ねぇさん日記

ねぇさんの「寝言は寝て言え!」的酔っ払いのつぶやき
<2004.10.29〜>

一夜明けて・・・

2016-05-29 10:47:59 | 日記
よほど疲れていたのか、昨晩は落ちるように眠りにつき、
夜中に何度か目覚めたものの、朝まで爆睡。

心配していた左手の指も、
中指は多少痺れが残るものの、
ちゃんと動いてタイピングもできるようになったので一安心。

で、なんでこんなことになったのか…というと…

父の車にはドアク○ーザーシステムとやらいうのがついてるようで、
半ドア状態からドアを自動的に閉める補助装置、だそうな。

そんなこと知らんから、トランクから母にもらったゴルフバッグを出して、
途中まで閉めたところで、いきなりトランクのドアが自動で閉まり始め、
ドアの奥に吸い込まれていく自分の指が
このままではちぎれてしまうんじゃないか、と
父に必死に訴えかけたものの、しれーっと後部座席から自分の荷物出してるし(汗)

「エンジンかけてトランク開けて!指が折れるーっ!」と叫んで、
ようやくエンジンをかけた父。

その後も「大丈夫か?」などという言葉はまったくなく、
痛みに耐えながらゴルフバッグを抱えて、
エレベーターに乗っていても、まったくの無関心。

以前から冷たい(表面的に冷めている、という意味)とは思っていたが、
ここまで無反応だとは…と、改めて驚いた瞬間であった。
そして、その血が自分の中に間違いなく流れていることも…。

で、指の痛みと引き換えに手に入れたのは…

2年まえに父が脳梗塞になって、
杖がないと歩けなくなってゴルフを引退したため、
同行していた母もゴルフをやめたので、使わなくなったゴルフセット。

相方のところに1セット、自分ちに1セット。
1年に1回くらいしかコースに行かないのに、ツアープロみたいやなぁーw。

この記事をはてなブックマークに追加

ミッション終了

2016-05-28 20:43:37 | 日記
数年ぶりに両親が我が家にやってきた。

と言っても父は同じマンション内に住んではる「囲碁の先生」のところに行き、
その間、母と二人で2時間ほどテレビを見ながらたわいのない会話をし、
父が来てからはゴルフを観ながらやり過ごし…

「なんか出てけーへんのか」という父の要求にも
「おーい○茶」で対応w。

その昔、茨木に鴨料理専門店があったのだが、
(両親は数回食べに行ったことがあるらしい)
そこの娘さんがうちの近所でスペイン料理のお店をやってはって、
当時のお鍋も予約で食べられる、とのことで、
囲碁の先生と合流して四人で鍋をつついた。




一昨日あたりから相当なプレッシャーを感じつつ、
ようやくなんとか乗り切った安堵感マックス。

なんで血の繋がった父親に対してこんな緊張するのか、は
自分でもよぅわからんのだが、
ちょっと早めの「父の日」のお祝い。

父の車のトランクで指を挟んで
一瞬骨折したかと思うくらい痛かったのだけれど、
その痛みも緊張で失せてしまい、
いまごろになってうずく左手真ん中3本指。

明日になったら内出血するんやろなぁー。

この記事をはてなブックマークに追加

年のせい

2016-05-27 18:42:34 | 日記
明日は数年ぶりに、両親が我が家にやってくる予定。
(正確に言えば、同じマンションの囲碁の先生のところに
 毎月習い事にくる父に、母親がくっついてきて、
 2時間後くらいに父が我が家にくる)

…ということで、いつもの掃除もちょっとだけ念入りに。

父はここで(ここに引っ越す前のマンションでも数回)
ワタシの手料理を食べたこともすっかり忘れているようで、
「お前の作ったもんなんか、いままで食べたことない」と言い始め、
「それくらいしてもバチは当たらへんやろ」とまで言うのだが、
まだそこまで体力・精神力共、回復してはいないので、
今回はうちの近所のお店を予約して、
囲碁の先生も巻き込んで、なんとかお茶を濁す予定(爆)。

そんなこんなで今日はお昼からちょっと動悸がしたので、
ホントはフィットネスにでも行って身体を動かそうと思っていたのだけれど、
薬を飲んで昼寝して身体を休めることに…。

ふと目覚めてテレビをみると、
ちょうどオバマさんが広島に着いたところで、
被爆者の方との対面のところでは、
知らず知らず涙があふれてとまらなくなってしまった。

戦争を知らない子供、ではあるが、
現役の大統領が広島に来る、という歴史的な瞬間に、
改めて平和の大切さを実感した金曜の夕方。

それにしても涙腺が弱くなったのは年のせい、だろうなぁー。

この記事をはてなブックマークに追加

結果

2016-05-26 18:27:28 | 日記
昨日の歓迎会という名の合コン…

今回はうちの局と看護師さん対象だったらしく、
「それでそれで?」
「スマホをふるふるしたん?」などと経過を聞いてみたところ、
立食ではなく、各テーブルに10人ほどずつの形式だったようで、
向こうは向こうで女子トーク、
こっちはこっちでなかなか攻めきれず…

結局、なんの進展もなく、
男子チームだけで「残念会」とも言える二次会をして解散だったそうな。

なんじゃそりゃ。
仮病でもつかって、倒れてみたらよかったのに…w。

この記事をはてなブックマークに追加

ノー残業デー

2016-05-25 19:19:12 | 日記
水曜日はノー残業デー。

なんだかまわりの若い衆がやたらとテンション高いなぁー、と思っていたら、
ハム本家の組合主催による歓迎会という名の合コンが
市内にあるホテルで行われるらしく、
なんと参加費無料!だそうな。

へぇー、それでみんな定時に仕事終わらそうと必死やねんな…と思っていたら、
その後、年令制限35歳までの独身、という隠れ条件があることが判明。

なんじゃそれ!(←心の声)。

まぁね、参加するつもりなんて最初っからなかったけどさー、
ハムって年齢も性別も平等じゃないの?w。

その昔、組合主催のイベントに参加していた、という補佐によると、
そこで知り合って結婚したカップルが結構いるらしく、
みんな浮足立ってるのも納得やなぁー、とは思ったのだが、
再来月、入籍するというNくんまで参加する、というのは、
いったいどういうことなんだろう…w。

この記事をはてなブックマークに追加

つんつるてん

2016-05-24 17:57:37 | 日記
隣の課の臨時職員のSさん(ワタシの1歳上の女性)、
産休をとっている女子職員さんのピンチヒッターで一年の期限付採用なのだが、
朝、給湯室で洗い物をしてると手伝ってくれたり、
公休日の金曜には代わりに洗い物や、ポットの電源を切って帰ってくれたり…と、
いまさらながらに「普通の女性」がいることのありがたさ、を実感中。

今週木曜に新入職員に対して毎年行われる施設見学に行くらしく、
総務から作業着一式を貸与されたのだが、
そのズボンが「七分丈?ってくらいつんつるてんやってん」とSさん。

つんつるてん、という言葉を久しぶりに聞いたのと、
そんなに身長が高くもないSさんが穿いての七分丈、って、
以前どんな人が着てたんやろう…と想像するだけでおかしくて、
二人で「つんつるてん」を繰り返しながら笑っていたのだが、
まわりにいた若い衆には通じてなかったことからすると、
「つんつるてん」はもはや死語、なのか?w。

