『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『南の島のフリムン』を観た]

2009-09-06 23:28:43 | 物語の感想
☆午前中の『サブウェイ123』は、姪っ子と観に行ったのだけど、昼寝して、体調を万全にして、昔の職場の女を誘って、レイトショーに行った。

 別に深いつきあいの女の子ではないが、男たるもの「備えよ常に!」である^^

 なお、MOVIX昭島のポイントが溜まりすぎているので、レイトショーだが、ポイントを使った^^

   ◇

 非常に面白かった。

 私は、監督をしていたゴリと言うお笑い芸人にあまり詳しくなく、そのゴリが組んでいるコンビの<ガレッジセール>も、二人がそれぞれ、沖縄の暑苦しい顔の2パターンを代表しているので、あまり好きではなかった。

 しかし、その作品は、映画としての安定感が抜群で、非常に面白かった。

 内容はシンプルで、簡単に言うと、三十路男の『ベストキッド』コメディ版と言う趣きだ。

 沖縄出身だからだろうか、物語は非常にテンポ良く、リズミカルで、ギャグの間も見事だった。

 大阪の人のギャグみたいに、先鋭化しすぎて意味が分からないなどと言うことはない。

 だからといって、ベタでもなく、程好い鋭さで私は始終クスクス笑いを続けさせられた。

 そのギャグも一度きりでなく、例えば、口に含んだものを、驚いてブーッ! と吐く…、などや、ヒトシの活舌の悪さ…、豚の花子…、オヤジの頭をポカポカ叩く…、ブレーキの壊れた軽トラ…、などなど、必ず繰り返され、また、その繰り返しはいったんは覆され、最終的にはまた元に・・・、とギャグは繰り返しや応用で飽きさせないし、馴染ませてくれる^^

   ◇

 私が、最も、この作品で特筆したいのが、その「仲間(家族)」の形である。

 ゴリ演じる栄昇は、60歳過ぎのオヤジ・マサルや、ちょっとルーズなヒトシらと、何のこだわりもなくつるんで過ごしているのである。

 ババァどもも各所で大活躍する。

 そのような老若男女が屈託なく生活している様はたまらなく楽しい。

 家族での食事も、豪勢な食卓で、メインディッシュが出されると、皆で争奪戦になり、その戦いが済むと、それぞれが戦利品を口に運ぶので、にぎやかな集まりに無言の時が訪れる。

 実に楽しい。

   ◇

 栄昇の憧れの人が、踊り子のオレンジ(レイラ)で、この方はいい女だ。

 この女の取り合いで、栄昇は米軍の兵士(ボビー・オロゴン)と勝負することになる。

 そして、沖縄空手の修行を、ライオン殺しの老婆に師事し、沖縄の大自然の中で行なうのだ。

 そんな栄昇を気にするのが、幼馴染のリミだ。

 この人、元<フォルダー5>のAKINAだよね^^

 あいかわらず、可愛いな^^

 私も、栄昇みたく、リミにこずかれたいものだ^^;

 で、オレンジに惹かれている栄昇を、それまで何とも思っていなかったのに、急に気にしだすリミの女心の移り変わりもいい。

 でも、そこでしんみりさせないで、リミに変なメイクをさせるは…、オレンジを闇討ちさせようとするは…、ボビーに躊躇なく殴られるは…、良かったです^^

   ◇

 なお、この作品、冒頭とエピローグに、カメラの長回し風がある。

 リミの弟のツヨシが、リミの家から、道を挟んだ隣りの栄昇の家に食事のお誘いに行くのだ。

 そこで、何とも沖縄の雰囲気が伝わってきて、物語の導入部と帰結部を彩っていた。

 皆に観てほしい良作だ。

 デートムービーとしても最適です^^

   PS.ちなみに、私は大学で南方文学を専攻しました^^

     [私の1991年のメモ日記・6]・・・この後半に沖縄へのゼミ旅行の記述があります^^

                                      (2009/09/06)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『サブウェイ123/激突』... | トップ | [与党民主党考・2「家計直撃」] »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
食事のシーン (KLY)
2009-09-07 00:16:34
良かったです。
みんなで集まって、取り合いになって、大皿料
理を皆で分け合うっていいですよね。実に美味
しそうで、実に楽しそうだったです。
ちなみに、鑑賞後新宿の沖縄そば屋に駆け込ん
でしまいました。美味かった!
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-09-07 00:50:25
こんばんわ♪

>>新宿の沖縄そば屋

アルタの裏の桂花ラーメンの斜め前の店でしょうか?

