『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『何者』を観た(短評)]

2016-10-15 23:58:24 | 新・物語の感想

☆・・・この作品には、なんか得体の知れないものを感じ、公開と同時に観に行った。
 果たして、得体の知れない映画で、非常に面白かった。
 私は、この作品の原作者の映画化前作『桐島、部活やめるってよ』を観ていなくて、その後、話題になるたびに悔しい思いをした。
 「桐島・・・」の高校生活から、『何者』では、就職活動を舞台としている。
 そこには、異なる悩みと、いくつもの「舞台」が設えられている。
 出てくる人物のほとんどが、色んな形を変えた「青き屈折」を内に秘めている。
 ひと際目を引く美しい二階堂ふみ演じる帰国子女と、いわゆる「意識高い系」の同棲男の屈折は痛い。
 周囲がそう思っても、本人たちが気づいていないことは、私も含めて、往々にしてある^^;
 登場人物の総「屈折」状況は、最近公開された『聲の形』と同じだ。
 だが、それでも、不自由な精神を負って、人は生をヤリクリしなくちゃならない。
 最後に明かされる「屈折」は、それこそ本格ミステリーの謎解きのように鮮やか。
 佐藤健は、色んな役を演じられて凄いなぁ^^

                    (2016/10/15)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [村上春樹が受賞しないで良か... | トップ | [月の美しい土曜日の盛況と明... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「何者」何を目指すか模索した先にみる現実と向き合い自分は何をしたいのか?という自...... (オールマイティにコメンテート)
「何者」は就職活動をする5人の大学生がそれぞれの葛藤と思いを抱きながらも次第にその関係にゆがみが生じていくストーリーである。自分は何になりたいのか?何をしたいのか?そ......