春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

Elisabeth Laird「ANITAS BIG DAY」

2016年12月31日 | 英語多読
*ANITAS BIG DAY (Penguin Readers Easystarts)
Elisabeth Laird
Pearson ESL


映画出演の面接に向かうAnitaをDanは新車で送るが・・・。

ハチャメチャな運転ぶりがすごいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Stephen Rabley「Dino's Day in London」

2016年12月31日 | 英語多読
Easystart: Dino's Day in London: Easystarts (Pearson English Graded Readers)
Stephen Rabley
Pearson Education


タクシードライバーのTommyは女優の息子Dinoのロンドン案内を
命じられ・・・。

これはひどい話だな・・・。
末恐ろしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」@国立科学博物館

2016年12月31日 | 美術鑑賞(博物展も)
世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」@国立科学博物館に行ってきました。

実物大の復元模型が一番良かったです。
入ることができない洞窟をところどころですが、体験できました。

洞窟の中ってこんな感じなんだな〜。

その他も、いろいろな道具と共に道具作りの様子の映像(もちろんこうだろう
推測からのものですが)を見ることができたのもよかったです。

こんな大変な思いで針を作っていたんだなと。

ラスコーの洞窟 (絵本地球ライブラリー)
エミリー・アーノルド・マッカリー
小峰書店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒田龍之助「ぼくたちの英語」

2016年12月31日 | 和書
ぼくたちの英語
黒田龍之助
三修社


中高の英語の先生にと書かれた本。
高校の英語の先生であるCくん、Pくんと一緒に作った本という感じ。

この二人がいいキャラだな〜。
こういう先生に英語習ってみたかったかも?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊藤サム「英語は「やさしく、たくさん」―中学レベルから始める「英語脳」の育て方」

2016年12月31日 | 和書
英語は「やさしく、たくさん」―中学レベルから始める「英語脳」の育て方 (講談社パワー・イングリッシュ)
伊藤サム
講談社インターナショナル


やさしい英語にたくさん触れようということで、
基本的には、

快読100万語!ペーパーバックへの道 (ちくま学芸文庫)
酒井邦秀
筑摩書房


と考え方が似ています。

どちらも、スティーブン・クラッシェンの名前が上がっているので、
こちらが元祖っぽいでしょうか。

読書はパワー
スティーブン・クラッシェン
金の星社


本のガイドっぽいところはなかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新川和江「新川和江詩集」

2016年12月28日 | 本(詩歌)
新川和江詩集 (ハルキ文庫)
新川和江
角川春樹事務所


中学校1年生の時に、国語の時間プリントを配られて、
そこに、谷川俊太郎、茨木のり子、新川和江の詩が載っていました。

もちろん、小学生の時だって詩は読んでいたはずなのですが、
「詩人」を意識したのはその時だったような気がします。

そんな思い出のある新川和江さんの詩集。
母と子、男と女、生活、風景
いろいろな言葉で、女の詩だなと感じます。

中でも一番印象的なのは、やはり「わたしを束ねないで」でしょうか。
「千度呼べば」は、ドリカムの何度でもだなぁ・・・と思ったりも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長田弘「長田弘詩集」

2016年12月28日 | 本(詩歌)
長田弘詩集 (ハルキ文庫)
長田弘
角川春樹事務所


分かりやすい言葉で書かれた詩集。

日常の詩集と言った感じでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「マリメッコ展」@Bunkamuraザ・ミュージアム

2016年12月28日 | 美術鑑賞(博物展も)
マリメッコ展」@Bunkamuraザ・ミュージアムに行ってきました。

こういう明るい色合い大好きです。
それぞれのデザイナーさんの違いが面白いですね。
洋服も、どれもかわいい。

同じ柄でも大きさや色がかわるとぜんぜん雰囲気が違いますね。

とても楽しかったです。

マリメッコのすべて (フィンランドを代表するデザイン・カンパニーの歴史とテキスタイ ル、ファッション、インテリアの徹底研究)
マリアンネ・アーヴ
DU BOOKS
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「日本画の教科書 京都編」@山種美術館

2016年12月28日 | 美術鑑賞(博物展も)
日本画の教科書 京都編」@山種美術館に行ってきました。

竹内栖鳳、上村松園、小野竹喬、福田平八郎、山口華楊、上村松篁などなど
好きな画家の作品がたくさん!

中でも楽しみにしていたのが、竹内栖鳳の「班猫」です!
ずっと見たかったの。

この表紙の絵ですね。
竹内栖鳳: 京都画壇の大家 (別冊太陽 日本のこころ 211)
廣田孝
平凡社


それから、小野竹喬の実物。
画集も素敵だけど、それ以上に素敵。

上村松園、上村松篁、上村淳之と、三代に渡る作品も。
それぞれに好きですね〜。

福田平八郎の「牡丹」、山口華楊「木精」も大好き。

すごく楽しかった〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャーロット・マクラウド他「魔女のオレンジ猫」

2016年12月28日 | 和書
魔女のオレンジ猫―猫の事件薄シリーズ (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)
シャーロット・マクラウド他
二見書房


猫の出てくるミステリアンソロジー。
ちょっと不気味、怖いお話が多いよ・・・。

シャーロット・マクラウド「魔女のオレンジ猫」が収載されています。
ミステリではなく、ファンタジー。
ちょっと怖いけれど、終わりはかわいらしく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加