『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『はやぶさ 遥かなる帰還』を観た]

2012-02-29 21:13:35 | 物語の感想
☆う~む、「映画」ってのはつくづく面白いものだと感じた。

 <小惑星探査機「はやぶさ」>の軌跡であり奇跡を描いた作品は、短期間の間に3作品の競作を数え、数週間後にも松竹版が控えている。

 そもそもの旅路がドラマチックなのだが、しかし、こうも連続するとさすがに飽きがくると思っていた。

 先に見た『はやぶさ/HAYABUSA』の出来が良かったと言うこともある。

 だが、この、東映の渡辺謙主演版は更に面白かった。

 リアル(硬派)な画像の中、男臭さと言うか、大人の雰囲気が伝わってきた。

 ・・・映画リメイク作でもある『ドラゴンタトゥーの女』だが、D・フィンチャー監督は、オリジナルと違うものを出せると考え、リメイクに踏み切ったと言う。

 オリジナルを見ていない私には、フィンチャー版のリスベットがベーシックとなっている。

 また、今、マンガ『巨人の星』のリイマジネーション作品とも言うべき、『花形 新約「巨人の星」』を読んでいるのだが、

 同じであって同じでない、新しい面白さを存分に味わっている。

 ・・・「はやぶさ」の物語も作り手によって、全く味わいを違えている。

 それは、作り手の「計算」による、重視する箇所の変更ではあるまい。

 それだけ、人によって、ここでは、「はやぶさ」の<物語>に対しての視点の多様さを示すのだと思う。

 「はやぶさ」は、多くのトラブルに見舞われるが、同じトラブルを扱っていても、その重視する要素が、それぞれの競作作品では全く違う。

 そして、それぞれが面白い。

 おそらく、「はやぶさ」の行程には、それ(付加された創作部分も含め)を語ろうとする者(監督だったり、プロデューサー、脚本家、演出家など)の、それまでの経験や思想やこだわりが投影されるに値する「何か」があるのだろう。

 その、人それぞれの違いをこうまで表出させた映画と言うジャンルを、私はつくづく面白く感じ、

 水野晴郎のように、「いやぁ~、映画って本当にいいもんですねぇ」と呟いてしまう。

 今回の作品は、前段階は描かれず、ロケット打ち上げから始まり、

 記者が、それぞれの部署の人間を訪ね歩く中で、旅の困難さ複雑さが感じられていく。

 それらは、ナレーションを駆使し、「言葉」で語られる。

 だが、それは、作り手の怠惰ではなく、それによって、個々の役者の演技に、鑑賞者の注目がいくメリットを持ち、

 その演技から、見る者が読み取るのは、物語上の個々の人物の人間性である。

 そこに遜色がないので、この物語は重厚さを得、また、ある意味、「グランドホテル方式」として楽しめ、個々の登場人物の物語上の起伏で涙を流させられる。

 中でも、群像劇の定点観測の一人である、<はやぶさ計画>における探査機のパーツの試作品を請け負った零細町工場の、口数が少ないが醸す雰囲気で語る社長(山崎努)や、計画の広報担当をした藤竜也の、らしからぬ中庸な演技は良かったなぁ。

 念仏の鉄に<プロハンター>ですよ^^

 見る前の印象では、プロジェクトリーダー役の渡辺謙が、いかにも渡辺謙的な、メンバーをグイグイ引っ張っていく物語だと思っていたのだが、

 渡辺謙の演技が、これまで見たこともない「演技」だったので、非常に新鮮だった。

 なんか、佐野史郎がやりそうな個性的な役柄だったなぁ^^

 それでいて、内部でメラメラと闘志を秘めている男でもあった。

   PS.作中で山崎努が飲んでいるビールが、見たことないラベルだったので、とても気になった^^

                                                     (2012/02/29)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-03-01 22:07:55
Tbありがとうございます。

おなじ素材なのに、作品による違いを比較するのも面白いです。

ではでは☆
Unknown (おくやぷ)
2012-03-02 09:08:22
昔サッポロにトヨエツと共演でCMでてましたがサッポロではなかったですね
最近出ていたキリンでもなかった
なんだったのでしょう

はやぶさ残すは1作、これも楽しみです
yutake☆イヴさんへ^^ (ミッドナイト・蘭)
2012-03-02 19:26:53
ただなぁ、次の「おかえり、はやぶさ」が、ちょいとしょぼそうなんですよね^^;

これは、あえて、絶対に3Dで見て、エンジョイしてみます
おくやぷさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-03-02 19:28:54
オリジナルで作ったにしては、ビールっぽくなかったし、なんか高級そうな感じでもありましたよね。
しかし、山崎努、サッポロとキリン制覇しているんですね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『はやぶさ 遥かなる帰還』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「はやぶさ 遥かなる帰還」□監督 瀧本智行□脚本 西岡琢也□原作 山根一眞(「小惑星探査機はやぶさの大冒険」)□キャスト 渡辺 謙、江口洋介、夏川結衣、小澤征悦、中村ゆり、吉岡秀隆、石橋蓮司、       藤 竜也、山崎 努、...
はやぶさ 遥かなる帰還 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
はやぶさ 遥かなる帰還 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る決してあきらめない日本の研究者たちの意地と誇りに感動する「はやぶさ 遥かなる帰還」。かりんとうをかじる ...
『はやぶさ -遥かなる帰還-』 2012年1月19日 ユナイテッド・シネマ豊洲 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『はやぶさ -遥かなる帰還-』 を試写会で鑑賞です。 上映後に、渡辺謙、江口洋介が舞台挨拶に来ました 前にも渡辺謙は見たけど、相変わらずの良い人でした。 【ストーリー】  2003年5月9日、鹿児島内之浦宇宙空間観測所。小惑星探査機「はやぶさ」を搭載したM-Vロケッ...
はやぶさ 遥かなる帰還 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画    ドキュメンタリーぽい映画でしたが、本編とあまり関係のない   東出博と井上真理の家族のことには、ぐっときましたね。   あまり儲かっていないが、自分のやりたいことに   執着する町...
はやぶさ 遥かなる帰還/渡辺謙、江口洋介 (カノンな日々)
はやぶさ映画第二弾は東映の作品です。シネコンでこの映画のチラシを目にした人が「え?またやるの?」と話すのを何度耳にしたことでしょうか。同じ実話をベースにしているだけに ...
映画『はやぶさ 遥かなる帰還』 観てきた~♪ (よくばりアンテナ)
はやぶさを映画にした3本のうち、 2本目の観賞。 1本目『はやぶさ/HAYABUSA』を観たから、別にいいかって思っていたのですが、 ま、監督も俳優陣も視点も違うかなと思って、 たまってたポイントを...
はやぶさ 遥かなる帰還 (花ごよみ)
地球から3億キロ離れた、 小惑星「イトカワ」の地表に着陸し 岩石サンプルを地球に持ち帰るという 小惑星探査機「はやぶさ」に、 課せられたミッション。 約7年の期間、総距離60億キロに及ぶ プロジェクトを終えて 2010年6月13日、 「はやぶさ」の宇宙からの帰還。 そ....
はやぶさ 遥かなる帰還 (だらだら無気力ブログ!)
個人的には、『はやぶさ/HAYABUSA』 > 『はやぶさ 遥かなる帰還』かな。
はやぶさ 遥かなる帰還 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】竹内さんが主演のはやぶさを見たので、
はやぶさ 遥かなる帰還 (いい加減社長の映画日記)
「キツツキと雨」も迷ったけど、渡辺謙さんの演技に期待して・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 2003年5月9日、種子島にある内之浦宇宙空間観測所。 この日小惑星探査機「はやぶさ」を搭載したロケットが発射された。 緊張の面持ちで見守っていたプロジェク....
試写会「はやぶさ 遥かなる帰還」 (日々“是”精進! ver.A)
はやぶさに、夢を乗せて… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202090002/ はやぶさ 遥かなる帰還 オリジナル・サウンドトラック 辻井伸行 avex CLASSICS 2012-02-08 売り上げランキング : 19 ...
「はやぶさ 遥かなる帰還」 (みんなシネマいいのに!)
 ちょっと前にFOXのはやぶさ映画を観て、今回は東映版、この後には松竹版が控えて
はやぶさ 遥かなる帰還 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.hayabusa2012.jp/ はやぶさ3競作の第2弾。 第1弾は鑑賞済み。 はやぶさ関連でなくても渡辺謙さんが主演しているというだけで鑑賞せざるを得ない。 2003年5月9日、鹿児島内之浦宇宙空間観測所。 小惑星探査機「はやぶさ」を搭載したM-Vロ...
はやぶさ 遥かなる帰還 (Akira's VOICE)
その信号は未来への架け橋。パルス!  
映画「はやぶさ 遥かなる帰還」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「はやぶさ 遥かなる帰還(以下「遥かなる帰還」)」観に行ってきました。2003年5月9日に打ち上げられ、2010年6月13日にサンプルを地球に投下して消滅した、小惑...
映画「はやぶさ 遥かなる帰還」、小惑星探査機の宇宙飛行! (ひろの映画日誌)
2010年に、小惑星「いとかわ」からかけらを持ち帰った「はやぶさ」が日本中の話題をかっさらった。 このハヤブサの成功を記念して、この事業を映画化する企てがなされ、相次いで映画化、公開がなされている。 すでに、20世紀FOXの「はやぶさ/HAYABUSA...
『はやぶさ 遥かなる帰還』 ('12初鑑賞21・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:35の回を鑑賞。
映画『はやぶさ 遥かなる帰還』★何度でも観たい!「はやぶさ」の偉業☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      公式サイトです  http://www.hayabusa2012.jp/index.html 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/156087/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画レビュー しました。(ネタバ...
はやぶさ 遥かなる帰還 (勝手に映画評)
2010年6月13日地球帰還を果たした工学技術実証衛星「はやぶさ(MUSES-C)」を描いた実写映画。第一弾は、2011年に竹内結子主演で『はやぶさ/HAYABUSA』。これは、第二弾映画となります。はやぶさを描いた映画はもう一作『おかえり、はやぶさ』が予定されています。 第一弾...
『はやぶさ 遥かなる帰還』 (シチュー鍋の中の混沌の弐)
『はやぶさ』映画第三弾。渡辺謙の東映版。 小惑星探査機 はやぶさの大冒険山根 一眞 マガジンハウス 2010-07-29売り上げランキング : 1611Amazonで詳しく見る by G-Tools このドキュメントを原作として映画となりました。 4本の『はやぶさ』映画は、つまり同じ...
はやぶさ 遥かなる帰還 (とりあえず、コメントです)
2010年に帰還したはやぶさのプロジェクトを描いたヒューマンドラマです。 3社共同企画の中で昨年に公開された『はやぶさ/HAYABUSA』はこの壮大なプロジェクト全体を とても分かりやすく伝えてくれました。 『はやぶさ』が知識と宇宙の美しさ&厳しさを教えてくれる編だと...
はやぶさ 遥かなる帰還 【映画】 (as soon as)
はやぶさ映画第3弾 今回は渡辺謙主演、瀧本智行監督 いつもこういう情報は書かないのですが、はやぶさはカオスなので記載 関連記事 第1弾「はやぶさ -HAYABUSA BACK TO THE EARTH-」 46分ドキ...
はやぶさ 遥かなる帰還 (LOVE Cinemas 調布)
2010年6月13日に約7年の期間を経て地球へと戻ってきた小惑星探査機<はやぶさ>プロジェクトの道のりを描いた作品。主演を務めるのは日本が誇る世界の渡辺謙だ。共演に江口洋介、夏川結衣、小澤征悦といった実力派が顔を揃えている。監督は『星守る犬』の滝本智...
「はやぶさ 遥かなる帰還」 淡々としてる (はらやんの映画徒然草)
日本中が熱狂した「はやぶさ」プロジェクトの映画化作品です。 本作は東映作品ですが
「はやぶさ 遥かなる帰還」多くの困難を最後まで諦めず乗り越えた技術者たちの決断と勇気 (オールマイティにコメンテート)
「はやぶさ 遥かなる帰還」は2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げから2010年6月の帰還までの技術者たちの葛藤と勇気ある決断を描いたストーリー ...
「はやぶさ 遥かなる帰還」多くの困難を最後まで諦めず乗り越えた技術者たちの決断と勇気 (オールマイティにコメンテート)
「はやぶさ 遥かなる帰還」は2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げから2010年6月の帰還までの技術者たちの葛藤と勇気ある決断を描いたストーリー ...
はやぶさ 遥かなる帰還 (迷宮映画館)
お勉強になりましたが、ちゃんとはわかってない。
『はやぶさ 遥かなる帰還』・・・順繰り (SOARのパストラーレ♪)
M-Vロケットに搭載され打ち上げを待つはやぶさ内部をボアスコープが巡るオープニング。最初にアップになる電子基盤上の小さな部品こそが、後にイオンエンジン全停止というプロジェクト最大の危機を救うことになるクロス運転回路のダイオードだ。次いでボアスコープはX軸の...
「はやぶさ 遥かなる帰還」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
「私はメーカーの人間です!」名セリフだな。 どこで誰が言うかはこれから映画を観る人のために伏せておくけど、サラリーマンなら誰もが身に覚えがあることばよね。 でも、劇的な対立の場面はその一瞬で、あとは淡々と事が運んで行く。 はやぶさの打ち上げから帰還まで....
「はやぶさ 遥かなる帰還」:致命的な説明不足 (大江戸時夫の東京温度)
映画『はやぶさ 遥かなる帰還』(東映)は、昨秋の堤幸彦版『はやぶさ HAYABU
はやぶさ 遥かなる帰還☆独り言 (黒猫のうたた寝)
謙さんの『はやぶさ』観ようかどうしようか迷っていたらたまたま劇場到着時間が上映開始時間で待たなくてもいいのでと成り行き鑑賞してきました。竹内結子の『はやぶさ/HAYABUSA』観ていたことで状況はかなり把握した上での鑑賞だったせいもありあの作品に登場するあの人...