どこまでだって歩いていけるさ

2012年1月22日 それまでの日記を引き連れてOCN Cafeから移住。
新しい扉の向こうには何があるのだろうか。

四万六千日とくれば もうすぐお盆

2017年07月10日 | 日記
四万六千日

たった一日でこれだけの日数分お参りしたことにしてくれるという マジ安上がり 超エコな日

126年分とはなかなか現実に即した数字だと思うけれど この数字の由来ははっきりしていないそうだ

子供の頃 浅草のほおずき市に叔母が 私と私の友達も一緒に連れて行ってくれた

なんだろう 私は好きになれなくて・・・人は多いし 暑いし あまり楽しくなかった

梅雨明け前で暑くて蒸す上に あの真夏の青い空とは違う どんよりとしてわずかに明るく そのくせ何時雨を降らせるかわからないもやっとした感じが 子供の頃から嫌いだった

ホオズキは我が家の庭にもあったけれど これもあまり好きにはなれなかった

漢字で「鬼灯」と書くと知ってからは 怖さも加わった

お盆では提灯に見立てて飾り付けもするし ほおずき お盆 梅雨の空気がからみあって 雨の梅雨の日以上に生理的に苦手だ

あの庭でやった迎え火だか送り火だかを 蚊が来るといやだなあとしか思わず それにあまり参加もしなかったし お盆用のセットも全て捨ててしまった罰当たり者だから 今更お参りをしてご利益をいただこうなどと思えた義理ではない

乗って帰ってくる馬も 暗い道を照らす提灯も無いから みんなの魂は帰って来られないね

それよりも前に 戦死した伯父 私の生まれる前に亡くなった祖父 戦前に5歳で亡くなった叔母たちは この家も私の事も何も知らない

ご先祖様ってどこまでを言うのか どこからなんだろうか

スーパーでお盆のセットを見ると 何かせなあかんやろかと思いつつ お墓掃除だけでいっかと横目で見て通り過ぎる

帰って来られなくたって あたいが行くからいいよね

お盆にお墓に行ってみるかなあ

蚊が怖いんだけど・・・  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満月の夜に | トップ | 朝の小さなひっかかり »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうでした (みらい)
2017-07-12 07:43:47
四万六千日、お参りに行かなくっちゃ、
と思いながら一度も行けてないです〜
来年こそは!

お盆のお墓は暑さより蚊が心配な気がしますね。
ヨッコちゃん美味しそうですものww
Unknown (春庭)
2017-07-12 09:31:40
きゅうり馬がなくても、ちょうちんがなくても、帰ろうと思っている魂はきっと帰ってくる。
妹は、「お墓の帰りには肩が重くなる」と言っていました。ときどき、「知らない家の霊がいっしょについてきた」なんてことも言っていましたが、ちゃんと供養していました。
yokoちゃんのご両親も、ちゃんとご帰宅だと思います。会いたいと思う人の心に帰ってくるのですから。
そちらは (すみとも)
2017-07-12 16:52:37
お盆は新暦ですね! 7月13日からですね。 こちらは月遅れと言って 8月13日からです^^

迎え火を焚く家は少なくなりました 大丈夫 ご先祖様はちゃんと帰ってらっしゃいますよ^^
お墓はお盆の間は 留守になりますね。

お仏壇にお参りして ビールでご報告をなされば 喜ばれますよ^^

四万六千日は初めて聞きました! 超エコな話ですね^^
みらいちゃんへ (yokochann)
2017-07-12 21:16:26
観音様にお詣りするのですよね。
鎌倉では8月10日にあるそうです。
次の日が山の日でお休みだから、いいかもね。
でも・・・すっごく混みそう・・・・。

お墓は明るくて、日陰も無い場所なのに・・・だから曇りの日には行きたくないの。
春さんへ (yokochann)
2017-07-12 21:20:52
ありがとう。
魂なんて無いと思いつつも、もしもあるならば・・・って期待しちゃったりなんかして^^。
足が無くてもいいから、一晩くらい帰ってきて欲しいって思う。
私がおんぶするし。(魂なら軽そうだしね)
すみともさんへ (yokochann)
2017-07-12 21:27:51
そうなのです。東京はなぜか7月です。
喜ばれる・・・そう思いたいのですよね・・うん、そうあって欲しい。

そうなのです。
126年分ですから・・・こんなにお得なものはありません~♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。