どこまでだって歩いていけるさ

2012年1月22日 それまでの日記を引き連れてOCN Cafeから移住。
新しい扉の向こうには何があるのだろうか。

感謝!

2005年10月30日 | 日記
身も心も満たされた時を過ごすと

明日への新たな力が漲ってくる

感謝!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿の種

2005年10月27日 | 日記
此処で足跡の会話や 日記を読んで

人は何を感じているのだろう

見知らぬ貴方を想像し・・・

それは半分は当たりで 半分は違うかも

人は顔をつき合わせて話してみないことには…

そう言う友もいる

同感である

ところで 柿ピーを買ったのに…ピーナッツのほうがずっと多い

ピーナッツばかりが残ってしまった

今度から 柿の種を買おう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

占い

2005年10月26日 | 日記
先日本屋に行ったら 来年の運勢の本が並んでいた

ほう~もうこんな時期かと思ったが 買うことは勿論 見ることもしない

「女性は占いが好き」らしいが 「占いが好きなのは女性である」というのは否だし

「占いが嫌いな人間は 女性では無い」も否である

否であると言わないと 私の女性としての立場が無くなる

それでなくても大分失いかけているのに…

私には 手相を見てもらったり 占いをしてもらう人の気持ちが判らない

話半分としても 嫌なことを聞いちゃったら気になるだろうし

良いことを聞いても 実現しないと寂しい

もっともその良いことに煽てられて 木に登ってしまうかもしれない

来年は○○に奮起しなさい 良い結果が得られます なんて言われたら

おっ ちょっと頑張ったりしてみようかな~なんて思ったりもして

それが結果オ~ライだったりしたら…

だからこそ 私は占いを敬遠してしまう

占いの信憑性を問う気はないし 信じる人を馬鹿だなぁ~と思ったりもしない

そういうものに関心が無いのは 多分私は自分の自由意志を尊重したいし 信じたいのだろうと思う

結果が良ければ どうよ 私って凄いジャン!って思いたいし 

結果が悪くても それが自分だってあっさり敗北宣言して ま いっかぁ~

実際 人は色々なものを信じたがるものだ

権威を信じ 肩書きを信じ 似非宗教を信じ やせ薬を信じ 天気予報を信じ UFOを信じ 鰯の頭を信じ 

果ては 今日と同じ平凡だが安定した明日を信じて眠る

まさに信じる者は救われるのだ

だって とことん信じてたら どんな解釈だって成り立つでしょう?

それって案外幸せの境地かも

でも 私が一番信じたくて信じられないのは 自分のようだ

とことん信じたならば 幸せだろうけれど

でも世間からは非難轟々 礫が飛んでくることだろう

此処はひとつ 何の因果か占ってもらう必要があるかもしれぬ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足跡考 #2

2005年10月25日 | 日記
不特定多数の人間の目に曝されるのがネットの世界だし 何よりそういう物なのですが

私の日記は特定少数の人の目にしか触れない

だから今日は その不幸な?運命を逆手に取って 言いたいことを言ってしまおうと

私にはある人の足跡が 凄く気に障っています

あっ こんな私のところへ度々足を運んで下さる方々のではありません 念の為

その人はボランティア活動に熱心なようで なかなか素晴らしい活躍をされているご様子

立派なものです なのに 何ゆえ 私は不快に感じるのか

私が知りたいのは 彼のことでは無く そう感じる自分のことでした

先日の「足跡考」で 私は曖昧ながらその事を書きました

でも自分でも納得できず 日々考えています

一度(ひとたび)引っ掛ると 何でも納得できないことには前に進めない 嫌な性格です

友達無くしますかね~でも これが私なのですから 仕方無い

つまりは 彼と私の足跡の定義が違うという事なのかもしれません

私は此処で明日の天気を知りたい訳でもなく 新しい情報を得たいと思っている訳でもない

平凡な普通の人が それぞれの人生を大切にし 日々を自分なりに創り上げていく

その声が聞きたいし 私もそのつもりで書いています

それが どんなにいとおしいものか…

足跡は うっかり訪問してしまった人のサインだから どう残そうと自由です

でも 私は人の礼儀として 訪問する限りは挨拶があって良いと思うのです

例えそれがどんなに正義であろうと 貴方のプロパガンダを聞きたくは無い

それよりも 今日は寒かったね~ とか こんな良い事があったよ~ とか そんな声が聞きたい

貴方の足跡は 正義を主張する人の声に聞こえます

正義は 互いの心に存在する

一体 善とは何か 正義とは何か 寸分も迷わない貴方の声に 苛立ちを覚えるのかもしれません

私は自由を愛するし 尊重する

自由とは…ボランティアなんてって思って 鼻くそほじってゴロンと横になって 趣味に熱中する

それもまた善しと思うことです

私からすれば 貴方は事を見て人を見ていない そんな感じがします

どこか アメリカが正義を御旗にしてる行為と似たものを感じるのかもしれません

当然ですが 飲んでの話です 私ですからね

言葉の責任は持ちますが まだまだ考えは浅いでしょう

もっと深く掘り下げたい そう思っています

判った顔をするほど怖いものは無い

判らないものを 判らないままに受け止め でもね っていう会話があること

それが良いと思うんだけど…

まっ これは未完だけれど 考える価値はあります

問題は…酔っ払いの自分に考えるアタマの余地があるかっていうことかなぁ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足跡考

2005年10月23日 | 日記
他の方がどう思っているか知らないし どう思おうと自由だけれど

私はご挨拶だと思っている

今日は楽しかったね

ん?お疲れ?

悩んでるのかぁ~

頑張って でも無理するな

え~~私もそれ好き~~

そんな単純で でもほんのり暖かい会話

例え一度きりでもね

どんなに立派な言葉でも 気持ちの無いものは届かない

人と人が接する時は タイマンで

これが私のスタイル

ということで 定型の人には申し訳ないけれど

でも ご遠慮願いたい気持ちです

って言っても こんなの読むわけないよね~

やっぱり酔っ払いの戯言でしたぁ~~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加