善人閑居
鎌倉の風物詩と全国の温泉の旅を写真で報告します。
 




JR横須賀線の北鎌倉駅前にある円覚寺は臨済宗円覚寺派の総本山です。
龍隠庵は円覚寺の塔頭で、今年も暮れの12月28日に年末恒例の餅つきが行われました。

(円覚寺総門)

龍隠庵は境内を入って三門をくぐり、同仏殿の左側にあります。
正確には仏殿の直ぐ左側は居士林で、居士林に沿って、長い石段を上った先にあります。

(龍隠庵の道案内)

石段は途中で折り返します。

(石段)

ゆるやかな石段を上りきると視界が開けます。
笑顔の住職が出迎えてくれます。

(住職)

龍隠庵の餅つきには、今年は先代の円覚寺管長の大老師も顔を出されました。

(住職と大老師)


(住職と大老師2)

今年の客殿は、屋根のブルーシートが銀の防水シートに変わりました。

この餅つきは10年以上続いている行事で、住職の人柄と努力と周囲の人達の熱い支援で長く続いて来ました。

300人以上も人々が集まるので、餅米の手配や、けんちん汁用の野菜の手配と下ごしらえ、昼食として頂く絡み餅用の食材の用意等々から、ごみ処理の方法まで、かなりの準備が必要です。
搗く餅米は今年は160キロと聞きました。
客殿から円覚寺境内を見ると、ほんのちょっと位置が高くなっただけで見慣れた円覚寺と別の景色が見えてきます。

(龍隠庵からの景色 遠くの屋根は居士林と仏殿)

さて、餅つきは二つの臼を並べて次々にせいろで蒸された餅米が運び込まれます。

(餅つき風景1)


(餅つき風景2)

大老師も力強い杵さばきです。

(餅つき風景3)


(餅つき風景4)


(餅つき風景5)

裏方で餅米を蒸す担当には5~6人ほどが前日から対応し、前日にはお供え用の餅を数臼搗いたとのことです。

(裏方のせいろ番)

撮影時はせいろを抱えて持って出た後なので二段のせいろだけ撮影できました。

ご苦労さまです。

以下次号



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





(この旅は2014年3月に上田市と青木村を旅した記録です)

上田駅前からおよそ30分かかっていよいよ真田です。
道路標識などから真田だと分かるのですがバス停の名は「幸村の郷 夢工房前」です。
他に本当の真田というバス停は無いのでしょうか?。

行く先は真田温泉なので運転手さんに確かめました。ここでよいとのこと。

降りてみたら観光案内所の看板のある立派な建物が目の前にありました。

(真田のバス停)

この建物、入ろうとしたら扁額は「ゆきむら夢工房」となっています。
いろいろの名前は初めて来た人に混乱を呼び起こします。
バスで来る人を想定していないネーミングですね。

(観光案内所=ゆきむら夢工房)

内部は役所の事務所にカウンターがあり、後はロビーみたいな机と椅子のセットです。
後で分かったことですがゆめ工房とは入り色の体験が出来る部屋がいくつかあるみたいです。

(内部1 観光案内)


(内部2 名産物の販売)

インターネットでは「ゆきむら 夢工房」で案内所のページが出ています。
内容も詳しいのですが事前に検索していなかったので後から知りました。

内容は
土産物販売
新鮮市真田
施設利用案内
電動アシストレンタサイクル
ゆきたん
そば打ち体験
おやき作り体験
パン作り体験
味噌作り体験
餅つき 予約受付中
など、バラエティに富んでいますが、どれも予約が必要みたいです。残念でした。

観光案内所-夢工房真田の隣にあった「農林産物直売場の新鮮市真田」の写真です。
ここで売っていた蜂蜜が美味しそうでしたが、生産者は隣接する長野市松代町の養蜂場でした。

(農林産物直売の新鮮市真田)



ゆきむら夢工房へリンク


ひろさんの旅枕へリンク
Top→全国秘湯巡り→信州・沓掛温泉と別所温泉


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





(この旅は2014年3月に上田市と青木村を旅した記録です)
バス停には「バスに乗ろう」の大きな垂れ幕が掛かっていました。
一定の距離以上の乗車賃を一定額に決めてしまう運賃制度を行うということです。
例えば、西菅平までは本来\1300なのですが、\500で頭打ちにしようという試みです。

(「バスに乗ろう」の大きな垂れ幕)

筆者は主に路線バスで共同浴場巡りをしていますが、バスが高いと思ったことはありません。
むしろ、次々に路線が消えていくことに危機感を持っています。
しかし、この運賃頭打ちキャンペーンは客の乗客層を増やす理由にはなりそうで、層が増えれば廃線にならないで済むでしょう。

地方再生を願うなら、公共の交通機関は必要不可欠の条件の一つです。
このキャンペーンが効果があることを祈っています。

(真田行きバス停)


(上田バス)

街中を過ぎて、菅平らしい山並みが見えました。

(車窓風景)

真田まで約30分でした。
真田で、上田市運営の「真田温泉・ ふれあいさなだ館 」と評判の千古温泉を訪ねるつもりです。

ひろさんの旅枕へリンク
Top→全国秘湯巡り→信州・沓掛温泉と別所温泉


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





(この旅は2014年3月に上田市と青木村を旅した記録です)

別所温泉(上田市)と隣の青木村を訪ねる旅を企画したのは下記のような理由があります。

つまり、別所温泉には今まで数回訪問していますが、旧相染閣があいそめの湯になってからは訪問していないので、ホームページの「全国共同浴場」にあいそめの湯を加えたいこと。また、一方青木村の共同浴場は田沢温泉の有乳湯は訪れたのですが沓掛温泉の小倉乃湯は未だ訪問していないので、「全国共同浴場」に加えたいのです。
ただ、単に直接別所温泉なり沓掛温泉を訪ねるのではつまらない?。
で、上田市の郊外の真田を訪ねてから沓掛温泉に行って一泊し翌日別所温泉に行く、ということにしたわけです。

3月も終わりに近く、春めいた日和でした。

上田駅に降り立つと、駅前広場には真田幸村像と大きな水車がありました。

(上田駅)


(上田駅前の真田幸村像)


(大きな水車)

また、バス停際にあった郵便局を覗くと何と風景印があると言うことでした。

菅平行きのバスの時間が迫る中を大急ぎで風景印を押してもらいました。

(上田駅前郵便局の風景印)

この風景印には、菅平らしい山並み、上田城、真田幸村がデザインされていました。

ひろさんの旅枕へリンク
Top→全国秘湯巡り→信州・沓掛温泉と別所温泉


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





(この旅は2013年10月に三国街道を旅した記録です)

街道の湯は、国道17号泉に沿った三俣地区にあり、道の駅と隣り合っているので利便性の高い共同浴場といえます。

(三俣バス停)

街道の湯は木造で、姿形は端正です。

(街道の湯)

脱衣場は14~5人以上で使うことが出来そうです。
100円硬貨が戻る方式のコインロッカーもあり盗難の心配が薄らぎます。
また、スキーの置き場がありスキー帰りの人の受け入れも十分可能です。

(脱衣場)


(別角度の脱衣場)

内湯は2間×3間の大きさです。10人程度が入れるでしょうか?。

内湯の洗い場のカランは壁に沿っていて、浴槽と多少空間があるので、洗い場の飛沫は浴槽まで届かないでしょう。

(内湯浴槽)

お湯は無色透明のアルカリ性単純温泉です。
すべすべ感は乏しく、むしろさっぱりとしたお湯といえます。

循環使用で塩素系殺菌剤を使っているとのことですので、若干のカルキ臭は我慢しましょう。

(洗い場)

露天風呂は、目隠しが高いので木々の梢の方がよく見えますが、気持ちの良い露天風呂です。

(露天風呂)


ひろさんの旅枕へリンク
Top→全国秘湯巡り→三国街道湯巡りの旅


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





(この旅は2013年10月に三国街道を旅した記録です)

50年ぶりだろうか。
朝起き抜けに旧三国街道を散歩してみました。
御宿の本陣の前の淺貝バス停から国道と旧道が分かれています。

(淺貝バス停)

バス停から歩いてすぐの山の斜面に沿って淺貝スキー場があります。
昔のままのスキー場で、苗場スキー場に比べてローカル色が強いスキー場なのでしょうか?。

(淺貝スキー場)

続いて地蔵尊があります。
石碑は百八十八番供養塔と掘られています。

(地蔵尊)

しばらく行くと御嶽山大権現の階段があります。
馬頭観音、大工大明神、大峰山、電気水道記念碑、二十三夜塔とも書いてあるのでいろいろのの史跡があるのでしょう。

(御嶽山大権現)

