『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『バイオ4』『大奥』『七瀬ふたたび』を観た]

2010-10-08 20:11:44 | 物語の感想
☆短信映評3連発です!

   ◇

 『バイオハザードIV −アフターライフ−』

     

 ・・・シリーズ中、この作品が1番面白かった^^

 3Dは、これみよがしに飛び出しますし、

 いちお、ちゃんと、ロメロ的な「ゾンビ」映画の文法に沿った<立て篭もり>も、シリーズ初めて見れましたし^^

 今回、『3』の終わりに広げた大風呂敷は、渋谷シークエンスで処理されましたが(容赦なく切り捨てられてた・・・)、

 今回の『4』のラストの大風呂敷は、『5』でどうやってまとめるのでしょうか?

 みんな、皆殺しされちゃうのかな・・・。

 いやはや、「追跡者」が、大きい斧をズルズル引きずりながら、アリスの臭いをどこからか嗅ぎつけ、ゆっくりと着実に追跡していく様は、砂漠で棺桶をズルズル引きずりながら行くジャンゴを思い出させてくれました。

   ◇

 『大奥』

     

 メチャクチャ面白かった!!!

 江戸時代、疫病が流行り、男の数が激減し、男女の関係が逆転した中での、女将軍に仕える大奥の男達の姿を描く。

 状況がトンデモなのだが、細部の描写や情動を丹念に描き、冒頭の些細なシーンからして、なんか妙に感動させてくれた。

 大奥の中での序列は、分かりやすく画面に図で示され、その中で、主人公の水野が、幾つものエピソードを通して昇進していく様は、

 女人禁制の大奥、「衆道」の跋扈する中では逆の例えのように聞えるかもしれないが、スタローン映画的な勝負の構成と、勝利のカタルシスが得られる。

 私は、何度も、興奮と言うか感動で、鳥肌を立てさせられた。

 演技陣がことごとく良い!

 特に、将軍吉宗役の柴崎コウは凛々しくていいなぁ^^

   ◇

 『七瀬ふたたび』

     

 私の「青春の小説」であった『七瀬』の何度目かの映像化で、今回、初めての映画化である。

 ちなみに、「青春の終わり」を告げた小説作品は、東野圭吾の『秘密』である(これも、かつて映画化し、今度はテレビ化ですね^^;)。

 筒井康隆の、この小説作品が、世間に忘れられず映像化され続けていること自体は嬉しく、それだけで私は充分に満足だが、作品自体としては、非常にバランスが悪かった。

 原作では独立していた、能力者仲間との邂逅を、現在進行形の「組織」との戦いの中で回想形式にしていたのは上手い脚本だと思った。

 ただ、あまりにも物語上の整合性を、登場人物のセリフ一つ・画面上の描写一つに任せ過ぎのきらいがあった。

 これは、アニメだと許されるのだが、実写作品においては、説明不足、また、観ている者を物語に感情移入させるにおいては描写不足のそしりは避けられないだろう。

 これじゃあ、小説『七瀬』を知らない観客は、解せなさがつのるだろう。

 また、クライマックスの、七瀬たちの「血みどろの死闘(新潮文庫の作品紹介より)」を、大胆に改変していたので、

 そもそも、リアリティに則し、物語的にはスケールの小さい七瀬たちの戦いが、

 作り手によって、妙にハリウッド的なエンターテイメントを指向させられたばかりに、作品構成上においてのスケールまでもがダウンしてしまっていた。

 何て言うのかな?

 七瀬たちの超能力は、『X−MEN』のように派手なものではないのだ。

 『ダイハード』と、『レオン』の、物語の立ち位置におけるアクションの見せ方が違うように、『X−MEN』と『七瀬』の超能力の規模も異なるのである。

 その違いは、本来は、それぞれの作品の味だったのに、作り手は、悪い意味で『七瀬』を派手な展開に持ち込み、そのチャチな描写で『七瀬』世界の超能力の持ち味を殺してしまっていた。

 そう、この作品では、美しきテレパス・七瀬は、「森を走」らないのである!

 その代わり、古式ゆかしい「合成」で、湖上を飛んでいました・・・^^;

 クライマックスの、タイムトラベラー藤子の最後の時間遡行は、原作では、それが全く運命を変えることが出来ない範囲でしかなかったので、物語に強力な起伏を残し、後の、死に行く七瀬の絶望と諦観と希望と祈りに繋がって行くはずなのだが・・・。

 変な、サバイバルゲームに興じる様な集団を敵に設えるセンスには辟易した。

 脚本のオリジナル要素として、藤子の能力に、アンハッピーエンドの物語状況に希望を見い出させようとしたい気持ちは分かるが、

 それ故に、失った作品の魅力は多い。

 特に、クライマックスの「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」現象(クリック!)にあたっては、藤子の能力の条件(場所とメンバーを同じくする)の法則を全く無視していた。

 これは、原作だけにあった条件ではない。

 作品中(水族館での時間遡行)でも、一度、ちゃんと描かれていたのである・・・。

 ただ、藤子役の佐藤江梨子が、主観時間を客観年齢よりも長く生きているが故に、可愛いけど老けてもいるという計算した配役なのか、ただの結果論なのか分からない絶妙の外見をしていた。

 悪のリーダー役の吉田栄作の演技は不気味で良かったけど、原作では人間でしかなかった者を、無理矢理に超能力者に仕立て上げていたので、

 「超能力者を排斥する旧人類」と言う図式が、この超能力者のリーダーの出現によって、「不幸な境遇で超能力者を追い詰めることになった一超能力者」と言う、

 『七瀬』のテーマを根本から破壊する、結局は彼も被害者であったという相対化としての役柄に改悪されてしまっていたのは、この映画作品の最悪の要素と言えよう。

 ヘンリー役のダンテ・カーヴァーは、なかなか頑張っていたが、ノリオ役の喋り方・声が気持ち悪かったぁ〜^^;

 ・・・とは言え、私は、それでも、七瀬に逢えて嬉しいのだ^^

                                         (2011/10/08)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『ガフールの伝説 3D<日... | トップ | [映画『死刑台のエレベーター(2... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-10-08 23:19:01
ぐはっ。吉田栄作は原作だと人間だったのか…。だから彼の能力がさっぱりよーわからんというか、曖昧にしてたのですね。別に人間だって良いと思うのだけど。
まーとりあえず原作を読んでまた考えてみまする…。^^;
バイハザ4と大奥に♪ (q)
2010-10-08 23:40:31
トラバありがとでーす
qです。と。klyさんがいるわ・・・
「七瀬ふたたび」は未観
バイハザ4
次なるステージ(=アフターライフ)へ
"Extinction(絶滅)"を受けてズバリ"Afterlife(来世)"
☂☂☂☂☂アンブレラ社 なだけに:::( ^^)☂::: がははははは
銀座のソニービル付近なぞでゾンビたちの戯れ姿なんてーのも観たかった
「プリズンブレイク」シリーズ ウェストンワース・ミラーとキム・コーツで
監獄からの脱出劇 (o゚c_,゚o)プププ♪狙ったね
大奥
全ては男女逆転。花魁も男でありんす
掘×サンとニノの学芸会わーるどには
Σ(*◎皿◎;)アリエナイ〜と引いたけど
何の何の。面白かったです
白馬に跨がり颯爽と登場するシーンなど「暴れん坊将軍in柴咲」を彷彿
ぶっちぎってイイのが安陪サダヲ様
んもぉぉぉっ この映画はサダヲ様がオイシイっっっ
イケメン達のコスプレ 
イケメン達とBLフェイク
イケメン達があなたの周りに・・・
あぁ これぞ正しきイケメン並び映画
友達から「どんな感じ?」と聞かれて
「大奥が宝塚で舞台化したらあんなかな」と答えたqでした
ご無沙汰しております (もののふ(trekky))
2010-10-09 12:50:38
いつものタイトルで申し訳ありません。
大抵書き込みは久しぶりになってしまうもんですから・・・
自ブログの方も久しぶりだったため、調子に乗ってトラバしてしまいました。

