『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ウォール・ストリート』を観た]

2011-02-04 22:09:34 | 物語の感想
☆面白い・・・。

 やっぱ、私は、オリバー・ストーン監督の作劇術が性に合っている。

 私と思想は違えど、そのパワーにグイグイ引っ張られる点においては、島田荘司の小説と似ている。

 ゲッコーの復活劇は、スタローン的に燃える。

 だが、オリバー・ストーンは、更に、ゲッコーのその先・・・、「人間は変われる(変わる)」と言う結末を用意してくれていた(・・・いや、変われずとも、別の属性を付加できると言えばいいのか)。

 ・・・もしかして、見る人が見れば使い古されたテクニックなのかも知れないが、前作(クリック!)の「強欲のカリスマ」ゴードン・ゲッコーが、若く有望なるウォール街の証券マン・ジェイクと親密になっていく過程の、落ちぶれたゲッコーが地下鉄に乗っての移動にもすっかり慣れ、その中でジェイクと会話する中で、地下鉄ゆえに、対向列車とすれ違うときの雑音に会話を中断させる・・・、だが、その繰り返される中断こそが、二人の思惑を増大させると言う手法などに、私はえらく感心してしまうのだ。

 画面の二分割や、妙にスタイリッシュなエンドクレジットなども行なっていて、このオリバー・ストーンの冒険心はなんやねん^^ とも思った。

 映像は、ドキュメント的に乾いた感じもあり、『ゴッド・ファーザー』でも見るかのような、昔ながらの重みが感じられた。

 前作から二十年以上経っての続編であり、そういった情緒もあるのだろう。

 『ゴッドファーザー』なども、『PART3』などでは、物語がバチカンをも巻き込んだスケールの大きな物語になったが、今回の『ウォール・ストリート』も、ややパターンの狭かった前作に比べ、世界金融危機を背景にした中での大きな物語となっている。

ウォール街 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


   ◇

 ジェイクは、誠実な男で、何者かの手によって買収に至る結果に陥れられて自殺に追い込まれた、自分を拾ってくれた会社の社長に報いるために、復讐を心に秘め、知恵と知識を求め、ゴードンに近づく。

 ジェイクを演じるのは、シャイア・ラブーフで、ゲッコー役のマイケル・ダグラスに比べると、圧倒的に線が細いので、マネー勝負の中では文字通り「役者の違い」を見せつけられるが、ゲッコーの娘との恋のパートにおいては、かなりいい。

   ◇

 やはり、このシリーズは、ゴードン・ゲッコーのカリスマに支配されている・・・。

 ゲッコーは、物語の1/4が過ぎた頃からじゃないと活躍しないのだが、画面に出てくると、途端に面白くなる。

 なんちゅうか、セレブから元セレブへ、かつてのお騒がせ有名人と堕してしまったゲッコーの「空威張り」具合はたまらなく良かった。

 いかにも、険悪な関係にある娘との和解を、心から求めつつも、時折、かつての傲慢なる姿を随所で見せてくれる。

 人間は、どうしても、その性根は変えられないのか・・・?

 だが、この作品、終幕で粋なハッピーエンドを迎える。

 それは、あたかも、『クリスマス・キャロル』の結末のようだ。

 ・・・いや、私は、先に『クリスマス・キャロル』の感想(クリック!)の中で、ディケンズの原作に難癖をつけたのだが、この作品では、私の要望通りの展開になっていたのは嬉しかった。

Disney's クリスマス・キャロル ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


   ◇

 しかし、まさかのバド・フォックス(前作の主役、チャーリー・シーン)とゲッコーの対面には驚いた。

 すっごいエピソードをを盛り込んだものだね^^;

