大竹道哉 日々雑感 兵庫県明石市のピアニスト・ピアノ教師

皆様のご意見、ご感想をお待ちしています。m-ohtake☆iris.ocn.ne.jpまで

次のような式を考えてみました

2016年12月28日 | 音楽教育


次のような式を考えてみました

つまり、ショパン・エチュードにあって、ツェルニー・エチュードにないもの、そのものが「芸術として鑑賞に堪えられるか?」を決定していると考えられます。ですから、この引き算で出てくる答えは、ピアノ教師は絶えず考えていて「ツェルニー・エチュードが弾けた」ことで満足してはいけない、ということになるはずです。
このことをあるピアノの先生に話したところ、この引き算の答えは「芸術性ではないか」という言葉が返ってきました。私も、そのとおりだと思います。
もっとその「芸術性」を「要素」として分析して言語化してみる、すると「ツェルニー学習でできること、できないこと」がはっきりしてくる(よりツェルニーを有効に使える)「ショパン・エチュード」に限らず「何が、どのような要素が、音楽を芸術としているか」がわかってきます。これにより、注意を向けるべき事項が具体的になるので「演奏に反映しやすくなる」「わかってくる」「見えてくる」はずです。
ではそれは何か?探す方法は簡単「ショパンを弾いているときに、ツェルニーだったらこうしないだろうなぁ」というものを列挙してみればいいのです。あるいは逆に「ツェルニーを弾いているときに、ショパンだったらきっとこうするだろうな」というものを探してみる。たとえば、ハーモニーの多彩さや、対旋律の有無、音形の変化や音域の使い方、左右の配置、サウンドの広がりなどです。
つまり「ツェルニーを練習するときに、これらのものはとりあえず横においている」ということ。この「横に置いた品々を忘れないこと」これが重要だということです。
もちろん、これは他の楽曲やエクササイズを当てはめることもできます。例えば古典派ののソナタ、ロマン派のキャラクターピース、などなど。いろいろ考える叩き台になる数式だと思いますが
こちらもご参照を
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今まで「日々雑感」で書いていることを応用したレッスンを行っています。
また、メールでのご意見ご感想、レッスンの相談等もお待ちしています
お問い合わせは m-ohtake☆iris.ocn.ne.jp(星を@マークに)あるいはFBにメッセージでお願いいたします。
特に、ピアノ、音楽を専門にされている方へのレッスンは、金曜日午前中と、土、日曜日に行います。
3人以上の出張レッスン、公開レッスン、講座も行います。

大阪音大音楽院でもレッスンしています (月)(木)(土)
音楽大学受験生も募集しています
こちらもご覧ください
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よくあること | トップ | クリスマス・ツリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL