOICE)
食べて強くなります!  
カンフーパンダ/字幕版(映画館) (ひるめし。)
ここらで白黒つけようぜ!
カンフー・パンダ (ダイターンクラッシュ!!)
7月27日(日) 16:35~ 丸の内ピカデリー1 料金:1280円(新橋の金券屋で前売り購入) パンフレット:600円 『カンフー・パンダ』公式サイト 相変わらず可愛さに著しく欠けるドリームワークスのアニメキャラクター。 しかし、相変わらず見ているうちに親近感や愛着...
映画 【カンフー・パンダ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「カンフー・パンダ」(字幕版) ドリームワークスが手掛けた、動物たちによるカンフー・アニメーション大作。 おはなし:カンフーオタクだが実技は丸っきり素人のパンダ、ポーは、偶然の積み重ねにより、修行者たちが目指す最高峰“龍の戦士”に選ばれてしま...
カンフー・パンダ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
カンフー映画へのリスペクト (=中国ブームへのハリウッド的計算)
映画「カンフーパンダ(日本語吹き替え版)」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「カンフーパンダ(日本語吹き替え版)」@アスミックエース試写室 映画の話 中国の桃源郷“平和の谷”が、極悪非道なタイ・ランに襲われる。そこで彼に対抗する勇者を選ぶことになり、選考試合ではマスター・モンキーらカンフーの達人たちがその技を競い合う。だが、...
カンフー・パンダ (ネタバレ映画館)
食えなければ食えないほど強くなる食欲拳!
カンフー・パンダ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:KUNG FU PANDA) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 古代中国を舞台に、カンフーオタクのパンダが活躍するCGアニメーション映画。 中国の山奥にある美しい安住の地"平和の谷"。カンフーオタクのパンダのポー(声:ジャック・ブラック)は、父親ミス...
『カンフー・パンダ』 (めでぃあみっくす)
本公開を迎える随分前から予告編やTVCMなどで数多く宣伝されてきた映画に面白いものはなし!がこれまでの通説だったので心配ではあったのですが、この映画はそれなりに面白い映画でした。ただあまり映画を見ない人やお子様には受けても、映画好きにはちょっと一過言あるか...
カンフー・パンダ (心のままに映画の風景)
中国の桃源郷「平和の谷」 “龍の巻物”の奥義を得た者は史上最強の“龍の戦士”になれるという伝説があった。 その伝説を信じるパンダの...
カンフーパンダ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  大改築オープンしたばかりの『新宿ピカデリー』。真っ白い11階建のビルに、10スクリーンを用意したゴージャスなシネコンに生まれ変わっていた。 今日は平日だというのに、係負が10人いるチケットカウンターは大行列。オープン以来連日盛況で、3万円も...
「カンフーパンダ」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
脂肪過多大熊猫の痛快大活劇。J.ブラックと山口達也。最近それほど吹替版に違和感がなくなってきたとはいえ、この2人にいかほどの共通点があると言うのだろう。主役のポーの活躍を正しく鑑賞するために当然の選択として字幕版の劇場を選んで行った。もちろんこれは正解(....
カンフー・パンダ(吹き替え版) (愛情いっぱい!家族ブロ!)
7月はこどもたちと一緒に「インディ・ジョーンズ」も「ゲゲゲの鬼太郎」も 実は劇場に観にいっている。 でも反応がいまいち・・・・・ わたしもあまり面白く感じなかったんだな~。 で、なかなか記事にできずにグダグダ・・・ で、はや、8月・・・・ 実生活...
カンフー・パンダ (そーれりぽーと)
中華五輪に向け、愛らしい中国の珍獣を主人公に据え、カンフーベースで子供も大人も盛り上がる映画を。 と、考えて作られたのかどうかは定かではありませんが、舞台となっている中国国内ではパンダの扱いが酷過ぎると問題視されてしまっている『カンフー・パンダ』を観て...
カンフー・パンダ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! メタボ・パンダ参上!!
カンフー・パンダ (2007・アメリカ) (白ブタさん)
ポニョ が見たかったのですが、満員だったので急遽こちらを見ることに{%笑いwebry%}
カンフー・パンダ (Diarydiary!)
《カンフー・パンダ》 2007年 アメリカ映画 - 原題 - KUNG FU P
映画 『カンフー・パンダ』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが手掛けた、動物たちによるカンフー・アニメーション大作。古くからの予言により、思いがけずにカンフーマスターを目指すことになったパンダの血と汗と涙の修行の日々をユーモアたっぷりに描き出す。...