バイオハザード4も十三人の刺客も観ました。
「命を惜しんだ方が負ける」、良い言葉でした。
まさに現状の中共との戦いにも云えてますが、戦う前から負けていては話にもなりませんね。
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-10-09 18:29:36
・・・と、言いましょうか、原作では、吉田栄作的な人間は最後の最後まで、物語が終わってもはっきりしないのです。
超能力者に対しての「悪意」でしかありません。
超能力者にしたのは、今回の作り手の悪弊・見映えを考えてだと思います^^;
私は、名作と言われる『市民ケーン』を見た後、感心はしましたが、あまり感銘を受けなかったのです。
それは、後続の作品に『市民ケーン』の作劇は真似され続けたからなんですね。
『七瀬ふたたび』における超能力もそうなんです。
私は、原作を読んだとき、そのパズルのように絶望に至った超能力の配分に溜め息をついたものでした・・・。
qさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-10-09 18:37:47
大奥、良かったですよね^^

私も、安陪サダヲには魅力を感じました。

あれこそ、物語で一番に美味しい「副長」「補佐役」の位置にあてはまる役柄でした^^

みんな芸達者で、大真面目に演じているので感動しましたよ^^

ただ、今日、考えていたのですが、何で男の人口が減ったからって、男女逆転になってしまったのでしょうか・・・?

おそらく、この「大奥」の方法論(ifシチュエーション)で、何作か出来るでしょうね^^

楽しみ、楽しみ^^
もののふ(trekky)さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-10-09 18:46:57
気長にやっていきましょう^^

ノーベル賞ですけど、特に理系分野!

鈴木さんも「答えがでる学問だからいい」と言ってましたが、この分野での日本人の底力は凄いですね。

中国や韓国には絶対に真似できませんね。

ただ・・・、その「知の遺産」も、あと二十年で枯渇してしまうかもしれません。

日本はどうなるのでしょうか?

中国が敵なのはしょうがないですが、同じ日本人に何で「売国奴」がいるんですかね。

書くのが全く追いつかないくらい、民主党は出鱈目ですね。

さあ、ブログ復帰後は、日印同盟を目指して、インド研究からはじめようかしらん^^
お忙しいようで (sakurai)
2010-10-12 08:04:37
仕事がお忙しいのは何より。
こっちはどうでもいいことで忙しく、まったくもうです!!
バイオと大奥にいただきます。
「七瀬・・」ちゃんは来るかなあ。まったく懐かしい話で、少年ドラマシリーズを思い出します。
あれが最初のドラマ化だったと思いますわ。

バイオちゃんは、いつもの見えそうで見えない(ときどきモロ)ミラのサービスショットがなかったのが、時のながれを感じさせましたわ。
大奥はいろいろと言われてますが、ひとえにあたし的にはニノで満足!
そしましたら、コミックがえらくいい!と。
ついコミックオトナ買いをしてしまい、読んだところがこれがよく出来てた!!
はまってます。
その世界観をあくまでも忠実に映画化したんだということが、よーく分かった次第です。はい。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-10-12 21:42:19
こんにちわ^^

いやいや、仕事は暇で、一族を維持できなくなるので、バイトもして、でも、トントンの生活です。

息抜きが映画です^^

テレビではこうはいきません^^

で、少しは、「明日のためにその1」と思いまして、小説を書くことにしました。

正直、かなり、面白いです^^

ミラは、『ブルーラグーン』の印象が強いので、その後の映画を何見ても、「トウが立っている」印象なのです^^;

二宮クンは良いですね^^

でも、まだまだ、線が細い。

sakuraiさんには、そこがいいのかな?^^

原作マンガ、レンタルコミックで借りてこようかな?

