どこまでだって歩いていけるさ

2012年1月22日 それまでの日記を引き連れてOCN Cafeから移住。
新しい扉の向こうには何があるのだろうか。

きてます きてます

2017年06月12日 | 日記
今日は家の中と外の掃除

家の周囲を一周して 小さな草を抜く

砂利の中にも根を張ろうだなんてさすがは雑草 すごい生命力だけれど 残念なことに土のベッドでは無いために軽くすっと抜かれてしまう

今は二週間に一度ほど 十数本の小さな雑草を抜くだけで済んでいるけれど 長い年月 これでもつかどうか

玄関先の掃除もして 外は終了

今日はわずか6分の腹筋運動だけにした

きてます きてます きてますよ

効果・・・じゃなくて 筋肉痛・・・

筋トレは毎日はやらない

多分そのほうが効果的だと思うし それよりも前にね 二日目にしてお腹が明日は勘弁してって言ってるのよね


今日 都・区民税の納付書が届いた

私の計算通りの額だった

退職した翌年度は 前年度の収入のためにまだ高かった

そして二年目の今年度は 昨年の土地売却のためにまた高い

いよいよ来年度からやっと安くなるはずだけれど 喜ぶべきか 悲しむべきか 

待たれるのは健康保険料の納付書

見たことも無い金額が楽しいような怖いような

目の玉を落とさないようにしっかり押さえておかなくっちゃね
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筋トレ | トップ | 静かな雨の一日 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
草取り後の一杯は? (春庭)
2017-06-13 00:35:03
普段動かさない筋肉を使うと、もろに筋肉痛になりますよね。でも、負担使わないところを動かすのがいいんですって。

無理することはないのだけれど、将来の健康生活をめざすには、ゆっくりとすこしずつね。
草取りも運動のうち。

だいじな税金、まともなことにつかわれますように。
Unknown (みらいさすが〜)
2017-06-13 07:19:34
しっかり考えないといけないんだなあ〜
我が家は二人とも苦手だなあ〜
早くも前途多難ですが、少しずつ変化する予定です。

あとは健康保険料ですか?
それがわかれば肩の荷も降りて、徘徊開始かな?
楽しみです〜
春さんへ (yokochann)
2017-06-13 10:11:40
そうそう・・足や腕は使うけれど、お腹の肉なんてそうは使わないものね。
草取りは運動にもならないくらいなの。
敷地内を一周しながら、ぽつん、ぽつんとある小さな雑草をすくっと抜くだけ。
5分ほどで終わります。

柔軟性と筋肉、骨密度は大事だと感じました。
春さんはダンスで鍛えてるものね。
みらいちゃんへ (yokochann)
2017-06-13 10:15:03
あははは・・・労働者のうちは大丈夫。
ローンの無い生活をすることが年金者にとっては大事かも。
退職金や二人の年金があれば、普通に暮らしていけますって。
あとは健康かな。
貧乏人にとっては健康が何よりの貯蓄、保険ですよ~。
草予防マット (すみとも)
2017-06-13 16:47:20
それでも砂利の間から 少しは出ますか?
田舎でも 庭師不足で 庭木にも手を焼いていますよ 草予防マットもお金がかかるし~~で 悩みの種になっていますよ。 

そうそう、栗の花は我が家のではありません。 近所のお寺さんのです。

きてますきてます・・・は 筋肉痛と税金納付書ですか^^

   
すみともさんへ (yokochann)
2017-06-14 10:47:26
シートの上のわずかな土の上に根を張るのかと思います。
そのせいで、簡単にすっと抜けてしまうのが、なんだか哀れですけれど・・・。
本当にわずかしか生えませんから一応効果はありますが、長い年月にわたって使えるわけではなく、シートの劣化などでいつかは・・・。
土を固めてしまう方法もありますが、これも仕上がりは綺麗です。

そちらでは、庭といってもみなさんそれなりの広さでしょうから、大変かと思います。
あまり好きではありませんが、除草剤(ラウンドアップ)を使うのが一番かと。
全て枯れますから、あとは竹ぼうきなどで集めるだけです。
庭木は・・・高木になると大変ですよね。
頼んでもかなりの金額になりますし、そういう庭は素敵ではあるけれど、維持するのは経済的にも肉体的にも大変なこと、よくわかります。

そそ・・・どちらかというと、筋肉痛の方が^^(笑)。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。