goo

ノーリターン

巨大ロボット「メック」を操縦して最大10分間の戦闘を行う。戦闘時に自分のメックを破壊されれば、脱出ポッドで命こそ助かるが戦場への復帰はできない。
これが、戦闘シミュレーションゲーム『バトルテック』における「ノーリターン」のシステムである。

勿論、1回1000円を支払って行うゲームなのに戦闘開始から僅か数秒で終わってしまうことがある「ノーリターン」だけではビジネスが成り立たないため、通常の遊びに使える「リターンあり」のシステムが用意されている。
この「リターンあり」なら、ポッドで脱出する15秒ほどのタイムロスはあるものの、メック破壊後も何度も戦場へ復帰できるため、1000円で買った10分間はずっとゲームを楽しめるのである。
因みに、『バトルテック』における「ノーリターン」のシステムは、最近注目を集めている「ハイリスク・ノーリターン」とは無関係である。


この「ハイリスク・ノーリターン」な「ユナイテッド・パワー」の件を知ったのは、「マルチ商法会社から苦情がありました。」という記事を読んだときだった。
マルチ商法:MLMに対する考えは、「ブックマーク、いらない」のコメント辺りから読み取ってもらうものとして、マルチ商法が「ハイリスク・ノーリターン」であるということは、正にその通りだと思うし、先の記事の注釈にもあるようにむしろ負の資産であると思う。


ビジネスを成立させるために、『バトルテック』では「ノーリターン」を大会や技量検定・トレーニングなどの、参加者全員が納得している場合に限定して適用していた。
# 正直「ノーリターン」のゲームも面白いのである

それに比べて、「ハイリスク・ノーリターン」がデフォルト(既定値)であるようなマルチ商法では、どう考えてもビジネスは成立せず、ピラミッドの頂上にいるノータリンが美味しい思いをするだけのシステムなのだと思う。

学生マルチの危険が危ない! - ぽんすブログ 2005年07月26日04:00
マルチ商法会社から苦情がありました。 - takoponsの意味 2005年11月09日11:23
高額STBを売るマルチ商法の会社から個人ブログに苦情 - ARTIFACT ―人工事実― 2005年11月28日14:31
はてなブックマーク > ブックマーク、いらない > mlm
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2038年問題とU... gooブログライ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。