子宮筋腫再発で子宮全摘開腹手術の記録

子宮鏡下手術から二年後 子宮筋腫再発でついに子宮全摘を決意、左の卵巣の腫れが発覚して片側の卵巣も摘出することになりました

退院後の生活

2017-04-21 18:48:05 | 日記

初めての外来診察までに何か異常があった時ってどの程度でどうすればいいか迷うからはっきり指針を示してもらえると迷わず連絡出来て助かります。

退院おめでとうございますと言うパンフレットをもらいました。
子宮の手術後
子宮を全部とった方は膣の端を縫い合わせます。
そのため手術後4週間位は縫い合わせたところから少量の出血があります。
お腹の中の子宮がなくなった空間は腸が移動し埋めてくれます。
手術により子宮からの分泌液はなくなりますが膣壁からの分泌液は今まで通りあるため、性生活時の湿潤不足による痛みはほとんどありません。
退院後の外来診察時に異常がなければ性交は可能で縫い目が破れたりすることはありません。

卵巣の手術後
卵巣の手術後で子宮がある方は手術のため女性ホルモンが変化し不正出血があることがあります。卵巣の一部の手術をした方、片方取った方は生理があります。ただし術後一時的に不規則になることがあります。
片方の卵巣を取った方は残された卵巣が今まで通り2つ分の卵巣の働きをします。よって女性ホルモンの分泌も変化なく排卵も起こります。
両方の卵巣を取った方は卵巣からの女性ホルモンの分泌や排卵はなくなります。
ホルモン分泌は副腎などから多少ありますので完全になくなることはありませんが、めまい、不眠、冷や汗、耳鳴り、腰痛、疲労感など更年期障害症状をきたすことがあります。精神的なものに大きく左右されてホルモンバランスが安定するまで一時的なこともあります。

安静
炊事、洗濯、掃除など家事は退院後すぐに始めても構いません。
ただし重いものを持ち上げるなど腹圧のかかる動作は避けましょう。
外出は近所の買い物から始め、徐々に遠出するようにしましょう。
電車や車に乗るのは構いません。
自分で車を運転する場合は疲労や集中力の程度を考えて行ってください。
自転車やバイクの運転は退院後の外来診察時までは避けましょう。
仕事、旅行、スポーツなどは退院後の外来受診時に医師と相談しましょう。

清潔
医師の許可かあるまでシャワーのみで浴槽には入らず傷を強くこすらないでください。

排泄
手術後は腸閉塞予防のために便秘に注意しましょう。
体力が回復したら適度な運動もおすすめです。
膀胱炎予防のために規則的な飲水と時間ごとの排尿を習慣づけましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 退院診察 | トップ | 術後のパンツスタイル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL