ネコ好きSENの洋画ファン

ワン5ニャン7と共棲。趣味は洋画と絵画。ライフワークは動物・野生動物の保護救済、金融投資。保護シェルターの設立をめざす

チャイナディズ2017

2017-06-04 14:14:16 | 終わらないぼくの物語

 

 

みなさん、こんにちは。

 

そよぐ風にも熱気を感じ、もうすっかり夏ですね。

夜は眠いし昼間も眠い、そんな日々をいかがお過ごしでしょうか??

 

 

さてぼくは

ゴールデンウィーク(5月12日~)にチャイナに行ってまいりました。

チャイナはこれで5回目です!!

そのうち棲むんじゃないかって家族に言われてます!

 

 

 

 

スカイライナーの中はがらがらでした。

いつもこんな感じです。

日暮里から約35分くらいです。

 

 

 

まあ、

チャイナと言っても広うござんす。

今回は東北、北朝鮮のピョンヤンより上の中国でござんす。

 

飛行機で上を縦断しているときは

ミサイルをぶっ放さないでくれと指を組んで祈りました。

 

 

 

 

 

離陸して30分くらいでランチタイムでした。

機内食はこちら!

なんてフツーな!!!!

ぼくの場合は、もちろん肉なしのフイッシュタイプです。

(肉か、魚か、選択できます

 

 

どこぞの会社の昼ランチという感覚。

コスパは、まあ、500円くらいかな。

 

帰りも機内食はこれ。

同じもの。

肉か、魚か!の、二者選択しかないのでしょうがないのデシタ。

 

はっきりいってまあまあ、厳しく言えばまずいです。

いやあ、まずかった!!

 

ゴハン&パンは通常です。

魚のフリッターはまだよかったですけど

上の、サラダみたいな、なんかよくわからないものは酷い味付けで

一口でOUT!

行きも帰りも食べられなかったです。

 

なもんで、ゴハンはふりかけで、パンはバターで食べますた。

 

というより、

機内食であれこれ文句をつけるより

酷かったのはぼくの座席!!

ぼくの座席がひどかった!!!!!

 

3席あって、ぼくが窓際。

となりの2席に、30歳くらいの母親と、2歳くらいの女の子、そして60歳くらいのおばあちゃん

がすわっている!!!(2席に3人……

 

もちろんチャイニーズだ!!!

 

そのガキが!

いや、失礼。かわいい女の子が

ぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあ、うるさい!!

 

窓から外が見たいらしく

ぼくの前に来て、窓に張り付き、

そのたびにぼくにちょっかいを出す。外の景色に集中しなさい!!

 

 

ニコニコ笑いながらぼくの足を蹴るわ、両手でひざをたたくわ、何言ってるかわからない言葉で一生懸命叫ぶわ、

一緒に遊べというのかおもちゃを差し出してくる。

気に入らないと、ぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあ!!

 

でもって、(あまりのしつこさに)母親が叱ると

女の子は真顔になって

何を考えたのか

何も考えなかったのか

いきなり、ぼくに向かって平たい顔を寄せてくるではないか。

 

「!?????」

 

悪寒。

「???!!!」

 

やめろ、それ以上くっつくな!!(←内心で叫ぶ

 

あたふたしているぼくに、となりの母親が

「キッス」

「はあ??」

「キッス、ごめんねのキッスなんですよ」

片言の日本語でおっしゃるではありませんか!!!

 

 

キッスだとお!!!??

このガキはおれとキッスしようってのか!???

 

や、やめてくれええええええ!!!!

 

ぞ~~~~~っとしました。

 

2歳の女の子を相手にマジで背筋がぞっとしたのでした。

思わずのけぞったら(といってもシートがせまいので逃げられない!!

 

 

すると

「これは嫌がっているかもしれない」

と察してくださったらしく

女の子は顔を離してくださいました。

 

 

ホ~~~~~~!! 

 

 

今書いていても、嫌な感覚がします。

小児愛者の気持ちがまるでワカリマセン。

 

ニャンとかワンとかなら、毎日顔を寄せているんですけどね。

もちろん、大人の相手でしたら、そんな嫌悪もないんですけど。

なんか幼児はダメですね。

なんか。

 

 

 

 

 

 

さて、

そんなこんなで過酷な飛行時間を乗り越え(約3時間

ようやく大連の空港です。

 

 

上海や北京に比すると、やはりかなり小さいです。

店(免税店)も少なく、30分もあれば、ぜんぶ観て回れるくらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

もう少し片田舎かと思ってましたが

とびきりの大都会でびっくり!!!

いやはや!!

いせはや!!!

 

 

 

 

大連は軍港もあり、有名な港町ですが

街中はほんとすごいです。

 

 

きらびやかで、ゴージャスで、東京の銀座なみです。

 

グッチとか、サンローランとか

しゃれた店がずらりと立ち並んでおりました。

 

 

 

で、これ!

 

 

トラ!!

タイガー!!

 

これはこの地で有名な老虎の彫刻です。

 

 

ぜんぶ石でできています。

すご~~~く大きくて、ぼくにとっては、今回1番見たかったものです。

 

 

 

なかなかひょーきんな顔してますね。

とてもかわいいです

 

 

 

 

で、こちらが滞在するホテル。

 

 

 

大連のど真ん中にあるニッコーホテルです。

日本のホテルなのに

日本人はひとりもおらず、日本語もあまり通じませんでした。

(もっぱら英語ね

 

 

しかもですね、

日系のデラックスホテルなんですが―――あれ?

あれれ?? 

コンセントが三穴式だ!!!

使えないぞ!!

 

充電できないじゃん!!!

 

 

日系ホテルだから日本製品は使えると油断してますた!

 

これではカメラもケータイも

容量がなくなったら終わり状態じゃありませんか!!

。。。あああ。。。。

 

 

 

 

で、部屋。

1人部屋。

 

 

 

ひとりなんですけど、ツインベッドタイプです。

わりと広くて、60㎡くらいありました。

バスも2つあって、コンセント以外は満足モードですた。

 

 

 

 

 

何でかよくわからないんですけど、

ひとりで予約入れてもたいていツインタイプの部屋ですね。

 

おれとしては

キングサイズのベッドがで~~~んとあるほうがいいんですけどね。

マッサージ師を呼んだときだってさ。

 

 

 

 

もしかしたら

旅先で、気の合った誰かを連れ込む???

お遊び用なのかな???(←うそうそ、ジョークですよ!

 

 

で、まあ、さすがピョンヤン近く、といいますか

部屋にこんなものがありますた。

 

 

 

毒ガスマスク!!!

いざというときにすぐに使えます!!!

こ、こわ~~~~~~!!!

 

 

 

で、まあ一息ついて。

部屋にあったお茶なんぞ飲んだのですが

てっきり無料だと思ったら

これが有料!!

それも、なんと1000円。た、たかい!

お湯を入れて、1杯か2杯くらい飲めたかな?

 

(ミニボトルの方がまだ安かった。(700円)

茶の方が高いとは。。。さすがに中国だ。

無料のコーヒー・ティーもありました。戸棚の奥に 

 

今から10年ほど前、いやもっと前か、

韓国のホテルで飲んだコーヒーが1200円だったか。

それを想い出したりして。

 

 

 

気を取り直して!!

夜景はすっごくきれいです。

おう、ビューティフォー!!!

 

イルミネイトされた美しい夜景がオプションで観られました。

 

 

 

 

きれいだ!

 

 

 

橋もわたりましたよ。

 

長さや造りは、田町のレインボーブリッジみたいな感じでした。

 

 

この橋ができたおかげで

渋滞がずいぶん解消されたそうです。

 

 

 

 

 

 これはビル。

ビル・クリントン。

 

 

なんかのビル。

名前は何だったか―――聞いたんだけど忘れた。。

 

 

 

 

 

 

 

こうして1日目が終わりました。

2日目に続く。

(2日目まではカメラが使えました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクラは舞いて夏近し

2017-04-13 14:39:31 | 終わらないぼくの物語

 

 

みなさん、お元気ですか。

もう4月も半ば。早いものですね。

 

 

我が家の庭のサクラも

満開から、

週末の雨に濡れたりして

そろそろ風に舞うています。

 

 

天気が悪いせいで

色もイマイチ、かな。

 

 

 

 

でも満開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日今日は、そろそろ散り始めて

石畳もサクラ柄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭にはこんな草花もあります。

ルーちゃんと。

 

 

 

 

 

 

こちらは白モクレン。

写真は3月の頃で

今はだいぶ色を変えています。

かなり散っています。

 

 

 

 

 

 

さて

先週、ミュシャ展に行ってきました。

 

 

 

いまだに混んでいます。

 

「マハ」だったのですね。

絵画を見て気づきました。

「ミュシャ」は「マハ」のフランス語読みだそうです。

「マハ」はチェコでの呼称。

 

 

 

 

絵画はすごい迫力です。

とにかくでかいです。(写真OKの場所で撮影)

見入っていると首が痛くなってきます。

 

 

しかし物悲しい。。

 

 

 

 

キビシイ生活を余儀なくされたスラブ民族のことなど

いろいろ考えさせられます。

 

 

 

 

 

 

絵画的に言わせてもらうと遠近法がすごいです。

古びた写真のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュシャは恵まれた作家とは言えませんでした。

若いころからスポンサーを探す日々。

 

 

しかも晩年に立っては

絵画が政治的だと言うことで

ナチスに捕えられてしまいます。

 

 

その後、釈放されましたが

78歳の老体にナチスの拷問が厳しく

四十日くらいで亡くなってしまいました。

 

 

 

もったいないですね。

戦争とは相手の価値を認めないことなのですね。

 

 

 

ミュシャの絵画はほんとうに素晴らしいです。

場所は六本木で、駅のプロムナードを出たらすぐ前です。

 

 

中にフードコートもあって

混んでいなければ

デートにもってこいの場所ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイレイ2

2017-03-03 15:24:19 | レイレイがFeLVに...

 

みなさん、こんにちは。

 

 

春めいた日々をいかがお過ごしでしょうか。

我が家の庭では白木蓮の花が咲きかかっております。

(咲いたら写真をUPしますね

 

 

まあ、なんでしょう。

なんだか腹が痛くて

痛い~~~って激痛ってわけじゃないんですけど、

朝と昼と胃腸薬を飲んで

飲んで何とか

痛くても伏していられず、

かろうじて予定をこなしております。

 

 

まあ、夜は大好きな野球が始まったり、

明日の土曜は久しぶりに大松氏と映画を観たりと、

今年になってようやく、と言いますか

気分転換をしてこようと思います。

 

 

今月締め切りの小説にも応募しようかと。

 

 

まあ、3月から絵画教室が始まりますんで

ジムにも通わないと(←検診で医師に言われました、ジムに行けと)

 

 

 

 

そんなこんなですけど

 

ああ、確定申告もありましたね。

まだです。

日曜に書きます。

のつもり。

 

 

さて

レイレイの初七日も過ぎ

闘病の2か月間をまとめてみようかと思っています。

 

 

助からないと宣告されてから(白血病・ガンだとわかってから

ほぼ二カ月でしたねえ。

たったの二か月。

 

あっという間です。

 

 

 

レイレイにとってはどうだったでしょう。

 

毎日毎日

レイレイはもう虹の橋に向かって走っているようでした。

 

早かったです。

 

目に見えるようです。

あっという間でした。

 

 

 

今も、もう後悔ばかりです。

 

あすればよかった、こうすればよかった、と毎日後悔しています。

 

 

 

しかし

感じたことも多く

医師との対応のまずさなど

 

いろいろあったこと

 

 

 

そんなこんなを

愛猫がFeLVに罹ってしまった人がいたら

哀しみと混乱の中で

ぼくが味わったものなどを伝えて

 

少しでも参考になればいいな、と

 

その思いから

思うところを、レイレイの写真を添えながら

書いてみようと思っています。

 

 

 

 

 

 

子ネコの頃

 

 

 

 

 

病気がわかったころ

 

 

 

 

そして今日。

他の子たちもレイレイを想い出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイレイ

2017-02-23 10:34:00 | レイレイがFeLVに...

 

返す返すも、レイレイが、

なんだか急に肥ったとき、

いきなり丸くなったとき

あれは9月

違和を感じて動物病院に連れて行ったとき、

「ただの食べ過ぎですよ、肥満です」と言われたとき、

ああ、そうですか、と安心せず、

もうひとつ他の病院に診せなかったのか。

心から悔やまれる。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼくレイレイです。みなさん、心配かけてごめんね。

2017-02-21 15:13:42 | レイレイがFeLVに...

