マイクロソフト試験情報

マイクロソフトについての最新試験情報を含んでいます

Juniper JNCIS-SP JN0-360認定試験概要

2016-10-18 14:35:24 | Juniper
JN0-360試験の受験者はジュニパーネットワークス独自の技術に関する能力を証明できます。
JNCIS-SP JN0-360試験のトピックは、推奨される講師主導型トレーニング コースの内容およびその他のリソースをベースとしています。
Juniper JNCIS-SP JN0-360試験に合格する方法を考えるときに、それはあなたのコンピュータを開き、Testpassportのウェブサイトをクリックする方が良いでしょう、そして、あなたが欲しいものが表示されます。
TestpassportはJuniper JNCIS-SP JN0-360試験の合格率を改善するためのウェブサイトです。
Juniper JNCIS-SP JN0-360認定試験概要:
試験コード: JN0-360
試験名称:Service Provider Routing and Switching, Specialist (JNCIS-SP)
筆記試験:世界各地のピアソン VUE テスト センターで管理
試験の所要時間: 90 分
試験形式: 選択問題 70 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格: JNCIA-Junos
Junos ソフトウェア リリース: 14.1
推奨されるトレーニング:
Junos 中間ルーティング(JIR)
Junos サービス プロバイダ スイッチング(JSPX)
Junos MPLS および VPN(JMV)
その他のリソース:
Junos マニュアル一式
RFC 4291: IPv6 アドレッシング アーキテクチャ
実務経験
模擬試験: スキル レベルの評価や知識のギャップの把握に、この無料の模擬試験をご利用ください。 この模擬試験は、要領を得るまで、何回でも繰り返し利用できます。
TestpassportはJN0-360試験に合格する必要があることを知って、試験を通してあなたを助けることができる、あなたのための高品質のJN0-360勉強材料を提供します。
受験者は提供したJuniper JNCIS-SP資格JN0-360(Service Provider Routing and Switching, Specialist (JNCIS-SP))受験資料を利用して、試験は問題にならないだけでなく、高い点数も合格することができます。
弊社のJN0-360問題集を勉強したら、プロトコル非依存型ルーティング、オープン最短パス ファースト(OSPF)、Intermediate System to Intermediate System(IS-IS)、境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)、レイヤー 2 ブリッジングおよび VLAN、スパニング ツリー プロトコル、マルチプロトコル ラベル スイッチ(MPLS)および MPLS VPN、IPv6、トンネル、高可用性についての試験内容を習得でき、あなたがよりよくJN0-360試験の準備をすることができる最高の方法です。
下記はJuniper JNCIS-SP JN0-360試験内容:
1. Topic 1, Volume A
Which two statements are true about MPLS VPNs? (Choose two.)
A. With Layer 3 VPNs, the provider’s routers participate in the customer’s Layer 3 routing.
B. MPLS VPNs are designed to run over private networks rather than the public Internet.
C. With Layer 2 VPNs, the provider does not participate in the routing of the customer’s private IP traffic.
D. MPLS VPN tunnels are always encrypted.
Answer: A,C

2.Which label operation is performed by an MPLS transit router?
A. inject
B. pop
C. push
D. swap
Answer: D
Explanation:
http://www.juniper.net/techpubs/software/junos-security/junos-security96/junossecurity-
swconfig-interfaces-and-routing/mpls-ov.html

3.Which Junos platform supports provider bridging?
A. T Series devices
B. SRX Series devices
C. MX Series devices
D. MAG Series devices
Answer: B
Explanation:
http://www.juniper.net/techpubs/en_US/junos10.0/information-products/pathway
pages/mx-series/ethernet-switching-mx-series.html

4.In which environment would you run BGP?
A. a company spread across multiple floors of a building
B. a company with a single office
C. a home network
D. the public Internet
Answer: D
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« VCA6-DCV認定1V0-601試験概要 | トップ | 最も正確なVMware 2V0-651練... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。