その先に庚申塔が並んでいます。

(庚申塔)


(庚申塔2)

さらに歩くと、K大の三国山荘があります。
昭和の40年代に建てられたとか?。

(三国山荘)

この道の終点は苗場別荘地です。一度国道に合流してまた先で分離するのでしょう。

(苗場別荘地)

国道を下ると、道路の西側の山の斜面に苗場スキー場が大きく見えます。

(国道と苗場スキー場上部)

苗場スキー場は新潟県有数のスキー場としても、首都圏から近いスキー場としても人気があり、毎年多くのスキー客を集めています。

ひろさんの旅枕へリンク
Top→全国秘湯巡り→三国街道湯巡りの旅


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





(この旅は2013年10月に三国街道を旅した記録です)

三国街道のバス停「淺貝」にある御宿本陣の夕食の紹介です。

宿泊料金の割には高級な食事でした。

(先付け四品)

四品は茸のおろし和え、バイ貝、蛸と芋の煮付け、サーモンと胡麻豆腐などで、調理師の腕の見せ所なのでしょうか?。秋を演出していました。

(刺身盛り)

刺身は鯛、鮪、ハマチ、甘エビです。

(鍋物-牛鍋)


(揚げもの)


(焼きもの)


(吸い物)

他に、香の物、吸い物、ご飯、デザートなどがつきました。

(食事処の様子)

食事処は椅子席が満員の盛況で、このほかに座敷二箇所も使っていました。
団体さんが多いようでした。

ひろさんの旅枕へリンク
Top→全国秘湯巡り→三国街道湯巡りの旅


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





(この旅は2013年10月に三国街道を旅した記録です)

昭和39年に三国峠にトンネルが開通し、苗場スキー場として開発されてからかなりの年月が経ちます。

淺貝集落は、それまでは、越後湯沢からアクセスするのが唯一の方法で、関東側からは三国峠越えでアクセスしていました。

御宿本陣の起源は聞いていませんが、この地区では老舗旅館と思われます。

現在では温泉を掘って、峠の湯という日帰り温泉を運営しています。

(御宿本陣)


(御宿本陣の立ち寄り湯「峠の湯」)

正面玄関から入ると、廊下の奥に浴場ののれんがあります。

男性の内湯の呼び名は山紫水明の「山紫」、露天風呂は「恵比寿」という呼び名です。

(内湯ののれん)

脱衣場は狭く、また、内湯も露天風呂もさして広いとはいえません。

(内湯浴槽)

お湯は、カルシウムナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(アルカリ性低張性高温泉)で、若干のすべすべ感はありませが、加水と循環使用のためか新鮮さに欠けた気がします。

源泉名は「苗場温泉 峠の湯」、湯温は42.4度とのことで、季節によっては加温が必要とのことです。

露天風呂は内湯の奥にあります。

岩を配した凝った造りの露天風呂です。

(露天風呂)

露天風呂の入り心地は解放された気分が強く快適です。

この、山紫と恵比寿の組み合わせの浴場の他に、離れ露天風呂という新たな露天風呂があります。

ゆったりとした造りの露天風呂で、木材を多用した脱衣場や木の縁取りの浴槽など、お金がかかった印象のお風呂です。

(離れ露天風呂)

浴槽が広く、15~6人も入れそうです。

(離れ露天風呂の脱衣場)


(離れ露天風呂の洗い場)

離れの露天風呂は洗い場付きですから日帰り入浴の方はこちらだけでも十分に満足出来るかも知れません。

ひろさんの旅枕へリンク
Top→全国秘湯巡り→三国街道湯巡りの旅


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





(この旅は2013年10月に三国街道を旅した記録です)

ここで、バス停の位置を書きます。

二居田スキー場から三国峠に向かうと淺貝のバス停があり、バスは淺貝の後折り返して苗場プリンスに向かいます。
バスは向かって左側から降りるので、苗場は方向をターンして戻った場所にあります。

(二居田代スキー場のバス停)


(南越後観光の路線バス)

やってきた南越後観光のバスに乗り込んで約10分ほどで淺貝のバス停に着きました。

(淺貝のバス停)

淺貝バス停の手前に雪ささの湯があり、バス停真ん前が本陣です。

御宿本陣の建物は和風旅館です。

(御宿 本陣)


(本陣のロビー)


ひろさんの旅枕へリンク
Top→全国秘湯巡り→三国街道湯巡りの旅


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )