Michiya Diary

ノーベル物理学賞受賞の夢を諦め、新たな夢探しのために、日々SEとして働く男の、愛と感動の日々をつれづれなるままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一日目:しまなみ海道

2006-09-15 20:00:00 | 旅行
(翌日記述)

 予定通りに今治到着。まず最初に古墳を見に行った。
 藤山健康文化公園とかいうとこに隣接してるんだけど、公園広すぎ。
 一応、資料館みたいなのがあるんだけど、いまいち。
 ついでに古墳もいまいち。でも、高台にあって町が見渡せる場所なんで、そこに古墳を作った理由はわからなくもない。

 その後、旧波方町の郷土資料館を見にいったんだけど、ナビにだまされ、ぜんぜん違うとこに。
 なんか、ナビがすげ~馬鹿で、めちぇくちゃ狭い道を案内することが、今後も多発。
 ようやくたどりついた資料館も大したことなし。はっきりいって、ほとんど倉庫・・・・。

 ここで、レンタカーの事務所からの連絡に気付く。
 なんと免許証を受付に忘れていたのだっ!!
 橋渡る前でよかった・・・。ありがとうアンちゃん。

 免許を引き取りに行く前に、海山城展望台へ。
 行く道は大変だったけど(ナビのせい)、見晴らしは当たり。
 目の前に、来島海峡大橋が・・・・。う~ん、よか。

 免許を回収して、しまなみ街道へ。
 まず来島海峡SAで昼食。ここから見える橋もなかなか。
 え?昼飯? ま、ふつ~。ってかSAだし。

 吊橋って渡ってるときはとくになにもないのな。当たり前か。
 最初の大島の道の駅から、来島海峡大橋を激写っ!!・・・でもない?
 ここで14時を過ぎてることに気付き、亀老山展望台をあきらめ、ひとまず村上水軍博物館へ直行。

 村上水軍博物館は、展示物はなかなかぐぅ。でも、説明等はいまいち。
 結局のとこ、よくわかってないってことなのかなぁ。
 ここで知ったんだが、村上氏の城って、因島を除くとめちゃ小さいのな。

 博物館を出ると15:30。そろそろ宿を・・・と思いつつ、とりあえず大三島まで直行。伯方島は通過。
 で、道の駅「しまなみの駅 御島」で宿探そうと思ったけど・・・
 やる気なさげなおばちゃんだけなので、あきらめてガイドブック。
 少ない候補から○○○○に決定。富士山が見えるわけないけど。

 宿へは、大三島を北周りで向かった。ドライビング。
 宿は・・・・はずれだな。なにより風呂が。
「潮湯」と言ってたけど、どうやら海水を沸かしただけらしぃ。
 しかも沸いてないし・・・・。飯はまぁまぁだけど。

 つ~ことで、初日は終了。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脱走 | トップ | 二日目:しまなみ海道2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
しまなみネタ集 (今治バリバリリンク集)
こぼれ落ちた人々 瀬戸内しまなみ海道1,2 今治は焼き鳥とタオルの街 「好況」支える時給760円 分裂にっぽん しまなみ海道から(2) 連休気分 しまなみ海道の過疎 今治市に富裕層が多い? 今治城へ 今日届いたお魚さんは♪ しまな ...