今日の書き下ろ詞vs明日への作詞 ♪いつも心に詞(うた)を置いて。        あのartistに この詞(うた)を!

♪恋の歌・愛の歌 おとこ唄・おんな唄 ♪毎日が書き下ろ詞 ★附曲歓迎! 歌詞&タイトルの無断使用を禁じます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「うす氷」まつざき幸介

2017-02-09 | はじめて書き下ろす歌...
続けたいのか やめるのか
ほんとは怖くて 二の足ふむのか
どうせ俺は 気まぐれだから
面倒までは 見られない
 それでもいいと 分っていると
 おまえ ゆうべも 泣いたじゃないか
  きわどいね ギリギリの
  男と女は うす氷

酒がほしいよ 酔いたいよ
出かけて気分を 変えたい夜だよ
もしも俺が 戻らなくても
きらいになった わけじゃない
 ひとりになって 朝まで飲んで
 勝手気ままを 許してくれよ
  まずいよね ギリギリの
  男と女は うす氷

心ぼそいか さびしいか
どこかに男は ほかにもいるだろ
いっそ俺に 出会ってなけりゃ
きれいなままで いられたろ
 そんなの嘘と 一緒がいいと
 おまえ 今夜も また泣いてるね
  きわどいね ギリギリの
  男と女は うす氷


ひとこと:「はじめて書き下ろす歌手」シリーズも
18篇めになりました。歌手も新曲発売の前後は
PVなどメディア露出でそこそこお目にかかることは
あるがコンスタントにTV出演となるとなかなか曲を
聴けることも歌手を知らしめることもいつしか
途切れてしまう。そういった歌手ほどブログやSNSも
こまめでなく情報発信すらおろそかになる。昔のよう
に所属のレコード会社が何から何までお膳立てして
販促物やキャンペーンを先頭きってしてくれる時代
ではない。浮上やブレイクは本当に難しい…
今回 まつざき さん を想定しての初めての
書き下ろ詞はミディアムテンポでロックバラード
ふうのブルース歌謡に仕立てた。 
 男と女、つかず離れずにいても男はどこか突き放し
 女はなぜかつがりつく・・・
 その危うさときわどさがテーマ。(画像をお借りしました)

●このブログにアクセスしてくださる方で
プロ、アマ問わず、附曲したい、自分の
オリジナル曲としてCD化して唄いたい など
問い合わせをいただきます。すべて歌手名は
『想定して』あるだけなので、作品化の希望が
あればどうぞご連絡ください。
ジャンル:
歌手
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「有田川」藤原浩 | トップ | 「うしろ指はやめて」西山ひとみ »
最近の画像もっと見る

はじめて書き下ろす歌...」カテゴリの最新記事