『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『お買いもの中毒な私! 』を観た]

2009-06-05 23:19:25 | 物語の感想
☆非常に面白い作品だった。

 仕事の前にMOVIX昭島で観た^^

 仕事の後に、<立川シネマシティ>や<ワーナーマイカル・日の出>では『ターミネーター4』の超先行ロードショーが行なわれていたが、明日は早番で5時起きなので、断念した。

 故に、このレビューも短いぞ、ごめんなさい^^;

   ◇

 軽い「1アイディア(買い物中毒娘の成功譚)」映画だと思って見ていたら、何ともドッシリとした見応えが感じられたので、感心して映画館を後にした。

 「超映画批評」ブログは、たまに頓珍漢な批評をするが、この作品のエントリーは、なかなか的を得ている、と思った。

     「超映画批評」・・・お買いもの中毒な私!(クリック!)

 批評の後半が、アメリカ社会の具現化と絡めているのには同感できないが(いつもそれで、…それでは水野晴郎の、いつもの「病んだアメリカ」みたいじゃないか^^;)、作品の手触りを分析した文には得心がいった。

   ◇

 この作品で感心したのが、予告を、他の作品を観るときに繰り返し見せられ、「ああ、このタイプの映画だな」と思わせられた展開(カード地獄に追い詰められた女が、P・セラーズの『チャンス』よろしく、自分の得意分野・ファッション/ショッピング知識で経済評論家に成り上がる)が、あくまでも、物語の序盤に過ぎなかった点だ。

 主人公(名前忘れちった^^;)が、幼少時の経験から「お買いもの中毒」になるというエピソードは、『幸せになるための27のドレス』(クリック!)みたいで、伝説チックな幕開けだが、

 上司であり、恋人ともなる男との恋愛はもとより、

 結婚する友人との友情や、

 両親との愛情、

 憧れのファッション誌の関係者への憧れ、

 「お買い物中毒克服の会」の方たちとの交流、

 債権者スミス氏との、静かなるチェイス、

 おまけに、職探しのハッタリだった、フィンランド人との関係^^;

 などなどが、いい加減ではなく描かれている。

 全てのシークエンスが、ちゃんと、見ているこちらが満腹感を得るほどに語ってくれているので、物語はもちろん、作り手の映画作りの丁寧さに感動させられる^^

 また、主人公が、お買い物の誘惑に耐えるシーンなどには、ショー・ウインドウのマネキンが手招きするなんて、ちょいと粋な特殊撮影の使い方などもしていて、私は「いいトコに、金をかけているなあ」とニンマリさせられる。

   ◇

 この作品、キャストを見ると、ジョン・リスゴーとか、ジョン・グッドマンとか、ジョン・キューザックとか、一昔前に活躍していたジョン達が出演しているのも面白かった。

   ◇

 私は、この作品の魅力は、主人公の友人にクリステン・リッターをキャストしたことにあると思う。

 そのクリステンの欧風の顔立ちが、主人公の、いかにもアメリカンな顔立ちのアメリカ作品風合いを相殺して、作品の広域的な魅力を醸してくれたように感じるのだ。

       
          とても、可愛い^^

                            (2009/06/05)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [映画『ターミネーター4』を観た] »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感! (KLY)
2009-06-06 01:12:34
クリステン・リッターがいい!
レベッカもキュートではあるのですが、蘭さん
が言うとおりいかにもアメリカン。
いや、ただ単に黒髪がいいだけなのかな?^^; 
クリステン・リッター (ミッドナイト・蘭@ワーナーマイカル・日の出@ターミーネーター待ち)
2009-06-07 08:06:46
こんにちは。

線の細さや肌の白さが、泣いた時のふて腐れた口もとなどがいかにも「おんなおんな」してていいですよね。

一つ間違えれば、変な女になりそうなんですが、ギリギリセーフで、ギリギリだからこそ、最高に魅力的でしたo(^-^)o
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-06-07 09:12:25
主人公が、どうしても魅力的じゃなかったぁ。
あれだけ嘘ついて、逃げまくり、金貸した方が悪者見たいになったのが、得心がいかなくて、いらいらしながら見てましたよ。
キューザックは、お姉さんですから、ジョーンでしたね。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-06-07 13:44:09
こんにちわ^^

ありゃ、ジョン・キューザックじゃなかったんですか?

私、映画を観ていて、ジョン・キューザックがどうしても分からなくて、会社の受付のゲイっぽい男がジョン・キューザックだと思って、「あいかわらず、若いなあ^^」と思ってました。

私は、ジョン・キューザックの『セイ・エニシング』が好きでした。

姉弟で俳優なんですね^^
ジョーン (sakurai)
2009-06-07 19:47:31
レベッカのお母さん役が、キューザック姉のジョーンでした。
顔は似てますが、ちょっと長めかな。
結構若いころから、コメディエンヌで出てます。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-06-07 23:27:06
有難う御座います^^

そういえば、面影がありますね。

>>あれだけ嘘ついて、逃げまくり、金貸した方が悪者見たいになったのが、得心がいかなくて

確かに言われてみればそうですね。

私、昔、借金ばかししていて、主人公に感情移入してしまったのかも知れません^^;
コメント有難うございました。 (みや)
2009-06-21 16:37:04
先日はコメント有難うございました!

