『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観た]

2011-09-20 22:17:41 | 物語の感想
☆いや、面白かった〜^^

 今も興奮冷めやらない。

 異星人による地球侵略を、それに反攻する(各国の)軍隊(この作品では米軍・海兵隊)の一小隊の動向を追う中で描いている。

 この作品も、私が褒め称える、『「世界全体の事件」をうまく一小隊の活躍に還元』できている稀有な作品だ。

 しかも、その軍事行動は、戦争映画のようにリアルな段取りを踏んでいる。

 最初こそは、侵略のプロローグと人物紹介に時間を割いているが、

 小隊が作戦に参加してから後はノンストップ・アクションだ。

 エイリアンも、序盤から出し惜しみされることなくスタスタと白昼のLAを人類抹殺に動く。

 二時間弱、私は画面に釘付け!

 それは、幾つかの目的(作戦)が「逃走し反撃」の大筋の間で矢継ぎ早に出されているからだろう。

 主人公・ナンツ2曹(いまいち地味な顔がいい!)が、自分らが逃走に使っていたバスが敵機から攻撃されるのを逸らすために、陽動作戦を行なうのだが、

 それがうまくいき、バスに帰ってきた後の手の震えが止まらないところなんて、良かったなぁ。

   ◇

 男ばっかの作品と思いきや、途中から他の敗残の小隊が合流し、

 その中に女の姿を見たとき、過酷な物語で、女兵士もワイルド系なのだが、私は心が癒されたし、

 後に、救った民間人の家族の中に、美少女と美幼女の姿を見たとき、

 私は、この作品の作り手は「わかってる!」と感心した。

 そして、その可愛さを堪能するためにパンフレットを買うぞ! と決めた。

 (が、パンフレットには、美少女&美幼女はタイトル写真以外は載っていなかった!^^;)

   ◇

 クライマックス・・・。

 敵の司令塔を舞台に、攻撃用のミサイルが飛んでくるので、それまで、そのマーキングライトを掲げつつ、敵からの攻撃を防戦しなくてはならない状況になる。

 3発の予定のミサイルの一発目で、司令塔のてっぺんを破壊。

 司令塔はUFO形態となって大気圏外に避難しようと空に浮上する。

 二発目は、小型UFOが盾となって司令塔にあたらなかった。

 敵の攻撃は熾烈を極める。

 そして、三発目が飛んでくる。

 やはり、盾になろうと、小型UFOが近づいてくる。

 主人公は、女兵士に「あの小型UFOをグレネードランチャーで打ち落とせ!」と言う。

 果たして、作戦は成功し、小型UFOはランチャーで打ち落とされ、ミサイルは司令塔UFOを完全に破壊する。

 私は「やったあ!」と叫んだ。

 しかし、ここ、時間の流れとしてはおかしい。

 ミサイルは市街地のビル街で、見える範囲に飛んできている。

 それを視認し、指示し、ランチャーを撃ち、小型UFOを打ち落とすなんて時間は本来はないのである。

 しかし、その時間をリアルな時間軸で再現しようとすると、「トランスフォーマー」みたいに、観ている者の目がついていかなくなってしまう。

 この『世界侵略:ロサンゼルス決戦』、最初のアクションなどはスピーディーだが、徐々に「映画的にリアル」な時間の流れが構築されていっている。

 だからこそ、「やったあ!」と共感の叫びが起こる。

 見事である^^

                                                    (2011/09/20)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (佐藤秀)
2011-09-20 23:52:19
まあ、これでも↓
http://joey-king.net/gallery/thumbnails.php?album=156
佐藤秀さんへ☆ (ミッドナイト・蘭)
2011-09-21 21:38:33
この子は凄い!!
超S級の美幼女ですね。
リンク先のアルバム、舐めるように見させて頂きます。
7◇(セブンダイヤ)の美幼女です。