あそこのソーキそば美味しいですよね^^

・・・実は、私、レイトショーを観た後、くだんの大和屋ラーメンを食べてしまいました^^;

順調にダイエットしてるのですが・・・^^;
沖縄そば屋 (KLY)
2009-09-07 09:09:14
桂花ラーメンは解らないんですが角のお店で、そうアルタ裏のあたり、靖国通りに抜けるメインストリートから、ちょっと入ったところだったと。
アーケードがシンプルに「沖縄そば」って書いてありました。でも、沖縄そば屋なんてそんな何軒もないでしょうから、多分ビンゴでしょう(^_^)
もろソーキそばをたべましたよ。結構ボリュームもあって美味しかったです。
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-09-08 14:52:14
私は最近、めっきり都内に出ることが少なくなり、新宿で麺類を食べるとなると、その界隈では、すぐ桂花ラーメンに行ってしまいます。

昔は、沖縄そば屋も頻繁に行ったものですが。

インドカレー屋さんもありましたね。

あと、その角には、エロ本ばかり置いてある本屋もありました。

何故か、AVギャルが来ていて、自分のビデオを買ってくれたお客さんと、ポラロイドを撮ってくれるようでした^^;

懐かしいなあ^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
南の島のフリムン/ゴリ、照屋政雄 (カノンな日々)
ガレッジセールのゴリさんが監督・主演を務め生まれ故郷の沖縄を舞台に描いたヒューマン・コメディです。出演者の顔ぶれを見るとゴリさんと同じ沖縄出身の仲間たちが勢揃いって感じで既に観る前から沖縄らしい濃い口の雰囲気が漂ってますよね。やはりお笑いのゴリさんだけ...
南の島のフリムン (だらだら無気力ブログ)
沖縄出身のお笑いコンビ・ガレッジセールのゴリの長編映画の監督デビュー作 となるコメディ映画。地元沖縄を舞台に主人公がダンサーに一目ぼれしたこと から、巻き起こる大騒動をコミカルにつづる。 主人公はゴリがつとめ、ヒロインやその他主要キャラも沖縄出身者で固...
南の島のフリムン (LOVE Cinemas 調布)
大ヒットした品川ヒロシの『ドロップ』に続く、吉本興業×角川映画の第2弾。今回の監督はカレッジセールのゴリ。沖縄を舞台にしたなんともハートフルなラブコメディです。主演は本人のゴリが演じ、他に『真夏の夜の夢』の照屋政雄や平良とみ、諸見里大介(ハム)、ボビ...
南の島のフリムン (映画情報良いとこ撮り!)
南の島のフリムン 沖縄での恋物語。 オレンジとい子に思いを寄せている栄昇が、彼女に告白することが出来るのか? またそこへアメリカ兵が登場して、彼もまたオレンジに思いを? 一体どちらの恋が成就するのか、はたまた・・・ この映画ガレッジセールのゴリ...
南の島のフリムン (映画君の毎日)
●ストーリー●沖縄の養豚場で働く栄昇(ゴリ)は、三線名人の60歳のマサル(照屋政雄)や、後輩のヒトシ(諸見里大介)らとつるんで日々楽しく遊んでいる。30歳・独身の栄昇だったが、ある日コザにあるポールバーでダンサーのオレンジ(レイラ)に一目ぼれする。だが、ほ...
『南の島のフリムン』 (ラムの大通り)
-----フリムンって、聞いたことのない言葉。 どういう意味ニャの。 「沖縄の言葉で“愛すべきバカ”。 この映画は、監督がガレッジセールのゴリ。主人公はもちろん彼自身。 それ以外のキャストも日本人はすべて沖縄出身者で固めているんだ」 ----へぇ~っ。外国人俳優も出...
南の島のフリムン (週末映画!)
映画「南の島のフリムン」の感想・評価のまとめ。