 すっかり俗物と化したバドに対して、不遜に振舞いつつものゲッコーの複雑な表情が秀逸でした。

 ・・・見事な続編だったと思います。

   ◇

 おっと、それから、ゲッコーがジェイクに「お前もハスラーだな」とか言うのはいいね。

 自分はポール・ニューマンで、ジェイクはトム・クルーズですかね^^

                                                    (2011/02/04)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [与党民主党考・121 「状況を... | トップ | [『ミシュ蘭・ランチガイド(そ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-02-04 22:32:06
恐るべきはゴードン!
彼は確かに刑務所に入って変わったというより、別の属性を付加されたという言い方があってると思います。
つまり金融業界天才としてのあのゴードンと、「大切なのは時間だ」に象徴されるアンチゴードンとしてのゴードン。
確かに彼は歳をとって丸くなった部分もあるのだけれど、それは言い換えれば武術の達人の如く円熟味を増したとも言えるわけで、結果として彼は己の欲するものを全て手にしている訳ですよ。
監督の訴えたいことは、現代のマネーゲームに対する警鐘であるのは、前作から変わらないのだと思いますが、その中にこのゴードンと言う魅力的な存在をキッチリ織り交ぜて来ているのが上手いところです。^^
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-02-05 21:37:36
マイケル・ダグラスが癌で倒れたりしていたら、この作品は楽しめなかったわけで、嬉しい限りです。

同じ事を繰り返して素晴らしい作品もありますが、

同じ事を繰り返したら芸じゃない作品もあり、

ゴードンが20年前と同じ事を繰り返したら、この作品を作る意味がなかったです。

傲岸不遜なままのゴードンで、でも、甘い結末は素晴らしい。

もう続編は出来ないでしょうが、正攻法でも成功できる彼が、ビシバシと中国投資家と戦う「最後の戦場」篇も見たいものです。

それから、私、ジュリーおじさんの、口元で手をひらひらさせて口笛を吹く仕草が気に入りまして、甥っ子をからかう時に使わせていただきます^^



なるほどねえ (sakurai)
2011-02-15 08:09:30
>別の属性を付加
ですか。
単に年取ったでは、簡単すぎましたかね。
ゲッコー、監督ともに、年を重ね、彼らが持っていた剃刀みたいな危うさが、いろんなもので包まれて行った・・・ように感じました。
ゲッコー@マイケルがいなければ成り立たない!ですよね。
ぜひ、ガンを完全克服して、もうちっとがんばっていただきたいです。おやっさんは、まだまだ元気ですもん。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-02-15 23:22:31
いえ・・・、「単に年取った」で充分です^^;
ちょっと小難しく表現したかったのです^^;

私、この映画を『ゴッド・ファーザー』を引き合いに出したら、マイケル・ダグラスがマーロン・ブランドに見えてきてしまいました。

だから、ビトー・コルレオーネみたいに、ゲッコーも孫には弱いのでした、とさ^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ウォール・ストリート (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS。オリバー・ストーン監督、マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、スーザン・サランドン ...
ウォール・ストリート (LOVE Cinemas 調布)
1987年に公開された『ウォール街』の続編。同じオリヴァー・ストーン監督とマイケル・ダグラスのコンビが、今回は現代の金融事情をベースにマネー・ゲームの世界を描き出す。主演は「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ。共演に『17歳の肖像』のキャリー・マ...
映画 「ウォール・ストリート」 (ようこそMr.G)
映画 「ウォール・ストリート」
ウォール・ストリート (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ウォール・ストリート (マイケル・ダグラス 出演) [Blu-ray]1987年の「ウォール街」の23年ぶりの続編では、カリスマ投資家ゲッコー・ゴードンの復活劇と彼が仕掛ける新たなマネー・ゲー ...
映画:ウォール・ストリート 前作より遥かに面白い訳 = 今の「時代」が前提だから。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ウォール街(1987)の続編にあたる、この作品。 20年以上もたってから、こういう展開とは珍しくないか。 それには理由があったのだが(後述) 物語は、ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス 写真)が、刑務所から出所するところからスタート。 そして、今の「時代....
ウォール・ストリート (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2010 TWENTIETH CENTURY FOX 英題: WALL STREET:MONEY NEVER SLEEPS 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年2月4日
ウォール・ストリート (映画情報良いとこ撮り!)
ウォール・ストリート 投資銀行で働いていたジェイコブは、急激な業績悪化で株価が暴落し、突然破綻。 資産を失ってしまたのである。 しかし、ジェイコブはその後、黒幕の存在を知ることとなる。 そして、元大物投資家のゲッコーに近き、とある提案をすることに...
ウォール・ストリート (Akira's VOICE)
無駄に長いし,中身は生ぬるいし・・・  
ウォール・ストリート (Memoirs_of_dai)
欲望の果てに 【Story】 恋人ウィニー(キャリー・マリガン)の父親であり、かつてのカリスマ投資家で服役を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)に電子取引トレーダー、ジェイコブ・ムー...
『ウォール・ストリート』 (こねたみっくす)
腐っても鯛、いや永遠に腐らない鯛、それがゴードン・ゲッコー。 欲に渦巻く金融業界への警鐘として作ったはずが逆に証券マンを目指す若者が増えてしまったという前作のリベンジ ...
「ウォール・ストリート」みた。 (たいむのひとりごと)
『ウォール街』('87)の続編として、今回付けられた邦題が『ウォール・ストリート』ってどうなんでしょ?日本語で「ウォール街」と書けば「ウォール・ストリート」とルビが振られるのが一般的だというのにね。ち
ウォール・ストリート (映画鑑賞★日記・・・)
【WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS】 2011/02/04公開 アメリカ 133分監督:オリヴァー・ストーン出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イ ...
サム (n-zenの葉酸ってなに)
シャイア・ラブーフが激太り!?ひげもじゃ姿ですっかり別人に 私だ とりあえずパンツ上げろパンツ
ウォール・ストリート (心のままに映画の風景)
2001年、ウォール街のカリスマ投資家ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)は、8年の服役を終え出所した。 2008年、ニューヨーク。 投資銀行に勤めるジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)は、...
★ 『ウォール・ストリート』 (映画の感想文日記)
2010年。アメリカ。"WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS".   オリヴァー・ストーン監督。  シャイア・ラブーフ君がタフな男の役を演じていても、不自然に見えなくなった。『ディスタービア』や、『トランスフォーマー』...
ウォール・ストリート/マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ (カノンな日々)
人気絶頂にあったチャーリー・シーンとマイケル・ダグラスが主演した旧作『ウォール街』からもう23年もの月日が経つんですねェ、なんかしみじみしちゃいますね(笑)。旧作『ウォール ...
ウォール・ストリート (とりあえず、コメントです)
1987年製作の『ウォール街』の続編をマイケル・ダグラス主演で映画化した作品です。 前作の『ウォール街』は未見のままチャレンジしてみました。 信頼を打ち砕く裏切りのドラマと、マイケル・ダグラスの重厚な演技に圧倒されました。
『ウォール・ストリート』('11初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:10の回を鑑賞。
ウォール・ストリート / Wall Street: Money Never Sleeps (勝手に映画評)
1987年の映画『ウォール街』の続編。 前作で、インサイダー取引にて収監されていたゲッコーが、刑期を終えて出所するシーンから始まります。ゲッコーが戻してもらう携帯電話が物凄く大きいのが、時代を感じさせます。しかし、ゲッコーの出所は2001年という設定なのですが...
ウォール・ストリート (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14) ジェイコブの着メロが『続・夕陽のガンマン』のテーマ曲ということは
ウォール・ストリート お金は眠らない (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
前作ではインサイダー取引という古風な経済犯罪であったけど、今作で扱われるのは高度な金融工学を屈指したなんでもありのグレーな金の亡者たちの姿だ。非営利活動という新しい価値観を提示していることが高く評価できる。
映画「ウォール・ストリート」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ウォール・ストリート』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/4)鑑賞。初日の初回で観客は25名ほど。 最初にお断りしておきます。前作『ウォール街(1987)』は鑑賞済みですが、詳細は覚えていませんので、ほぼ初見と同じと言って良いと思います。 ...