えっ? あ! ああ^^ え〜っ!!
こんな子が、俺を好きに?(←バカ妄想)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
2011年9月8日 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 よみうりホール (気ままな映画生活)
今日は、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 を試写会で鑑賞です。 実はこの映画の試写会には幾つか当たったんですが 観れないと思って諦めていました。 震災中で中止になった試写会やこの間の豊洲のオーシャンスクリーンの 試写も当たってたのですが、日程合わず断念して...
世界侵略:ロサンゼルス決戦/アーロン・エッカート (カノンな日々)
当初は4月に公開されるはずだったのがこれも東日本大震災で延期になっていたんですよね。一時期は『スカイライン-征服-』の予告編と同時期に流れていたこともありましたが内容も似 ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (はるみのひとり言)
先日 試写会で見て来ました。始まりはある日世界中に大量の流星群が降ってきます。それは流星ではなくエイリアンの大群で、突然猛攻撃をしかけ地球侵略を始めます。2時間最初から最後まで、ほぼドンパッチ、ドンパッチ、銃撃戦の嵐でした宇宙人ものと言うより、戦争映画....
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (ラムの大通り)
(原題:Battle:Los Angeless) ----これって3.11のとき、 公開が延期されたうちの一本だよね。 「うん。 同じ宇宙人侵略モノの『スカイライン/征服』は そのまま公開されたのに、なぜ?って思ったけど、 その破壊ぶりが徹底的。 しかも、リアル」。 ----SFというよ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (佐藤秀の徒然幻視録)
UFOの正体見たり日本軍 公式サイト。原題:BATTLE:LOS ANGELES。ジョナサン・リーベスマン監督、アーロン・エッカート、ブリジット・モイナハン、ミシェル・ロドリゲス、マイケル・ペー ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BATTLE: LOS ANGELES】 2011/09/17公開 アメリカ PG12 116分監督:ジョナサン・リーベスマン出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ それでも人類は戦うのか――。 ロサンゼル...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (LOVE Cinemas 調布)
今年流行のエイリアンによる地球侵略映画。ロサンゼルスを舞台に、エイリアンと海兵隊員が壮絶な死闘を繰り広げる。手持ちカメラによる緊迫感溢れる映像には思わず惹き込まれるだろう。主演は『ダークナイト』のアーロン・エッカート。共演に『アバター』のミシェル・ロ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Battle: Los Angeles - 映画ポスター - 27 x 40海兵隊バンザイ!的な内容で、地球侵略を企むエイリアンをテロリストに見立てたプロパガンダ映画。延々と続く戦闘シーンに圧倒される。1942年、 ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (花ごよみ)
実際にあったらしいロサンゼルスの 不可解な出来事から69年後 彼らの地球侵略が始まった。 舞台はロサンゼルス、 宇宙からやってきたエイリアン。 そのエイリアンに果敢に、 立ち向かう10人の海兵隊員。 エイリアンと海兵隊の壮絶な市街戦が、 ロサンゼルスで展開...
映画 「世界侵略 ロサンゼルス決戦」 (ようこそMr.G)
映画 「世界侵略 ロサンゼルス決戦」
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」@ソニーピクチャーズ試写室 (新・辛口映画館)
 客席は満席、補助椅子にまで人が座っている。
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ジョナサン=リーベスマン。脚本、クリストファー=バートリニー。2011年米
劇場鑑賞「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (日々“是”精進! ver.A)
ロサンゼルスを、死守せよ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109170006/ ブライアン・タイラー/オリジナル・サウンドトラック『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 posted with amazlet at 11.09.12...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
もうアメリカの敵は宇宙に求めるしかないというわけで、世界中にエイリアンが隕石みたいな感じで襲ってくる。大気圏に入るまで全く感知されないハイテクを持っているのに、案外エイリアンが弱い。海兵隊賞賛映画になるのはわかっていたけど、迫力映像に圧倒された。映画館...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (うろうろ日記)
試写会で見ました。淳さん、相変わらず喋ってしまいます。(※前説)まー語るほどのス