この記事をはてなブックマークに追加

真夏日

2016-05-23 17:59:52 | 日記
天気予報でも朝から言われていたけれど、
予報通りの真夏日。

若い衆は「麦茶を始めてほしい」と訴え始め、
冷茶器を掃除して、早速、今年初の麦茶を沸かした。

そんなこんなで給湯室で汗を流しながら頑張っていたら、
部署に戻ると「エアコンの試験運転」が始まったらしく、
やたらと寒い。

真夏日予報のため、半袖と7分丈パンツだったため、
急きょ、ロッカーに入れてあった冬用作業着とひざかけを出して、
寒さ対策。

そうなると、麦茶よりもホットコーヒーの方が売れ行き好調で、
なにもかもがちょっとずつ早かったのね…と感じた月曜日。

この記事をはてなブックマークに追加

宣言通り・・・

2016-05-22 19:18:31 | 日記
昨日・今日は休養日。

昨日の朝は寝すぎて、腰が痛いくらい寝てしまい、
ベッドから起き上がるのも辛いくらいで…。

かと言って寝てるのも辛いので、
這い上がるように起きて、徐々に身体を動かし、
体操をして、ようやく回復。

寝すぎもよくないのね…と思いつつ、
しっかりまた昼寝もして…

おかげで疲れもとれましたー。

明日から始まる一週間、
また頑張ろう!と気合を入れながら、
お弁当の下ごしらえをする日曜の夜。

この記事をはてなブックマークに追加

休養

2016-05-21 11:08:08 | 日記
病院にお見舞いに行くとぐったり疲れる、のと同じように、
お通夜・お葬式を通しで参加するとぐったり疲れ果てた。

それは亡くなった伯父に対する哀しみはもちろんのこと、
まわりの親戚や、参列してくれはった方に対して
いつも以上に気配りしないといけないこと。

そして一番響いたのは親族のとめ焼香で父が立ち上がった時、
普段は脳梗塞の後遺症で杖をついて歩いているにも関わらず、
何百人の参列者の前でそんな姿を見せたくないと思ったのか、
杖を置いて歩き出した父…当然、ふらつき、式場の方に支えられ、
ようやくお焼香をしている傾いた背中を見たとき、
なんとも言えない気持ちになり号泣。

あぁー、思い出しただけでもやばい感じ。

順番でいけば次は父親なのだろうけれど、
そのときに自分がどんな気持ちになるのか…。

ものすごい身近な人を亡くしたことがないワタシにとっては未知の世界である。

ってことで、今日明日は布団を干したり、洗濯をしたりして、
ゆっくり休養の二日間とすることにした。

この記事をはてなブックマークに追加

疲れた・・・

2016-05-20 09:18:49 | 日記
さて、今日は伯父の葬儀。

社葬との合同葬ということで、
昨晩のお通夜には何百人もの方がいらして、
よりによって通路側に座ってしまったもので、
膝をあわせて座ったまま、頭をさげるのが、
かなり太もものリハビリになったような…。

それをふまえて、今日は通路側には座らないように気を付けます。

夕方までの長丁場…頑張ってまいります。

この記事をはてなブックマークに追加

感謝

2016-05-19 13:12:11 | 日記
本家の大伯父が亡くなったので、
(今日はお通夜で仕事に行こうと思えば行けるのに)
服喪休暇をいただいて「あさ○チ」を観ていたら、
樹木○林さんが出ていらして、
その言葉に深く考えさせられた。

「年を取ると、いつか死ぬではなく、
 いつでも死ぬから、生きている今を楽しみたい。
 当たり前にみんなにくる死。
 全ての原因は自分にあることに気付くことが覚悟につながる。」

あの旦那さんと離婚せずにいてはるのもすごいけれど、
全身癌+片方失明していても、微塵の迷いも不幸も感じさせない。

半世紀ほど生きてきて、
まだまだ迷いだらけやけど、
生きてることに感謝して、今を楽しもうと思う木曜日。


6年ほど前に作った喪服を出してきて、着てみたのだが、
ここんところの運動+食事の成果か、
ウエストがゆるゆるで、折らないと下がってきて着られない。

嬉しい悲鳴。

ところが肩から胸にかけて筋肉がついたせいで、
袖口あたりがきつくてやばい。

お焼香のときに気を付けなければ…。

この記事をはてなブックマークに追加

大伯父

2016-05-18 07:38:11 | 日記
昨朝、母から着信あり。

嫌な予感を感じながら出てみると、
やはりずっと入院していた伯父(父の兄)が亡くなった、とのこと。

大恋愛の末に結婚した伯母を5年前に亡くし、
さみしさのせいか、いつもヘルパーさんのいる生活をしていたのだが、
癌が全身に転移して、去年の年末まで持つかどうか…と言われながらも、
緩和ケア病棟に入院していた。

