善人閑居
鎌倉の風物詩と全国の温泉の旅を写真で報告します。
 





(山梨湯巡りに戻ります)
昼食後、駅の北口に行き甘草屋敷を見学しました。

甘草屋敷とは旧高野家住宅で、外観は切妻屋根の三階建ての大きな住宅です。

(甘草屋敷)

高野家は長百姓を務めるこの土地の有力者で、幕府に納める甘草を栽培していたので、その住居が甘草屋敷と呼ばれたとのこと。

(甘草屋敷・石の案内碑)

甘草は現在でも中国などから輸入され、甘味料と薬用にしようされているとのこと。

高野家で栽培されていた甘草は、幕府の小石川植物園の補給源とされたとのことで、高野家の一反十九歩(約1055㎡)の甘草栽培農園は免税とされたとのこと。

(甘草の説明板)

住宅の中に入りました。
広い座敷があり、奥の座敷に人形や甲冑のレプリカが展示されています。

(一階の展示)

黒光りする大黒柱の脇の階段を上ると二階は食器類が大量に保管され、また養蚕用の器具が保存されていました。

(二階の階段と大黒柱)


(二階の展示-食器類)


(二階の展示-養蚕の器具)

このような建物が往時のまま保存されているのは結構なことです。

外に出ると売店もあり、お土産を購入して塩山駅に戻りました。

例によって新聞とビールを買い、かいじ号の予約席に座りました。これでともかく無事に家に着くでしょう。

(塩山駅のかいじ号)


(新聞とビール)

この新聞と発泡酒が帰宅ルートの定番グッズなのですが、この新聞は最近どこかの党の御用達とかで、なにか敷居が高い気がします。

国会で読め読めと云わなくても、適切な報道をすればみんな新聞を読みますよ・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






(山梨湯巡りに戻ります)
恵林寺見学のあと、塩山駅で昼食を摂ることにしました。予約した「かいじ号」の前のかいじ号は運休となり替えることが出来なかったからです。

数軒ある食事処のうち、夢乃家を選んだのは店頭の看板でした。

開店から22年目で店主夫妻の写真が掲げてあるではありませんか。

(夢乃家の看板)

駅前のお店はどこもカフェ、昼食、飲み屋の兼業で時間帯によって客層も違うのでしょう?。

(夢乃家)

夢乃家の場合も、得意はは馬刺しとほうとうですが、後は客次第でメニューがありそうです。

(店内)


(山菜そば)


(ざるそば)

ご主人はサラリーマン卒業後地元に戻って夢乃家を立ち上げたとか?。

(店主ご夫妻)

そばはしゃきっとしたそばでした。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






(山梨湯巡りに戻ります)
はやぶさ温泉の受付でタクシーを呼んでもらって、塩山駅に戻る途中で、恵林寺に立ち寄りました。

運転手さんは快く応じてくれました。

赤門と呼ばれる四脚門は国の重要文化財に指定されています。

(恵林寺 四脚門(国の重要文化財))

また、その奥の三門は、例の「心頭を滅却すれば火もまた涼し・・・」の辞世を残した、快川国師の立てこもった門とされています。

(三門)

開山堂を参拝しました。

(開山堂)

開山堂の奥の正面には、開山された夢想国師、快川国師などの座像が祀られています。

(開山堂内部正面の仏像)


(中央の夢想国師座像)

上記三像の絵解きは下記のようになっています。

(恵林寺 ゆかりの僧呂の解説)

自分が死を迎えて冷静でいられるかどうか我が身を振り返りました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






(山梨湯巡りに戻ります)

石和温泉駅から各駅停車のJR線で塩山駅に行き、タクシーではやぶさ温泉に向かいました。

はやぶさ温泉は山梨市の牧丘にありますがアプローチは塩山からのアプローチの方がわかりやすいのです。
有名な恵林寺のわずかに山寄りのところです。

(はやぶさ温泉)

玄関に入ると受付があり、受付の脇の廊下の突き当たりが男女浴室です。

のれんをくぐると脱衣場です。殺風景な脱衣場で、木製の棚と脱衣籠だけの脱衣場です。

(脱衣場)

浴室に入ると、メインの浴室が左側、右手には飲泉所と、洗い場などがあります。奥の戸の外には露天風呂があります。

(メインの浴槽)

メインの浴槽は10人以上の人が入ることが出来る大きさです。
ややぬるめのお湯です。
お湯はアルカリ度の強いお湯で、肌がすべすべになります。

鯉の湯口からは大量のお湯がなだれ込んでいます。豪勢な景色です。

(鯉の湯口)

外の岩風呂も湯口は打たせ湯のような豪快さで落下しています。

(露天岩風呂)


(飲泉場)

飲泉所のお湯を飲んでみるとマイルドな口当たりでした。
この温泉施設でネット販売しています。

さて、お湯を堪能して脱衣場で衣服を着けていると、2リットルの空のペットボトルを待ったおじさんが入ってきました。
聞いてみると、お湯を詰めて持って帰るとのこと。
時間がかかるでしょうと訪ねると、あの鯉の口からのお湯の落下口だと1本で30秒も掛からないョ・・・とのことでした。
見ていると浴槽の中で仁王立ちして入れています。
本当にあっという間に満杯になります。

(空のペットボトル)

おじさんは、帰りがけに500円ほど寄付して帰れば、次に来たときに「ペットボトル持ち込み禁止」という張り紙が貼られることなく、大いばりで帰れるのサということでした。

はやぶさ温泉ホームページ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






翌朝、ホテル八田の前を流れている疎水に沿ってさくら温泉通りを散歩しました。

石和温泉側からいえばホテル八田あたりが始点で春日居温泉まで続くのですが、こちら側が終点かも知れません。ともかく1キロ以上ありそうな真っ直ぐの近津川に沿っている散歩道です。

(さくら温泉通り1)

散歩道は道の両側にあり、樹齢50~60年位の桜並木の下にあります。

幅が2~3メートルで板敷きなので歩き易いことこの上もないという道です。

(枝さくら温泉通り2)


(さくら温泉通り3)


(さくら温泉通り4)


(さくら温泉通り5)

この道路の両側にはホテルが並んで居ます。
石和温泉のホテルは規模が大きくしきちも広いので、「軒を連ねる」という印象よりは「散在する」と云った方が適切でしょう。ともかく立派なホテルが多いのです。

(瀟洒なホテル)

また、川の畔にはツツジの植え込みが多いのですがキショウブ等もありました。

(黄菖蒲)

まったくもってうらやましいほどの散歩道です。

早朝なのに歩いている人も結構多く、楽しい散歩でした。
サクラの季節にも歩きたいなァ!!!。

ホテル八田ホームページ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






ホテル八田の夕食です。

場所は食事処ですが大部屋ではなく比較的小さな部屋です。
多分、食事のグレードが同じ人たちが同じ部屋になるのでしょう。この日は同一グレードの人数が少なかったようです。

(ホテル八田の夕食)

食事は会席のような、アラカルトのようなメニューですが・・・?。およそ次のような食事になりました。

(枝豆豆腐)


(蟹)


(お造り)


(黒毛和牛)


(ほうとう)


(サーモンのムニエル)



(揚げ物)


(デザート)

ほかに、ご飯とお椀です。
順不同ですが結構食べたいものもあって美味しく頂きました。

ホテル八田ホームページ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






ホテル八田です。

(ホテル八田)

ホテル八田の日帰り温泉はワイン風呂の他天然温泉の「癒しの湯」もあります。
両方がセットでの料金設定です。

いやしの湯は1階にあり、場所はフロントの奥になります。

のれんの奥に、男女別にそれぞれ、内湯大浴場と露天風呂が備えられています。

(癒しの湯ののれん)

脱衣場は結構な、快適な脱衣場でした。

(脱衣場)

内湯は十数人入れる大きさす。

内湯は、石造りの床とタイル張りの浴槽です。
湯温は結構高く41~2度です。
お湯は循環使用なのでやや新鮮味に欠けますがお湯に浸かって手足をさするとスベスベ感が結構強くのこっています。

大きな窓からは樹木の中の露天風呂が見えます。
お湯が掛け流しならもっと気分がよいかも知れませんい。

(内湯浴槽)


(洗い場)

