『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『白ゆき姫殺人事件』を観た(寸評)]

2014-04-01 23:59:07 | 物語の感想

☆忙しいので、ホント、短くてごめん!

 面白かった!

 原作は、東野圭吾とともに、私にとってはストレスの溜まる作家・湊かなえ原作だが、中村義洋監督がスマートに撮りあげている。

 主人公であり、冴えなくも、殺人事件の被疑者に、ネット上やマスコミで祭り上げられていくOLを井上真央が見事に演じていた。

 最初、「特徴のない人」などと評されるのだが、私など、「あの可愛い井上真央が目立たないはずないじゃん!」などと条件反射で思ったものだが、いざ、主人公・城野美姫が現れると、本当にダサいので驚かされた^^;

 物語の経過とともに、そのシャイで夢見がちな生活があらわになるが、それが言葉として表に出ないと、こうも、悪く取られるのかと、見ていて切なくなる。

 だが、その、キョドった物腰、歪む口元、たどたどしい口調、伏し目、・・・そして、時折見せる笑みは、周囲の者の疑いを生む。

 ネット発、テレビワイドニュースで、城野は、疑惑の女としてクローズアップされていく。

 そこには、OL同士、いや女同士の陰湿な感情のぶつかり合いがあり、また、日和見な人間の移ろう感情と、他者より自分を上に置きたい人間の根本的な下衆感情が渦巻いていた。

     

 そして、話は、城野の半生に及び、そこでは、少女の夢と希望がささやかに、そして、誤解を招きつつ展開されるのだ。

 もうちょい高みを狙える作品だったと思うが、充分に面白かった。

 作品には美女や美少女が出てくるが、私は、チンクシャの、城野の幼少期を演じた女の子(高橋未来ちゃん)が可愛かったです^^v

       

 可愛くて、フニャフニャしている^^

 結婚してください、今すぐ!

                                             (2014/04/01)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-04-17 01:13:36
> その、キョドった物腰、歪む口元、たどたどしい口調、伏し目、・・・そして、時折見せる笑みは、周囲の者の疑いを生む。

ちょっとキャリーっぽいなと思いました。すると宗教かぶれの母親が秋野暢子。うわ、むっちゃこえー。


井上真央はダサいけど、特徴ないって言っちゃうのはどうかな、みたいな感じ。
ふじき78さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2014-04-24 01:06:58
>>井上真央はダサいけど、特徴ないって言っちゃうのはどうかな、みたいな感じ。

