goo

Mantis



出来上がった部材が増えてくると、ひとまずの達成感。

作業台の上に並べ、毛布を掛けてから帰宅です。




外壁沿いに生えてきた木にカマキリの卵があったので、切るのは春にしようと思ったのが昨年末の事。

そろそろいいかな、と確認すると赤ちゃんが。
生まれたてのようです。

…あと何匹出てくるのか定かではないので、この木を切るのは来週にしておきます。


EVEN-Top






















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Sakura



昼に、丘の上にある近くの公園へ。

桜が満開を迎えています。今年は遅かったですね。

写真に収めることはできなかったけれど、桜の花の蜜を吸う?メジロもたくさん目にしました。



工房周辺では初めて見る花も。

あちこちカラフルになってきて、気持ちも上がります。


EVEN-Top

















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Clear Sunday



最近は黄砂のせいか花粉のせいか、空気が霞んだ日が続きましたが、今日は比較的澄んでいました。

この時期寒い日が例年よりも多いからか、今年はつくしが一気に出るというよりも、点在して生えています。
群生した姿はあまり見かけませんが、その分長い期間つくしを目にします。

春は着実にやってきていますね。




家具屋を始めた頃に購入した鉋(寸四)。 十数年選手。
便利なサイズで 「使いまくってきた」 鉋です。

当初は調整のために毎回無駄で下手に台を削っていた事もあって、今ではその厚さが2cm位になってしまった。

薄くなると刃口が広がったり刃の固定が緩くなったりといろいろと弊害があります。
台を新しくしようかとも思ったけれど、修理にチャレンジ。

刃押さえ用の鉄の棒を新しくし、刃口を黒檀で埋めて気持ちもスッキリ。

これであと2,3mm薄くなるまでは使えます。


オーダー家具-EVEN























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Banknote



先週、パウダールームの収納をリノベーションしてきました。

写真を一体化してしまったので少し見にくいかもしれませんが、左から右にビフォアーアフターです。

開き戸のみだった収納を、高さとして使用可能な範囲までは抽斗に。
配列は収納予定の中身と、その使用頻度をベースに決定しています。
心配していた元の造りもきちんと寸法や角度が出ていて、比較的スムーズに施工できました。

建具の色合いと統一されたことによって自然で、木目の有機性が加わることで空間に奥行感も。

何度もご依頼頂いているクライアントですが、これまで全てブラックウォールナット(b/w)です。

邸宅の雰囲気を段階的に統一するお手伝いができ、それを毎回見させてもらえることはありがたく、喜びです。




裏山の一角にいろいろと捨ててある場所があるのですが、そこで金庫を発見。

かつて昭和初期の新聞に包まれた漆のお盆がたくさん出てきたポイントです。

この中には旧万札がぎっしりと詰まっているに違いない…と、しばし妄想。


EVEN-Top





















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Black Walnut



製作してきた抽斗たちの最終オイル塗装が完了。

磨き上げた国内挽きのブラックウォールナット(b/w)の、艶のある質感は、本当に美しい。
加工性も良くて、とても優秀な木材です。

しかしながら知る限りではここ15年間、価格は上昇し続けていて、近年は気軽にお勧めしにくくなってきた。
もう少し落ち着いてくれることを願いつつ、今扱えている事を噛み締めています。



EVEN-Top


























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