マイクロソフト試験情報

マイクロソフトについての最新試験情報を含んでいます

VCA6-DCV認定1V0-601試験概要

2016-10-18 14:31:18 | VMware
VMware Certified Associate(VCA)- VMware 認定アソシエイツはVMware ソリューションをビジネスケースに沿って適切に導入するために必要となる技術知識を世界共通で認定する資格です。
VCA6-DCV認定資格はデータセンターの仮想化のための技術的要件を定義する記述およびvSphereに関連する製品や技術を区別し、一般的な使用例を識別することができるでしょうし、彼らがどのように対処することができます。
VCA6-DCV認定のためには、1V0-601試験に合格する必要がございます。

1V0-601で独学したいでしょうか?Testpassportの1V0-601問題集はIT専門家が作りあがった作品です。
下記はVCA6-DCV認定1V0-601試験概要:
1V0-601(VMware Certified Associate 6 – Data Center Virtualization Fundamentals Exam)試験はインターネット環境で受験できる多岐選択式のテストです。
1V0-601試験の合格者は、それぞれに応じたテクニカルリクアイアメントを明確にし、これらを満たす適切なプロダクトやソリューションを考察できることが望まれます。
1V0-601の試験名称はVMware Certified Associate 6 – Data Center Virtualization Fundamentals Exam、受験時間は75分、知識点はvSphere 6、受験料は120ドルとなります。
真実の試験数は50問で、弊社の1V0-601問題数も50問です。高いカバー率のVCA6-DCV認定1V0-601試験問題集を使用すれば、データセンターの仮想化の概念を説明し、特定の典型的なデータセンターの課題、VMware vSphereの技術を説明し、特定し、差別化、特定のビジネス上の課題とVMwareのデータセンター仮想化ソリューションを関連などの問題と解答を暗記して、試験合格できるのを保障します。
1V0-601試験に対しての高質な試験資料を提供して、お客様の時間と精力を節約できます。弊社の1V0-601無料サンプルで試しに自信を持って認定合格になります。
1.What are two features of vSphere 6.x that helpaddress the availability challenges that organizations
face?(Choose two.)
A. Deploying from Templates
B. Host Profiles
C. High Availability
D. Fault Tolerance
Answer: C, D
Explanation:
VMware vSphere 6 will provide customers with a highly available, resilient, on-demand cloud
infrastructure to run, protect and manage any application
VMware vSphere 6 appealing due to the new availability and fault tolerance capabilities for protecting
applications on-premises.
Reference:
http://www.vmware.com/company/news/releases/vmw-newsfeed/Introducing-VMware-vSphere-6---The-F
oundation-for-Hybrid-Cloud/1920294

2.Which two issues do organizations hope to solve with Data Center Virtualization? (Choose two.)
A. High inefficiency of the Data Center
B. High operating expenses
C. Low bandwidth utilization
D. Increased CPU utilization
Answer: A, B
Explanation: This concept can be implemented across legacy hardware, infrastructure systems and data
centers—or with additional OEM support, throughout the data center of the future—to create a dynamic
data center where operating expenses can be balanced in real time with service level agreements and
forecasts to maximize ROI and minimize risk.
Including CPU power, memory power, system board power, system power and rack power.
Reference:
http://www.emersonnetworkpower.com/documentation/en-us/brands/liebert/documents/white%20papers/
data-center-servers_150-47.pdf

3.Which storage feature allows common management across storage tiers and dynamic storage classes
in the Software-Defined Data Center?
A. VMware Certificate Authority
B. NFS
C. Platform Services Controller
D. Storage Policy-Based Management
Answer: D
Explanation: Storage-Policy Based Management
Allows common management across storage tiers and dynamic storage class of service automation via a
policy-driven control plane.
Reference: http://www.vmware.com/products/vsphere/features
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最新のOracle Database 12c資... | トップ | Juniper JNCIS-SP JN0-360認... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。