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」泥臭いSF映画。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[世界侵略:ロサンゼルス決戦] ブログ村キーワード  震災の影響で公開延期になっていた話題作が、遂に公開!「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。エイリアンVS人類のバトルを描いた話題作。さあ、その出来映えや如何に? ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Akira's VOICE)
不撓不屈で戦います!  
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (風に吹かれて)
怒涛の戦闘シーンの連続公式サイト http://www.battlela.jp世界中の大都市に、謎の物体が飛来した。それは宇宙からの侵略者だった。猛攻撃を受けて次々と各都市が崩壊する中、ロサンゼルスも
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロサンゼルスを襲撃してきたエイリアンに立ち向かう海兵隊員たちの死闘を描くSFアクション。ドキュメンタリックな戦争映画の手法やUFOの実録映像を取り入れ、リアルな地上戦を展開 ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (本と映画、ときどき日常)
監督 ジョナサン・リーベスマン 出演 アーロン・エッカート     ラモン・ロドリゲス     ミシェル・ロドリゲス 1ヶ月振りの映画館です。 やっぱりアクションは大スクリーンですね☆ 世界各地の上空に謎の飛行物体が…。 宇宙人が攻めてきたぞ〜! 民間...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / Battle Los Angeles (勝手に映画評)
突如世界各地に現れた、地球外生命体。突然の攻撃に、都市は壊滅していく。絶望的な状況の中、戦う海兵隊の姿を描いた映画。元々4.1に公開予定だったのですが、3.11東日本大震災の影響で公開が延期されました。 この作品を巡っては、SPEとVFX会社が、この映画の製...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (こねたみっくす)
友の死を嘆くヒマがあれば、亡き友のために使命を果たす。それが海兵隊の誇り。 突然のエイリアン襲来により壊滅状態となったロサンゼルスで、民間人救助に当たる海兵隊の姿をモ ...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」みた。 (たいむのひとりごと)
東日本大震災のために上映が延期されていた映画のひとつがようやく公開。世界中の主要都市が壊滅的なダメージを受けまくるわけで、被災者心理に配慮して見送られたものと思われるが、それ程神経質に考えるほどのもの
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年9月17日(土) 19:25〜 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』公式サイト マイケル・ベイやローランド・エメリッヒの映画のようだ。 新味と言えば、 優男イメージが...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 ('11初鑑賞124・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:45の回を鑑賞。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 World Invasion: Battle LA(2011 SONY) (事務職員へのこの1冊)
おんもしろかったー。すげー面白かった。全世界でヒットしたのに、評価は最悪。曰く
【世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
3.11震災で公開が延期になっていた作品。ボクの中では『スーパー8』『スカイライン』とともに今年の三大異星人襲来映画の一つとして当確作。実は『カウボーイvsエイリアン』もあって四大だったことに先日気づいたのは内緒。 結果として全編かなりのヤッツケ映画感...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (538ねん。)
2,3日前に見た「スカイライン」と 同じロスがエイリアンに侵略される映画 というか、原題は「Battle:Los Angeles」 日本での公開は2011年9月の予定だとか アメリカ版のBRを購入しての鑑賞 邦題に「世界侵略」とあるように 映画的にはUSマリーンの一中隊がエイリ....
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』・・・“退却NO!”これぞマリン・コ魂 (SOARのパストラーレ♪)
流星群と思われた落下物から“何か”が現れ突如人々を襲い始める中、民間人救出に向かった海兵隊一個小隊。特別な装備を持っているわけでもないこの部隊が、エイリアンに遭遇し民間人を守りながらの戦闘に巻き込まれていく様子を描く本作。 戦闘時にブレまくる映像は実際...
大好物映画w 【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦(BATTLE: LOS ANGELES) ロサンゼルスを舞台に、地球を侵略してきた エイリアンに立ち向かう海兵隊員の死闘を描いたSFアクション。 【あらすじ】 1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行物体25機を空軍のレーダーがとら...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち (はらやんの映画徒然草)
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 人間ドラマは弱いけど、市街戦のリアルさに圧倒される。
世界侵略:ロサンゼルス決戦 @試写 (Notes こんな夢をみた。)