ウォール・ストリート (試写会) (風に吹かれて)
ゴードン・ゲッコー イズ バック公式サイト http://movies.foxjapan.com/wallstreet2月4日公開ウォール街(1987)の続編監督: オリバー・ストーン2008年、ウォ
「ウォール・ストリート」 信用は回復できるか? (はらやんの映画徒然草)
僕はメーカーに勤めているもので、どうも金融という商売がうさんくさく見えて仕方があ
アメリカ版ハゲタカ?でも・・・何かが違う?『ウォール・ストリート』 (水曜日のシネマ日記)
21世紀のマネー・ゲームを背景に描かれた人間ドラマです。
映画「ウォール・ストリート」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ウォール・ストリート」観に行ってきました。 1987年公開映画「ウォール街」の続編作品。 新エネルギーを開発するベンチャー企業を支援しようと奮闘するシャイア・ラブーフ演じる若き証券マンのジェイコブ・ムーアと、8年の服役ですっかり過去の人となった、...
ウォール・ストリート (★ Shaberiba )
金の起こす世界崩壊は自然災害より恐ろしい・かも
ウォール・ストリート (だらだら無気力ブログ)
前作「ウォール街」でメガホンを執った巨匠オリヴァー・ストーンとその 巧演でオスカー主演男優賞に輝いた名優マイケル・ダグラスが再びコンビを 組んだ23年ぶりの続編。 ある野望を秘めた若き銀行マンとその婚約者、そして復活を目論む元カリスマ 投資家それぞれの欲望...
「ウォール・ストリート」欲望の亡者 (ノルウェー暮らし・イン・London)
私の生活とは縁もゆかりもない世界だから言うけど、恐ろしい世界である。 結果的に人が死のうが、傷つこうがお構いなし。 マネーゲームがもたらす修復不可能な深い溝が、そう簡単に埋められるとは到底思えないのだけど・・・・・
ウォール・ストリート (シネマDVD・映画情報館)
ウォール・ストリート スタッフ 監督: オリヴァー・ストーン キャスト マイケル・ダグラス シャイア・ラブーフ キャリー・マリガン ジョシュ・ブローリン スーザン・サランドン フランク・ランジェラ イーライ・ウォラック 劇場公開日:2011-1-28 ...
映画 ■■ウォール・ストリート■■ (Playing the Piano is ME.)
経済は苦手... 数字も苦手... 23年前の前作「ウォール街」見ていないのも敗因?
ウォール・ストリート (迷宮映画館)
ずいぶんと丸くなったなあ、、、監督もゲッコーも。
『ウォール・ストリート』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ウォール・ストリート」□監督 オリヴァー・ストーン □脚本 アラン・ローブ□キャスト マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ、イ...
映画 「ウォール・ストリート」の感想です。 (MOVIE レビュー)
「ウォール・ストリート」を観てきました。この映画は23年前に作られた「ウォール街」の続編です。3週間位前にCSの映画専門チャンネルで、その「ウォール街」を放送していたので、新作を観る前に予習がてら見ておきました。でも、今回のこの続編「ウォール・ストリー...
進化のためのバブル~『ウォール・ストリート』 (真紅のthinkingdays)
 WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS  インサイダー取引の罪で服役していたカリスマ投資家、ゴードン・ゲッコー(マ イケル・ダグラス)が出所した。彼と絶縁中の娘、ウィニー(キャリー・...
「ウォール・ストリート」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 1987年公開、実際の金融界にも影響を与えた大ヒット映画「ウォ-ル街」の続編。 本作に限った話しではないが、どうもこの手の「一部の頭のいい人向け」の映画は、高卒低所得...
ウォール・ストリート (こんな映画見ました~)
『ウォール・ストリート』---WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS---2010年(アメリカ)監督:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス 、シャイア・ラブーフ、 ジョシュ・ブローリン、 キャリー・マリガン 前作「ウォール街」でメガホン...
ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps (いい加減社長の日記)
もう、いくつ溜まってるんだろう、これも公開日に観たんだけど^^; 前作も観たかったけど、観れなくて。今度こそはと「ウォール・ストリート 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通だったかなぁ。 「ウォール・ストリート 」は、中くらいのスクリーンで、3~...
ウォール・ストリート (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ウォール・ストリート'10:米◆原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS◆監督:オリヴァー・ストーン「プラトーン」「ウォール街」◆出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブ ...
「ウォール・ストリート」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:WALL STREET MONEY NEVER SLEEPS)87年に撮られた前作「ウォール街」と比べると、インパクトが弱い。それは“敵”の存在が曖昧であるからだ。おそらくは“敵とは何か”ということを作者自身も分かっていないのではないか。それだけ状況の見極めが難しい時代...
映画『ウォール・ストリート』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-12.ウォール・ストリート■原題:WallStreet,MoneyNeverSleeps■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:133分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月5日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ...
日記 (ことだま)
よかったら見てみてください!
ウォール・ストリート (銀幕大帝α)
WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS/10年/米/133分/ドラマ/劇場公開 監督:オリヴァー・ストーン キャラクター創造:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イーライ・ウォラック、ス....
【映画】ウォール・ストリート…バブルの恩恵は受けてないけど不況の煽りは感じる (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
記事のサブタイトル的な事は記事内には全く書いていませんので注意。 本日から夜勤のピロEKです。 久しぶりにブログ更新。前の記事をアップしたのが11月6日ですから随分空いちゃいました。 その間は、仕事が忙しかったり、本やらゲームやらのインプットが立て込んでア....