どこまでだって歩いていけるさ

2012年1月22日 それまでの日記を引き連れてOCN Cafeから移住。
新しい扉の向こうには何があるのだろうか。

気持ち 気持ち

2016年12月20日 | 日記
今週末くらいまでは暖かいという

今日も午前中は曇りがちだったが 午後からは晴れてきた

午前中に 家を見るついでに税務署に寄ってみた

住宅の取得税というものが 自己申告なのか 勝手にやってくるものなのかを知りたかったのだ

それは都税事務所に訊いてくれと言われた

そうか そうだったのか そうだよね とは思ったけれど 税に関しての知識くらいあるだろうし 教えてくれたっていいじゃん

電話をしたら 固定資産税の査定の後で決定するのだそうだ

全て申告しなくても 登記が終わったらちゃんとお知らせが来て 査定を受けることになる

税金の使い方に関しては文句があっても 脱税をする気持ちはこれっぽっちも無いし 払うものは払うつもりだから 敵?の登場を待っていれば良いとわかって これは解決

登記に関しては すべて工務店に依頼した

たとえその費用に手数料を支払っても 私は頼んだほうがいい


土地売却の所得税の申告もしなくてはならないが 他の所得等の確定申告は昨年経験済みなので なんとなくわかってはいる

来年はこの収入のために目玉が飛び出るほどの健康保険料を支払わなくてはいけないが(すごいだろう~ あぁ・・・涙) 再来年からはいよいよ楽になり 私の今後の生活設計の概略がわかるはずだ

年金自体が少ないのだから 今更少し減らされようが もう知ったこっちゃない

何があっても頼る人も無く だからひとりで生きていくんだ!(エヘン)

ってか 誰も頼る人は居ないし~~(涙)


時々 これまでどんなに親に頼って生きてきたことかと知らされる

経済的にも精神的にも 最低限の自立はしてきたつもりだし 両親の死後もそれなりにやってきたつもりではあったけれど こうして 税金の申告だの これから先にやってくる固定資産税の審査と住宅の取得税だの こんな時に父が居てくれたらなどと甘えたことを思ったりする

それに 特にそういう手続きって嫌いだし・・・・

友達も これから先 両親が亡くなった時のあれこれの手続きを 自分一人でできるのかと心配している

私も大変だったけれど それでも何とか無事に二人を旅立たせ その後のこともなんとかなったから大丈夫

そうだよね 何をどうするんだかわからなくても あれこれ頼むところに頼み なんとかなった

この私でも やるっきゃない時はなんとかなるのだから これから先の私だってきっと何とかなるのだろう

少しナーバスになりかけていたけれど 勇気がわいてきた

気持ち 気持ち やってみせるさ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末らしくない年末 | トップ | あと少し あと少し »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えらい! (春庭)
2016-12-20 22:33:39
そうそう、その意気!きっとご両親「立派に自立できる娘に育ってくれた」と、ご安心でしょう。
ひとりですっくと立っている姿、かっこいいです。
でも、ときどきはぐずっと崩れてもOKよ。それもあり。
とりあえず、引っ越しやら税金やらひとつひとつクリアして、暖かい春まであとひといき。
春さんへ (yokochann)
2016-12-21 08:23:32
自立するのは当たり前のことで、多くの人がそうしてるのにね^^。
ひとりで立っているのは確かなのだけれど、果たして「すっくと」かどうかは怪しいものです^^。

でも、春さんに「えらい!」と褒められたので、気を良くして頑張ります♪
Unknown (みらい)
2016-12-22 11:43:35
大学を卒業して、就職して、
一人で心細かったことを思い出しました。
全然違いますが、
でも大丈夫〜
みらいちゃんへ (yokochann)
2016-12-22 12:44:51
そうだよね・・・普通の人は、親が居るとはいえ、就職や進学で上京したり、結婚だって一大事だし、知らない土地で知らない人たちと生活をする人もいるんだものね・・。

私は臆病で、甘えん坊なんだろうなぁ・・・・。大人じゃないと思う事もしばしば。
これも良い修行だと思って、一生懸命やるね^^。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。