見た映画で、感想かいてないのが幾つかあってこまっちょります^^;
Unknown (カモミール)
2010-10-29 13:44:00
バイオハザードはトイレがいくら水洗でも
体を洗う場所と一緒なのは想像を絶します。
大奥原作で見たかった花魁道中を見れて
うれしいです。
欲を言えば、花魁役はGacktさんが演じて
くれたら尚よかったです
カモミールさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-10-29 22:50:40
こんばんわ^^

>>トイレがいくら水洗でも
体を洗う場所と一緒なのは想像を絶します。

せめて、段差がもっと欲しいですよね^^;

>>花魁役はGacktさん

彼ならば、なかなかノリノリで演じてくれそうですよね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「大奥」【劇場鑑賞】 (MAGI☆の日記)
映画「大奥」を見てきました。若い男性が次々と高熱を出し、真っ赤な発疹が全身に広がり、爛れ膨れ上がって死んでいった。そしてその奇妙な病は隣村から数年後には関東一円にまで伝...
バイオハザードIV アフターライフ2D (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Resident Evil:Afterlife。ポール・アンダーソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウェントワース・ミラー、アリ・ラーター、スペンサー・ロック、ショーン・ロバーツ、ボリス・コジョー、キム・コーツ、中島美嘉。手裏剣、分身の術まで使う女忍者テイス...
大奥 (佐藤秀の徒然幻視録)
柴咲コウの暴れん坊将軍 公式サイト。よしながふみ原作、金子文紀監督、二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、玉木宏、倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介、菊川怜。『たわけ。余の心を見たがえたか』(実際に言っているわけではない...
男女逆転「大奥」 (うふふ・映画三昧。)
嵐の二宮和也くんと、柴咲コウちゃん主演の映画、男女逆転「大奥」を観てきました。 原作のマンガは読んでませんが、忠実に再現してるそうです。 吉宗役の柴咲コウちゃんも、原作者たっての希望だとか。 なるほど。コウちゃんの端正な顔立ちがお着物にも良く似合っ...
大奥 (悠雅的生活)
男女逆転。
大奥 (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 116分 原作 よしながふみ 脚本 高橋ナツコ 監督 金子文紀 出演 二宮和也/柴咲コウ/玉木宏/堀北真希/大倉忠義/中村蒼/阿部サダヲ/佐々木蔵之介 一人の女将軍に3,000人の美男子たちが仕える女人禁制の男の園、逆大...
七瀬ふたたび (LOVE Cinemas 調布)
筒井康隆の作家生活50周年記念映画にして、累計430万部、ドラマ化4度を誇る同名大ベストセラー小説の初映画化。超能力者の苦悩や葛藤、そして彼らの抹殺を企む謎の組織に立ち向かう火田七瀬を描いたSFドラマだ。主演は『猿ロック THE MOVIE』の芦名星。共演に『す...
大奥(2010) (LOVE Cinemas 調布)
原作はよしながふみの大ヒット同名漫画。江戸時代、男だけを襲う謎の疫病が蔓延し男の数は激減、男女逆転の世の中となっている。女将軍に仕える“男の園”大奥を舞台に描かれる異色の愛憎劇だ。主演は嵐の二宮和也。共演に『食堂かたつむり』の柴咲コウ、『のだめカンター...
バイオハザード IV アフターライフ (LOVE Cinemas 調布)
ミラ・ジョヴォヴィッチの代名詞とも言うべき作品「バイオハザード」シリーズの第4弾。今回は3Dムービーとなっている。アリスとアンブレラ社の新たな戦いの幕開けとなる今回、物語のスタートが東京渋谷となっていることで話題を呼んだ。監督は1作目のポール・W・S・ア...
「大奥」権力争いを勝ち抜いた先にみた将軍吉宗の見事な人材活用政策 (オールマイティにコメンテート)
10月1日公開の映画「大奥」を鑑賞した。 この映画は江戸時代中期を舞台にした作品で、 突然謎の疫病により男の数が減少し女が主となる世界で 男が大奥に入りそこで繰り広げられる将軍の夫となるべく 権力闘争が描かれるストーリーである。 現実にあった世界の逆バ...
大奥 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