カンフー・パンダ (迷宮映画館)
ははは、結構面白かったけど、ここはJBでプラス10点。
カンフー・パンダ (小部屋日記)
Kung Fu Panda(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督: マーク・オズボーン/ジョン・スティーヴンソン 日本語吹替版出演:山口達也/笹野高史/木村佳乃/中尾彬/MEGUMI 自分を信じろ。 「シュレック」のドリームワークスが贈る、カンフーをテーマにした最新ア...
「カンフーパンダ(字幕版)」みた。 (たいむのひとりごと)
”顔面神経のツボ”(あの場面でのあの顔にあのオチ)が見事に私のツボに入ってしまい、あの顔がチラついては吹き出してしまい、しばらくの間、笑いが止まらなくて困った[E:coldsweats01]。予告編で
カンフー(映画/試写会:カンフーパンダ) (美味!な日々)
いいぞ、いいぞっ!!パンダっ!!アニメ映画『カンフーパンダ』の字幕版を試写会で観て来ました。
「カンフー・パンダ」試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/6/26、一ツ橋ホールでの開催。 いつもよりやや少なめの入り。 いつもより子ども多し。 字幕読めんのか!それとも英語がわかる? 予告は「グーグーだって猫である」「ハンサム・スーツ」「マダガスカル2」 *** さて、映画はドリームワークスの3Dアニ...
カンフー・パンダ (5125年映画の旅)
カンフーオタクのパンダ・ポーは、伝説の龍の戦士を決める儀式を見物に行くが、そこで何故か龍の戦士に指名されてしまう。知識ばかりでカンフーの実力が欠片も無いポーは、厳しい修行から逃げ出そうとするが、自分を変えたいという気持ちで修行を続ける事を決める。一...
「カンフー・パンダ」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「カンフー・パンダ」のジャパンプレミアで新宿ピカデリーに行って来ました。 新しく新宿に出来たシネコンのこけら落としイベントです。 10スクリーン全てで「カンフー・パンダ」が上映されました。 舞台挨拶だと思っていたら、それは第1スクリーンだけ、、、、他の会...
★「カンフー・パンダ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
最近、PCのDVDドライブが壊れちゃって、DVD鑑賞がままならないので、 今週も、劇場公開作中心でレビューしていきますかなっ。 平日休みは、昼間にシネコンで本作を1本。その後、試写会に参上。
『カンフーパンダ』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
中国の山深い村に住むパンダのポーは、村の“龍の戦士”の言い伝えを信じていた。父親はラーメン屋を経営していたが、ポーの憧れはカンフー。村のヒーロー、マスター・ファイブのようなカンフーの達人になるのを夢見ていたが現実は厳しかった。ある日、極悪カンフー・ウォ...
カンフー・パンダ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
中国武術に見る師と弟子の深い絆!__師弟愛を描いたドラマと本格カンフーが融合! 物語:中国の山深い村に住むパンダのポーは、村の“龍の戦士”の言い伝えを信じていた。父親はラーメン屋を経営していたが、ポーの憧れはカンフー。ぶよぶよのお腹に、呆れるほどの...
【カンフー・パンダ】 (日々のつぶやき)
監督:マーク・オズボーン、ジョン・スティーブンソン 声優:山口達也、笹野高史、木村佳乃、MEGUMI、中尾彬 「谷に住むラーメン屋の息子パンダのポーは、食いしん坊でぐうたらだけど、カンフー戦士になることを密かに夢見ていた。 ある日、巻物を手に出来る最強の
「カンフー・パンダ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。吹き替え版だったので ジャックブラックやアンジーの声が聞けなくてちょっと残念・・「カンフー・パンダ」公式サイトダメダメパンダがカンフー・マスターになるまで・・っていうベタベタな内容ながら、ぼよんぼよんの体でがんばるパンダがかなり...
カンフーパンダ (B級パラダイス)
JB続きとなりました。予告編からめちゃ楽しそう~って思ってたんですが、予想通り楽しかったです~!
「カンフーパンダ」スピード感あふれるカンフー映画 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
キャラクター設定良し、脚本良し、絵もきれいだし、笑いもいっぱいで、テーマもグ~っ! スピード感あふれるカンフーシーンは、意外にも本格的。 とぼけたパンダの、お笑いほのぼのフルCGかとおもいきや、いやいや胸にぐっと迫るものもあってなかなかの出来だった。
映画:カンフー・パンダ 試写会 (駒吉の日記)
カンフー・パンダ 試写会(東商ホール) 「今日は天からの贈り物だ」 カンフーおたくのラーメン屋の息子、ポーの武器は食欲と脂肪?!伝説の勇者に選ばれちゃったパンダ、憧れのカンフーマスターの仲間入りするもキビシイ修行と脱獄したタイ・ランに対抗しろと言わ...
