善人閑居
鎌倉の風物詩と全国の温泉の旅を写真で報告します。
 





キョウガノコがどういういきさつで我が家の庭に生えているのか思い出せません。

ただ、かなり前から、同じ場所に、同じ大きさで、同じ本数だけ生えており、季節が来ると美しい紅色でひっそりと咲くということを、ずっと繰り返しているように思えます。

(キョウガノコ1)


(ホキョウガノコ2)

場所は椿の木の下ですが、他の草にも負けないで、草むしりをしてやると、また元気を取り戻します。

(キョウガノコ3)

よく見るととても繊細な花ですが結構強く、日照り、多雨、寒冷にも、猛暑にも耐えて、花期も結構長いのです。

(キョウガノコ4)


(キョウガノコ5)


(キョウガノコ6)

緑色の中で、美しい紅色が映えます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 鎌倉身辺雑記... 80歳のリサイタル »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   gooIDを取得する
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。