世界侵略:ロサンゼルス決戦 地球の資源を狙ってやって来た宇宙人と 侵略から地球を守ろうと、ロサンゼルスの防衛ラインで 孤軍奮闘する軍人達の戦いを描いたSFアクション。 試写会行けたので感想な...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (だらだら無気力ブログ!)
アメリカSF/アクション     * * * * * * * * エイリアンによる容赦のない地球侵略が開始され、世界中の都市が陥落していく中、最後の砦となったロサンゼルスで民間人保護に奔走するアメリカ海兵隊がエイリアンと繰り広げる壮絶な市街戦をドキュメンタリ...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を渋谷シネパレス2で観て、こいつはネタバレちゃうあれだろふじき☆☆☆(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆こういう単刀直入に単純明快なホラ話は楽しい】 宇宙人が攻めてきたが海兵隊は負けないぞ、 という「本気か、筋肉バカ」みたいな映画なんだけど、 海兵隊 ...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (みんなシネマいいのに!)
 震災の影響で4月公開が9月に変更。 その間にパチモンのような「スカイライン-征
映画『世界侵略 ロサンゼルス決戦』 (健康への長い道)
 東日本大震災の影響で公開延期となっていた本作品。タイトルはB級ですが、中身は・・・。 Story 2011年、直前まで観測されることなく、大量の流星群らしきものが地球に飛来する。落下場所は世界の主要都市の沖合い。それは宇宙からの侵略者だった・・・。圧倒的な攻撃...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」監督:ジョナサン・リーベスマン(『テキサス・チェーンソー ビギニング』)出演:アーロン・エッカート(『ダークナイト』『幸せのレシピ』)ブリ ...
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
海兵隊版インデペンデンス・デイ本当の戦場にドラマなんかない敵の弾をかいくぐり、敵を倒して生き延びる・・それのみの世界「Noretreat!」(退却NO!)評価は低いと聞いていたが、どう...
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-64.世界侵略:ロサンゼルス決戦■原題:World Invasion:Battle Los Angeles■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:太田直子■鑑賞日:10月10日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督:ジョナサン・リーベスマン□脚本:ク...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Battle Los Angeles) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 アーロン・エッカート 2011年 アメリカ映画 116分 SF 採点★★ “友達”ってのは、基本的には自分の近くで作りますよねぇ。わざわざ遠くに出向いて友達を作ろうなんて気は起きない。ってことは、もし宇宙人が遠路遥々地球ま...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (銀幕大帝α)
BATTLE: LOS ANGELES/11年/米/116分/SFエイリアン戦争アクション/PG12/劇場公開 監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ <ストーリー...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (いやいやえん)
アーロン・エッカートさん(好き)主演です。エイリアンVS海兵隊という分かり易い図。それも空中戦とかではなく地上戦です。 エイリアン側との圧倒的な戦力差を無視して、ロサンゼルスに特化した描き方をしているのはなかなか良い設定だったと思います。それも、警察...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (Cinema+Sweets=∞)
この作品も劇場公開していた時に気になっていた作品ではあるんだけれど、結局映画館では観れずじまい。 やっとのことでDVDで鑑賞しました。 ******************** エイリアンによる容赦のない地球侵...
【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦…ヤッツケてみた(3)けど、割とキッチリ書けてる気もする (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
おお三日連続で記事アップ出来てます そんな記事は、ほぼ当日にヤッツケで書いてアップしています ということで映画観賞記録(ヤッツケ度★☆☆☆☆) 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (監督:ジョナサン・リーベスマン、出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロ...
世界侵略 ロサンゼルス決戦 (RISING STEEL)
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / BATTLE : LOS ANGELES 2011年 アメリカ映画 コロンビア製作  監督:ジョナサン・リーベスマン 製作:ニール・H・モリッツ  オリ・マーマー 脚本:クリス...
映画 世界侵略:ロサンゼルス決戦 (こみち)
JUGEMテーマ:洋画    地球に侵略してきた異星人と海兵隊の戦いを   ドキュメンタリー風に描いているところが面白い。       海兵隊の諦めない戦い方が、今の自分と重なって &...