 

 

みなさん、ぼくはレイレイです。

 

心配かけてごめんね。

そして、本当に本当に、ありがとうございました。

ぼくは今朝、2月21日の5時に虹の橋を渡りました。

 

 

 

でもぼくは頑張ったんですよ!

 

SENが泣いてばかりいるから

生きていよう、まだまだ生きていたいって

痛い注射もがまんして

苦い薬もがまんして

ぼくはまいにち本当にがんばったよ。

 

 

 

12月16日のあぶないとき(←獣医の先生がそう言ってた)も乗り切って

1月4日の検査で

これも先生が言ったことだけど「よくて1週間か2週間」だって

それだって乗り越えたんだよ。

 

 

 

そして2月に入って

庭で咲きこぼれる美しい桜を見ようって決めたんだ。

 

 

 

だから入院したときも

週に2~3回の通院も

痛いけど

嫌だけど

暴れて手を煩わせるようなことはしなかったよ。

 

 

 

 

ぼくはほんとうにいい子だったよ。

 

 

 

でも

先週になって

足がふらふらしてきちゃったんだ。

 

 

 

 

 

窓辺にあがって庭を眺めるのが大好きだったけど

それもできなくなっちゃった。

 

 

 

窓辺にいたら落っこちてしまってね。

 

 

 

 

 

胸が苦しくて、うまく息ができなくなっちゃったんだ。

 

 

 

 

 

2月の16日だっけ、

先生は「もう尽くす手はない」ってセンに言ってた。

 

 

センったら病院で泣いちゃって、ぼくの方が恥ずかしかったよ。

 

 

 

 

 

それで、

センは先生におしえてもらったサプリメントを買って

それ、ぼくに飲ませるんだ。

必死で。

 

 

笑っちゃうよね。

もうだめだって言われているのに。

 

 

 

 

苦くなかったけど

もう、うまく飲めなくてさ。

 

 

 

 

せめて1月くらいのときに飲ませてほしかったよ。

 

あのころだったらちゃんと飲めただろうし。

 

 

 

 

効き目が出るまで、飲み始めてから1週間はかかるっていうしさ。

 

 

 

 

 

 

それで

 

毎日チュールを10本くらい食べていたんだけど

 

 

18日には

もうなにも食べられなくて

 

 

水も飲めなくなって……

 

 

 

 

 

 

センにお願いされたけど

もうなにも飲めなかったんだ。

 

 

 

 

ぜいいぜいい

ぜいいぜいい

って……ごめんね。

 

 

 

 

 

 

 

それで、

じっとセンを見つめた。

 

 

 

ばかなやつだなあ、ってぼくが思っていること

あいつわかってたかなあ。

 

 

 

 

でもセンは

ぼくの死に顔がきれいだと言った。

 

 

 

目だれもはなみずもでていたけど

虹の橋を渡っていた頃のぼくは

 

それもなくなって

 

すごくきれいだって。

 

 

 

 

 

 

もう心配しなくていいよ。

 

心配しないで。

 

 

 

 

 

緑の新地で、アビィお姉ちゃんとピートおじいちゃんが待っていてくれたから。

 

 

 

アビィおねえちゃんが「大切に育ててもらったのだから

ちゃんと感謝しなさい」って言ってた。

 

 

 

 

 

ありがとう

みなさん、ありがとうね。

 

 

 

でも、まだまだ生きたかったよ。

ほんとうに楽しかったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家に来たばかりのレイレイ。

かわいいこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいな子で

女の子と間違えて「レイア」という名前をつけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面倒見がよくて、わけへだてなく、誰とでも仲がよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年12月 病気がわかったころ

 

 

 

 

 

ひざの上でもだるそうで

 

 

ただの肺炎だったらよかったのにね。

重い重い病気。

 

治らない病気。

 

なんでレイレイが

なんで

 

 

 

 

 

 

 

 

外を見るのが大好きだった。

サクラを見せたかったな。

なくなる2日前のレイレイ。

 

 

 

 今は骨壺を

窓辺に置いている。

いつもレイレイがいた場所に。

 

 

 

 

 

 

ありがとうレイレイ

また逢おうね!!

すぐに生まれ変わってくるんだよ!!

 

 

 

没年 2017年2月21日5時

享年 3歳10ヶ月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加