春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

Shaun Tan「Eric」

2017年10月31日 | ドイツ語多読
Eric
Shaun Tan
メーカー情報なし


Shaun Tanなので原書は英語ですが、これはドイツ語訳。

手のひらサイズの絵本です。
留学生Ericのことを描いた作品。

短篇集の中にも入っているのですが、短編集にはない絵があって
その絵がとても好きです。

愛おしい気持ちになる絵本。

原書はこちら。
Eric
Shaun Tan
Templar Publishing
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小池昌代「恋愛詩集」

2017年10月31日 | 本(詩歌)
恋愛詩集 (NHK出版新書)
小池昌代
NHK出版


恋愛!から恋愛?までの詩が集められたアンソロジーです。

知らない詩も多くて、新鮮で面白かったです。

死の後に短い解説・コラム的なものがあるのですが、
こういう詩集ならそういうのはなく、恋愛を感じてねという
案内だけでもよかったのではないかなぁという気も。
個人的に、アンソロジーは全部でひとつの作品となっているような
ものが好きなのです。

とはいえ、これは好みの話なので、解説・コラムがあるからより分かっていい
という方もいらっしゃるのでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「コーヒープリンス1号店」

2017年10月30日 | 韓国語多聴・多視聴
コーヒープリンス1号店 スペシャルプライスDVD-BOX
クリエーター情報なし
アミューズ


昨日は、午後からずっとドラマ観ていました。
久しぶりのコーヒープリンス1号店を8話分。

母と妹と3人暮らしのコ・ウンチャンは、
あれこれ働いて一家を支えている。
ショートカットでよく男の子に間違われ、
そんな勘違いからはじまって男の子の振りをして
働くことに・・・。

男女4人の四角関係?な恋愛コメディー。
重さはないので気楽に楽しめます。

コ・ウンチャンがかわいくて好きです。

久しぶりに韓国ドラマなので、最初は音が全然分からず
ただ雰囲気だけで見ていましたが、
少しずつ、ちょこっとだけ知っている韓国語が聞こえてくる
ようになりました。
(ほんの少ししか知らないので、大部分は雰囲気で見て
いるのだけど。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jujja Wieslander+Sven Nordqvist「Mama Muh geht schwimmen」

2017年10月29日 | ドイツ語多読
Mama Muh geht schwimmen
Jujja Wieslander+Sven Nordqvist
Oetinger Friedrich Gmbh


原書はスウェーデン語。

Pettersson und FindusシリーズのSven Nordqvistが絵を描いています。

「Mama Muh(牛ママ)泳ぎに行く」というようなタイトルです。

その通り、Linaと一緒にプールに泳ぎに行きます。
そしてあるものをゲット。すると・・・。

奇想天外なんだけど、伸びやかな絵も良かったし、
割とツルリって感じで読めました。

金子みすゞさんの「わたしと小鳥とすずと」を思い出しました。

スウェーデン語からの翻訳本がたくさん読めるというのもドイツ語多読の
楽しみの一つです。
訳されているものは、日本語でも素敵に訳されていると思うのですが、
作者の幅がドイツ語への訳に比べると少ないのですよね。

日本語訳はないけれど、ドイツ語訳は読めるという本がかなりあるのは
すごく嬉しいです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lisa Moroni+Eva Eriksson「Vorsicht, Krokodil」

2017年10月29日 | ドイツ語多読
Vorsicht, Krokodil
Lisa Moroni+Eva Eriksson
Beltz Gmbh, Julius


原書はスウェーデン語。
ウルフ・スタルクさんともコンビが多いEva Erikssonさんの絵が好きです。

やっとパパの休暇が始まった〜。
パパと素敵なことができる〜。

そんなToraの思うようにはいかない?でも想像力たっぷりで見るととても
楽しい日々。
絵もおはなしもよくて、すごく楽しかった〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lorenz Pauli+Kathrin Schaerer「ich mit dir, du mit mir」

2017年10月29日 | ドイツ語多読
ich mit dir, du mit mir: Vierfarbiges Bilderbuch
Lorenz Pauli+Kathrin Schaerer
Beltz Gmbh, Julius


Kathrin Schaererさんの絵はほんとに大好き。
今回はヤマネとくまのおはなしです。

Lorenz Pauliさんの本は割とメッセージ性が強めだなと思うのですが、
メッセージ性が苦手でも気にならないような書き方をされているように
思います。

この本も、一言で言えばwin-winな絵本なんですけれど、
そのwin-winな内容がかわいくて愛おしくて、
読んでいたらもう・・・すごくすごく幸せな気持ちになりました。
もう、いいなぁ。

読み終わった後に、Kathrin Schaererの絵本のCDを二枚買っていたので、
その中に入っているかもと調べたら入っていました。
近いうちに聞き読みしてみよう。音で聞いたら、もっと幸せになれるかも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Janosch+Jozef Wilkon「Die Loewenkinder」

2017年10月29日 | ドイツ語多読
Die Loewenkinder
Janosch+Jozef Wilkon
Beltz Gmbh, Julius


動物園を舞台にしたおはなし。
ライオンには三匹の男の子がいます。
ところがある日・・・。

いろいろな動物が出てきて楽しい本です。
絵もかわいいし、ちょっと笑ってしまう展開も楽しいです。

Janoschのおはなしなんだけど、絵は別の人が描かれているのですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Elissa Haden Guest+Christine Davenier「Iris and Walter: Substitute Teacher」

2017年10月29日 | 英語多読
Iris and Walter: Substitute Teacher (Green Light Readers Level 3)
Elissa Haden Guest+Christine Davenier
HMH Books for Young Readers


担任の先生が病気でお休みで、代理の先生が来る。
その代理の先生は・・・。

このシリーズはやっぱりいいですね。
感情の動きがよく書かれていました。
そして終わり方も気持ちが良かったです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Pete Behensky+Lena Latynova「Von Tigern und Giraffen」

2017年10月29日 | ドイツ語多読
Pete Behensky+Lena Latynova「Von Tigern und Giraffen

2行ずつ韻を踏んだ4行の文と絵が一組になった絵本という感じです。
そして理解度を見るための?疑問文も載っています。

おはなしかなぁと思っていたので、ちょっと期待はずれな気もするの
だけど、韻はやっぱり気持ちがいいですね。
声は出してないのですが、頭の中で音を感じながら読みました。
その響きが楽しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Hermann Schulz+Wiebke Oeser「Sein erster Fisch」

2017年10月29日 | ドイツ語多読
Sein erster Fisch: Vierfarbiges Bilderbuch
Hermann Schulz+Wiebke Oeser
Beltz Gmbh, Julius


おじいちゃんとはじめて釣りに行って・・・というおはなし。

ドイツの児童書って、社会的に地に足が付いているというか、
甘くないところがあるおはなしが多いなという気がするんですよね。

こうしなさいというのではなくて、
こういうことなんだってちゃんと伝えていると感じるような作品。

この本も小学校低学年向きかなと思うくらいの本なのですが、
やっぱりこういうことなんだってちゃんと伝えていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加