映画 大奥 オリジナル・サウンドトラック時代劇で男女が逆転するという発想はなるほどユニークだが、それは大奥という特殊な場所での表層。真の意味での男女逆転への踏み込みが甘い。男だけを襲う謎の疫病が蔓延し8割の男が死亡した江戸時代。すべての要職は女が占める世...
【大奥】★二宮和也★柴咲コウ (猫とHidamariで)
大奥で見聞きしたる事いかなる事も親兄弟はもとより一切外様へ申すまじき事。「大奥法度」より大奥 HP『大奥』特集Yahoo!映画大奥 シネマトゥデイ製作年:2010年製作国:日本日...
★大奥(2010)★ (CinemaCollection)
男より強く、女より美しく将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人メディア映画上映時間116分製作国日本公開情報劇場公開(松竹=アスミック・エース)初公開年月2010/10/01ジャンル時代劇/...
大奥 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】 男女逆転したこの町中、まるで選手村にひしめきあう女アスリート!?
バイオハザード IV アフターライフ(3D) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】 本格的な3D映像だけは楽しめる!
大奥 (いい加減社長の映画日記)
あまり期待はしてなかったものの、柴咲コウさんの将軍が観てみたくて^^ 金曜日の夕方に「大奥」を鑑賞。「UCとしまえん」は、結...
大奥 (いい加減社長の日記)
あまり期待はしてなかったものの、柴咲コウさんの将軍が観てみたくて^^ 金曜日の夕方に「大奥 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、結構多め。 「大奥 」は、大きめのスクリーンで、7...
『大奥』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「大奥」□監督 金子文紀□脚本 高橋ナツコ□キャスト 二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村 蒼、玉木 宏       倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介■鑑賞日 10月2日(日)■劇場 ...
大奥 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2009年度手塚治虫文化賞を受賞したよしながふみの人気コミックを実写映画化。「木更津キャッツアイ」シリーズの金子文紀監督がメガホンをとり、人気アイドルグループ「嵐」の二宮和也、柴咲コウが主演を務める。物語:男だけがかかる謎の疫病が蔓延し、男の数が女の4分の...
大奥 (5125年映画の旅)
男だけが発症する謎の病によって男の人口が激減し、社会での男女の役割が入れ替わってしまった江戸時代。貧乏侍の水野は家族に楽をさせたいと、女将軍に三千人もの美男が仕える大奥に入る事を決意する。水野は大奥で様々な思惑に翻弄されながらも、真っ直ぐに自分を貫き出...
映画・男女逆転<大奥> (美味−BIMI−)
  楽しみにしていた映画、見てきました〜! 今回も、初日鑑賞です! 初日動員17万人!凄いコトですね〜〜〜!   徳川の時代― ...
「大奥」 (再出発日記)
一日は映画の日なので、宣伝費をたっぷり掛けた話題の映画の初日ということで「大奥」を見てきました。あらすじ(goo映画より)男だけがかかる謎の疫病が蔓延し、男の数が女の4分の...
「大奥」みた。 (たいむのひとりごと)
男女逆転の大奥。そう聞くだけでどんなものかと興味がそそられるが、やはりこの映画は秀逸な原作あってのものかなぁと言った感じ。映画も物語は原作の分だけ良くできていたと思うけれど、キャストが若手中心では時代
大奥 (Akira's VOICE)
将軍カッコええ〜! 抱かれてぇ〜(爆  
大奥 (花ごよみ)
監督は金子文紀監督、 主演は「嵐」の二宮和也、 将軍吉宗には柴咲コウ。 人気コミックの、 実写映画化。 江戸時代、男だけが感染する疫病が流行、 8割の男が命を絶えた。 江戸の町では力仕事に、 就いているのは女性のみ。 男子の人数が激減ということで、 男女の役...
映画「大奥」感想 (日々是雑感ブログ)
 よしながふみの同名コミックが原作の男女逆転「大奥」(金子文紀監督)を観に行きました。その感想です。ネタバレ入ってますので、未見の方はご注意を。
ゾンビランド (映画感想メモ)
ゴーストバスターズ! いい加減あらすじ ウィルス感染によりゾンビが大量発生。引き
『大奥』 (ラムの大通り)
----ヴェネチアで『十三人の刺客』(2010年版)がスゴイ人気なんだって? ニャんでもスタンディングオベイションが鳴りやまなかったとか…。 で、今日はモントリオールで深...
