『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ノア 約束の船』を観た(寸評)]

2014-06-13 16:34:42 | 新・物語の感想

☆こりゃ、なかなか面白かったどすえ。

 私、ダーレン・アロノフスキー監督は、『レスラー』『ブラック・スワン』と見てきて、かなりの激しい物語で圧倒されつつも、その二作があまりにも似通っているので、1激情テーマ型の作り手なのだと思い、「もうお腹いっぱいで結構だ」などと考えていた。

 だが、この作品、テーマ性は同じながらも、誰もが知っていて良くは知らない「ノアの箱舟」を新解釈で、やはり、ノアに激情の苦悩を持ち込んでいて、更には、「ロード・オブ・ザ・リング」的なファンタジー要素も感じられる盛り沢山ながらも、ちゃんと整理がされている良作となっていた。

 一部に、この作で描かれるノアの姿が、あまりにも神の教え以外に対し非情なので、賛否両論あるらしい。

 そもそもが、聖書は、説明不足の書でもあり、聖書だけに限らないが、世の聖人とは「神の言葉の解釈権を得た者」であるからして、ノアが狂信的に、自分の感じた神の教えを進めていこうとするのは納得もできる。

 私の親は明治大学を出ていて、キリスト教を勉強したので、私に、聖書からとった「ヨシュア」と言う名をもじった名前を付けた。

 このヨシュアなどは、キリスト教では聖人だが、他の異教の民を虐殺しまくった織田信長の様な恐ろしい人物だった・・・。

 そして、私たちは、ノアに対し、「エホヴァの証人」や「連合赤軍」的な雰囲気を感じるし、だが、更にはそこに、ダーレン・アロノフスキーの情念が健在であることを知る。

 大洪水までは、現世界からの脱出と言う方向性があったのだが、箱船に舞台が限定されてからは、「羅生門」的な、幾つもの正義が示される。

 それが、誰が正しいとも言えないのである。

 箱船を乗っ取ろうとした時の権力者・カインがいて、自分以外はおろか、自分らさえも消滅し完結する神の計画を進めるノアを殺そうとする。

 このカイン、けして間違っていないのである。

 だが、一言で、世の全てを「自分のエゴ」でまとめようとしたことが分かり、観客の共感を得られない。

 また、カインが支配していた世界は、ソドムとゴモラ的な状況に堕ちてもいた。

 対して、ノアは、助けられる者たちの叫びを無視し、多くの助けられるかもしれない命を無駄にし、自分の解釈による神の啓示を遂行しようとする。

 しかし、消滅すべき自分らの一族に、女の赤ちゃんが生まれたことを知り、それを殺めなくては、一族の命脈を永続させてしまうことを知りつつ、自分の考えるところの神の計画に対し、「赤ちゃんを見たとき、心に愛しかなかった・・・」との一言で、我々観客の共感を掴むのである^^;

 でもね、私は良かったよ。

 下手すると、この監督、赤ちゃんを殺して物語を終えようとしそうなんだもん^^;

 つがい・・・、神と人と・・・、ノアかカインか・・・、信仰と情愛・・・、セムかハムか・・・、天使と堕天使・・・、・・・と、多くの、安易には答えの出せない二者択一の嵐の中で、最近では珍しいノアの父性に関心はした。

 また、作中で、天地創造がダイジェスト的に語られたのは得した気分でした。

 ハーマイオニーは、相変わらず、尖った顔してました^^;

          