カンフー・パンダ (Yuhiの読書日記+α)
ドリームワークス社製作の動物たちのカンフー・アニメ。声優にジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリー、ジャッキー・チェンなどが出演したことでも話題になりました。 <あらすじ> 中国の山深い村に住むパンダのポーは、カンフーの達人になるのを夢見ていた。あ...
【2008-181】カンフー・パンダ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? パンダが カンフー? ここらで白黒 つけようぜ! 自分を信じろ。
【映画】カンフー・パンダ (しづのをだまき)
こう言う素敵なシーンは終り近くまで出てきません。 2008年米国 95分 監督 マーク・オズボーン、ジョン・スティーブンソン 鑑賞@松江SATY東宝(日本語吹き替え版)原題「功夫大熊猫」 カンフーとは、ブルース・リーやジャッキー・チェンの映画で有名になった中国の...
「カンフー・パンダ」 (古今東西座)
ポーニョ ポニョ ポニョ…ポーニョ ポニョ ポニョ…ポーニョ ポニョ ポニョ…『崖の上のポニョ』を観て、この主題歌のフレーズが頭にこびりついて不眠症になった人続出…そんな恐ろしい映画観られません!ってことで同じアニメーション映画の『カンフーパンダ』を観...
Kung Fu Panda (2008) (犬連れ国際結婚)
Dream Worksのアニメーション映画『Kung Fu Panda』は、カリフォルニアでは、もう1ヶ月以上前から上映が始まって、ほとんどの映画館でも、今週で上映が終わる所が多いのだが、ハズと私は、いつも、観に行こうと思った時に、用事ができて時間が無...
『カンフー・パンダ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
正直観る予定はなかったんだけれど、たまたまチケットが入手出来たので観てみようかなーと。ちょうど仕事帰りに行くのでちょうどいい上映回があったので、新宿ピカデリーにて。映画に向かう途中に、少し久々に会う友達に道すがらバッタリ会ったりなどして、テンションは結...
カンフー・パンダ 日本語吹き替え版 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年7月26日 公開 "少女"よりもカンフーしてる"パンダ"!!! いやぁぁぁ~、素晴らしい!!! なんでしょ~、全体的にセンスを感じましたねぇ~。 大人が観てもしっかり耐えうるストーリーのCGアニメでし...
カンフー・パンダ (Blossom Blog)
KUNG FU PANDA 監督 マーク・オズボーン ジョン・スティーヴンソン アメリカ 2007
103●カンフー・パンダ (レザボアCATs)
北京オリンピック開催された最中、「中国と言えばカンフー」ということで、今年はやけにカンフー映画が作られたということだけれど。その中でもこれが実は一番のメインかもしれない。安心して親子でも楽しめそうな、笑いアリの爽やかな作品だった。
カンフー・パンダ:予想以上に楽しめました (犬儒学派的牧歌)
★監督:マーク・オズボーン&ジョン・スティーヴンソン(2007年 アメリカ) MOVIX京都にて。 ...
カンフー・パンダ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『自分を信じろ。』  コチラの「カンフー・パンダ」は、第81回アカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネートされた、ドリームワークス・アニメーションが贈る夢とロマンのミラクル・カンフーです。  まぁ本命は「WALL・E ウォーリー」なんでしょうが、コレも結...
映画評:カンフー・パンダ (映画と写真のブログ)
パンダのポーは、カンフーに憧れていた。 カンフーのことなら、何でも知っていた。あんなふうになりたい、と思っていた。 でも、現実のポーはラーメン屋。 ポーにとって憧れのカンフーは、ずっと遠い、泰山の上の城のようなものだった。 そんなある日、ポーは翡翠城で...
カンフー・パンダ (モノクロのアニメ)
パンダのポーは、カンフーに憧れていた。 カンフーのことなら、何でも知っていた。あんなふうになりたい、と思っていた。 でも、現実のポーはラーメン屋。 ポーにとって憧れのカンフーは、ずっと遠い、泰山の上の城のようなものだった。 そんなある日、ポーは翡翠城で...
【映画】カンフー・パンダ…不足しているのは愛か?功夫(修練)か? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}気の利いたサブタイトルはいつも思い浮かばないピロEKです{/face_gaan/} 明日からゴールデン・ウィークですね{/up/}{/up/} 私も今回は5連休{/up/}(っていうか暦通りですけどね{/face_ase2/})。 で、折角の5連休なんだけど… 遊ぶ予定は皆無!! …自転...