『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』を観た]

2017-07-21 23:39:15 | 新・物語の感想

☆・・・このシリーズはセンスが良いので大好きだ。
 そのセンスは、日本人にはないお洒落とナンセンス。
 そんな中、鶴瓶が関西イントネーションバリバリで主人公グルーを演じているのがたまらない。
 物語で言いたいことを伝えるのではなく、例えば、架空の動物ユニコーンを信じる三女アグネス(声・芦田愛菜)に、「あのなぁ、ユニコーンは…」と、言葉で説明しようとする物語的なリズムが潔いのである。
 人気のミニオンは、独自の言葉で、かろうじて意志の疎通は出来るけど、その挙動はナンセンスの極みだ。
 だが、それが歌い踊り出すミュージカルパートは楽しい。
 これは、勘違いかもしれないのだが、『天井桟敷の人々』のパロディしてなかったか?
 また、序盤に、グルー、カクレクマノミの親子の息子を殺害してたよね!
 嗚呼、ニモ~っ!!(T_T)
 音楽のセレクトはベタだが、疎い私には却って心地よい。
 まあ、今回の悪役である男が80年代の「記憶遺産」なので、それに習ったのかな?
 クライマックスの、ハリウッドを襲う巨大ロボットの描写は、マニアを喜ばせるだろう。
 なによりも、初登場のグルーの双子の弟ドルーが、バカだけど優しい良い奴なのが良かった。
 日本人の脚本家だと、兄弟ゲンカしたら、悪党に味方しちゃうとかあるからね。

                          (2017/07/21)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [常に身体に負荷を与え続けよ... | トップ | [映画『心が叫びたがってるん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
怪盗グルーのミニオン大脱走(2D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 『ペット』『SING/シング』などのイルミネーション・エンターテインメントによる人気シリーズ『怪盗グルー』の第3弾。アグネス、イディス、マーゴの姉妹と家族になったグ......
怪盗グルーのミニオン大脱走 (だらだら無気力ブログ!)
面白かったけど、ちょっと不満。
『怪盗グルーのミニオン大脱走』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「怪盗グルーのミニオン大脱走」□監督 ピエール・コフィン、カイル・バルダ□脚本 シンコ・ポール、ケン・ダウリオ□キャスト(声の出演) 笑......
怪盗グルーのミニオン大脱走★★★・8 (パピとママ映画のblog)
イルミネーション・エンタテインメントが贈る大ヒット・アニメ「怪盗グルー」シリーズの第3弾。3姉妹とともに妻となったルーシーを家族に迎え、悪党稼業から足を洗った主人公グ......
『怪盗グルーのミニオン大脱走』 楽しく暮らそう (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  前二作、いや番外編の『ミニオンズ』も入れれば過去三作を通して、このシリーズには一貫したものがあった。それが、こうも大きく変えられるとは思わなか......
『ポケットモンスター キミにきめた!』『ノーゲームノーライフ ゼロ』『魔法少女リ...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
またぞろ感想UPを5本終わらそうという目的のレビュー 今回はアニメ縛り。 ◆『ポケットモンスター キミにきめた!』109シネマズ木場3 ▲「戻れミクラス!」 五つ星......
怪盗グルーのミニオン大脱走(日本語吹替版) 監督/ピエール・コフィン&カイル・バルダ  (西京極 紫の館)
【声の出演】  笑福亭 鶴瓶(フェロニアス・グルー)  生瀬 勝久 (ドルー・グルー)  中島 美嘉 (ルーシー・ワイルド)  松山ケンイチ(バルタザール・ブラット) 【スト......
怪盗グルーのミニオン大脱走 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DESPICABLE ME 3】 2017/07/21公開 アメリカ 90分監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ声の出演:スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、トレイ・パーカー、ミランダ・コスグロー......