露天風呂は、石造りの浴槽スタイルの露天風呂と岩風呂があります。

石造りの露天風呂は内湯大浴槽のすぐ外側にあります。

お湯はややぬるめです。

(露天風呂)

その隣は小屋がけ露天風呂です。

雨の日にでも入るのでしょうか?。

(小屋がけ露天風呂)

露天岩風呂は、カスケード状(棚田みたい)になっていて、最上段に岩を伝って入ったお湯が、次々と低い側の浴槽に流れ込み、最終的に最下段の岩風呂に流れ込む仕組みです。

最下段の岩風呂は10人以上入れる大きさです。上段の岩風呂はそれぞれ数人づつしか入れそうもありません。

(露天岩風呂1)

こういった巨石全体がとても良い景色になっています。

(露天岩風呂2)

お湯はぬるめなので、岩の間のお湯に実を沈めていると、何時間でも過ごせそうな感じがしてきます。

ホテル八田ホームページ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






(さて、中断していた山梨の湯巡り2017 に戻ります)

昼食のあと石和温泉駅に戻りタクシーでホテル八田に行きました。ワンメーターの距離です。

チェックイン時間の前でしたが部屋が準備できているとのことで部屋に案内されました。
仲居さんがやさしかったのでほっとしました。

(ホテル八田)

今回は宿泊で訪れましたが、日帰り温泉でも利用可能です。
日帰り入浴は午前10時30分~午後5時までの間で、1階の天然温泉も含めて利用できるそうです。

(7階のワイン風呂ののれん)

脱衣場はホテルの施設らしく快適な脱衣場でした。

(脱衣場)

ワイン風呂の色は赤ワイン色です。温泉というより、むしろ、薬湯に入っているような感じです。
薬湯であるなら、なにか卓効があるかも知れません。

NHK の番組で鶴瓶とか吉田なにがしが入ったというので、ここのお風呂は話題を欠かないようです。

(ワイン風呂浴槽)


(ワイン風呂の洗い場)

浴槽はさして広くなく、10人ほどが入れるかどうかの大きさで、期待の眺望は望めませんでした。

ワイン風呂は香りが良く、肌触りが良く、色が綺麗です。

ワイン風呂はお湯にワインエキスを混ぜたもので薬湯です。
ワインエキスの製造工程は下図のようになっているとのことです。

(ワインエキスの製造工程)

家人によると女風呂はとても良い展望風呂だったとのことでした。

ホテル八田ホームページ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






アンズの実を頂きました。
いつも立ち寄る元農家の即売スタンドでおやじさんに会ったら、たくさん実が付いているアンズを勝手に取っていけばよいよ、と云われて手の届く範囲でもいでみました。

(アンズの木1)


(アンズの木2)

もいだアンズは13個でした。

(アンズの実1)

完熟のものとやや未熟のものがありました。

家人にこのアンズからジャムを作ってもらいました。

アンズは固まりにくいので、レモンを加え、ゼラチンも加えるとのことです。

(アンズの実2)


料理の手順を整理すると
水洗い→皮を剥く→半分に割り種を出す→砂糖(グラニュー糖)をまぶす→レモンを加え煮る→灰汁を丁寧に取る→冷やす
ということになります。
煮終わったところで裏ごしにするとさらに良いそうです。

(煮る)


(冷やす)


(出来上がり)


(無印のビンに詰める)

出来上がりはやや酸っぱく、でもさわやかな酸っぱサで、食パンのトーストにはもちろんのこと、ことのほかプレーンヨーグルトにマッチするので驚きました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






石和駅前の観光案内所でランチ場所を聞くと、数軒の候補を教えてくれましたが、月のうさぎを選びました。

居酒屋さんらしいたたずまいです。

(月のうさぎ1)


(月のうさぎ2)

店内は小さな間仕切りで仕切られ、2~4人程度の人数で掘りごたつ形式のテーブルが並んでいます。

奥の方に入ることが出来なかったので、店内の奥の方のことはわかりません。

(レジのあたり)

頼んだのはとろろそばと天ザルうどんです。

(とろろそば)


(天ザルうどん)

そばもうどんも結構な味で、旅先のランチとしては合格でした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