JUNO同様に妊婦になったものです。

私は映画も好きですが洋服も好きなので
この映画はすごく観たいと思ってました。

ストーリーはちゃちなのかな、と思ってましたが、しっかりしていて面白いんですね。
今は映画館へはいけそうにないので、DVDが出たら是非とも借りたいです。


みやさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-06-21 17:35:57
こんにちわ^^

私の女友達は、先入観で、この作品は身につまされると思ったらしく見に行くことを避けてましたが、とても楽しい作品でした。

で、赤ちゃんを授かっている貴女には、

『BABY BABY BABY! ベイビィ ベイビィ ベイビィ!』

が、お勧めかな^^

 (感想)
 http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/5475e18fefdec660e3afa06e55576c11/a3

可愛く元気な赤ちゃんを産んでくださいよ。

赤ちゃんは日本の宝です!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
お買いもの中毒な私! (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
この不景気なご時世に買い物が止められない話とは、さすがは娯楽派ブラッカイマー作品だ。だが買物依存症は立派な病気。少女時代の苦い体験でその原因を説明する導入部が上手い。買物が何より好きなレベッカはカード会社からの支払い催促と請求書の山から逃避する日々を送...
お買いもの中毒な私! (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋も仕事も頑張っています。でも…”お買いもの”だけはやめられない!!』  コチラの「お買いもの中毒な私!」は、ソフィー・キンセラの大人気シリーズ小説「レベッカのお買いもの日記」をハリウッド屈指のヒットメーカーのジェリー・ブラッカイマー製作で映画化...
お買いもの中毒な私! (LOVE Cinemas 調布)
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズやドラマ「CSI」シリーズのジェリー・ブラッカイマー製作。監督は『ベスト・フレンズ・ウェディング』のP・J・ホーガン。主演はアイラ・フィッシャーですが、むしろ私はライバルのスーズ役、透き通るような色白美人のクリス...
「お買いもの中毒な私!」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「お買いもの中毒な私!」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アイラ・フィッシャー、ヒュー・ダンシー、ジョーン・キューザック、ジョン・グッドマン、ジョン・リスゴー、クリスティン・スコット・トーマス、クリステン・リッター、レスリ...
『お買いもの中毒な私!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「お買いもの中毒な私!」□監督 P・J・ホーガン □原作 ソフィー・キンセラ □脚本 トレイシー・ジャクソン、ティム・ファース、ケイラ・アルパート □キャスト アイラ・フィッシャー、ヒュー・ダンシー、ジョーン・キューザック、ジョ...
お買いもの中毒な私!/ CONFESSIONS OF A SHOPAHOLIC (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click この世界的大不況のおり、節約、倹約、貯蓄、、、 わかっちゃいるけどヤメられない{/atten/} 頑張った自分へのご褒美、自分への投資、自分への誕生日プレゼ...
『お買いもの中毒な私!』 ('09初鑑賞70・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 5月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。
415: お買いもの中毒な私! (さくらの映画スイッチ)
お買いものの仕方だけじゃなくて、お洒落にもセンス無さ過ぎ! ・・・・・じゃなかった???
お買いもの中毒な私!/アイラ・フィッシャー (カノンな日々)
このダサいタイトルと日本ではあまりウケそうには思えない主演女優のアイラ・フィッシャー。予告編での主人公の印象もワタシ的にはまり良くなかったんだけど、このネガティブ感がかえってもしかしたら面白いのかもという期待感に大変換してしまったという不思議な動機で観...
お買いもの中毒な私! (Peaceナ、ワタシ!)
- 幸せ「検索中」のあなたに贈ります。 - 『お買いもの中毒な私!』を観てきました。 やっぱり、というか予想通りに館内は女性オンリー・笑。 洋服、鞄、靴、アクセサリー…名立たるブランドがひしめき、色とりどりのファッションが画面を彩る様子は『プラダを着た悪...
映画 【お買いもの中毒な私!】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「お買いもの中毒な私!」 ソフィー・キンセラのベストセラー小説を、『ベスト・フレンズ・ウェディング』のP・J・ホーガン監督が映画化。 おはなし: 一流ファッション誌の記者を目指すNY在住の25歳レベッカ(アイラ・フィッシャー)はショッピングに明け暮...
お買いもの中毒な私! (ダイターンクラッシュ!!)
5月30日(土) 21:20~ 109シネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『お買いもの中毒な私!』公式サイト 駄目女のサクセス・ストーリー&ラブ・コメディという王道作品。 駄目な女が新しい仕事で成功を掴みかけ男も掴みかけるが、問...
『お買いもの中毒な私!』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:CONFESSIONSOFASHOPAHOLIC監督:P・J・ホーガン原作:ソフィー・キンセラ出演:アイラ・フィッシャー、ヒュー・ダンシー、クリスティン・リッター、クリスティン・スコット・トーマス公式サイトはこちら。<Story>25歳のレベッカ(アイラ・フィッシャー)は...
お買いもの中毒な私! (迷宮映画館)
ヒュー様、いいですねえ。3人のヒュー様だ。
お買いもの中毒な私!/Confessions of a Shopaholic (いい加減社長の映画日記)
やっと記事が追いついてきました^^; 土曜日のレイトショーで、純粋に笑えそうなコメディ「お買いもの中毒な私!」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな。 「お買いもの中毒な私!」は、中くらいのスクリーンで、3~4割か。 【ストーリー】 レベッカ・ブ...
お買いもの中毒な私! (そーれりぽーと)
とても他人事とは思えない『お買いもの中毒な私!』を観てきました。 ★★ ほんまに他人事とは思えない主人公の買い物衝動が止まらない性格に、無駄遣いが止まらない俺としては共感しまくり(恥)。 しばらく無駄遣い辞めておこうと心に決めたその足で、朝まで酒飲んで結...
お買いもの中毒な私! (心のままに映画の風景)
一流ファッション誌の記者を目指す25歳のレベッカ・ブルームウッド(アイラ・フィッシャー)は、 地味な園芸雑誌の編集部で退屈な毎日を過...
「お買いもの中毒な私!」みた。 (たいむのひとりごと)
冒頭のレベッカの語りに出てきた「ママの値段」に、「茶色いお弁当」を思い出した。夕食の残り物が翌日のお弁当にスライドするような家庭は、決して真っ赤なタコさんウィンナーがおかずに入ったりしないんだよね[E
お買いもの中毒な私 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:P・J・ホーガ
お買いもの中毒な私! (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
レベッカ・ブルームウッド25歳。夢はファッション誌の編集者。憧れのNYライフを満喫している彼女の最大の悩みは・・・お買い物がとまらない! 物語:マンハッタンで暮らす主人公のレベッカ・ブルームウッド(アイラ・フィッシャー)は、一流ファッション誌のジャ...
「お買いもの中毒な私!」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「お買いもの中毒な私!」公式サイトお買いもの中毒のレベッカが繰り広げる騒動と恋の行方。松坂屋での試写会でした・・試写会後買い物どうぞー、てコトらしい^^;プラダを着た悪魔とは逆で、ファッション誌記者が夢なのに経済誌の編集に採用さ...
『お買いもの中毒な私!』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
25歳のレベッカは、一流ファッション誌の記者になることを夢見る普通の女の子。しかし、現実は地味な園芸雑誌の編集者。レベッカは、毎日のストレスを大好きなお買いもので発散していた。そして、月末になると請求書の山と支払い催促の電話に悩まされるのだった。こんな自
お買いもの中毒な私! (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『プラダを着た悪魔』『SEX AND THE CITY』を担当した名スタイリスト、パトリシア・フィールドがセレクトしたという衣装目当てに鑑賞【story】一流ファッション誌の記者を目指す、NY在住のレベッカ(アイラ・フィッシャー)は、ショッピングに明け暮れる買い物中毒。カー...
『お買いもの中毒な私!』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
今日は仕事帰りに、新宿ピカデリーで『お買いもの中毒な私!』を鑑賞。21:50~のレイトショーにも関わらず、ほぼ満席。 さすがレディースデーで、女性集客に成功する作品は違うなーっていうくらい、圧倒的に女性の方が多かった。。。 ちょっと肩身が狭い。。。 *****...
お買いもの中毒な私! (マー坊君の映画ぶろぐ)
「お買いもの中毒な私!」監督:P・J・ホーガン(『ピーター・パン』『ベスト・フレンズ・ウェディング』) 出演:アイラ・フィッシャー(『ホートン ふしぎな世界のダレダーレ』『ウエディング・クラッシャーズ』)ヒュー・ダンシー(『いつか眠りにつく前に』『美しす...
お買いもの中毒な私! (銅版画制作の日々)
原題:Confessions of a Shopaholic お買いもの中毒には縁のない、映画中毒の私が鑑賞しました。最終日滑り込み!!女性の多くが憧れるファッションの世界をたっぷり見せてくれる映画ですね。私も一応女性ですが・・・・。あんまりこういう世界にはとんと縁もないし、興...
「お買いもの中毒な私!」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ヒュー・ダンシー、素敵でした^^両親も良かったなぁ♪
「お買いもの中毒な私!」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
偶然ですが、「プリンス・オブ・ペルシャ」に続いて、 ジェリー・ブラッカイマー製作ものをチョイスしてました。
お買いもの中毒な私! (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:お買いもの中毒な私! 制作:2009年・アメリカ 監督:P・J・ホーガン 出演:アイラ・フィッシャー、ヒュー・ダンシー、ジョーン・キューザック、ジョン・グッドマン、ジョン・リスゴー あらすじ:一流ファッション誌の記者を目指す、ニューヨーク...
お買いもの中毒な私! (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 ソフィー・キンセラのベストセラー小説を、『ベスト・フレンズ・ウェディング』 のP・J・ホーガンが映画化。 お買いもの中毒のヒロイン、レベッカが繰り広げる騒動とロマンチックな恋の行方 を描く。 主演は『ウエディング・クラッシャーズ...