『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『一枚のめぐり逢い』を観た]

2012-07-02 00:36:12 | 物語の感想
☆実は、『愛と誠』の三観目にチャレンジしようと思ったんだけど、時間が合わず、こちらを見ました^^

   

 予告編で、大体の話の流れも、結末も分かっていた。

 ・・・戦争中、おそらく戦死したらしい同軍兵士の落としたと思われる美しい女性の写真に、精神的にも、そして、自分自身の感じ方の上では「物理的」にも助けられ…、そして、帰国できたと考えていた元海兵隊員 ローガン。

 そのピュアな性格を持つローガンが、帰還できたお礼を言いたいのか、それとも、その美しさに魅かれるものがあるのか、自分でも分からない状態で、その写真の女性に会いにいくというプロローグ。

 なんか訝しいものを感じつつも、ケンネルを営業していた女 べスは、ローガンを雇う。

 ローガンは、自分がここに来た理由をべスにちゃんと伝えたいのだが、うまい具合に話せないままに時は流れていき、

 ベスの祖母や息子と交流を深めていき、ローガンの寡黙な男らしさにべスも恋心を抱き始める。

 しかし、それをやっかむ、べスの元夫で、地域の有力者の息子キースがいた。

 キースは、2人の関係に嫉妬し、関係を終わらせようとする、・・・さて、と言う物語。

 話が分かっているのに楽しめるのは、大きな要因としては、演技陣のうまさと、うまい具合にはまるセリフと、キースのステロタイプの悪玉像であろう。

 私は男であるが、女々しい所為か、どうにもローガン(ザック・エフロン)の男らしさには、100%の同調が出来ないのだが、

 べスの気持ちは、人並みには理解できる。

 なので、べス視点で、物語を見てしまう。

 すると、微妙に、女らしい身勝手やエキセントリックさはあれど、同調していることもあり、とても共感でき、自己愛(^^;)で、べス役のテイラー・シリングが美しいのは見て分かるが、更にそこに、たまらない可愛さも感じられてくるのだ。

 この女性の造形は、割りと俗で、けしてヒロインとしての偶像化はされておらず、普通に性欲はあるし、情緒不安定さも示す。

 そこが良かったかな^^

 外見はすこぶるつきの美人だし^^

 主人公のザック・エフロンは、その瞳が、主人公の飼っているシェパード犬よりも、犬っころぽくて、男の私から見ると、けして男らしくないのだが、多分、女性から見るとたまらないんだろうな^^;

 ウォーキングが好きな役とのことで、やたらとモサモサ歩くシーンが多いし^^

 キースは、この作品の最大の欠点であり、最大の面白さでもある。

 権力を傘に着て、いまだに未練を持つべスにちょっかいを出し続け、ローガンとの仲を邪魔し続ける。

 あまりにも、マンガでしか見られないような下世話な悪役なのである^^;

 だが、それが、いまいち強い方向性の見えない物語に、「こいつと言う障害を無くせば、物語は収束するのだな」と言う目的を持たせ、こちらの興味を惹かせてくれる。

 こいつの、クライマックスでの暴挙などは、もう作品を根底から壊してしまうほどの、無理矢理な無茶苦茶さであった^^;

 子役の男の子は可愛いし、作品の折々に、都合のいいアドバイス(^^;)をべスにくれる祖母役のブライス・ダナーは、機転の利く美しいおばあちゃんでしたね^^

 ・・・原作では、もっともっと丁寧な描写があるのでしょうが、その断片だけが匂わされ、やや大味に作られた作品ではあった。

 それと、戦死し、ローガンにべスの写真を遺した男が、べスの兄であったことは、微妙に、この作品のテーマ性を崩していた。

 原作者は、難しい問題から逃げたな、と感じさせられた。

 離婚した夫にはつきまとわられ、新しい恋人には死なれたと言うヒロインにローガンが恋してしまい、べスも、その気持ちに応えるというラブストーリーとしての難しさが、この作品の特筆すべき箇所になると思っていたのだが・・・。