確かに、良くも悪くも特徴はあります。
しかし、スチール写真の井上真央、不細工に見えます。
あれは加工しているのかな・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
白ゆき姫殺人事件 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『告白』などの原作者・湊かなえの小説を基に、美人OLの殺害容疑を掛けられた女性をめぐって人間の悪意を浮き彫りにしていくサスペンスドラマ。報道によって浮かび上がる容疑者像をきっかけに、インターネット上での匿名の中傷やマスコミの暴走など現代社会の闇が描かれる...
白ゆき姫殺人事件 (Break Time)
今朝は、朝から雨模様で・・・
中村義洋監督、井上真央、綾野剛主演『白ゆき姫殺人事件(THE SNOW WHITE MURDER CASE)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。湊かなえの同名小説を映画化『白ゆき姫殺人事件(THE SNOW WHITE MURDER CASE)』監督は『ゴールデンスランバー』などの中村義洋。出演は井上真央、綾野剛、菜々
白ゆき姫殺人事件 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 美人さんが殺された事件の犯人風に井上真
劇場鑑賞「白ゆき姫殺人事件」 (日々“是”精進! ver.F)
“城野美姫”という人物について… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403290000/ 【送料無料】白ゆき姫殺人事件 [ 湊かなえ ]価格:630円(税5%込、送料込) 【送料無料】All alone in the world(CD+DVD) [ 芹沢...
『白ゆき姫殺人事件』 雪がひらがなの理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  美人OLの死の謎を追う『白ゆき姫殺人事件』の特徴は、スクリーンに現れるツイートの数々だ。  原作小説ではマンマローという架空のサービスが登場するが、映画ではツイッター社の協力を得て現実のTwitterを模した画面がスクリーンに映し出され...
『白ゆき姫殺人事件』 2014年3月30日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『白ゆき姫殺人事件』 を鑑賞しました。 原作も読んで万全の状態で臨むも、結果虚しい 【ストーリー】  人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。殺害されたのは典子(菜々緒)で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫(井上真央)。テレビディレ...
白ゆき姫殺人事件 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 視聴率アップのための過熱報道とネットの書き込みに
映画『白ゆき姫殺人事件』観てきたよ~ (よくばりアンテナ)
評判が良いようなので観てきました。 原作は読んでません。 同僚が原作の雰囲気を話してくれてたんですよ。 ストーリーの進み具合と同時進行してるツイッターのタイムラインがあって、 あっちこっち読みながら、忙しいんだと。 なるほど、湊かなえ作品らしい新...
「白ゆき姫殺人事件」当時の印象しか知らない証言を公表した先にみた捻じ曲げられた真実を信じ込んでしまったメディア一般人による冤... (オールマイティにコメンテート)
「白ゆき姫殺人事件」は湊かなえ原作の「白ゆき姫殺人事件」を映画化した作品で長野の公園で遺体となって発見された美人OLの殺人事件を巡り、Twitterとワイドショーで様々な展開と ...
保身に必死。『白ゆき姫殺人事件』 (水曜日のシネマ日記)
湊かなえの小説を基に描かれた作品。美人OLの殺害容疑を掛けられた女性と彼女を取り巻く様々な環境にいる人たちの物語です。
「白ゆき姫殺人事件」:意外とウェルメイド (大江戸時夫の東京温度)
映画『白ゆき姫殺人事件』は、タイトルといい予告編といいほとんどそそられなかったの
映画「白ゆき姫殺人事件」 (FREE TIME)
映画「白ゆき姫殺人事件」を鑑賞しました。
『白ゆき姫殺人事件』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「白ゆき姫殺人事件」□監督 中村義洋□脚本 林 民夫□原作 湊かなえ□キャスト 井上真央、綾野 剛、菜々緒、金子ノブアキ、小野恵令奈、蓮佛美沙子■鑑賞日 3月30日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(...
白ゆき姫殺人事件 (映画的・絵画的・音楽的)
 『白ゆき姫殺人事件』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)大変面白かった『みなさん、さようなら』の中村義洋監督が制作した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、車のヘッドライトの中に、地面に倒れている女の体が浮かび上がり、まだどく....
『白ゆき姫殺人事件』をトーホーシネマズ六本木1で観てポロリはないけど美人が多くて眼福眼福ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★今は噂が早くてこえーね】   原作未読。 面食らうのはネット描写の誤りだが、壊滅的な間違いではない。 元は2チャンネルの事件版辺りをお手本にしてる ...
白ゆき姫殺人事件  監督/中村 義洋 (西京極 紫の館)
【出演】  井上 真央  綾野 剛  菜々緒 【ストーリー】 人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。殺害されたのは典子で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫。テレビディレクターの赤星雄治は、美姫の同僚、家族、幼なじみなどに取材。典子が美....
白ゆき姫殺人事件 (心のままに映画の風景)
  国定公園・しぐれ谷で、10か所以上刺された女性の焼死体が発見される。 被害者は、地元企業“日の出化粧品”の美人社員、三木典子(菜々緒)だったが、ほどなく、被害者とは対照的な地味で目立たない同僚女性、城野美姫(井上真央)に疑いの目が向けられるた。 ...
白ゆき姫殺人事件 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
白ゆき姫殺人事件 '14:日本 ◆監督:中村義洋「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」 ◆主演:井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、金子ノブアキ、小野恵令奈、谷村美月、染谷将太、生瀬勝、秋野暢子、ダンカン、山下容莉枝、TA...
白ゆき姫殺人事件 (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ~、クズばっかだな。
白ゆき姫殺人事件 (のほほん便り)
現代のネット社会を皮肉っぽくあぶりだした、湊かなえらしいサスペンス。 井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子と、好きな俳優さんが次々、出てきて嬉しかったです。 「サイレーン」も菜々緒の正しい使い方(?)、と感じましたが、この作品も、しかり。キャスティングが心...