大奥 (Diarydiary! )
《大奥》 2010年 日本映画 男性だけがかかる疫病がはやり男性の数が減った時代
『大奥』 (beatitude)
前日観てきた上の娘に感想聞いたら「萌があれば見れる!原作読みてぇ〜。」――なるほど、萌映画でした男だけがかかる謎の疫病が蔓延し...
大奥(2010) (映画鑑賞★日記・・・)
2010/10/01公開 日本 116分監督:金子文紀出演:二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、玉木宏、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介男だけがかかるという謎の疫病で男子が激減し、男女の立場も逆転してしまった架空の江戸時代を舞台にしたお話。将軍・徳川...
バイオハザード IV アフターライフ (3D字幕版) (映画鑑賞★日記・・・)
【RESIDENT EVIL: AFTERLIFE】 2010/09/10公開(09/04先行) アメリカ PG12 97分監督:ポール・W・S・アンダーソン出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、キム・コーツ、ショーン・ロバーツ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、スペンサー・ロック、ボリス・コ...
「大奥」 (★ Shaberiba )
よしながふみが描く「大奥を舞台に男女逆転の世界」を実写化--! 実は本当の物語はこれからなのよね♪つかみはOKか☆続編あれば期待したい(笑)
「大奥(2010)」 薄っぺらい、安っぽい (はらやんの映画徒然草)
謎の疫病が蔓延し、極端に若い男の数が減ってしまった江戸時代の日本。 絶対的な数の
映画「大奥」 (FREE TIME)
10月1日のファーストデーに映画「大奥」を鑑賞。
大奥☆独り言 (黒猫のうたた寝)
よしながふみ原作の『大奥』をたまたま以前読んでいて男女が逆転した設定の大奥に素直に面白いなって思っていましたが、そんな『大奥』が映画化されるとのことで誰が出演するかと思いきや二宮和也主演・・・ごめんね、その時点でちょっと微妙さ感じちゃいました。ネタは吉...
七瀬ふたたび/芦名星、佐藤江梨子、田中圭 (カノンな日々)
原作が筒井康隆さんの作品の中でも『時かけ』と同様に特に有名でドラマ化も何度かされてきたというのは知っていたのですが、その原作も実写化された作品にもこれまで一度も触れたことがありませんでした。最近NHKで再度ドラマ化された時に観ようと思っていたんですけど初...
大奥(2010) (りらの感想日記♪)
【大奥(2010)】 ★★★★ 映画(50)ストーリー 正徳6年。謎の疫病で男子が激減し、男女の役割は逆転、将軍職も女子によって引き継がれて
映画『大奥』 (ひよりのリズム)
『大奥』 (2010.10.1〜) 原作/よしながふみ『大奥』監督/金子文紀キャ
七瀬ふたたび (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <シネ・リーブル池袋> 監督:小中和哉 原作:筒井康隆 脚本:伊藤和典 筒井康隆作家生活50周年記念映画 うーん。 「惜しい」作品。 「プロローグ・七瀬ふたたび」と題された画面。 芦名星さん演じる七瀬の回想に多岐川裕美さんが出てきたとき...
映画:「大奥」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年10月7日(木)。 映画:「大奥」レポ。 【監  督】:金子文紀 【原  作】:よしながふみ 【キャスト】:二宮和也・柴咲コウ・堀北真希・大倉忠義・中村蒼・倍賞美津子        和久井映見・阿部サダヲ・佐々木蔵之介・玉木宏・板谷由夏 【ス...
七瀬ふたたび (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
七瀬ふたたび オリジナル・サウンドトラック超能力を持つものの集団というと、アメコミ原作の「X-メン」のようだが、本作は特殊能力で戦う痛快よりも能力ゆえの苦悩が主役だ。人の心を読むことができる能力者・美しきテレパスの火田七瀬は、能力者を抹殺しようとする謎の...
大奥 (迷宮映画館)
時代劇二連チャン・・・。目の保養と相成るか!!
バイオハザード4 アフターライフ (迷宮映画館)
あっけなかったような気がしたのですが、次までまた待てって・・
『大奥』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:金子文紀原作:よしながふみ出演:二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介公式サイトはこちら。<S...
バイオハザードIV アフターライフ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『新たな物語は「東京」から始まる。』  コチラの「バイオハザードIV アフターライフ」は、日本のゲームを映画化した「バイオハザード」、「バイオハザード? アポカリプス」、「バイオハザード?」に続くシリーズ第4弾となる9/10公開のSFアクション・ホラーなのですが...
【大奥】 (日々のつぶやき)
監督:金子文紀 出演:柴咲コウ、二宮和也、掘北真希、玉木宏、中村蒼、阿部サダヲ、佐々木蔵之介、和久井映見、  将軍は女、仕えるのは美しき男たち三千人 「謎の疫病によって男性の数が激減してしまった江戸、徳川の代々の将軍は女性が継ぐことになった。 家が
大奥 (心のままに映画の風景)
正徳6年。 男だけを襲う謎の疫病で男子が激減、男女逆転の浮世と化していた。 女人禁制の男の園、大奥では、将軍の寵愛を勝ち取るべく熾...
男女逆転〜『大奥』 (真紅のthinkingdays)
 ニノがスクリーンに帰ってきた! 『GANTZ』も待機中。  18世紀初頭、江戸の町では男しか罹患しない病が流行し、男が激減。男女の役 割...
『バイオハザードIV アフターライフ』・・・再び近づいた映画版とゲーム版 (SOARのパストラーレ♪)
いや〜驚いた! 3作目『バイオハザードIII』で完全にゲーム版バイオから遠ざかってしまったシリーズが一転、本作はゲーム版の『コード:ベロニカ』と『バイオハザード5』をかなり意識しての製作とみた。ゲーム版バイオハザードシリーズの熱狂的ファンである私(『4』のみ...
「大奥」 (みんなシネマいいのに!)
 よしながふみの漫画の映画化。 大奥ネタは数あれど、この漫画は謎の疫病で男の数が
七瀬ふたたび (佐藤秀の徒然幻視録)
案外連合赤軍がベース? 公式サイト。筒井康隆原作、小中和哉監督、芦名星、佐藤江梨子、田中圭、前田愛、ダンテ・カーヴァー、今井悠貴、平泉成、吉田栄作、多岐川裕美、中川翔子。「七瀬」という名前は、何度となく目にし、耳にしてきたのだけれど、断片的な知識しかなく...
大奥 (映画的・絵画的・音楽的)
 アイドルグループ・嵐の二宮和也が時代劇初挑戦ということで、『大奥』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)主役が、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』(2006年)で...
七瀬ふたたび (単館系)
原作はは読んでいませんが、NHKドタマ8でやっていた七瀬ふたたびは 観ました。 このドラマを見て、おお、これは面白い!と思って、録画まして DVDイメージまでちゃんと作ったのに面倒なので焼くのを後回し...
七瀬ふたたび (だらだら無気力ブログ)
これまでにも何度もドラマ化されてきた筒井康隆の人気SFを『シルク』の 芦名星主演で初の映画化。未知能力を持つゆえに人目を忍んで生きてきた ヒロインが、同じように特殊な能力を持つ者たちと出会い、彼らを抹殺しよう とする謎の組織に立ち向かっていく姿を描く。 ...
バイオハザード IV アフターライフ (Resident Evil: Afterlife) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・W・S・アンダーソン 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2010年 ドイツ/フランス/イギリス映画 97分 アクション 採点★★ かつてやってたラジオの収録の時であろうが、大勢の前でプレゼンする時であろうが、大まかなテーマが頭に入っている以外は事前...
大奥〜男女逆転〜 (食はすべての源なり。)
大奥〜男女逆転〜 ★★★★☆(★4つ) 将軍は女、仕えるは美しき男たち3000人! 誰も観たことのない歴史絵巻。 えぇぇぇぇ?!?! とりあえず予備知識なしで鑑賞したのでびっくらこいたー 「面白い」とは聞いてたけれど、これが流行りのBL(ボーイズラブ)ってやつ...
【映画】七瀬ふたたび…映像化はたびたび (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
追い詰められて、実に面白くないサブタイトルを付けてしまった事を許してほしいピロEKです。 …しかし筒井康隆って断筆してもこんな感じで食いっ逸れないんだろうなぁ と、映画の話を既に始めちゃった感がありますがまずは近況報告。 2011年7月9日(土曜日)は夜勤...