どこまでだって歩いていけるさ

2012年1月22日 それまでの日記を引き連れてOCN Cafeから移住。
新しい扉の向こうには何があるのだろうか。

一回で

2015年06月20日 | 日記
自宅から歩くこと10分ほどのところに大型スーパーがある

先日作ったクレジットカードを使用すると5%の割引になるというので 家庭用品を買いに出かけた

30年以上も前に出来たこの商業施設を昔はよく利用したのだが 両親が亡くなってからというもの数えるほどしか出かけていない

最近の駅前の開発も含めて そこまでの風景がところどころ変わっているのを目にすると あらためて時の流れを感じる


レジに並んであのよく耳にする言葉「一回で」を私も生まれて初めて言ってみる

誰もが普通に使っているクレジットカードではあるが 私にはまだこの便利さがまったくわからない

自分が使える範囲の現金を持ち歩けば済むと思うし いざとなればキャッシュカードというものがあるではないか

海外に行くのであればまた話は別だろうが


ポイントをつけてまでカードを使わせる

割引をしてもカードを使わせる

その裏には 支払いを先送りにすることでなんとかお金を使わせようという 無駄な買い物もさせようという魂胆が見える(大量消費社会には向いていない私・・・)

勿論 賢い使い方をしている人の方が多いのだろうとは思うし そうでなければ社会は破たんだ

ただ 子供の頃からずっとお小遣い帳をつけている私にはどうも馴染めない

帰りに カード支払いの分だけ振込みをしてきた


会社の新人 頑張ってはいるが 狙ったようにミスをしてくれる

注意事項は全て伝えてあるのに 忘れてしまうのか 確認不足なのか 迂闊なのか

性格もあるのだろう 特に二人のうちのひとりが心配

やる気満々で真面目なのはわかるのだが 仕事の怖さをまだわかっていない

「一回で」わかれ というのは無理な話なのだろうか

最近では彼女たちに仕事を振り分け 私はなるべく手を出さずに監督に徹しているが まだ2か月なのかもう2か月なのか悩むところ

自分で仕事をしたほうがどれだけ気楽なことか

私もあと8週間

会社の先のことなどどうでも良いし(各自が判断し選択し 覚悟すれば良いだけのこと) 後ろ髪を引かれる気持ちはさらさら無いのだが 少々心にひっかかる


今度の月曜の朝礼スピーチは私の番

今回が最後となる

あと「一回で」終わり

出社があと「一回で」終わる日まで 出来る限りのことはしていくつもり

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

退職日決定

2015年06月13日 | 日記
やっと梅雨入りした

梅雨入りを待ち望んでいたわけではないが これを通り過ぎなければ退職への入口は遠いというわけで 這えば立て 立てば歩めの・・では無いのだが 次に待たれるのは梅雨明け

そうなればあともう少し

けれど それはいつなのか?そういえば定年退職したいと願い出て承諾してはもらったものの それっきりだった

そろそろこちらもそれなりの支度をしないといけないので 先日訊いてみた

会社の規約ではどうなっているのかと尋ねると 誕生日ということだったので では8月25日ですね とそこではっきり決まった

それならば 夏休み以降は有給休暇にしたいと切り出そうとしたら 相手から あまり時間が無いのでその分の上乗せはするから有給休暇は取らないで欲しいというようなことを言われた

二人増えた上にそう仕事が忙しいわけでもなく 休暇は簡単に取れるかと思っていたのだが 何を心配しているのか それとも私の休暇が羨ましいのか 

もしも休暇を全て申請したら40日近くになるだろうし 私もそこまでは望んではいなかったのだが 今更彼の意向に反して願い出る気持ちも無く 結果 あと9週間 まだ45日ほど出社することになった


私の退職の時にぱ~っとやらなくっちゃね と言い出した

あぁ・・・きたか・・・ 

気持ちは嬉しいのですが 今までの退職者たちも断ったり(色々な理由こそあれ)特別なことは無かったので 私も静かに去りたいと申し出た

少しがっかりしたようで だって20年だよ と(19年6か月なんだけどね~)

じゃ 納涼大会っていうことで・・・うちの会社 そういう機会あまり無いしさ・・・と(あたいはダシか?)

私と無関係にやるのであればそれは構いませんけれど と意思だけは伝えておいた


さきほど クレジットカードを申し込んだ

あははは 今時一枚も持っていない大人もいるのだ

退職したら作りにくいだろうと思い 一枚くらいは持っておこうと決心した

私のことだからそう使うとは思えないが あれば便利ということもある

年金通帳を確認したり 退職後の手続きなども調べ始めた

私が苦手とし もっとも嫌いでもある手続きなるものを今後は自分でしなければならない

めんどくさいなぁ とは思うけれど 会社員という身分を失う代わりに晴れて自由を手に入れるのだがら 代償としてそれくらいは覚悟するべきだろう

今 ネットから申し込んだクレジットカード会社から 本人確認の電話がきた

今までの人生でも何度か自立の段階を経てきたが いよいよ最後の 本当の意味での自立の始まり

願わくは どこまでも自分の足で立ち 歩き続けたい


追記:本人確認の電話の後 メールでカードの用意が出来たとのこと!人生初のカードを受け取りに行ってくる~~

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加