お見舞いに行ったのが昨年末だっただろうか…。

思いのほか、顔色もよく、
ワタシの手を握って「あったかい手やなぁー」と言ってくれた伯父。

ゴールデンウィーク中にお見舞いに行こうね、と兄と言っていたのだけれど、
兄が風邪気味になったということで、うつしてはいけないし…ととりやめに…。

その後、食事をとれなくなって体力が弱っている、という話を母から聞いていたのだが、
こんなに早く逝ってしまうとは…。

若かりし頃、ワタシが離婚したことで、
うちの一族ではじめてのことに、
当初、伯父と伯母はかなりご立腹の様子だったが、
あれからもう25年ほど経って、
あのころ言われたことも、なにもかも薄れていくのを感じていた。

この街でめずらしい苗字を名乗って生きることに
若いころはずっと息苦しさを感じていたけれど、
これからこの名前に恥じないよう生きるから、
伯父ちゃん、あっちに行ったら、伯母ちゃんとまた仲良くしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

セクハラ

2016-05-17 07:51:38 | 日記
先日、うちのM課長と、以前いた部署のN課長が飲み会で同席し、
「セクハラ扱い」されていたことを知り、
不快な思いをしていた(であろう)N課長と
昨日の昼休み後、偶然廊下でバッタリ。

一瞬「げっ!」と思ったのだが、
普通に挨拶をしてかわそうとしたところ、
「ちょっと!」と呼び止められ、
「ボク、セクハラなんてしてへんから!
 それはほかの人と誤解してるわ!」と詰め寄ってきはった。

やっぱり根に持ってるんや…と思いながらも、
こちらもしれーっと「あぁー、あれはM課長がそういう(セクハラ)情報を
誰かから聞いてきはって、
ホンマにそうなん?って聞かれたので、
そんときにはワタシもうこっちに異動してましたし…
そのほかの方がどんな方かもわかりませんし…
N課長がセクハラとかは言うてませんよ。
M課長もいろんな話に尾ひれがついて、
酔った勢いでそんな話になったんちゃいますか?」と知らぬ存ぜぬを通した。

納得したんかしてないのか、はわからんけど、
飲んだ席でそんな話をしたM課長も許せんが、
それを聞いてワタシに追及してくるN課長も小さいなぁー、としみじみ。

っちゅうか、あんた思いっきりセクハラしとったがな(汗笑)。

女性のネットワークをなめとったらえらい目にあうんやで〜♪

この記事をはてなブックマークに追加

四人目!

2016-05-16 17:48:20 | 日記
お昼前、以前3ヶ月だけつとめていた工務店の社長が窓口に…。

再任用のTさんが対応してはる時に
あまりのその声の大きさに、
ふと顔を上げて見ると、その社長やということに気づいたので、
挨拶をしに行ったところ…

「おー!あんた!相変わらずべっぴんさんやなぁー」と…。

周りの職員さんたち、ドン引き(^^;;

とりあえず「丁寧に説明してあげてくださいね〜」とだけ言って退散。

ワタシの前に数十年勤めてはったおばーさんが、
そろばんはじいて、元帳に手書きしてはったのを、
(銀行も毎回わざわざ出向いてはった)
経理ソフトを入れて、
会社から振込みできるようにしたところ、
やることがほとんどなくなり、
「これで給料貰ってるのは申し訳ないので…」と辞めたのだが、
ワタシの後任で入った女の子は当時二人の子持ち(男の子)。

聞くところによると、
先週四人目を出産したらしく(全員男の子)、
産休で休んでいてもなんとかやっていけてるのは、
あん時の改革があるからかなぁー、などとしみじみな月曜日。

それにしても男の子四人とは…
どうしても女の子が欲しいらしいから、
まだ次がある、かも!

この記事をはてなブックマークに追加

復調

2016-05-15 17:33:05 | 日記
昨日につづいて、PCが、であるw。

特定のサイトにつながらない、など
いろんなキーワード+chr○meでググってみたところ、
同じような症状に悩む人発見。

解決法としてPCに詳しいと思われる方から、
これは何語やねん?的な回答がつらつら書いてあり、
それをどうにかこうにか読み解いてみた。

結果として銀行系のウイルスソフトが原因ではないか?ということで、
探してみたところ同じものがワタシのPCにも知らない間に入っていたので、
アンインストールして再起動…してみたら、
見事普通につながることができて、一安心。

それにしてもPCが不調になっても、
その解決法をPCで検索するとなっては、
ホンマになくてはならないものやねんなぁー、と実感。

この記事をはてなブックマークに追加