                                             (2014/06/13)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [邦画2作まとめて一言寸評(『... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ノア 約束の舟〜人類は滅亡せねばならぬ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Noah。ダーレン・アロノフスキー監督、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソン、レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラ ...
ノア 約束の舟 / Noah (勝手に映画評)
旧約聖書・創世記に出てくる「ノアの方舟」伝説を映像化。 キリスト教に疎い日本人には、正直、創世記の物語はちんぷんかんぷん。まぁ、アダムとイブの話は、少しは聞いたことが有るとして、カインとアベルは、その名前位は聞いたことがあるかもしれないけど、何をしたの...
ノア 約束の舟 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【NOAH】 2014/06/13公開 アメリカ 138分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース その舟に、すべての希望は託された。 旧...
劇場鑑賞「ノア 約束の舟」 (日々“是”精進! ver.F)
人類存亡の旅へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406130001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画『ノア 約束の舟』 [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2,808円(税込、送料込) 【楽天ブックス...
ノア 約束の舟 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
旧約聖書の創世記に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した大作。大洪水による世界滅亡を知らされた男ノアとその家族が、ある重大な使命を全うしようと巨大な箱舟の建造に乗り出していく。メガホンを取るのは、『ブラック・スワン』などの鬼才ダーレン・アロノフスキー...
【 ノア 約束の舟 】逆らわないから選ばれただけ (映画@見取り八段)
ノア 約束の舟〜 NOAH 〜     監督: ダーレン・アロノフスキー    出演: ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース 公開: 2014年6月13日 2014年6月13...
ノア 約束の舟 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(11) 一見、家族思いだが実はちゃぶ台返しの頑固親父。
『ノア 約束の舟』 (時間の無駄と言わないで)
なんかイマイチだったなぁ。 エマ・ワトソンは美人さんだったけど、映画自体には予告編以上の盛り上がりもなく。 ファンタジーだと思って観てるから、岩男が出ようが謎の野イチゴ ...
映画「ノア 約束の舟」いよいよ明日公開!! (Wandarlust! 映画とドラマ、ダラダラ英語雑記帳)
この夏公開映画の大本命!! 「ノア 約束の舟」 いよいよ明日6月13日(金)日本
ノア 約束の舟 (miaのmovie★DIARY)
ポスター A4 パターンA ノア 約束の舟 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【Noah】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。 それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り...
映画 ノア 約束の舟 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    旧約聖書のノアの箱舟が原作である「映画 ノア 約束の舟」。   大筋のストーリーは、知っていましたが   細かい部分は映画を鑑賞して知りました。   &...
映画 ノア 約束の舟 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    旧約聖書のノアの箱舟が原作である「映画 ノア 約束の舟」。   大筋のストーリーは、知っていましたが   細かい部分は映画を鑑賞して知りました。   &...
「ノア 約束の舟」☆スペクタクルなコスプレ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
日曜礼拝で聖書も正しく勉強している方のレクチャーつきで、いつもの月1川崎IMAXへ。 キリストの教えはきちんと1本筋が通されているようだけど、肉付けの部分がつっこみどころ満載で・・・・・
ノア 約束の舟 (だらだら無気力ブログ!)
『ポンペイ』同様、映像は凄くて見応えあった。
ノア 約束の舟/NOAH (我想一個人映画美的女人blog)
「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「ファウンテン」「レスラー」「ブラック・スワン」の ダーレン・アロノフスキー監督最新作は誰もが知る「ノアの箱舟」をテーマにした大作。 ダーレン監督は本人曰く、クリスチャンではなく信心深くないユダヤ教徒...
『ノア 約束の舟』('14初鑑賞47・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 6月14日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 15:10の回を鑑賞。
『ノア約束の舟』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
ノア約束の舟を観てきました。 旧約聖書の創世記に登場する大洪水にまつわるノアの方舟物語のことです。 けがれのないあらゆる動物が一つがいで乗り込んで洪水を逃れた話というくらいは知っていましたが、 ノアという方がいらしたのですね。 洪水になった理由を知らなか....
映画「ノア 約束の舟」 (FREE TIME)
映画「ノア 約束の舟」を鑑賞しました。
ノア 約束の舟 (心のままに映画の風景)
堕落した人間たちを一掃するため、世界滅亡を意味するような夢を見たノア(ラッセル・クロウ)は、神の啓示と信じ、家族と共に汚れなき生き物たちを守るため箱舟の建設を開始する。 舟の完成が近づくと、どこからともなく生き物たちが次々と舟に乗り込んでくるが、か...
映画『ノア 約束の舟』観た (よくばりアンテナ)
ぜ〜んぜん聖書については知らないのですが、 知らなくても大丈夫です。 創世記について序盤におおまかな説明がちゃんと語られてます。 創世記からつながる夢を見たノアは 神からの予言だと信じて、 大洪水の前に家族と岩の巨人の協力を得て箱舟を造る。 嵐の...
「ノア 約束の舟」:ハムくんがしょーもない (大江戸時夫の東京温度)
映画『ノア 約束の舟』は、「ノアの方舟」を初めてキチンと映画化した作品なのだとか
ノア 約束の舟 (心のままに映画の風景)
堕落した人間たちを一掃するため、世界滅亡を意味するような夢を見たノア(ラッセル・クロウ)は、神の啓示と信じ、家族と共に汚れなき生き物たちを守るため箱舟の建設を開始する。 舟の完成が近づくと、どこからともなく生き物たちが次々と舟に乗り込んでくるが、か...
大洪水〜『ノア 約束の舟』 (真紅のthinkingdays)
 NOAH  旧約聖書 『創世記』 より。堕落した人間たちに怒った神は、大洪水を起こし て人類を滅ぼそうとする。啓示を受けたノア(ラッセル・クロウ)は、自らの家族 と全ての動物たちのつがいを乗せるため、方舟を作り始める。  才人ダーレン・アロ...
ノア 約束の舟 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ノア 約束の舟 '14:米 ◆原題:Noah ◆監督:ダーレン・アロノフスキー「ブラック・スワン」「レスラー」 ◆主演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー 、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース ...
ノア 約束の舟 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ノア 約束の舟』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て興味を持ったので映画館に行ってみました。  本作(注1)のはじめの方では、アダムからノアまでの系譜が辿られた後(注2)、成人したノアに対して父のレメクが「アダムの子孫のお前が仕事を引き継ぐ....
ノア 約束の舟 (いやいやえん)
【概略】 ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、そして養女イラと共に、罪のない動物たちを守る箱...
「ノア 約束の舟」 (ここなつ映画レビュー)
鬼才ダーレン・アロノフスキー監督作品。ダーレン・アロノフスキーは何処へ行こうとしているのだろう?一度何処か遠〜い所へ行ってしまって、ありゃりゃと思っていたのが帰って来て。胸を撫で下ろしたのも束の間、今度は「巨匠」の方へ旅立って行く貴方。素晴らしい作品だ...