                                                    (2012/07/02)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
一枚のめぐり逢い/The Lucky One (LOVE Cinemas 調布)
『きみに読む物語』の原作小説を書いた人気作家ニコラス・スパークスの「ザ・ラッキー・ワン」を映画化。偶然拾った一枚の写真に命を救われ続けたイラクからの帰還兵が、その写真の主の女性を捜し出し恋に落ちる。主演は『きみがくれた未来』のザック・エフロン、共演にテ...
『一枚のめぐり逢い』 2012年5月3日 日テレホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『一枚のめぐり逢い』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は良かった 女優のテイラー・シリングって人が奇麗です 【ストーリー】  アメリカ海軍軍曹のローガン(ザック・エフロン)は、イラクで3度目となる職務を無事に終了し、ついに祖国の土を踏む。そのとき彼が手...
一枚のめぐり逢い (あーうぃ だにぇっと)
一枚のめぐり逢い@日テレホール
『一枚のめぐり逢い』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「一枚のめぐり逢い」□監督 スコット・ヒックス□脚本 ウィル・フェッターズ□原作 ニコラス・スパークス□キャスト ザック・エフロン、テイラー・シリング、ブライス・ダナー、ライリー・トーマス・スチュワート、ジェイ・R・ファー...
一枚のめぐり逢い/ザック・エフロン (カノンな日々)
『きみに読む物語』の原作者であるニコラス・スパークスのベストセラー小説『ザ・ラッキー・ワン』を『幸せのレシピ』のスコット・ヒックスが映画化した純愛ストーリーです。主演 ...
一枚のめぐり逢い (風に吹かれて)
ザックを堪能 [E:heart04]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/theluckyone原作: 一枚のめぐり逢い (ニコラス・スパークス著/ソフトバンク文庫)監
一枚のめぐり逢い (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Lucky Oneクチコミを見るニコラス・スパーク原作のラブ・ストーリー「一枚のめぐり逢い」。出逢いの不思議さと自分で選択する運命が絡み合う。米海兵隊三等軍曹ローガンは、イラク ...
一枚のめぐり逢い (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Lucky One。ニコラス・スパークス原作、スコット・ヒックス監督、ザック・エフロン、テイラー・シリング、ブライス・ダナー、ライリー・トーマス・スチュワート ...
一枚のめぐり逢い (心のままに映画の風景)
海兵隊のローガン・ティーボウ(ザック・エフロン)は、戦場で一枚の写真を拾ったことで、奇跡的にイラク派遣から生還する。 命の恩人と感じたローガンは、写真に写る女性を探すためルイジアナへと向かう...
幸運な男/ザック・エフロンよ、何処へ行く? ~『一枚のめぐり逢い』 (真紅のthinkingdays)
 THE LUCKY ONE  イラク戦争に従軍していた海兵隊員のローガン(ザック・エフロン)は、戦地で 一枚の写真を拾ったことで爆撃を避けられ、生還する。写真には美しい一人の 女性が映って...
一枚のめぐり逢い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(13) 本作のMVPは、物語りに緊張感を与えていた女性の
一枚のめぐり逢い (とりあえず、コメントです)
『きみに読む物語』のニコラス・スパークス著の同名小説を映画化した作品です。 ザック・エフロンが暗そうな顔をしている予告編を観て、どんな話だろうと気になっていました(^^ゞ 写真に導かれるように出会った二人の運命に、最後まで目が離せないような物語でした。
『一枚のめぐり逢い』・・・戦場で見つけた写真に導かれて (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争に派遣された海兵隊の青年が戦場で一枚の写真を拾ったことで奇跡的に生還し、帰国後写真に写る女性を訪ねていくというベストセラーの映画化。ラブストーリーとして悪くはなかったが、正直期待したほどの作品ではなかった。
一枚のめぐり逢い (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Lucky One監督:スコット・ヒックス出演:サック・エフロン、テイラーシリング、ブライス・ダナー、ライリー・トーマス・スチュワート、ジェイ・R・ファーガソン
一枚のめぐり逢い     評価★★★65点 (パピとママ映画のblog)
イラク戦争の最中、見知らぬ女性が写った一枚の写真のおかげで命を救われた軍曹が、任務終了後にその女性を探しに行き恋に落ちるが、ある事情により二人の間が引き裂かれるラブストーリー。「きみに読む物語」の原作者で知られるニコラス・スパークスのベストセラー『ザ・...
『一枚のめぐり逢い』新しい愛で前に進める (Healing )
一枚のめぐり逢い ★★★ 喪失を埋めるのは 新しい愛であってもいい 戦地のイラクで見つけた、一枚の写真。 なぜかその写真を肌身離さず身につけていると、何度も命拾いした。 帰還した海兵隊のローガンは、彼女を探すことにする・・・。 『きみに読む物語』『メッセージ...